石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めとは?

日焼け止めを選ぶとき「肌に優しいもの」で探すとたどり着くのが「石鹸で落とせる日焼け止め」です。

石けんで落とせる日焼け止めは肌に優しい成分でできているものが多く、クレンジングが不要なので肌への刺激を減らせるのが特徴。

クレンジングを使うのが当たり前の人にとっては、石けんで日焼け止めを落とすなんてなんだかすっきりしなくて気持ち悪そう!と思うかもしれません。

私も最初はそうでした。

しかし、使い続けていくうちに乾燥肌や肌荒れが目に見えて改善し、肌状態が良くなっていったため今では手放せないほどになりました。

私の肌状態を見て周りの友人も石けんで落とせる日焼け止めに切り替えたくらいです。

とはいえ、今までクレンジングで落としていたものを石けんだけに変えるのは勇気がいるかと思います。

本当に肌がキレイになるのか?

日焼け止めの選び方や落とし方、その他のメイクはどうすれば良いのか?

など疑問も多いと思います。

そんな不安を解決できる「石鹸で落とせる日焼け止めのあれこれ」について記事を用意しました。

私が愛用している日焼け止めも2選紹介しています。

ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。

石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めの特徴は?

石けんで落とせる日焼け止めは、クレンジングで落とす日焼け止めとは何が違うの?

石けんで落とせる日焼け止めの大きな特徴は3つ。

・特徴1:クレンジングによる肌への負担が減る

石けんで落とせる日焼け止めの最大の特徴は「クレンジングでないと落ちない成分」は入っていないということです。

実はスキンケアの工程の中で一番肌に負担がかかるのがクレンジング。

洗浄力の強いクレンジングには界面活性剤という肌のバリア機能を乱して潤いを逃げやすくする成分が入っていることが多く、外部からの刺激に影響を受けやすい弱い肌にしてしまうことがあります。

落ちの良いクレンジングを使い続けていたら敏感肌になってしまったという人もいるのではないでしょうか?

そのため、石けんで落とせる日焼け止めを使って、クレンジングの回数を減らすだけでも肌の負担をぐっと減らすことができます。

・特徴2:肌への摩擦が減る

特徴1にも関連することですが、クレンジングが不要になるだけで肌をこする回数が減り肌への負担が減ります。

たかが肌への摩擦と思うかもしれませんが、肌の「くすみ」「炎症」「カサつき」といった肌トラブルは肌をこすりすぎることが原因でもおこります。

ですので、逆に肌への摩擦が減ることでキメの整った透明感のある肌を取り戻すことができます。

・特徴3:メイクオフの時短になる

メイクを落とす時間は疲れ切っていることも多く面倒と思うことがありませんか?

私の場合は石けん落ちメイクに変えるまで、アイメイクのオフ→クレンジング→洗顔と3工程もあって正直言って毎日が面倒でした。

しかし、日焼け止めからメイクまでを全て石けん落ちアイテムに変えたら「洗顔だけ」になったのでかなりの時短になりました。

メイクを落とすのが面倒ではなくなりましたし、その分スキンケアに時間を使えたり、早く寝ることができるようになりました。

5分程度のことかもしれませんが、疲れた夜の5分は意外と大きかったりします。

私が石鹸で落とせる日焼け止めを使い始めた理由

石けんで落とせる日焼け止めを使い始めた理由は「紫外線吸収剤」が配合された日焼け止めで肌荒れするようになったからです。

紫外線吸収剤はその名の通り紫外線を吸収し熱エネルギーに変換することで紫外線をカットしてくれる化学合成された成分。

紫外線吸収剤が配合された日焼け止めは塗り心地が良くムラにならない特徴がありますが、肌への刺激が報告されていて肌が弱い人では乾燥や炎症を起こすことがあります。

日焼け止めを付けた時は大丈夫だったのに夕方になったら肌がカサついてきた・・・。

というのはこのためです。

しかも肌の炎症はメラニン色素の生成を促してしまいますので、せっかく塗った日焼け止めが逆にシミの原因になるということもありえます。

怖いですよね。

日常使いにはとことん肌に優しいものを選びたい!と思いたどり着いたのが紫外線吸収剤が使われていない「紫外線散乱剤」を用いた石けんで落とせる日焼け止めです。

紫外線散乱剤は、物理的に白い粉を肌の上にのせて紫外線を跳ね返してくれるので、肌にとって刺激が少なく安全性も優れているのが特徴。

今回紹介する2つの日焼け止めは、この紫外線散乱剤の中でも特に低刺激と言われている「酸化チタン」を使用したものです。

酸化チタンはオーガニック化粧品の成分としても認められているもの。

ただし、紫外線吸収剤と比べると紫外線防止効果が弱かったり、使用感が良くないというデメリットがあります。

それでも、日焼け止めは毎日使うものですし、肌に直接塗るものになりますので、日常使いには肌に優しいものを選んだほうが良いと私は考えています。

とはいえ今回紹介する日焼け止めは、酸化チタンを使用しているものの中でも「使用感が良く」「日焼け止め効果も日常使いにぴったり」のものを選びました。

え、これ紫外線吸収剤じゃないの?と思えるレベルのものです。

おすすめの、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めはこの2つ!

HANAオーガニックのウェアルーUV

img_7502.jpg

♦国産のオーガニックコスメで人気のブランドHANAオーガニック

紫外線、ブルーライト、汚染物質から肌を守るマルチプロテクション。

日焼け止めで肌荒れしやすい人におすすめ

オーガニックコスメ「HANA」から出ているウェアルーUV (SPF30/PA++30ml )は日中メイクをしたり日焼け止めを塗っていると肌が赤く炎症してきてしまうという方に試してもらいたいUVベースです。

私も夕方になるといつの間にか肌が赤く炎症しているなんてことがあります。

肌は化粧品による刺激だけではなく、気温や湿度の急激な変化、紫外線に大気汚染、パソコンやスマホのブルーライトなど常に厳しい環境にさらされています。

この日中の肌ストレスは肌内部で炎症を連鎖反応のように起こしてしまうことが最近の研究結果でわかっています。

ウェアルーUVを含むHANAオーガニックのメイクシリーズには、日中の肌ストレスに対処できる「イザヨイバラエキス」が配合。

イザヨイバラエキスには日中の肌の免疫バランスを守り炎症を抑えるといった働きがあるため、夕方になると出やすい肌の炎症やくすみを防ぎ、明るい肌を保ち続けてくれます。

皮膜感ゼロの軽い付け心地

img_7503.jpg

ウェアル−UVはピンクベージュとイエローベージュの2種類があり私はピンクベージュを愛用しています。

テクスチャーがゆるいのもあって肌の上ですーっと伸びてくれるけどそのあとはピタッと密着して馴染んでくれる。

軽い付け心地で皮膜感がないので、日焼け止めのべったりとした塗ってる感が苦手な人でも大丈夫。

朝の忙しい時間でもさっと塗れてストレスフリーな日焼け止めです。

ファンデ要らずのカバー力高め

他の石けんで落とせる日焼け止めと比較したとき、群を抜いてカバー力が高め。

口コミを見ていてもウェアルーを使うときはノーファンデという人が多いみたいです。

ツヤがすごく綺麗にでて時間がたっても小じわや法令線に溜まりにくく毛穴落ちしない。

それでいて石けんでの落ちも良いので、初心者の方でも使いやすい日焼け止めだと思います。

スクリーンショット 2017-08-02 14.16.58

イメージで行くと上の写真のような感じ。(右がウェアルーUV使用)

日焼け止めクリームは塗った直後だけではなく、1日を通して肌にどのような影響を与えるのか?が大切です。

スクリーンショット 2017-08-02 14.19.47

ウェアルーUVは本当に肌が綺麗に見えるため、ノーファンデ派の方におすすめです。

 

また、個人的にウェアルーUVは生理中に使用しても肌荒れしなかったのですごいなと思っています。

普段は肌荒れしない日焼け止めでも生理中だけは肌荒れしてしまったりなんてことがあります。

なので、生理中はノーメイクで過ごすことも多いのですが、ウェアルーUVは大丈夫でした。

トライアルセットで試せる

HANAオーガニックがおすすめできるのは何と言っても「トライアルセット」で日焼け止めを試すことができる点です。

img_7498.jpg

今まで日焼け止めを購入して数回の使用で破棄したことが何度あったでしょうか(涙)

パウチのサンプルでは色味や使い心地くらいしかチェックできませんし。

HANAのトライアルなら1週間試すことができるので、肌に合う合わないや、紫外線カット効果までじっくり試すことができます。

私もトライアルから現品を購入しました。

 

ただ、日焼け止めだけではなくその他のスキンケア(洗顔、化粧水、美容液、美容乳液)もついてきてしまうので、興味がない人にとっては難点ですが、、、。

 

とはいえ、これらのスキンケアもウェアルーUVと同じく

1、自律神経の乱れ

2、酸化によるダメージ

3、常在菌のバランスの乱れ

に着目して作られていますので、せっかくなら楽しんで使ってみてはいかがでしょうか?

ラピスラズリ LLサンスクリーン

♦乾燥肌のためのシンプルスキンケア ラピスラズリ LLサンスクリーン

肌に優しいシンプルな日焼け止め

もう一つおすすめしたい日焼け止めは「ラピスラズリ LLサンスクリーン」

あまり有名ではないかもしれませんが、乾燥肌や敏感肌の方に人気の日焼け止めです。

開発者の方が肌が弱いことから自分でも使えるものを開発されただけあって徹底的にこだわって作られた日焼け止め。

酸化チタンのみでSPF40なのに白浮きせず肌馴染みの良い日焼け止めはなかなかないので、出会えてよかったと思っています。

乾燥肌の方におすすめ

HANAオーガニックのようなカバー力はありませんが、保湿力が高いので洗顔後は化粧水とこのLLサンスクリーンのみで十分です。

乳液やクリームを併用するとテカってしまう場合もありますが、乾燥肌の人だとちょうどよいツヤ感がでて綺麗な肌に魅せてくれます。

また、LLサンスクリーンは

7つの無添加
着色料、合成香料、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、シリコン、パラベン、エタノール無添加

私は産後の敏感な肌の時期にずっとこのLLサンスクリーンのみを使っていたのですが、赤ちゃんと肌が触れても色移りしないので安心して使えました。

伸びもよく白浮きしないので、塗り直しがしやすいのもお気に入りの理由。

美容成分が豊富
ヒト型セラミド、肌荒れ防止成分、ビタミンC誘導体

夕方になっても肌がカサつかず綺麗な肌を保つことができる美容成分が豊富なのも特徴です。

肌を育てる日焼け止め

LLサンスクリーンにはトライアルセットはないのですが、続けるほどお得になる「肌育コース」があります。

初回は10%OFFで購入できて最大で25%OFFになります。

いつでも解約することができるので、安心して申し込むことができます。

2回目のお届けの時には「LLモイストベールソープ」(1,350円)の現品がプレゼントでついてきたので、かなりお得感がありましたよ。

 

ウェアルーUVもLL サンスクリーンもどちらもお気に入りで、私はその日の気分によって使い分けていますが、どちらかを選ぶとしたら、

乾燥肌で保湿力に力を入れている人には  LLサンスクリーン

肌荒れしやすい人、カバー力が欲しい人には ウェアルーUV  

をおすすめします。

石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めを使うコツ

 

いくら石けんで落ちる肌に優しい日焼け止めを使っても、使い方が間違っていてはなかなか肌はキレイになりません。

私も最初は普通に石けんを泡立てて洗顔をするだけであまり肌に変化が見られず不安になりました。

しかし、使っていくうちにコツを見つけて続けていったらみるみるうちに肌がキレイになりました。

そのコツは「使い方」と「落とし方」です。

石鹸で落とせるファンデーションも使う

石けんで落とせる日焼け止めは単品で使うからこそ石けんで落とせます。

その上からクレンジングの必要なファンデを塗ってしまっては意味がありません。

私はそのことに気づくのが遅く、日焼け止めを塗ってから慌てて石けんで落とせるファンデ(お粉)を探して注文しました。

同じブランドにファンデがあればそれが相性が良いのでおすすめです。

愛用のラピスラズリにはファンデの取り扱いがないので、私はエトヴォスのミネラルファンデを使っています。

もちろん石けんでしっかり落とすことができます。

最初にベースを石けんで落とせるものに変えて、慣れてからアイメイクなどポイントメイクもエトヴォスで揃えました。

FullSizeRender

ポイントメイクだけクレンジングを使うというのもアリですが、ポイントメイクもお湯か石けんで落とせるものに変えると楽ですし、さらに肌に優しくなります。

エトヴォスのおすすめポイントは、ブラシもついてくるミネラルファンデのトライアルセットがあることです。

初めて石けん落ちメイクに挑戦する方にとって試しやすいと思います。

エトヴォスのミネラルファンデについては下記の記事で紹介しています。

乾燥肌に人気のおすすめファンデーションと塗り方(エトヴォスランキング1位)

2018年1月7日

ワセリンを塗ってから使う

もう一つ石鹸で落とせる日焼け止めを使うコツとして私が実践しているのは、日焼け止めを塗る前にワセリンを薄ーく塗ることです。

どんなに優しい日焼け止めでも肌にとっては負担になります。

ワセリンを塗ることで薄ーい壁を作りそこにのせるイメージで塗ります。

そうすることで日焼け止めの肌への刺激をやわらげることができ、石けんでも落としやすくなります。

メイク崩れを防ぐためにもワセリンは薄ーく塗ることがポイントです。

ちなみに、ワセリンは純度の高いサンホワイトや病院で処方してもらえるプロペトを使うようにしてください。

落とし方のコツ

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

クレンジングを使わないだけでもだいぶ肌への負担は減ります。

でも、クレンジングを使わないとなんだかメイクが落ちていない気がして無意識に手でゴシゴシこすってしまう場合があります。

石けんで落とせる日焼け止めを使う場合は肌に触れるときの指に意識して落とすようにしましょう。

 

落とし方のコツ

①ポイントメイクを先に落としたらぬるま湯での予洗いをしっかりおこなう。

(クレンジングを使っていた時よりも丁寧に)

②弾力のある石けんの泡で押し洗いをする

(メイクが残りやすい小鼻だけは指で優しく撫でて洗う)

③ぬるま湯でさっと流す

 

慣れてくるとわかるのですが、日焼け止めやファンデーションの塗った量によっても石けんでの落とす時間を変えます。(泡の量は変えません)

しっかりメイクの時は長めに洗いますし、薄めのメイクの時はさらっと洗います。

ときどきクレンジングも使う

毎日クレンジングを使っていて石けん洗顔に切り替えた場合は最初の頃は洗い上がりがスッキリしないかもしれません。

私も最初はメイクが残っているような気がして不安に思いました。

しかし、それでも大丈夫です。

むしろクレンジングを使用していた時は肌にとって必要な油分まで落としていた可能性があります。

肌は多少のメイクが残っていても自浄作用があるのでいつまででも残っているということはありません。

しかし、残りすぎていても肌にとっては負担となります。

この程度が難しいのですが、肌を良く観察してコントロールする必要があります。

 

私の場合はメイクが残りすぎるのを防ぐために、しっかりメイクをした日や週に1回はこだわらずにクレンジングを使用します。

今のところこのバランスで素肌がキレイになっていっています。

 

これから石けんで落ちる日焼け止めに変えようと思っている方はまずクレンジングの回数を減らすことからはじめてみることをおすすめします。

愛用のクレンジングは下記の記事で紹介しています。

マナラホットクレンジングゲルの口コミ|毛穴への効果とは?

2019年6月13日

まとめ

石けんで落とせる肌に優しい日焼け止めは紫外線吸収剤を用いない肌に優しい成分でできたものが多く、クレンジングの回数を減らすことで肌への刺激を減らすことができます。

紫外線吸収剤を用いない紫外線散乱剤の中でも低刺激の「酸化チタン」を用いた石けんで落とせる日焼け止めウェアルーUVLLサンスクリーンを紹介しました。

乾燥肌や敏感肌など肌トラブルで悩んでいる方の肌質改善の参考になればと思います。

日焼け止め関連記事

 

【2019年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

2019年4月10日