人気の脇汗インナー!使って良かったおすすめをご紹介

脇汗の量が気になる人の悩みで1番多いのが服の汗ジミではないでしょうか?

脇汗のシミは自分よりも人に気づかれやすい場所なので脇汗が多い人にとっては悩みのタネかと思います。

そんな服の汗ジミ予防策としておすすめなのが経済的かつ肌に優しい「脇汗インナー」です!

使い捨ての脇汗パッドも良いですが、慣れなくて貼る位置がいまいちだと脇汗を吸収する効果が半減してしまったり・・・。

しかし、脇汗対策用のインナーならプロの手で綿密に計算された位置に既にパッドが取り付けてあるためその様な心配が要りません。

それにインナーなので長く使えば使い捨ての脇汗パッドよりも経済的です。

そんな脇汗対策インナーが最近は人気急上昇で、様々なメーカーから色々な種類のものがでています。

あれこれと試してみたいものですがコスメと違ってお試しができないため、どこの脇汗インナーが良いのか悩むところです。

私も色々と調べた結果、口コミがよく友人にも愛用者がいたワキさらhappyインナーを選びました。

これが大正解。

今では追加購入をして着ているくらいお気に入りの夏には欠かせない必需品になりました。

この記事ではワキさらhappyインナーの着心地やどのくらい効果があるのか?詳しくご紹介します。

 

脇汗対策インナー「ワキさらhappy」がおすすめの理由

IMG_3689

なんだか写真に撮るとより一層ババ臭さを感じさせますがこういったインナーは機能性重視ということで・・・。

私がワキさらhappyインナーを選んだ理由

半袖やうす着でもアウターに響きにくくピッタリとした形状

全体の生地がうすくてサラリと着れるリネン素材

経済的(1枚約2000円なので洗い替え用も購入しやすい)

楽天の口コミから汗を吸収する効果が抜群なことが感じられた

理由1:汗の量が多くても染み出ない3重構造の広範囲なパッド

IMG_3691

写真を見てもらうとわかるように、脇汗対策のインナーはワキの部分に大きなパッドが付いています。

このパッドが脇汗を吸収してくれて服に汗を染みださないようにしてくれるのです。

ワキさらHAPPYインナーは防水布を含めた3重構造になっているのがポイント。

パッドも広く広範囲で汗を吸収してくれます。

そして各メーカー色々と工夫しているのがパッドの形や位置・角度です。

せっかくなのでパッド部分に水をたらして実験してみました。

最初に小さじ一杯分(5cc)をパッド部分にたらしたらちょっと時間が経ってから縫い目からじわ〜と水が染み出てきたので焦りましたが、よく考えたらこんなに一気に脇汗をかくわけがない。

と、思い仕切り直して反対側のパッドに小さじ半分(2.5cc)を徐々にたらしてみました。

今度は全く染み出してきませんでした。

そのまま着てみると、少し冷やっとした感じはありますがリネン材は吸収・発散制に優れているので濡れている感覚は全くなく、さらっとしていて不快感がありませんでした。

理由2:時間がたっても臭くならない

さらに脇汗で悩んでいる方の悩みの一つに「脇汗の臭い」があります。

よく「脇汗がくさい」と言われ脇汗自体が臭いの原因と思われがちなのですが実は脇汗そのものは臭くありません。

人間の体には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺があるのですが、脇の下にはこの両方の汗腺が存在するため誰でも脇の下は汗をかきやすいもの。

エクリン汗腺は体の至る所に分布していて汗のほとんどはここからでているのですが、この汗は99%が水のため無臭です。

一方、アポクリン汗腺はというと、エクリン汗腺と違い脇の下・おへそまわり・デリケートゾーンなど濃い毛が生える場所にのみ存在する汗腺です。

脇の下が臭う原因はというと、この二つの汗腺から出た汗が皮脂と混ざり皮膚に残っていることで細菌が繁殖し、それが分解されることで臭いが発生します。

さらに脇の下は皮膚が重なっているため蒸れやすく細菌が繁殖しやすい条件がそろっているカ所になります。

そんな脇が当たる服の布の部分は臭いがつきやすくなります。

服を洗濯しても脇の部分だけ臭いが取れないという方も少なくありません。

これは線維の奥にまで汚れが入り込んでしまい雑菌が繁殖してしまっているのが原因です。

しかし、ワキさらHAPPYインナーのリネンには「ペクチン」というものが含まれていて、線維の奥に汚れが入り込むのを防いでくれるのです。

なので雑菌が繁殖することを防ぎ洗濯でしっかり汚れを落とすことができるので繰り返し使ってもインナーが臭くならないという特徴があります。

毎日使いはもちろんですが、脇汗の臭いを染みつけたくないおしゃれ服を着るときにも脇汗対策インナーは重宝します。

既に服の臭いで困っているという方は下記記事の洗濯方法を参考にしてみてください。

服に付いた脇汗の臭いを取り除く洗濯方法

2018年1月24日

脇汗対策インナーを着てみた感想

img_6926.jpg

サイズ・着心地

普段、服のサイズはSかMで迷うためワキさらhappyインナーのサイズ選びもすごく迷ったのですがぴったりが良いと思いSにしました。

最初着た時は正直「きつい」と感じて失敗したかなと思ったのですが、やはり薄着の季節に活躍する商品であることと、ワキにぴったりフィットするためSでよかったと思いました。

多分通常のインナーよりもピタッとした設計になっているためキツイと感じたのだと思います。

ただ、使い込んでいくとなじむためキツイと感じたのは初めだけでむしろこのぴったり感が心地よくなっていきました。

また、最初はワキのパッドの部分がカサカサすると感じたのですが、これも使い込んでいくと気にならなくなりました。

襟元が広いためトップスからインナーが見えるという心配もありません(個人的には襟元のレースはなくても良いと思っていますが)

これを着ていると日中服の汗ジミを気にしなくて済むため、仕事や勉強に集中することができ様々なことがスムーズに進む様に感じます。

個人的には授乳中にも重宝しました。

ホルモンバランスの関係や赤ちゃんと密着することから一時的に脇汗が増える産後。

制汗剤は赤ちゃんと触れるため使いづらい・・。

そんな時に活躍したのがこの脇汗インナーでした。

胸元が大きく開いているので授乳用ブラと組み合われば腕を抜かなくてもブラをずらして授乳することができました。

ただ、授乳中はバストアップしているため1〜2サイズ大き目を選ぶことをおすすめします。

友人看護師の口コミ

仕事上、よく動くので脇汗対策は必須。

看護師の制服は汗を吸収しにくくて困っていましたが、脇汗対策インナーを使う様になってから快適に仕事ができる様になりました。

同僚看護師も愛用者が多いです。

素材、色、デザイン

 
 
素材は2種類

リネン素材:薄くてさらっとしてるのが特徴 色はベージュのみ

テンセル素材:しっとりして柔らかいのが特徴 色は黒、ベージュ

基本的には人前で着替えないときに着用するのでベージュで十分ですが、袖が短いトップスのときに袖口からインナーがチラ見えした場合でも黒の方がまだましかと思い、黒も追加で購入して着用しています。

デザインは胸開きタイプ、胸ありタイプ、丈の長さが選べたりと豊富ですので着る服に合わせて選ぶことができて便利です。

デザインはこちらからチェックしてみてください。

また、安心の日本製です。

肌に直接触れるインナーだからこそこだわりたいですよね。

デメリット

縫製もしっかりしていて脇汗も気にならなくなるため私の場合はデメリットというデメリットはありませんでした。

しかし、お店の口コミの中にはこれでも汗が染み出てしまうという方もいたので、脇汗による効果の個人差はあると思います。

ただ、私の場合は脇汗の量が増える時期は脇汗を止める制汗剤と一緒に使っています。

ノースリーブのトップスを着る時も脇汗インナーは着れませんので、やはり制汗剤との併用がコスパが良く一番安心かと思います。

まとめ

脇汗対策インナー「ワキさらhappy」をご紹介しました。

綿密に計算された脇汗パッドが脇の汗ジミを防いでくれて快適に過ごすことができるインナーです。

気になっていた汗ジミが解消して仕事や勉強に集中することができますし、精神的安心をもたらしてくれることができます。

大袈裟!?と思うかもしれませんが、美容クリニックで脇汗のカウンセリングをしていて、脇汗でどれだけ悩んでいる人が多いか知っているため脇汗対策は本当に重要だと思っています。

ぜひ自分にあったモノを見つけてストレスフリーな生活を手に入れましょう。

愛用の制汗剤は下記の記事にて紹介しています。

勤めていた美容クリニックでも取り扱っていたおすすめの制汗剤です。

【口コミあり】デトランスαが効かない理由と効果的な使い方

2019年4月20日