*

石鹸で落とせる日焼け止めおすすめは「ラピスラズリ」

公開日: : 最終更新日:2017/07/15 ├肌荒れ, ♦シミを消す方法 ,

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶことによって美しい肌を保つことができます。

スポンサーリンク




私自身も過去に何度か日焼け止めクリームで肌荒れをしたことがありました。

新しい日焼け止めクリームを試して肌が赤くなったり、プツプツとしたニキビができるといった肌トラブルです。

他のスキンケア化粧品で肌荒れするということはあまりないのですが、日焼け止めクリームだけは別なのです。

それだけ日焼け止めクリームは肌の負担になるものが多いということが言えます。

 

とはいえ今や紫外線は肌老化の80%をしめていると言われています。

日焼け止めクリームを塗らずに美肌を保つというのは至難の技です。

ですので、極力肌に優し日焼け止めクリームを探し色々と試しました。

そこで私の肌にぴったりだったのが「石鹸で落とせる日焼け止めクリーム」です。

img_5852.jpg

ラピスラズリ LLサンスクリーン SPF40 PA+++

高価な美容液よりも肌に合った日焼け止めを

石鹸で落とせる日焼け止めクリームに変えてから、肌荒れしないのはもちろん素肌まで綺麗になっていったのです。

具体的に言うと、赤みがあって毛穴が目立ちやすかった肌が改善しキメが整うようになりました。

肌をキレイにするというと化粧水や美容液などのスキンケアで「保湿」をすることを思い浮かべるかもしれません。

しかし、あらゆる肌トラブルの大元は紫外線が原因ですので「紫外線対策」をすることが一番の美肌対策と言えます。

もちろん肌をキレイに保つ上で保湿も大事なスキンケアですが、それ以前の話ということです。

高価な美容液よりも紫外線対策を!という皮膚科のドクターは多くいます。

スポンサーリンク




石鹸で落とせる日焼け止めで肌がキレイなる

img_5858.jpg

石鹸で落とせる日焼け止めを色々と試した中で、お気に入りの一つが写真のラピスラズリ LLサンスクリーンです。

まだ、販売されて2年程の日焼け止めクリームですが、開発者の方が肌が弱いことから開発されただけあって徹底的にこだわって作られています。

 

石鹸で落とせる日焼け止めクリームを使い出すとなぜ肌がキレイになるのか?私が考える理由は2つです。

①極力肌に優しい成分でできておりノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)

②クレンジングによる肌への負担・刺激が減る

 

特に敏感肌・乾燥肌の方は成分を見てノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止めクリームを選ぶことをおすすめします。

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めクリームは塗り心地がよく、白浮きしなくて使いやすいのですが肌にとって刺激になることがあるため肌荒れする人がいます。

 

そして毎日クレンジングと石鹸のダブル洗顔をしているという人は、クレンジングという肌を擦る工程が1つ減るだけで肌がキレイになります。

私は肌がキレイになるのはこの2番の理由が大きいと思っています。

クレンジングで肌をこするのは思っている以上に刺激となり肌の負担となっているからです。

ラピスラズリ LLサンスクリーンの特徴

img_5862.jpg

石鹸で落とせる日焼け止めクリームラピスラズリ LLサンスクリーンは敏感肌・乾燥肌をとことん考えて開発されたスキンケア発想の日焼け止めです。

そのコンセプトは、

・素肌を紫外線ダメージから十分に守ることはもちろん

・塗ってから落とすまでの全てに負担がなく使用感の良さまで妥協しない

・ストレスフリーな日焼け止め

です。

コンセプトだけ読むとすごく理想的な日焼け止めクリームで本当かな?と思えますが、実際にラピスラズリのLLサンスクリーンを使ってみると「紫外線防御効果」「肌への優しさ」「使用感の良さ」は兼ね備えることができるんだとうなずけます。

以下に、ラピスラズリLLサンスクリーンの特徴を7つ簡単に書き出してみました。

1、素肌に優しい7つの無添加

着色料、合成香料、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、シリコン、パラベン、エタノール無添加

2、白浮きせずすっとなじんでベタベタしない

酸化チタンという紫外線散乱剤をナノサイズまで小さくすることで、高い紫外線防御効果と使用感の良さを両立。

また、ナノ化によって心配される肌への悪影響はアルミナという表面剤をコーティングすることで解消し肌への優しさを配慮しています。

3、ウォータープルーフなのにクレンジングいらず

石鹸で落とせる、肌に優しいという日焼け止めクリームは汗で落ちやすいのでは?と思う方も多いかもしれませんが、ラピスラズリのLLサンスクリーンはウォータプルーフです。

汗のpHである弱酸性では水を弾く性質を保ち、石鹸のpHである弱アルカリ性では水となじむ性質に変わる植物性のポリマーを使用しています。

4、肌荒れを防ぐ美容成分配合

日中の肌荒れを防ぐ3種の国産オーガニック植物エキスが配合。

5、衛生的なエアレスポンプ

ラピスラズリのLLサンスクリーンの容器はポンプ式で使いやすいのもお気に入りです。

空気の逆流も抑えてくれるのでクリームの酸化や雑菌の侵入を防いでくれます。

6、柚子の爽やかな香り

香料は合成ではなく、高知県産のユズの皮から抽出した天然由来香料のエッセンシャルオイルを使用。

化粧品にはあまり香りはなくて良いと思っているタイプでしたが、柑橘系の爽やかな香りで気分がリフレッシュできるので今ではお気に入りの香りです。

7、SPF40 PA+++

私が試した石鹸で落とせる日焼け止めクリームの中でもSPF40 PA+++と紫外線防御効果が高く、日常からレジャーまで使えます。

ラピスラズリ LLサンスクリーンの使い心地

img_5864.jpg

石鹸で落とせる日焼け止めクリームを探している方にラピスラズリの日焼け止めを使った感想をご紹介したいと思います。 

良かった点

・肌荒れしない

・白浮きせずに伸びが良い(たっぷり使っても大丈夫)

・クリームが白く子供にも使える

・香りが良い

・ベタつかずさらっとしている

・日中乾燥しない

・石鹸の落ちが良い

です。

日焼けをすると肌が赤くなるタイプなのですが、それもないので紫外線防御効果も充分あると感じています。

特に石鹸の落ちが良いのは私の中で高ポイントでした。

クレンジングでもOKなので試してみたのですが、石鹸の方が洗い上がりがスッキリしました。

気になる点

最初、使い方ガイドを読まずに塗っていたら、日中なんとなく頬の辺りがテカってきたので残念と思っていたら使い方にポイントがありました。

ラピスラズリ LLサンスクリーンは保湿効果が高いので、塗る前に乳液や美容液は必要ないとのこと。

洗顔→化粧水→ラピスラズリ LLサンスクリーンでOKです。

私がテカったのも朝の念入りな保湿が原因でした。

その後化粧水だけで使用するようになったら丁度良いツヤ感が出るようになりました。

 

ラピスラズリ LLサンスクリーンは敏感肌・乾燥肌向けなので、脂性肌の方や思春期の中学生くらいの肌には向かないのかなと思いました。

年齢を重ねた方や小学生くらいまでの子供におすすめです。

石鹸で落とせる日焼け止めを使うポイント

 

 

IMG_4774

石鹸で落とせるファンデーションも使う

肌のことを考えるのなら石鹸で落とせる日焼け止めクリームを塗って石鹸で落とすのが一番ですが、やはりカバー力が気になるかと思います。

石鹸で落とせる日焼け止めクリームに変えたら、その上から塗るパウダーやファンデーションも石鹸で落とせるものに変えるのが必須です。

私が愛用しているのは皮膚科でも取り扱いのあるエトヴォスのミネラルファンデーションです。

ラピスラズリの日焼け止めとも相性が良く、両方塗っていても石鹸でするっと落とすことができます。

洗顔をしっかり

まず石鹸をつける前にぬるま湯でしっかりと予洗いをします。

洗顔はしっかりとした泡を泡立てて押し洗いをします。

汚れやメイクの残りやすい小鼻は優しくなでるように洗います。

 

初めてクレンジングから石鹸だけの洗顔に変えた方はメイクが落ちきっていないのでは?と不安に思うこともあるかもしれません。

しかし、それでも大丈夫です。

むしろクレンジングを使用していた時は肌にとって必要な油分まで落としていたのです。

肌は多少のメイクが残っていても自浄作用があるのでいつまででも残っているということはありません。

しかし、残りすぎていも肌にとっては負担となります。

この程度が難しいのですが、私自身は肌を良く観察してコントロールするようにしています。

基本的には石鹸だけで良いのですが、私の場合は時々クレンジングを使ったり、ピーリング効果のある石鹸を使ってバランスを取っています。

 

初めは戸惑うことも多いかと思いますが、石鹸で落とせる日焼け止めクリームを使い出すと以前より肌をしっかり観察するようになります。

そして肌がキレイになっていくのを実感すると、毎日のクレンジングでいかに肌を刺激していたのかがわかるようになります。

そういった意味でも石鹸で落とせる日焼け止めクリームは肌をキレイにするスキンケアだと思います。

肌に優しく紫外線対策をする!石鹸で落とせる日焼け止めクリームの詳細はこちら↓

ラピスラズリ LLサンスクリーン

飲む日焼け止めサプリメントを併用

img_6704.jpg

また、肌が弱い方におすすめなのが飲む日焼け止めサプリメント「ホワイトヴェール」の併用です。

抗酸化作用の高い成分がぎゅっと凝縮されているため紫外線により大量に発生する「活性酸素」を抑える働きがあります。

詳しくはこちらの記事へ↓

【飲む日焼け止めサプリを比較2017年版】ヘリオケアと国産(ホワイトヴェール等)どちらがおすすめ?

スポンサーリンク




関連記事

a9e201f115095340279921663f0568a1_s

日焼け後のアフターケアで美白になる方法

紫外線の強い季節は気がついたら日焼けしてしまっている「うっかり日焼け」に要注意です。美容クリニックに

記事を読む

6042670526_3d297fd4ba_b

化粧品で肌荒れしたときの対処法

ワクワクした気持ちで新しい化粧品を使ったのに肌荒れをしてしまったというときや、今まで使っていた化粧品

記事を読む

e4a3b4d64d613a63a15fb0cc42cdeadc_s

産後のシミは消える?原因とスキンケア方法

産後は様々な肌トラブルが出やすい時期ではありますが、その中でも「シミ」は1番と言っても良いくらい多く

記事を読む

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s

レーザートーニングとは?肝斑(かんぱん)治療の効果と体験談

30代を過ぎるとシミで悩む女性が増えてきます。特にシミの種類の中でも肝斑(かんぱん)と呼ばれるほほ骨

記事を読む

66a3967e64130033ffc046216d583f1b_s

季節の変わり目に起こる肌荒れ・乾燥肌を改善する対策方法

季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、それと同じように季節の変わり目になると「肌荒れ」や「乾

記事を読む

IMG_6909

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容クリニックへいって治療をする人

記事を読む

IMG_8242

シミ・くすみ肌におすすめ!ピーリング石鹸「サンソリットスキンピールバー」

シミ・くすみ肌に効果的なピーリング石鹸とは・・?30歳を超えると一気に増える肌トラブルがシミ・くすみ

記事を読む

IMG_0796

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近では新しい美白成分ルミキシルを愛用する人

記事を読む

d23355e37b039b091120d68a4e81f49d_s

ライスフォースはUV(紫外線)対策にもおすすめです

ライスフォースでUV対策というとライスフォースのUVプロテクトミルク(日焼け止め)を塗ることと思われ

記事を読む

df6d73adfa0d1efe0e9993083990e26a_l

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。シミはいつの間にか出来ている事が多く治療

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です








  • 名前:カメリア
    年齢:30代
    看護師
    一般社団法人 日本スキンケア協会 
    スキンケアアドバイザー
    ママになってもキレイ!を目指して
    美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
    スキンケアはライスフォースを愛用中。



    follow us in feedly
IMG_0779
馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多

IMG_3564
しわ対策にコラーゲンサプリメントは効果があるのか?

しわ対策といえばコラーゲンといわれるぐらいコラーゲンのアンチエイジング

9649a38248a3e248b9638792d8d8eb4a_s
脱毛したら毛が濃くなった場合の対策方法

薄着になる季節はもちろん美容クリニックでは1年中脱毛を希望される患者さ

IMG_3552
すっぽん小町を男性が飲んだときの効果を口コミ

すっぽん小町は女性に人気のコラーゲンサプリメントですが、男性にも効果は

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s
石鹸で落ちる肌に優しい日焼け止めとは?

日焼け止めを選ぶときに「肌に優しいもの」で探すとたどり着くのが「石鹸で

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑