ライースリペアを口コミ!トライアルで感じた効果や使い心地まとめ

元美容クリニック看護師のあさみん(@asamin_biyou)です。

保湿したつもりから卒業できるスキンケア化粧品「ライースリペア」。

肌のうるおいに欠かせないセラミドを増やし、肌が水分を保つ力を改善する効果が認められた「ライスパワーNo.11」が配合されています。

ライスパワーNo.11 は様々なブランドで使われている成分になりますが、ライースリペアは成分の開発元「勇心酒造」が手がけた化粧品。

これは高濃度に配合されたものが期待できるのでは?と思いトライアルセットを取り寄せてみました。

 

ライースリペアの特徴

img_8770.jpg

【ライースリペアトライアルキット】  1,750円(税抜)

  1. インナーモイスチャーローション 20ml
  2. インナーモイスチャーエッセンス    8ml
  3. インナーモイスチャークリーム  5g

医薬部外品、無香料、無着色

①肌が水分を保つ力を引き出す

ライースリペアの主要成分、ライスパワーNo.11エキスは、肌の「水分保持機能を改善することができる」として厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けている成分です。

「医薬部外品」は「医薬品」と「化粧品」の中間的な分類で「医薬品」よりは緩やかですが人体になんらかの改善効果や予防効果をもたらすものとされており「化粧品」より具体的な効果があるとされています。

しかもこのような効能が認められている成分は今のところライスパワーNo.11エキスだけだそうです。

なので、ライスパワーは開発当時はすごく話題になったそうです。

ライスパワーが好きすぎてライスパワー開発秘話が書かれた本を購入したのですが、こちらに書かれていました。

皮膚の水分保持機能を改善することができるとはどういうことなのか?

具体的に言いますと、肌内部で水分を抱え込む役割をしてくれる保湿物質「セラミド」の生産力を高めてくれる効果があるということです。

②セラミドの減少を防いでくれる

保湿=セラミドの補給と言われているくらい保湿物質としてセラミドは注目を集めていますが、これはただ単に乾燥肌が改善するだけではありません。

セラミドは「皮膚のバリア機能」という重要な役割も担っています。

figure

出典:ライースリペア

バリア機能が健全な肌は右図のように細胞が美しく並び、水分をたっぷり抱え込んでいるためアレルゲンや刺激、紫外線から肌を守ってくれます。

しかし、左図のようにセラミドが減少し細胞がカスカスの状態ですと、ダイレクトに刺激を受けてしまい様々な肌トラブルが発生してしまいます。

美しい肌を保つためには「皮膚のバリア機能」を正常にすることが重要ということです。

ちなみに、セラミドは産まれた頃がピークで加齢とともに減っていきます。

そしてセラミドは20代を過ぎるとがくんと減ります。

20代後半・30代になると乾燥肌などの肌トラブルで悩む人が増えるのはこのためです。(ちなみに私が肌の乾燥が気になりだしたのは30歳手前でした。)

セラミドは体内で作り出すことが難しいため食事やサプリメント、または化粧品などで外側から補給してあげることが必要となります。

今まで化粧品を塗っても塗っても肌が乾燥するといった方は肌表面を濡らしているだけで、このセラミドにアプローチできていなかった可能性があります。

③ライースリペアを使うとどんな肌になれるのか?

肌内部のセラミドの生産力が高まれば、肌自らが潤う力を手に入れることができます。

肌が自ら潤うことができれば乾燥肌や敏感肌が改善され乱れていた肌のターンオーバーが整います。

ターンオーバーが正常になれば毛穴の開き、くすみ、しみ、しわなど加齢とともに加速されるあらゆる肌トラブルを改善、または老化のスピードを緩やかにすることができるということです。

30代、40代以降の年齢肌を美肌へ導くためにはライスパワーの力が欠かせないと言えます。

ライースリペアのトライアルキットを使った口コミ

①ローションの使い心地を口コミ

img_8802.jpg
  • ライースリペア インナーモイスチャーローションNo.11

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

その他の成分

水、エタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

最初はさらっとしたテクスチャーかなと思ったのですが、掌で温めてから肌につけたら少しトロッとした感じなります。

とにかく肌への浸透力が高いのがポイント。

すうっと肌に吸い込まれて馴染みます。

付けた後はベタベタせずにしっとりとした肌が続きます。

②エッセンスの使い心地を口コミ

img_8803.jpg
  • インナーモイスチャーエッセンス

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

その他の成分

水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2‐エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

しっとりとのびが良いテクスチャーでどちらかというと軽めの付けごこちです。

ラインの中でもライスパワーエキスNo.11が一番高配合。

水分保持機能改善の作用もこのエッセンスが一番持続的に働きかけてくれるのでは?と思います。

保湿力が高いのでお風呂上がりのスキンケアはこの美容液だけでも十分潤います。

日中の乾燥対策に目元や口元にこの美容液をちょんちょん付けて使ったりもします。

本当に優秀な美容液です。

3クリームの使い心地を口コミ

img_8804.jpg
  • インナーモイスチャークリーム

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

その他の成分

水、1,3‐ブチレングリコール、2‐エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、ホホバ油、メドウフォーム油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチルアルコール、ステアリン酸、N‐ラウロイル‐L‐グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2‐オクチルドデシル)、エタノール、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ソルビタン、トリメチルグリシン、バチルアルコール、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、メチルパラベン、オレンジ果汁、天然ビタミンE、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エデト酸二ナトリウム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、モモ果汁、キサンタンガム、ノバラエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム

クリームにしてはどちらかというと伸びが良く軽めのテクスチャーです。

そう思うとライースリペアの基本シリーズは全て軽めのテクスチャーなのですが潤います。

これはあえてこってり濃厚なテクスチャーで表面だけ潤わしてごまかしていないと感じます。

ライースリペアは美容液だけでも潤うため、クリームは部分付けだけでも十分かもしれません。

40代以降の方や本当に乾燥肌が酷い方におすすめです。

デメリットは?

個人的にはトライアルを使っていてデメリットを感じることはありませんでしたが、通常サイズを買おうと思ったら価格が高いというのがデメリットでしょうか。。

通常サイズですと

  • 化粧水→8,000円
  • 美容液→10,000円
  • クリーム→8,000円

ラインで揃えると高額なので購入するなら美容液かクリームがいいなと思っています。

また、定期便だと毎回10%オフで購入できるようです。

ライースリペアと他の化粧品の違いは?

他にもライスパワーエキスNo.11が配合された化粧品で「ライスフォース」と「米肌」を使ったことがあります。

最初はどれもライスパワーNo.11が配合されていれば効果に大きな差はないかなと思っていたのですが、ライースリペアの登場で違うということを実感しました。

米肌とライスフォースの違いを比較!どっちがおすすめ?

ライースリペアはライスパワーが高配合!?

ライースリペアは基本のスキンケアシリーズが全て「医薬部外品」の表記になっています。

しかし、他の化粧品ではなっていないものもあります。

医薬部外品の表記はライスパワーエキスNo.11の配合が一定の基準値に達していないと表記できないため、医薬部外品と表記されている化粧品は高配合と考えられるというわけです。

ただ、配合量は企業秘密なので公には発表されていませんが、成分の開発元が手がけた化粧品ということで想像がつくかと思います。

ライースリペアまとめ

ライスパワーエキスNo.11の開発元が手がけた化粧品、ライースリペアについてご紹介しました。

肌の水分保持力を改善して根本から乾燥を改善したい方におすすめです。

>>ライースリペアトライアルキット

限定500セットで約1ヶ月分の化粧水がついてくるトライアルキットもあります。

>>ライースリペア実感セット 

 

肌のテカリや化粧崩れが気になる方に同じく勇心酒造が手がけた皮脂ケア美容液もおすすめです。

ライースクリアセラムNo.6の口コミは?皮脂の悩みを解決するのは本当?