*

乾燥肌に人気のおすすめファンデーションと塗り方(エトヴォスランキング1位)

エトヴォスのミネラルファンデーションは乾燥肌の方におすすめしたいファンデーションです。

乾燥肌は単に肌がカサカサするだけではなく肌荒れやニキビ、さらには老化が進むなどあらゆる肌トラブルを引き起こす原因となるためなるべく早く対処したいものです。

スポンサーリンク




特に乾燥肌の方が悩むのがメイク時のファンデーションの塗り方です。

肌が乾燥しているとファンデーションを塗っても粉っぽくなってしまい美しさに欠けてしまいます。

むしろファンデーションを塗らない方が良いのでは?という仕上がりの方を見ることもあります。

乾燥肌を改善するならファンデーションを休む期間があったほうが断然早く改善します。

しかし、美容クリニックに勤めていたときにこのことを患者さんにお話しすると、脱ファンデーションはなかなか難しいと言われる方が多かったです。

毎日メイクをしている方にとってはファンデーションを塗らずに人と接するということは苦痛で仕方がないことなのです。

 

その代わり乾燥肌の患者さんにはよくおすすめのファンデーションを聞かれました。

おすすめとしては美容皮膚科でも取り扱いのあるETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーションです。

なぜ、ミネラルファンデーションをおすすめするのか?

ファンデーションの塗り方のコツをご説明する前におすすめの理由をご紹介したいと思います。

IMG_4772

クレンジングが乾燥肌の原因に!?

乾燥肌になる要因は色々とありますがその一つとして「クレンジング」があげられます。

クレンジングに油性のファンデーションを落とせる強力な効果があるのは「界面活性剤」が配合されているためなのですが、この界面活性剤がファンデーションだけではなく肌の潤いまで取り去ってしまうのです。

 

人間の肌は外から保湿成分を取り入れなくても実は自ら潤うことができる保湿物質が肌に存在します。

この保湿物質は自家保湿因子とも呼ばれて肌の角質層に存在し、肌を潤すと共に肌を守ってくれています。

しかし、界面活性剤が配合された高い洗浄力のクレンジングで顔を洗うと、ファンデーションだけではなく保湿物質までもとかして洗い流してしまうのです。

クレンジングのしすぎは乾燥肌を作るだけではなくバリア機能も低下させ敏感肌の原因にもなるということです。

 

そして先ほどご紹介したエトヴォスのミネラルファンデーションをおすすめしたい理由の一つは、クレンジング不要で石けんで落とすことができるからです。

スポンサーリンク




石けんで落とすことができるミネラルファンデーション

乾燥肌で悩んでいるけれど脱ファンデーションが難しいと言う場合は、脱クレンジングをおすすめします。

たぶん毎日しっかりメイクをしてがっつりクレンジングでメイクを落としている方にとってはありえない話かもしれません。

しかし、今キレイに見せるためにファンデーションを厚く塗り続けても、このまま乾燥肌が続くと老化が進むため5年後・10年後の肌は周りの友人に比べてがぐっと老けるかもしれません。

石けんで落とせるファンデーションは多少カバー力が落ちるかもしれませんが、30歳を過ぎたらメイクを薄くする勇気が大切です!

シミやしわを隠そうとファンデーションを厚塗りする方が薄塗り肌よりも老けて見えるからです。

 

また、先ほどご説明した本来肌にある「保湿物質」はクレンジングで落ちるだけではなく、年齢と共に生産量が減ってきます。

ですので年齢とともに乾燥肌になるのは仕方がないことなのですが、そこで肌に負担のかかるカバー力のあるファンデーションを使い続けるのか、肌に優しいファンデーションに切り替えるのかで未来の肌は変わってきます。

IMG_4774

とはいえおすすめのエトヴォスのミネラルファンデーションは5種類あってカバー力や仕上がりなどから選ぶことができます。

特徴としては洗顔で落とせるだけではなく、もちろん肌に優しい成分でできていることもあげられます。

 

また、クレンジング不要ですがしっかり日焼け止め効果もあります。

そして乾燥肌の方に嬉しいエトヴォス独自の保湿コーティング技術がしてあるため、塗っていると肌を日中の乾燥から守って潤してくれます。

乾燥肌のファンデーションの選び方

乾燥肌の方は水分のあるリキットファンデーションやクリームファンデーションよりも実はパウダーファンデーションの方がおすすめです。

肌が乾燥しているのにパウダーファンデーションなんてさらに乾燥しそう!と思われる方もいるかもしれません。

確かにパウダーファンデーションは肌の水分や皮脂を多少は吸収してしまいますが、それ以上にメリットとして他のファンデーションより肌に負担がかからないのです。

ミネラルファンデーションのように石けんで落とせる物もあるわけです。

 

リキットファンデーションやクリームファンデーションは肌が乾燥していてもキレイに塗ることができるかもしれませんが、界面活性剤や防腐剤が入っているため肌に負担がかかりやすいのです。

そしてクレンジングで落とすことによって更に肌が乾燥するという乾燥肌ループに陥りやすいのです。

今キレイに見せたいのか、これから乾燥肌を改善して肌をキレイにしたいのかでファンデーション選びも変わってきます。

乾燥肌のファンデーションの塗り方

乾燥肌の方が日中肌が乾燥しないためにはファンデーションを塗る前のベース作りが大事になってきます。

朝のスキンケアの時点でセラミドなどの保湿物質の入った美容液でしっかり保湿してからファンデーションを塗るようにします。

ポイントは乾燥を隠そうとしてファンデーションを全体的に厚塗りをしないことです。

フェイスラインや崩れやすいTゾーン、表情で動きやすい目元や口元は薄く塗ります。

毛穴が気になる頬は重ね付けすることで自然なカバー力がでます。

howto_content

ちなみにエトヴォスのミネラルファンデーションは、ブラシでささっと塗るだけなので本当に軽い付け心地なのですが、仕上がりはマットな感じでカバー力があるのでお気に入りです。

あと乾燥肌の方の日中の乾燥対策で注意したいことはスプレーを使わないことです。

日中、肌の乾燥を感じると化粧水スプレーなどをメイクの上からかける方もいますが、これは反対に化粧水が蒸発するときに乾燥を悪化させます。

ですので日中の乾燥対策はスプレーではなく朝使った保湿物質入りの美容液を持ち歩いて、乾燥した部分にメイクのうえからちょんちょんと付けるだけでOKです。

ミネラルファンデーションが石けんで落ちにくいときは

ミネラルファンデーションの使い心地・カバー力・肌への優しさ等満足していますが、やはり最初は石けんだけで落ちているのか心配で仕方ありませんでした。

確かにクレンジングほどのさっぱり感すっきり感はありませんが、潤いを落としすぎていないからなのか肌の赤み(炎症)は治まりました。

ということはやはり洗いすぎないことは肌に良いことなのだと確信もしました。

 

しかし、どうしても洗い残しができてしまうというミネラルファンデーション愛用者の悩みを、私自身はどのようにして解決しているのかご紹介したいと思います。

まずはミネラルファンデーションの落とし方の前に、日焼け止めも石けんかお湯で落とせるものをチョイスです。

石鹸で落とせる日焼け止めを下地にする

img_7502.jpg

石けんで落とせるオーガニックの日焼け止めでおすすめはHANAオーガニック のUVベースです。

美容液成分85%で日中に肌への負担が少ないのはもちろん付け心地も軽やかなためお気に入りです。

しかも、肌がとても綺麗に見えるためファンデーションを薄めにつけるだけでも大丈夫です。

もちろんクレンジング不要で石鹸で落とすことができます。

 

HANAオーガニック日焼け止めの詳細記事はこちらへ↓

>>>石鹸で落ちる肌に優しい日焼け止めとは?

予洗いをしっかり行う

そして洗顔ですが、石けんの泡を肌にのせる前にぬるま湯で予洗いをしっかりおこなう様にしています。

私の場合はマスカラもお湯で落とせるタイプのものを使用しているので予洗いで落としてしまいます。

そしてモコモコに泡立てた洗顔石けんを肌に押すようにして洗います。

手と肌が触れないように泡を押して引いたときの吸着力でファンデーションや汚れをからめとるイメージです。

そしてしっかりと洗い流します。

時々クレンジング

また気分によって週に1度界面活性剤の入っていないクレンジングを使う場合もあります。

乾燥肌に石けん洗顔が良いからといってすぐに毎日切り替えなくても大丈夫ということです。

普段はミネラルファンデーションを使用して大切な日はカバー力のあるファンデを使う等して、クレンジングを使う日を減らしていけば良いのです。

乾燥肌の方でファンデーションの塗り方で悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

ランキング1位のミネラルファンデーション

IMG_4773

ちなみに今回ご紹介した美容皮膚科でも取り扱いのあるエトヴォスのミネラルファンデーションはなんとトライアルキットがあります。

エトヴォスからミネラルファンデーションは6種類でていますが、上記のお写真にあるスターターセットがエトヴォスの中でもランキング1位の人気のアイテムになります。

しかもこちらのスターターセットについてくるブラシの使い心地がすごく良くて気に入っています。

スクリーンショット 2015-11-04 10.58.16

@コスメでもブラシのランキングに入っているのですが、単品で購入すると2000円相当するのに1800円のスターターキットについてくるのです。

かなりお得なお試しセットです。

こちらは東急ハンズやHPで購入することができるのですが、下記リンクの初回限定ページで購入するとさらにエトヴォス人気のスキンケアのサンプルがついてくるのでネットでの購入がおすすめです。

気になる方は初回限定ページへ

>>>ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーション 

 

【乾燥肌におすすめのスキンケア記事】

保湿物質「セラミド」を増やすおすすめのスキンケアはこちらへ↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

スポンサーリンク




関連記事

627e5fd37df620045ff3010459f904e9_s

ライスフォースでインナードライ肌を改善!

ライスフォースとインナードライ肌の関係とは・・・?インナードライ肌とは最近注目されている新たな肌タイ

記事を読む

0710

乾燥肌対策|原因から考えるおすすめスキンケア

乾燥肌対策をしているのに肌が乾燥するといった声をよく聞きます。保湿しても保湿しても肌が乾燥するのなら

記事を読む

fc2blog_201212011613120b1

お肌の乾燥対策におすすめのケア!ホットゲルパックでふっくらお肌

美しいお肌のために夏は紫外線対策が必須ですが、寒くなってくると今度は乾燥対策ですね!お肌がガサガサす

記事を読む

IMG_0779

馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多いかと思います。しかし「乾燥肌

記事を読む

cute-dogs-puppies-spa-Favim.com-928114

顔の乾燥肌・かゆみを改善するスキンケア対策

乾燥肌で顔の肌がカサカサするだけではなく「かゆみ」症状がでたら要注意です。肌のかゆみは肌のバリア機能

記事を読む

IMG_0122

乾燥肌におすすめ!エトヴォスのミネラルファンデーションとハイライトクリーム

乾燥肌の方のメイクの悩みでよく聞かれるのが「ファンデーションがのらない」です。どんなにアイメイクや髪

記事を読む

img_5097

ライスフォースの保湿美容液がおすすめ!

ライスフォースの美容液「ディープモイスチュアエッセンス」は保湿効果が高いという口コミが多く、ライスフ

記事を読む

IMG_0995

ビオチンの効果|乾燥肌・肌荒れ対策

ビオチンは水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種となります。乾燥肌の原因には色々とありますが、ビタミ

記事を読む

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

乾燥肌を改善する食べ物と美肌レシピ

乾燥肌を改善するためには外側からのケアだけではなく食べ物などの内側からのケアも大切です。 私が勤めて

記事を読む

IMG_4686

乾燥肌を改善するスキンケア「アルケミー」の口コミ

トラブルがある肌に共通する原因は慢性的な水分不足=乾燥肌です。肌が乾燥すると肌の残り少ない水分を守ろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
img_8218.jpg
クレンジングをやめたら乾燥肌が改善してきれいになった!

クレンジングをやめたら乾燥肌が改善した!肌がきれいになった!と言うと驚

IMG_9240
プラセンタ注射の美肌効果とは

美肌効果があるとしてよく雑誌やTVの美容特集で取り上げられている「プラ

6228fc638e1c32c072bbe4f8f93f7082_s
暖房で肌が乾燥する!そんなときの乾燥肌対策とは

暖房で肌が乾燥する!と悩んでいる方は多いかと思います。冬はただでさえ空

e40a91d9c85cb9034f45f28cf357ccce_s
20代後半におすすめの美肌になる化粧水の選び方

20代後半になるとなんとなく肌質が変わってきて化粧水などのスキンケアを

09598
日本のオーガニックコスメで人気のブランドランキングをご紹介

オーガニックコスメを使ってみたいと思ったときに悩むのが「どのブランドの

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑