*

シミ対策|日焼け止めの選び方・塗り方とSPFとPAの意味

公開日: : 最終更新日:2017/07/15 ♦シミを消す方法 , ,

シミ対策に日焼け止め選びは重要です。

シミができるとレーザー治療などでとにかく早くシミを消したい!と思う方も多いかと思います。

しかし、いくら治療でシミを消しても普段の生活習慣の中にシミを作る習慣があったらシミは消しても消しても何度でも肌にあらわれます。

スポンサーリンク




ですのでシミ対策で重要なのは美白効果のあるスキンケアを使う前にシミの原因である「紫外線対策」を徹底して行うことです。

いまや肌老化の80%が紫外線が原因と言われています。

シミをつくらない美しい肌になるためには紫外線対策は欠かかせません。

 

 とはいえ、紫外線対策なら日焼け止めクリームを塗っているから大丈夫という方もいるかもしれません。

しかし、毎日日焼け止めクリームを塗っているのにシミが増えたり肌がくすんで日焼け止めの効果が感じられないという場合は、日焼け止めの選び方と塗り方が間違っている可能性があります。

 日焼け止めを購入する際にパッケージ等に書かれているのがSPFPAの数値ですが、この意味を知らないままなんとなく購入されている方も多いのではないでしょうか?

本日はシミを消す前に!

・紫外線の種類

・SPFとPAの数値

・日焼け止めの選び方・塗り方

・おすすめの日焼け止め

をご紹介したいと思います。

4736087198_3c7de0a6f2_b

紫外線の種類を知ってシミ対策

まずは紫外線対策を行う前に紫外線の種類と作用を知っておきましょう。

紫外線にはA波・B波・C波の3種類があります。

紫外線A波

紫外線A波はUVAともいい紫外線量の約90%を締めています。

紫外線A波は窓ガラスを突き抜けてくるため曇りの日や家の中でも注意が必要です。

そして肌の奥にある真皮層にまで届くため長い時間をかけて気がつかないうちにしわやたるみなどを引き起こします。

紫外線B波

紫外線B波はUVBともいい肌の表面に作用する紫外線です。

紫外線を浴びた際に肌が赤くなりヒリヒリする日焼け(サンバーン)を引き起こします。

そして皮膚の炎症をおこすためシミやそばかすの原因となります。

 

ガラスや雲で遮断可能ですが短時間で肌表面の細胞を傷つけるため外出時は注意が必要です。

夏に肌に何も塗らない状態では、約20分でサンバーンを起こすといわれています。

紫外線C波

紫外線C波は皮膚病の原因となるA波・B波より有害な紫外線です。

近年のオゾン層の破壊によって地球上にまで届いてしまうことが心配されています。

 

日焼け止めクリームは上記のA波・B波を遮るものです。

スポンサーリンク




日焼け止めの数値SPFとPAの意味とは

日焼け止め効果を表す基準となります。

SPFとは

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。

シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )防いでくれる目安を「数値」で表したものです。

SPFの数値とは

SPFは素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安で1~50の段階があります。

先ほどお伝えしたように、夏に肌に何も塗らない状態では、約20分でサンバーンを起こすといわれています。

素肌で屋外にいたら20分程度で日焼けするところ、SPF10の日焼け止めクリームを塗っていたらサンバーンを起こすまでの時間を10倍の200分に伸ばすことができるという意味になります。

SPF20の場合は20分×20=400分=6時間40分となりますので、サンバーンが起きるまでの時間を6時間40分伸ばすことができるということです。

 

ちなみに以前私はこれを紫外線を遮る効果の強さと勘違いしていましたが、強さではなく時間ですのでお間違いない様に。

SPF20とSPF50のように数値が違っても、紫外線を遮る効果は同じということです。

PAとは

PAとはプロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略でUVA防御指数とも言います。

肌を黒くする紫外線A波(UVA)を防いでくれる目安を「記号」で表したものです。

UVAはUVBに比べて皮膚の奥深くに侵入するので、長期間浴びると肌の老化にもつながります。

PAの4段階

PA+    →UVA防止効果がある
PA++     →UVA防止効果がかなりある
PA+++  →UVA防止効果が非常にある

PA++++ →UVA防止効果が極めて高い

となります。

ということは、一番効果の高いSPF50のPA++++を選んだら良いのでは?と思いますが数値が高いものほど肌への負担が強くなるので、使い分けが必要となります。

上手な日焼け止めの選び方

日焼け止めの数値を使い分ける

日焼け止めは数値が高くなればなるほど肌に負担がかかりますので、外出時間や場所によってSPF・PAを使い分けましょう。

例えば、

洗濯物や室内の掃除などの家事ならSPF15~20、PA ++くらい

レジャーなどで長時間紫外線を浴びる場合はSPF30~50、PA +++くらいをおすすめします。

通勤時間は人によって違いますので、SPFを計算してぜひ適切な日焼け止めを選んでみて下さい。

日焼け止めの塗り方

先ほどご説明したSPF・PAの数値の効果というのは日焼け止めクリームの規定量を塗った際の目安になりますので注意が必要です。

日焼け止めを塗る量が足りてない?

日焼け止めクリームを毎日塗っているにもかかわらず、効果が感じられない方は圧倒的に塗る量が足りてない場合が多いです。

日焼け止めの効果を十分に発揮する為には日焼け止めを塗る量がポイントとなります。

皆さんは普段どのくらいの量を塗っているでしょうか?

よく日焼け止めのパッケージの裏などに使用方法とし500円玉大くらいを使用して下さいなどと書かれていますが、その量では白浮きしてしまうので、もっと薄く塗っている方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、SPFとPAのレベルの実験では皮膚1平方cmあたり日焼け止め化粧品を2mgずつ皮膚に塗っておこなうそうです。

ということは、本当にSPFの数値の効果を得る為にはかなり厚く日焼け止めを塗らないと意味がないということです。

SPF20を顔全体に500円玉くらい塗ったから約6時間は大丈夫〜☆とはならないということです。

ちょっとだまされた気分ですよね。

 

しかし、これはどうしようもないので日焼け止めを塗るときはなるべくたっぷり塗る様に心がけましょう。

白浮きしないコツは、時間をかけて重ね塗りすることです。

すり込まずに壁を作る感覚でトントンと軽く押さえながら肌にのせていきます。

とくに日焼けしやすい頬骨と鼻の頭を重ね塗りするようにします。

日焼け止めは塗り直すのが効果的

また、日焼け止めはこまめに塗り直す事が大切です。

以前テレビで、日常生活でどのように顔の日焼け止めが落ちて行くかを機械をつかって測定していたのですが、想像していたよりもすぐに落ちていて驚きました!

朝日焼け止めクリームを塗って夜までなんて全然もっていませんでした。

だいたい塗ってから2〜3時間くらいで剥がれ落ちます。

 

日常生活のちょっとした動作に気をつけて見て下さい。

汗を拭くとき・メガネのかけ外し・頬杖や前髪を触るクセ・鼻をかむときなどなど、ちょっとしたことで日焼け止めは落ちます。

特に日焼け止めが落ちる一番の原因は携帯電話での通話でした。

携帯電話が頬に当たる事で日焼け止めが落ちるのです。

長時間外出する場合もSPF50を塗りっぱなしにするよりも、SPF30あたりをこまめに塗り直す方が効果的で肌の負担も少なくすみます。 

森三中の大島さんが肌がきれいな秘訣

突然ですが、森三中の大島さん肌が白くてハリがあってキレイですよね!

o0480064311186603565

 

女芸人という過酷な仕事にも関わらず肌が綺麗な秘訣は紫外線対策だそうです。

若い頃にテレビのロケで真っ黒に焼けてしまい顔中に吹き出物ができてどうしようもない状態になった時に、皮膚科で教えてもらったケアが紫外線対策だったそうです。

 紫外線対策をするようになってからみるみる内に肌がキレイになった大島さん。

1ヶ月で使う日焼け止めクリームの数は3本!1日に塗り直す回数は4〜5回!だそうで、徹底されています。

 

私はこれを雑誌で(だいぶ前の雑誌ですが)読んだときは、日焼け止めクリームを1シーズンに1本使うか使わないか位の量だったので、3本と聞いてかなり衝撃を受けました。

日焼け止めを塗るポイントをまとめるとムラなくたっぷり塗ることこまめに塗り直すということです。

おすすめの日焼け止めクリーム

ラピスラズリLLサンスクリーン

img_5858.jpg

日焼け止めクリームは何個かを使い分けていますが、全て石鹸で落とせる日焼け止めクリームを選んでいます。

その中でもおすすめのラピスラズリ LLサンスクリーンをご紹介したいと思います。

LLサンスクリーンはウォータープルーフなのに石鹸で落とせる日焼け止めです。

開発者の方が肌が弱かったことから肌に優しい成分をぎゅっと詰め込ま込んだ日焼け止めになっています。

 

使い心地としては白浮きせず塗りやすいこと、保湿効果が高いことが挙げられます。

保湿効果が高いため朝は化粧水とLLサンスクリーンだけで済みます。

そのためスキンケアによる摩擦やクレンジングによる肌への負担がぐっと減り肌質が良くなってきました。

日焼け止めで肌荒れをする・乾燥するという方におすすめです。

詳細はこちら→ラピスラズリ LLサンスクリーン

飲む日焼け止めを使うのも手

IMG_8950

紫外線対策のために日焼け止めクリームは重要ですが、塗り直しが必要だったりたっぷり塗らなければならないため手間と感じている方も多いかと思います。

また、塗り忘れてしまうこともあります。

そこでおすすめなのが最近美容皮膚科を中心に人気の飲む日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」です。

塗る日焼け止めと併用することで最強の紫外線対策となります。

見た目に反して植物由来のサプリメントになります。

 

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の詳しい記事はこちらです↓

飲む日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」の効果と副作用、飲み方について

 

 

以上が日焼け止めの選び方や塗り方のポイントでした。

最後に、肌自体が健康であれば多少の紫外線の影響は取り返す事ができます。

子供が日焼けしてもシミにならないのがそうです。

大人になると肌の代謝が落ちるため肌細胞がスムーズに入れ替わることができずにシミとなって残ります。

ですので、肌自体の代謝を上げる事もシミを消す、または作らないために大切です。

肌が本来持っている修復機能を取り戻すシンプルスキンケアの記事もおすすめです↓

美肌のためのスキンケアはシンプルがいい!2つの基本ポイント!

スポンサーリンク




関連記事

美白注射トランサミン(トラネキサム酸)の効果とS姉妹

美白注射の効果は!?美容クリニックの治療のひとつに「美容注射」というものがあります。美容注射は大きく

記事を読む

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容クリニックへいって治療をする人

記事を読む

シミの原因ターンオーバーを整えて美肌になる方法

シミをどうにかしたい!と思って原因を調べると必ず出てくるのが「ターンオーバー」という言葉です。ターン

記事を読む

【雪肌ドロップ】飲む日焼け止めサプリメントの効果を口コミ

今話題の「飲む日焼け止めサプリメント」気になっている方も多いかと思います。私自身も肌老化を緩やかにす

記事を読む

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。シミはいつの間にか出来ている事が多く治療

記事を読む

シミの原因は活性酸素?対処法とは

シミの原因を調べていると「活性酸素」という言葉が出てきます。 活性酸素と聞くとなんとなく肌に悪いと

記事を読む

ライスフォースはUV(紫外線)対策にもおすすめです

ライスフォースでUV対策というとライスフォースのUVプロテクトミルク(日焼け止め)を塗ることと思われ

記事を読む

日焼け後のアフターケアで美白になる方法

紫外線の強い季節は気がついたら日焼けしてしまっている「うっかり日焼け」に要注意です。美容クリニックに

記事を読む

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近では新しい美白成分ルミキシルを愛用する人

記事を読む

シミの原因になる食べ物とは?

シミを改善したいと思って食べ物に気を使っている方も多いかと思います。しかし、肌のためと思って食べてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
マスクで肌荒れする人必見!予防対策とおすすめアイテム

最近は1年中マスクが手放せないという人も多いのではないでしょうか?

ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

ライスフォースと米肌(マイハダ)はどちらもセラミドを増やす保湿系のスキ

美容医療のやり過ぎはどうなる?

約10年ほど美容クリニックに勤めていたのですが、気をつけていたことはレ

フィットキープ(fitkeep)で産後の体型戻しと骨盤ベルトまとめ

骨盤矯正の専門家が作ったという骨盤ベルト「フィットキープ(fit ke

産後の骨盤矯正にトコちゃんベルトⅡを使った口コミ

産後の体型戻しは産後6ヶ月までが1番痩せやすいと言われています。 と

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑