産後の骨盤矯正にトコちゃんベルトⅡを使った口コミ

出産は怖いけれど産後に体型が戻らないのも怖い!

ということで産前から色々と調べて取り入れたのがトコちゃんベルトです。

妊娠するまでトコちゃんベルトの存在すら知りませんでしたが、妊婦さん・産婦さんに人気のある骨盤ケアベルトです。

最初は中々使いこなせず意味があるの?と思ったりもしましたが、2度の出産を経験して妊娠中・産後とトコちゃんベルトを使ってよかったと思っています。

もっと早く使いこなせていればもっと体型の戻りも早かったのでは?と思っています。

使いこなせない理由は、トコちゃんベルトの装着方法が他の骨盤ベルトと少し違うからです。

 

上の絵のように骨盤高位の状態になって装着する必要があるため立ってつけることができないのが難点の1つ。

そして、トコちゃんベルトを巻く位置も重要です。

間違った使い方は効果が得られないだけではなく、体型戻しに逆効果な可能性もあります。

特にトコちゃんベルトは妊娠中からも使えるのですが、妊娠中に間違って使ってしまった場合は赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があるため慎重にする必要があります。

ですので、この記事ではトコちゃんベルトの付け方に関しては取り扱いません。

トコちゃんベルトの正しい巻き方や使い方はトコちゃんベルトを販売している公式サイト「トコちゃんベルトの青葉」か、「楽天の正規代理店」を参考にしてください。

今回は私がトコちゃんベルトⅡを2回の出産で使ってみて良かった点や悪かった点など率直な感想を口コミしたいと思います。

 

トコちゃんベルトを使ってみた感想

トコちゃんベルトは1人目の妊娠中期に購入。

妊娠中から骨盤が開きすぎないように骨盤周りをサポートすることで早産の予防になると聞いたからです。

しかし、なかなか巻き方に慣れなかったのと初めての妊娠ということで慎重になっていて正直1人目妊娠中は活躍しませんでした。

ですが、2人目妊娠中は大活躍でした。

妊娠中の足の痛みや頻尿・尿漏れが緩和

経産婦ということで骨盤がゆるまるのがはやく、お腹の膨らみが目立つ頃には次のようなマイナートラブルが出始めました。

・頻尿

・尿漏れ

・足の付け根の痛み

特に1人目妊娠中にはなかったくしゃみや咳の時になる尿漏れにはショックを受けました。

しかし、トコちゃんベルトをつけるとこれらの症状は緩和されたので、やはり骨盤を支えるということは大事なのだと思いました。

特に妊娠中のウォーキングや長く外出する時には必須アイテムとなりました。

産後直後でも歩きやすくなる

トコちゃんベルトのおすすめポイントはなんといっても産後直後に装着することができるです。

ちなみに私の場合は、

1人目産後は2日目から装着。

2人目産後は分娩台の上で装着(使い捨てのもの)。

骨盤の安定具合が違い歩きやすさが全く違うのを感じました。

事前に助産師さんに頼んでおいてよかったと心から思いました。

ただ、産後直後は血液でベルトが汚れてしまう可能性があるため、使い捨ての産後直後用トコちゃんベルトを使い次の日から通常のトコちゃんベルトを使いました。

産後の体型を戻しやすくする

産後は骨盤がゆるんだ状態の上、慣れない育児や授乳で姿勢が悪くなりがちです。

しかし、トコちゃんベルトをすることで骨盤周りを支え崩れていた骨格を立て直してくれるため姿勢がよくなり動きやすくなります。

トコちゃんベルトをしながら骨盤体操をすることで体型が戻りやすかったのを実感しました。

また、トコちゃんベルトをつけることで妊娠によって下がってしまった内臓を正しい位置に戻す効果もありますので、ぽっこりお腹の改善にも役立ちました。

トコちゃんベルトのデメリット

私は以下の3点が気になりました。

・装着に時間がかかる

・座ったり立ったりする動作が多いとずれやすい

・立ったまま装着できないため外出時にずれても直せない

ずれに関しては下記のような専用ずれ防止パーツが売っているようですが私は試しませんでした。

最初からトコちゃんベルトとセットになっていたら良いのにと思います。

トコちゃんベルトの装着時間に関しては寝てつけることで下がった内臓をあげて、その状態で装着することが大切なため仕方がないかなと思っています。

逆に立ったまま付けれる骨盤ベルトは楽なんだろうけど内臓はどうなるんだろう?と気になります。

産後にトコちゃんベルトを使おうと思った理由

産後にトコちゃんベルトを使おうと思った理由はこちらの本を読んだからです。

妊娠中に読んでおいて良かった1冊です。

この本によると産後の体型戻しというのは食事制限やきつい筋トレではなく、出産によってバラバラに近い状態になったからだを組み直すことが一番大事ということが書かれています。

さらには骨盤がゆるんでいる産後こそ根本から体質改善をするチャンスだとも書かれています。

妊娠中はこのからだがバラバラということや組み直すという言葉がピンときませんでしたが、産後を体験してみるとすごく納得しました。

そして、赤ちゃんを育てている状態で食事制限やきつい筋トレはまず無理でしたので、からだを組み直すことに意識を持っていくのは非常に良いと思いました。

こちらの本には主に産後のからだを組み直すストレッチなどのケア方法が載っていて骨盤ベルトについては書かれていいないのですが、ここから色々と調べてトコちゃんベルトにたどり着きました。

また、妊娠中におすすめの本として、トコちゃんベルトを開発した方のこちらの本もよかったです。

トコちゃんベルトを使い終わった後の体型戻し

産後トコちゃんベルトをつける目安は2〜3ヶ月です。

この間にゆるんだ骨盤まわりを整えてからだを組み直します。

間違っても産後直後からニッパーや補正下着を付けてお腹をキュウキュウ締めないように気をつけてください。

妊娠で骨盤に下がった内蔵をそのまま下げる事になってしまうため典型的な産後洋梨体型が出来上がるそうです。

トコちゃんベルトの使用を終えた後に使った骨盤ケアアイテムが次の2つです。

ワコールシェイプマミーガードル

1人目のときはワコールの「シェイプマミーガードル」を使用しました。

産後ガードルの中で先輩ママに1番人気のアイテムです。

産後1ヶ月から使えますが、私はトコちゃんベルトを使った後に使用しました。

これはこれでよかったですが失敗もあったのでそのお話はこちら↓の記事を参考にしてみてください。

産後10か月の体型戻しとワコールの産後ガードルの口コミ

2014年10月25日

フィットキープ骨盤矯正ベルト

そして2人目産後に使用したのが、骨盤矯正専門院が開発したという骨盤ベルト「フィットキープ(fit keep)」です。

フィットキープ(fit keep)はワコールやトコちゃんベルトほど有名ではありませんが、最近インスタグラムで話題になっていたため気になって妊娠中に購入しました。

ちなみに第1子のときにはまだ開発はされていませんでした。

骨盤ケアの部類としてはトコちゃんベルトと同じく妊娠中、産後に使える骨盤ベルトになります。

トコちゃんベルトと違うのはフィットキープ(fit keep)はパンツ型になっていてずれないことを特徴にしている点です。

また素材も全く違います。

個人的には産後1ヶ〜2ヶ月はトコちゃんベルトを使ってある程度骨盤が戻ってからフィットキープ(fit keep)に移行すると良いのでは?と思っています。

フィットキープの使い心地については↓こちらの記事を参考にしてみてください。

フィットキープ(fitkeep)はいつから?産後の体型戻しと骨盤ベルト口コミ

2019年9月5日

まとめ

トコちゃんベルトは妊娠中、産後のマイナートラブルを緩和させるサポート的存在としておすすめです。

装着する場合は必ず正しい装着方法、位置を確認してから装着するようにしてください。

【関連記事】

産後にキレイになる人、老ける人

2018年8月29日