*

馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多いかと思います。

しかし「乾燥肌対策に馬油を使ったら逆に肌が乾燥した」という口コミを見かけることがあります。

スポンサーリンク




保湿力の高い馬油を使ってなぜ肌が乾燥してしまったのか?

馬油に限らずですが化粧品は使い方でプラスにもマイナスにもなります。

せっかく使ってみようと思えた馬油ですのでその効果をしっかりとプラスで実感したいものです。

 

特に秋〜冬の季節は1年の内でもっとも空気が乾燥する時期に突入します。

しかも、夏に浴びた紫外線のダメージもプラスされるため、普段は乾燥肌ではない人でも乾燥肌になりやすい時期となります。

乾燥肌はただ単に肌がカサカサと乾燥してメイクのりが悪くなるだけではありません。

・肌のバリア機能が低下して肌荒れしやすくなる

・肌のくすみ・シミの原因

・ニキビの原因

・小じわなど老化を加速させる

・毛穴が開きキメが乱れる

など様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

ですので、秋のスキンケアは「保湿」が重要となってきます。

これからの季節馬油は上手に使えば乾燥肌の強い味方となります。

馬油の特徴と美肌になるおすすめの使い方をご紹介したいと思います。

f3b08250407d913c0c3cc319a09a10f4_s

馬油の特徴

馬油は薬局で手軽に手に入れることができるため乾燥肌対策に使わない手はありません。

子供の頃は火傷の処置に使われた記憶がありますが、今では美容面で人気がでている馬油です。

IMG_0779

馬油の効果・特徴としましては、

・水分が蒸発するのを防ぐ

・馬油の後につけた物の浸透を良くする

・炎症を抑える

・殺菌作用

・抗酸化作用

・血行を良くする

等があります。

さらに、私たち人間の皮膚の保湿を司っているのは角質層にあるセラミドを代表する細胞間脂質というものなのですが、馬油の脂はそれにとても近い自然のものとなります。

ですので私たちの肌と馬油は非常に相性がよく浸透しやすいといえます。

皮膚科医もすすめる馬油

美容クリニックや皮膚科では保湿というと通常は「ワセリン」や「ヒルドイド」を処方されることが多いのですが、馬油をおすすめする皮膚科医もいるくらいです。

保湿力はワセリン<馬油です。

 

ちなみに、美容クリニックにはフラクショナルレーザーなどの肌を削るアグレッシブな肌の入れ替え治療というものがあります。

こういった治療をおこなった後は肌が敏感になりすぎているため通常のスキンケアを付けることができません。

水分が肌に付くとヒリヒリと炎症が増してしまうからです。

ですので通常は刺激の少ないワセリンや炎症を抑えるためにステロイドを塗ることが多いです。

しかし、私が勤めていた美容クリニックのスタッフ間では馬油を持参して塗るのが流行っていました。

馬油は刺激が少ない上に炎症を抑える効果があるからです。

私の経験上ですが、意外と馬油を塗った方がレーザー後の肌の回復力が早く、ダウンタイムが短くて済んだりしました。

馬油で肌が乾燥する理由

では、なぜ保湿力が高いと言われる馬油で肌が乾燥してしまう人がいるのか?

それは肌の状態と使い方によります。

馬油の特徴には水分が蒸発するのを防ぐというものがありました。

私たち人間の皮膚には内側から水分を湧き出し、それを角層に蓄えておく力があります。

ですので、馬油を塗ると元々持っている肌の水分が蒸発しないように防いでくれるのです。

馬油の保湿力というのは水分を外側から与えるというものではないということです。

 

乾燥肌を改善するためにはとにかく外側から化粧水をパシャパシャ与えて保湿するイメージを持っている方がいますが、それでは本当の意味では肌は潤いません。

元々肌は水分をつくりだし、保持する機能があります。

子供の肌が何も塗らなくても潤いに満ちているのはそのためです。

ですので、この機能が正常な人は洗顔後、馬油を塗っているだけでも保湿効果が実感できるのです。

 

では洗顔後馬油だけを塗って肌の乾燥を感じてしまったら?

元々肌に蓄えている水分が少ないということが考えられます。

馬油は水分を蒸発するのを防ぐ効果はありますが、水分が入っているわけではないのでその場合は水分(化粧水や美容液)も補給する必要があるというわけです。

馬油で美肌になる乾燥肌対策

私たちの肌は健康であれば角層に約20〜30%の水分を含んでいます。

それを維持しているのがセラミドなどの保湿物質です。

しかし、加齢や紫外線の影響、間違ったスキンケアなどでセラミドを作り出す力が弱まると角層の水分は保持できなくなり蒸発してしまいます。

これが乾燥肌です。

馬油だけを塗って乾燥を感じる方はこのセラミドが正常に働いていない・減少している可能性があります。

洗顔後に馬油だけを塗るのではなく、セラミド系の化粧品(化粧水や美容液)をプラスして塗ることをおすすめします。

馬油の後に塗ることで浸透力がアップしますので、さらに保湿効果がアップします。

乾燥肌におすすめのセラミド系化粧品は後ほどご紹介したいと思います。

馬油パックで乾燥肌対策

馬油で乾燥肌対策するためのおすすめの使い方です。

私の馬油のおすすめの使い方は「馬油パック」です。

方法は、

・お風呂に入る前に洗顔をし、馬油を薄く顔全体に塗ります。

・そして馬油パックをしたまま湯船につかります。

・お風呂から上がるときに軽く洗い流してもいいですし、そのまま上からセラミド系のスキンケアをつけてもいいです。

馬油はたくさん付けすぎるとベトベトになりますので薄くでOKです。

 

入浴中は蒸気などで肌が潤っているように感じますが、実は塗れた肌は乾燥しやすかったりしますので乾燥肌が気になる方は何かを塗って入浴をすることは、乾燥肌対策につながります。

馬油パックは簡単ですが入浴後は肌がもちもちしてうるおいのある肌になるのでおすすめです。

セラミドの生産を増やすおすすめの化粧品

セラミドを補給する化粧品には、

1、セラミド配合の化粧品と

2、セラミドを増やす成分が配合された化粧品

の2種類があります 。

私が馬油パックの後に塗っているのは後者のセラミドを増やす成分「ライスパワーNo,11」が配合された化粧品です。

ライスパワーNo,11エキスはセラミドの生産をサポートし「水分保持機能を改善することができる」という効果をもつ有効成分として、厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けています。

この成分が配合されたおすすめのスキンケア化粧品を2つご紹介したいと思います。

ライスフォース化粧品

 

img_4892

ライスフォース化粧品」は化粧水、美容液、乳液の基礎3点全てに有効成分である「ライスパワーNo.11エキス」が配合されています。

ライスパワーNo.11エキスの配合量は以下の通りになります。

・化粧水40%

・美容液50%

・クリーム40%

ですので、私はよく化粧水と美容液を使っています。

化粧水の中にはとにかく量を使わないと潤わないものもありますが、ライスフォースは説明書に書かれている目安量を使うだけでも肌の乾燥が改善されたので保湿力は抜群といえます。

超乾燥肌の方や年齢を重ねるにつれて肌の乾燥を感じてきたと言う方におすすめです。

IMG_3792

ライスフォースのトライアルキットは化粧水・美容液・クリームの基本3点セットを900円で試すことができます。

肌内部の水分が足りていないかもという方にぜひ使っていただきたい1品です。

>>ライスフォースのトライアルセットはこちらから

ライスフォースのさらに詳しい口コミ記事はこちら↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

米肌〜まいはだ〜

IMG_0803

乾燥肌な上に敏感肌という方には低刺激処方の「米肌」がおすすめです。

こちらもライスフォースと同じく化粧水、美容液、クリームの基礎3点にライスパワーNo,11 が配合されていますが、美容液が高濃度に配合されているのが特徴です。

また、特殊な保湿成分として空気中の水分を取り込むことができる成分が配合されているため、日中に乾燥しやすい方にもおすすめです。

個人的な使い心地としてはライスフォースよりも軽めな感じがしました。

>>米肌のトライアルセットはこちらから

ライスフォースと米肌の比較記事はこちら↓

ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

馬油の種類

最後におすすめの馬油をご紹介したいと思います。

馬油の種類はたくさんあるためどれを使おうか迷いがちですが、私が昔から愛用しているのは「ソンバーユ」です。

ソンバーユなら馬油独特のニオイも気にならないため、顔や手など体中に使用することができます。

馬油は赤ちゃんの口に入っても大丈夫なため、子育てママのハンドクリーム代わりにもおすすめです。

乾燥がひどいときは、さらに馬油の上からハンドクリームを重ね付けすると保湿効果が倍増します。

馬油の使い方は色々とありますので、ぜひ自分にあった使い方を試してみて下さい。

もっちりとした美しいお肌目指して秋の乾燥肌対策を十分におこなっていきましょう。

 

[乾燥肌でお悩みの方におすすめの記事]

乾燥肌に人気のおすすめファンデーションと塗り方(エトヴォスランキング1位)

スポンサーリンク




関連記事

乾燥肌対策に!寝る前にクリームをもう一度

通常のスキンケアはお風呂上がりにされる方が多いかと思います。特に乾燥の季節は最後にクリームでしっかり

記事を読む

乾燥肌を改善する3つの方法

乾燥肌を改善するために化粧水やクリームをたっぷり塗っているのになかなか改善しません!という患者さんは

記事を読む

シミ・くすみ肌におすすめ!ピーリング石鹸「サンソリットスキンピールバー」

シミ・くすみ肌に効果的なピーリング石鹸とは・・?30歳を超えると一気に増える肌トラブルがシミ・くすみ

記事を読む

乾燥肌を改善する食べ物と美肌レシピ

乾燥肌を改善するためには外側からのケアだけではなく食べ物などの内側からのケアも大切です。 私が勤めて

記事を読む

おすすめ!成長因子美容液「EGF・FGF」で美肌になる

こんにちは、美容カウンセラーのカメリアです。仕事柄多くのスキンケア商品を試してきましたが、美肌・アン

記事を読む

目元の乾燥・かゆみを改善して美肌になる方法

先日20代の友人から「目元が乾燥してちくちくしたかゆみがあるのだけど、どうしたら良い?」と相談を受け

記事を読む

アトピー・敏感肌におすすめのマスク

アトピーや敏感肌の人で究極に肌が荒れた状態というときは、メイクはもちろスキンケアもできない状態という

記事を読む

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容クリニックへいって治療をする人

記事を読む

ライスフォースでインナードライ肌を改善!

ライスフォースとインナードライ肌の関係とは・・・? インナードライ肌とは最近注目されている新たな肌

記事を読む

ライスフォースの保湿美容液がおすすめ!

ライスフォースの美容液「ディープモイスチュアエッセンス」は保湿効果が高いという口コミが多く、ライスフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。




埋没法で腫れない為にできること

埋没法で腫れない方法とは・・・? 美容外科に10年以上勤めていました

サンバリア100の日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

紫外線対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーを購入して今年で3年

【2019年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。 シミは

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用(塗り薬)というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑