【脇汗ボトックス体験談】効果・副作用、治療の流れについて

元美容クリニック看護師のあさみん(@asamin_biyou)です。

脇汗や脇の臭いで悩んでいる方ならご存知の方も多い「脇汗ボトックス

脇にボトックスという薬剤を注射することで脇汗を約半年(個人差あり)抑えることができる治療です。

メスを使わない多汗症治療として皮膚科・形成外科・美容クリニック等で受けることができます。

しかし、脇汗ボトックスは効果が永久的ではないことや費用が高めであることから

高いお金を払って効果がなかったらどうしよう。

と悩まれる患者さんも多いようです。

また、他にも

  • なぜ脇汗がおさまるの?
  • 実際のところ効果はどのくらい続くの?
  • 副作用が気になる
  • 保険適用になるケースは?

などカウンセリング時によく患者さんから質問される内容があります。

脇汗ボトックスを受ける前に知っておきたいことや私自身のボトックス体験談をご紹介したいと思います。

 

ボトックスのメカニズム、なぜ脇汗が抑えられるのか?

私たちが汗をかくのは交感神経から「汗腺(からだから汗を出す線)」に刺激が伝わることで汗をかきます。

ボトックスの成分であるボツリヌストキシン(天然のタンパク質)にはこの神経の伝達をブロックする働きがあるため脇に注射することで交換神経から「汗腺」への信号がブロックされ過剰な発汗が抑えられます。

ちなみに脇の下の汗腺には

  • ニオイのもととなるアポクリン汗腺
  • 汗のもととなるエクリン汗腺

の2つがあります。

ボトックスはこの2つの汗腺への信号をブロックし衰えさせるため「ニオイ」と「汗の量」両方が抑えられると言われています。

とはいえ、メインは汗の量の軽減でニオイの軽減に関しては人によってはボトックスだけでは不十分と思う人もいるようです。

脇汗ボトックスの効果(体験談)

勤めていた美容クリニックで年1〜2回受けていたので今までに10回以上は脇汗ボトックスを体験していると思います。

汗とニオイの両方が気になるタイプですが、ボトックスが効いている間は両方とも気にならなくなりかなり快適に過ごすことができます。

注射を打ってから2〜3日で汗の量が減ってきたのを感じ1週間くらいでほとんど気にならなくなります。

一日中脇の下がサラサラなので服の汗ジミのチェックをしなくていいですし、仕事終わりに出かけるときも脇汗のことを気にしなくてよくなり、脇汗の悩み1つがなくなるだけでかなりQOL(生活の質)が上がったと思います。

デメリットに感じるのは治療が定期的に必要なことくらいです。

効果の持続期間

脇汗の手術は効果がずっと続きますが、脇汗ボトックスの場合は効果が切れたらまた注射をしなければならないという繰り返しの治療となります。

持続期間は約6ヶ月(個人差あり)といわれるクリニックが多いと思いますが、6ヶ月後に急に効果が切れるというわけではありません。

私の感覚ですと、

  • 注射を打って1週間から4ヶ月くらいまでがしっかり脇汗が抑えられる
  • 5ヶ月くらいから少し汗ばむのを感じる
  • 6ヶ月を過ぎると完全にもとの脇汗の状態に戻る

といった感じです。

しかし、人によっては3ヶ月で効果が弱まって4ヶ月くらいで切れるという体験談も見かけます。

持続期間は汗腺の発達に個人差があるのとボトックスの打つ量や打ってきた回数によっても変わってくると言われています。

医師と相談して汗を抑えたい時期を逆算して打つ時期を決めることをおすすめします。

効果が持続しやすくなる方法

年間を通して脇汗を抑えたい場合は効果が完全に切れていない時期(4〜5ヶ月くらい)に次のボトックス注射を打つと効果の持ちが良くなると言われています。

効果が完全に切れた状態ですとせっかく衰えていた汗腺が復活しているからです。

これを3〜4回続けると効果が半年以上に伸びたりもします。

私の場合は最終的には7〜8ヶ月間隔で大丈夫になりました。

副作用

  1. 内出血(1〜2週間で徐々に消失)
  2. 注射部位の腫れと鈍痛(数日で治まる)
  3. 背中や胸の下など他の部位の汗が増える

③に関しては一時的なことで基本的には尿として排出されるそうです。

治療できない方

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦。

引用:ボトックスビスタ 添付文書

ボトックスが打てない方には美容皮膚科や美容クリニックで取扱いのあるこちら↓の制汗剤をおすすめしていました。

デトランスα(パースピレックス)5本目突入!効果や痒みを口コミ

2020年3月12日

費用・保険適用について

脇汗の悩み・程度といっても人によってそれぞれです。

異常に脇汗の量が多い場合は「原発性腋窩多汗症」と診断され保険診療での治療が可能となります。

その場合は3割負担で両脇3万以内で受けられる病院・クリニックが多いようです。

診断のポイントは原因不明の多量の脇汗が半年以上前から続いていることや以下のような内容がポイントとなります。

詳しくは以下の「脇汗 情報サイト」に載っていますので気になる方はチェックしてみてください。waki-ase.jp

 

美容外科など自由診療となる場合は両脇5〜10万円というクリニックが多いようです。

勤めていたクリニックは9万円でした。

値段だけをみると保険で脇汗ボトックスの治療を受けた方が魅力的に思えるかもしれませんが、自由診療でのメリットもあります。

保険の場合は脇汗ボトックスに使える量は100単位と決まっていますので、体の小さい女性でも体の大きい男性でもボトックスの打つ量が同じになります。

そして効果がなかった場合の保証がないそうです。

その変わり自由診療の場合は患者さんの体の大きさや汗の量によって、ボトックスの量を増やすことができます。(料金も変わって来るかもしれませんが)

そしてちゃんとしたクリニックでしたら、数週間たっても効果が感じれない場合の対処法が整っています。

私が勤めていたクリニックでは2週間しても効果が感じられない・少ない場合は追加費用なしでボトックスを追加していました。(あまりいませんでしたが)

ですので脇汗ボトックスの保険は自由診療と同じ治療が安く受けられるというわけではないということです。

治療の流れ

私が勤めていたクリニックの例です。

①カウンセリング・診察

両脇で約10分ほどの治療ですので相談に来られた当日でも予約に空きがあればすぐに治療が可能でした。

②麻酔クリームを塗布

約30分〜1時間ほど待機。

(治療を別日に希望される場合は麻酔クリームお渡しして事前に塗って来てもらっていました)

③消毒とマーキング

主に脇毛の生えている範囲をマーキング

④マーキングに沿って注射

クリニックによって注射の間隔・痛みの緩和方法・注射針が変わってきます。

勤めていたクリニックではなるべく細かい間隔で極細の針を使って注射していました。

④圧迫と冷却

施術後2〜3日は入浴、サウナ、岩盤浴、激しい運動、アルコールは控えてもらうよう伝えていました。

患者さんが1番心配されるのは痛みでしたが、個人的には結構痛いと思っています。

麻酔クリームが効いていれば針をさすチクっとした痛みはないのですが、薬が注入される痛みがあるため完全に痛みはなくなりません。

時間がないときにアイシングだけで打ったこともありますがかなり痛かったです。

でも、脇汗の悩みから解放されるなら頑張れる痛さでした。

施術を受けるときの服装は、脇が広範囲にでるノースリーブにカーディガンを羽織っていくと治療が受けやすくて内出血した場合も隠せるのでおすすめです。

まとめ

病院やクリニックで受けられる脇汗対策「脇汗ボトックス」について紹介しました。

メスを使わない脇汗ボトックスは脇汗手術に比べるとダウンタイムやリスクが少なく比較的気軽に受けられる脇汗治療で多くの方の脇汗の悩みを解消しています。

ただし、受ける病院やクリニック、保険などで効果や費用が変わってきますのでしっかり下調べをして信頼できるクリニックで治療を受けることをおすすめします。

また、注射や手術はハードルが高いと感じられる方には勤めていた美容クリニックで取り扱っていた「制汗剤」について下記の記事にまとめてあります。

デトランスα(パースピレックス)5本目突入!効果や痒みを口コミ

2020年3月12日

気になる方はぜひチェックしてみてください。