*

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容クリニックへいって治療をする人は少なく、まずは自宅で美白の化粧品を使ったりドラックストアで購入したサプリメントでケアをされる人が多かったりします。

スポンサーリンク




シミで美容クリニックや皮膚科は行きづらい部分があるかと思いますが、やはり自己流のケアよりも専門の先生に診てもらった方がシミが薄くなるのは早いです。

シミの種類によっては自宅ケアでは全く効果がでなかったり逆に悪化させてしまうこともあります。

美容クリニック・美容皮膚科でのシミ治療は気になるけれど、どんなことをするのか不安で行けないという方のために、クリニックではまずどのようなシミ治療をするのかをご紹介したいと思います。
073d7e9e6cd875dc710b835c838a8e15_s

クリニックで最初におこなうシミ治療とは

内服療法

まず、シミやくすみなどの悩みで美容クリニックや皮膚科を訪れるとカウンセリングでシミの種類を診断します。

そしてシミの種類により治療方法を決めますが、どの種類のシミでもまずは内服療法をおこないます。

内服療法とはシナールやトラネキサム酸など美白効果のある薬を内服することです。

 

シミ治療に来る患者さんの中には、レーザーを当てればシミはすぐに消えると思われている方が多くいました。

しかし、残念ながらシミはレーザーを照射しただけではキレイには消えないのです。

たとえ一時的にシミが消えたとしてもまた同じ箇所に再発したりなんてことがあるのです。

 

ですので、私が勤めていた美容クリニックではレーザー治療を行う場合も必ず内服療法をおこなってもらっていました。

さらには、レーザー治療の副作用を最小限に抑えるために先に内服療法を開始し、肌のコンディションを整えてからレーザーを当てることを推奨していました。

そして、レーザー治療が終わった後も再発防止のために内服療法だけはずっと続けてもらうようにしていました。

それくらいシミ治療にとって内服は重要ということです。

内服療法は本当に効果があるのか?

シミやくすみの治療で内服と聞くと「本当に効果はあるの?」「飲み続けて大丈夫なの?」と心配される患者さんが多くいます。

内服療法はすぐに効果がでる治療ではないですし、肌は毎日みているとよけいに変化がわかりにくかったりします。

 

しかし、私自身10年間の内服を続けてきて言えるのは、飲むのと飲まないのでは効果は断然違います。

私は20代前半から内服療法(主にシナール錠(ビタミンC)とトラネキサム酸を服用)してきました。

まだ若かったので肌トラブルもなかったのですが、仕事上なんとなく飲んだり飲まなかったりを繰り返しながら飲み続けてきました。

25歳まではほとんど効果はわかりませんでしたが、20代後半にさしかかった時に同年代の友人よりシミやくすみが少ないことに気がつきました。

そして30歳になったときには今の自分の肌は今までの内服療法のお陰だとはっきり気づく事ができました。

肌診断機ではいつも肌年齢が実年齢よりマイナスに出ますし、友人から「シミ対策はなにをしているの?」とよく聞かれるようになったからです。

 

私の場合は長期の例ですし、他にも色々な治療を併用しているので純粋に内服の効果だけとは言えませんが、クリニックで内服療法のモニターをされていた患者さん達は内服療法だけで効果がでていました。

効果の出方には個人差がありますが、肌のサイクルの事を考えるとシミへの効果が感じられるのは3ヶ月頃からになります。

ですので、3ヶ月以上は内服療法を続ける事が基本となります。

中には飲み続けていたら効果がわからなくなってきたという方もいますが、何かのきっかけで内服をやめるとその効果を実感できたりします。

私も妊娠・授乳と長期に渡って内服をやめた時は、内服の効果の大きさを実感しました。

 

 

また、内服を長く続ける事で他の体への影響を心配される方もいます。

私自身はシナール錠(ビタミンC)を妊娠・授乳を除いて10年近く内服していますが、特に今のところ副作用はありません。

長期の内服が心配な方や持病がある方は先生と相談しながら飲む期間を決めてシミ治療をされることをおすすめします。

 

シミの内服療法で処方されるものはクリニックによって違ってきますが「シナール配合錠(ビタミンC)」「トラネキサム酸」は基本として処方される事が多い内服になります。

 

これらの内服はただ漠然と飲むよりも効果を知っているとよりいっそう効果的なので、ぜひ効果を覚えて飲むようにして下さい。

スポンサーリンク




シナール配合錠(ビタミンC)の肌への効果

シミ・くすみ肌の内服療法で欠かせないビタミン剤の一つがシナール配合錠です。

シナールはビタミンCだけではなくビタミンCの働きを助けてくれるパントテン酸が配合された複合ビタミン剤です。

シミの元であるメラニン色素が作り出されるのを抑え、シミや色素沈着を改善する効果があります。

そして、他にも美肌につながる様々な効果があります。

・ターンオーバーを促すコラーゲンの生成

・アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用

・免疫力を高める効果

・皮脂の分泌を抑えて毛穴を目立たなくさせる

などです。

シナール配合錠はシミだけではなく肌全体を美しくさせるために欠かせないビタミン剤なのです。

 

IMG_6909

内服のコツ

クリニックでカウンセリングをしていたときに、ビタミンCなら既に飲んでいますという患者さんが多くいました。

しかし、ビタミンCを飲んではいても自分が1日にどれくらいの量を摂取しているのかわからないという方が意外と多くいます。

また、一般のサプリメントよりシナール錠の方がビタミンCの吸収率が高い場合がありますので、ビタミンCサプリメントをずっと飲んでいるけれど効果が感じられないという場合はシナール錠を試してみるのも一つの手です。

市販のものですと「タケダのビタミンC」がおすすめです。

私も時々使います。

 

そして、ビタミンCを肌に効かせる内服のコツは「量」と「飲み方」にあります。

ビタミンCはシミを改善するだけではなく、体全体の活動にとっても必要な栄養素となります。

運動をすれば消費しますしストレスを感じればビタミンCは消費されます。

ビタミンCは体内で生命維持に必要な箇所から、優先的に消費されていきます。

そのため、大量に摂取しなければ肌にまでその効力がまわらないというわけです。

 

シナール錠を飲んでいるけれどいまいち効果がわからないという方は内服量を見直してみて下さい。

美肌のために推奨しているビタミンCの1日の摂取量は1500mg~2000mgです。

シナール錠は1錠200mgですので、美肌のために必要な1日量は10錠となります。

量が多くて驚かれる方も多いですが美肌のためには量が必要となりますので、私が勤めていたクリニックでは現在成人の摂取限度として定められている2000mgをすすめていました。

中にはビタミンCを大量に飲むとお腹がゆるくなる方もみえますので、様子をみながら調整してみて下さい。

 

そして内服のコツはこまめに摂取することです。

一回に大量に飲むと尿として排出されてしまう可能性がありますので、2~3錠を数回にわけて飲むと効果的です。

ビタミンCと組み合わせるとシミに効果的なサプリメント

次にトラネキサム酸の説明の前にさらに美肌になるために覚えておきたいことをご紹介します。

それはビタミンなどの栄養素は単体で摂取するよりも複数で摂取した方が効果が高まるということです。

その中でも私が一番効果を感じたのがコラーゲン+ビタミンCの組み合わせです。

 

基本的にはシナール錠とトラネキサム酸を飲んでいることが多い私ですが、肌のハリや弾力が減ってきたなーと感じたり、目の下の窪みがやばい!と思ったら、

すっぽん小町」というコラーゲンサプリメントを飲んでいます。

朝起きて鏡を見るのが楽しみになった唯一のサプリメントです。

そしてコラーゲンは実はシミにも効果的なのです。

IMG_3552

コラーゲン不足がシミの原因?

コラーゲンの効果というと肌がプルプルになるイメージが大きいかと思いますが実はシミを薄くするのにもコラーゲンは重要な働きをしてくれるのです。

コラーゲンは「基底層」という表皮と真皮の境目にある部分にも存在します。

そして、基底層は新しい表皮細胞を生み出すという重要な働きをします。

いわば肌を作り出す工場のようなもので、ターンオーバーのスタート地点と言えます。

ですので、コラーゲンが減少し基底層の働きが低下するとターンオーバーのサイクルが崩れてしまうのです。

 

本来ならシミの原因となるメラニンはターンオーバーにより基底層から徐々に肌表面に押し上げられ最終的には肌から排出されます。

しかし、ターンオーバーのサイクルが崩れているとメラニンをうまく押し出すことができずシミの原因となります。

このためコラーゲンを補うことがシミ対策にも有効なのです。

 

また、ほとんどのシミは紫外線が原因と言われていますが、コラーゲン繊維も紫外線によりダメージを受け正常な構造が破壊されてしまいます。

しかし、シミが気になる方でビタミンCは飲んでいるけれどコラーゲンは摂っていないという方が多いようです。

シミが気になっていて肌のターンオーバーサイクルが上手くいっていないと感じたらコラーゲンサプリメントもプラスするのも一つの手かと思います。

 

また、体の中でコラーゲンをたくさん生成したければコラーゲンをたくさん飲むのではなくて、ビタミンCと組み合わせて飲むことが大切です。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進してくれる作用があるため、美肌になるためにもコラーゲン+シナールの組み合わせが最強です。

コラーゲンサプリメントだけを飲んでいたときとと比べると効果は断然違います。

 

また、入眠して3時間は肌のゴールデンタイムといい成長ホルモンがさかんに分泌され肌が再生される時間帯です。

夜寝る前に肌をつくるコラーゲンとビタミンCを摂取しておくことで美肌効果が最大限に期待できるということです。

ぜひこれからコラーゲンサプリメントを飲もうと思っている方はビタミンCと組み合わせて飲んでみて下さい。

肌に元気がなくってきたという方は「すっぽん小町」おすすめです。

詳細記事はこちら↓

すっぽん小町の口コミ・評判|実際に飲んでみた効果とは?

トラネキサム酸の肌への効果

そして、もうひとつシナール錠と併用して飲むと効果が上がるのがトラネキサム酸錠です。

トラネキサム酸は人口合成されたアミノ酸で日本では「トランサミン」などの商品名でも販売されています。

元々は止血剤として使用していたお薬で、美白効果があることがわかり最近ではシミの治療には欠かせない治療薬となりました。

IMG_6912

トラネキサム酸の効果として有名なのは「肝斑」というビタミンCの内服や従来のレーザー治療では消すことができなかったシミの種類にも効果があるということです。

シミは肌細胞の中のメラノサイトでメラニンが大量に作られて留まってしまう状態を指すのですが、トラネキサム酸は、このメラノサイトの活性化を促すプラスミンの働きをブロックするという効果があります。

 

簡単に説明すると、トラネキサム酸はシミとなる素を除去してくれるということです。

ですので、シミの内服療法には肌の状態を整えシミを薄くしてくれるビタミンCと、シミの元を除去してくるトラネキサム酸の両方を飲む事が推奨されています。

トラネキサム酸のシミに対する1日の摂取量は750㎎が推奨されています。

1錠250㎎ですので毎食後に3錠という計算です。

ビタミンCと同様即効性はありませんので2〜3ヶ月以上飲まれて効果を実感するものとなります。

トラネキサム酸の副作用

やはり止血剤というお薬ということで副作用を気にされる方が多くみえます。

トラネキサム酸は基本的には副作用が少ない成分とされていますが、止血用に用いられていた成分なので血栓症などで血栓ができやすい人は服用は控えるようにされています。

 

同成分が配合されている一般薬としては「トランシーノ」という商品がでていますが、心配な方は医師の診察の上処方してもらうのが一番かと思います。

ちなみに私の知り合いの女医さん(健康な方)は10年以上ずっと飲み続けているけど大丈夫と言っていました。

 

シナール錠とトラネキサム酸がクリニックでのシミ治療にかかせない内服になりますが、患者さんの肌の状態によっては

・ビタミンE(ユベラ)
・ビタミンB系
・Lシステイン(ハイチオール)
・ビタミンH(ビオチン)

など他のビタミン剤も処方されることがあります。

 

内服治療は効果がすぐにでるものではないので、途中で諦めてしまう方もいますが、飲むのと飲まないのとでは5年後10年後の肌は必ず違ってきます。

シミ治療は時間がかかりますが、長年かけて出てきたシミはやはりそれなりの時間をかけて治療をする必要があるということですので、腰を据えて頑張りましょう。

初めて購入する場合は美容皮膚科をおすすめします。

 

最安値は輸入代行店のオオサカ堂のトラネミックで250mg240錠で2875円です。

本気のシミ予防には「飲む日焼け止めサプリ」がおすすめ

img_6173.jpg

本気でシミ予防をしたい方には紫外線が強い時期はシナールとトラネキサム酸にプラスして「飲む日焼け止めサプリメント」もおすすめです。

時代は塗る日焼け止めから飲む日焼け止めに移行しつつあります。

私も数年前から飲む日焼け止めサプリを取り入れています。

 

飲む日焼け止めとは?簡単に説明しますと「抗酸化力を極限まで高めた成分が入ったサプリメント」です。

紫外線を浴びるとシミやしわができるのは体の中で「活性酸素」が大量に発生するためです。

この活性酸素を除去してくれるのが「抗酸化力のあるもの」です。

 

食べ物でいえばトマトやアボカド、ベリー系などのポリフェノールを多く含むものなどが高い抗酸化力があります。

ですので、夏場は積極的に抗酸化力のある食べ物を摂取したいところですが、毎日となると難しい場合もあります。

そこで高い抗酸化成分が入った飲む日焼け止めサプリメントなのです。

塗る日焼け止めでは限界を感じているという方、海やプールへよくいく方にはぜひ試してもらいたい一品です。

 

飲む日焼け止めの効果や副作用、飲み方の詳細はこちら↓の記事へ

実際に私が試した飲む日焼け止めサプリ4種も紹介しています。

【飲む日焼け止めサプリを比較2017年版】ヘリオケアと国産どちらがおすすめ?

 

【関連記事】

肌が乾燥しているとシミやくすみが出やすくなります。

シミ治療の前に肌の保湿が必要な方はこちらの記事がおすすめです↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

肝斑が気になる方はこちらの記事がおすすめです↓

レーザートーニングとは?肝斑(かんぱん)治療の効果と体験談

スポンサーリンク




関連記事

IMG_8242

シミ・くすみ肌におすすめ!ピーリング石鹸「サンソリットスキンピールバー」

シミ・くすみ肌に効果的なピーリング石鹸とは・・?30歳を超えると一気に増える肌トラブルがシミ・くすみ

記事を読む

IMG_1374

ニキビに効くおすすめ石鹸『スキンピールバーティートゥリー』

本日は前回のニキビの記事にかいたピーリング石鹸の使い方や使い心地についてです。 ニキビや吹き出物対策

記事を読む

b449add8a058dfcd24e4e92822e53060_s

美肌になるおすすめコスメまとめ

自分で使って実際に効果のあったおすすめコスメをまとめました(*^▽^*)細胞レベルでお肌を若返らせて

記事を読む

img_5858.jpg

石鹸で落とせる日焼け止めおすすめは「ラピスラズリ」

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶことに

記事を読む

IMG_2740

【雪肌ドロップ】飲む日焼け止めサプリメントの効果を口コミ

今話題の「飲む日焼け止めサプリメント」気になっている方も多いかと思います。私自身も肌老化を緩やかにす

記事を読む

df6d73adfa0d1efe0e9993083990e26a_l

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。シミはいつの間にか出来ている事が多く治療

記事を読む

IMG_8951

飲む日焼け止め「ヘリオケア」はどこで処方してもうのか?

今話題の飲む日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」!ここ2〜3年で人気が急上昇しているためヘリオケアは

記事を読む

IMG_8890

おすすめ!成長因子美容液「EGF・FGF」で美肌になる

こんにちは、美容カウンセラーのカメリアです。仕事柄多くのスキンケア商品を試してきましたが、美肌・アン

記事を読む

IMG_1471

美肌力を引き出してくれる基礎化粧品「オラクル」購入

以前トライアルセットを使用して使い心地がよかったので、オラクル化粧品の化粧水と目元専用美容液の現品を

記事を読む

IMG_0796

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近では新しい美白成分ルミキシルを愛用する人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です








  • 名前:カメリア
    年齢:30代
    看護師
    一般社団法人 日本スキンケア協会 
    スキンケアアドバイザー
    ママになってもキレイ!を目指して
    美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
    スキンケアはライスフォースを愛用中。



    follow us in feedly
IMG_0779
馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多

IMG_3564
しわ対策にコラーゲンサプリメントは効果があるのか?

しわ対策といえばコラーゲンといわれるぐらいコラーゲンのアンチエイジング

9649a38248a3e248b9638792d8d8eb4a_s
脱毛したら毛が濃くなった場合の対策方法

薄着になる季節はもちろん美容クリニックでは1年中脱毛を希望される患者さ

IMG_3552
すっぽん小町を男性が飲んだときの効果を口コミ

すっぽん小町は女性に人気のコラーゲンサプリメントですが、男性にも効果は

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s
石鹸で落ちる肌に優しい日焼け止めとは?

日焼け止めを選ぶときに「肌に優しいもの」で探すとたどり着くのが「石鹸で

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑