暖房で肌が乾燥する!そんなときの乾燥肌対策とは

暖房で肌が乾燥する!と悩んでいる方は多いかと思います。

冬はただでさえ空気が乾燥しやすい時期なのに、暖房を使い出すとさらに空気が乾燥し肌の水分を奪います。

スキンケアを見直すくらいで改善する乾燥なら良いのですが、肌の乾燥状態が長く続いて肌のバリア機能自体が低下してしまっているといった方も少なくありません。

肌のバリア機能が低下するとどうなるのか?

乾燥がさらに悪化してしまうことはもちろん化粧品がしみるくらいの肌荒れをおこしたり、シミ・しわなどの肌老化をすすめることになってしまいます。

美肌を守るために乾燥肌対策は必須です。

肌の乾燥を感じたら早めにケアをすることが大切です。

今日から乾燥肌対策をはじめましょう。

そのために、まずは肌が乾燥する原因を知りそれを取り除いていくことです。

肌が乾燥する原因と暖房(エアコンやストーブ)による乾燥肌対策をご紹介したいと思います。

6228fc638e1c32c072bbe4f8f93f7082_s

肌が乾燥する原因

肌が乾燥する原因は大きくわけて「空気が乾く」ことでおこる外側からの乾燥と「老化などによって肌の保湿物質が減る」という内側からの乾燥の2つがあげられます。

ですので乾燥肌対策は、

・肌の外側(環境)を乾燥させないこと

・肌の内側にある保湿物質を守ること・補給してあげること

両方からアプローチすることが大切です。

美肌になる湿度とは

ちなみに一般的に人が快適に過ごせる湿度は40〜60%といわれています。

湿度が40%以下になるとノドの粘膜が乾燥することによって免疫力が低下し風邪を引きやすくなるなど、湿度は美肌だけではなく健康を保つためにも重要とされています。

ただ、湿度計を見ながら美肌ケアをされているといった方はどれくらいいるでしょうか。

美容クリニックでカウンセリングをしていたときも乾燥肌という方でも自宅に湿度計がないという方は多くいました。

 

私自身は美容クリニックに勤めていたこともあり仕事中は受付スタッフが湿度を管理してくれていて快適に過ごしていました。

なので実は私も湿度計なんて気にしたことがなかったのです。

しかし、出産して新生児を自宅に迎え湿度計を見る生活をするようになってから湿度計の大切さを知りました。

産後はちょうど冬だったこともあり部屋の中は暖房をガンガンにかけていました。

それまで湿度は自分の肌感覚しかなかったのですが、湿度計の数字がガンガン下がるのを見てびっくりしました。

エアコンを付ければすぐに湿度が20%台になり肌がぴりっとするくらいに乾燥します。

ですので暖房器具を使うときは加湿器などで湿度調節をすることが美肌を保つためには必須となってきます。

湿度計を見ながら生活しているとやはり50%台のときが肌の調子が良いです。

20%〜30%台ですと肌がカサカサしたり肌トラブルが起きやすくなるのがわかります。

また、湿度が60%以上では肌の調子が良くても部屋の中がジメジメしてカビやダニが発生しやすくなったり、窓の結露がひどくなったりして住環境的には良くありません。

ですので部屋の湿度が50%台でも肌の乾燥を感じるようでしたら、さらにスキンケアで肌の保湿をしてあげるなどの工夫が必要となります。

暖房による乾燥肌対策

冬場は暖房によって乾燥しやすくなり、夏場はクーラーなど冷房によって乾燥しやすくなるため部屋の乾燥は1年中気をつけたいところです。

特に冬場の暖房は温度が上がることによって湿度をガクッと下げるため1年で一番乾燥しやすい状態となります。

エアコンの乾燥対策

水蒸気が出ないエアコンは暖房器具の中でも一番部屋を乾燥させます。

乾燥肌対策としてできることは、

・必ず加湿の工夫をすること

・低めの温度設定

・長時間使い続けないこと

・エアコンから出る風に直接当たらない工夫をすること

・定期的に換気して外の空気を入れる

が大事です。

 

加湿に関しては最近は加湿付きのエアコンもありますが、やはり加湿器単体のものに比べると加湿が弱かったりお手入れが大変だったりします。

ないよりはあった方が良いですが、これで安心をせずに湿度計を見て加湿器単体をプラスすることをおすすめします。

また、観葉植物を置いたり濡れたバスタオルを干しておくことも加湿効果があります。

 

暖房の温度は高ければ高いほど乾燥しやすくなります。

室内でも暖かい服装をするなどしてなるべくエアコンの設定温度を低めに保つことです。

ちなみに環境省が推奨しているエアコンの設定温度は20℃となります。

 

また、エアコンの風に直接あたると肌の水分が奪われやすくなります。

お店のトイレに設置されている濡れた手を風で乾かす機械を思い出してもらえれば分かりやすいかと思います。

エアコンのすぐ下で体を温めるなどはしないようにしましょう。

オフィスでのエアコン対策

とはいえ、自宅ではできる乾燥対策もオフィスではできないことも多くあります。

しかもオフィスは自宅に比べると密閉された空間であるためさらに乾燥しやすい環境にあります。

できることとしては、

・卓上用の加湿器、観葉植物を置く

・加湿用にコップにお湯か水を入れて机の上に置いておく

・濡れたハンカチを干しておく

長い時間居ることの多いオフィスですので小さなことでも持続することが大事です。

また、水分補給をこまめにすることも乾燥肌対策として効果的です。

せっかくなら身体を温める作用のある白湯やハーブティーがおすすめです。

 

石油・ガスのストーブやファンヒーターの乾燥対策

エアコンに比べると熱を発する際に水蒸気も一緒に放出されるため乾燥しにくい暖房器具となります。

それでもエアコン同様加湿器と併用することをおすすめします。

また、石油・ガスの暖房器具は空気が汚れてしまうためにこまめに換気することが必要となります。

ストーブの上でお湯を沸かせるタイプのものならやかんやお鍋をのせて加湿器代わりにすることをおすすめします。

肌の内側から保湿する

部屋の乾燥対策と一緒におこないたいのが肌の内側からの保湿です。

食べ物で乾燥対策

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

肌の潤いを食事面から補給するとしたらおすすめの栄養素はビタミン類です。

特に肌の潤いに役立つのが「ビタミンA」です。

ビタミンAは肌が健康な状態に生まれかわるのをサポートしてくれる働きがあります。

肌の乾燥を感じたらビタミンAを多く含む緑黄色野菜やレバーを積極的に食べる様にしましょう。

保湿物質を補給して乾燥対策

肌が乾燥する原因の一つは肌内部にある「保湿物質」が働かなくなるからです。

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分は化粧品に配合されていて肌の外側からつけるものと思われていますが、実は肌の内部に元々あります。

それが「保湿物質」です。

この保湿物質は肌の内部で水分が蒸発しないように水分を抱えてくれるという働きをしてくれています。

保湿物質の種類は色々とあるのですが、中でも角質細胞間脂質と呼ばれるものが有力でその40%を占めるのが「セラミド」で最強の保湿物質になります。

 

この保湿物質の生産量が加齢とともに減ったり、働きが鈍くなると肌が乾燥するというわけです。

年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなるのはこのためです。

ですので肌を内側から潤すためにはこの保湿物質を与えてあげることが鍵となります。

 

ではセラミドはどうやって摂取すれば良いのか?

実は今の研究段階では食べ物からの摂取は難しいと言われています。

そのため化粧品からセラミドを補給することができる研究が進んでいます。

特に保湿効果の高いセラミド配合の美容液を使えば、肌の水分量を増やすことができるため内側から乾きにくい肌を作ることができます。

セラミドは即効性がありますが持続して使うことで効果を実感できますので続けて使う様にしましょう。

セラミドを増やすおすすめの化粧品

また、セラミド配合の化粧品ではなくセラミドの生産量を上げてくれる成分が入ったサポート的役割の化粧品もあります。

個人的にはスキンケアで肌を育てたいという方におすすめです。

私も愛用しているライスフォース化粧品お米から抽出された成分にセラミドの生産量を上げてくれる働きがあります。

IMG_2430

 

ライスフォースを使いだしてから、スキンケアを塗る量が減ったのに肌が潤うようになりました。

どういうことかと言いますと、肌の水分量が上がったということです。

本当に潤うスキンケアは使い続けるとスキンケアの量が減っていきますし、潤わないスキンケアは使う量が増えていくということです。

今までセラミドに着目したスキンケアを使ったことがないという方ぜひ使ってみて欲しい成分です。

>>ライスフォースのトライアルキットはこちらから

ライスフォースの詳細記事はこちら↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

乾燥肌対策にNGなこと

日中、メイクをしているときに肌が暖房で乾燥したときにどのように保湿すれば良いか悩む方もいるかと思います。

そういったときに化粧水スプレーで乾燥肌対策をする方もいますが、化粧水スプレーは一瞬はうるおったような気がするのですが、実は余計に肌を乾燥させていたりします。

肌の表面についた化粧水スプレーが乾くときに肌の水分までいっしょに蒸発してしまうからです。

ですので化粧水スプレーで乾燥肌対策をするとさらに肌が乾燥してしまうためNGです。

 

メイクの上から保湿したい場合は化粧水スプレーではなく、先ほどご説明したセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合した美容液を塗ることをおすすめします。

美容液を手のひらにとって、目尻や口元など乾燥した部分にちょんちょんと軽く押さえてつけるようにすると、肌を乾燥させずに保湿することができます。

個人的にはライスフォースのトライアルセットの美容液をメイクポーチにいれて持ち歩いて乾燥肌対策に使っています。

 

また、暖房により目が乾燥するときは目薬で、喉が乾燥するときはマスクで潤いを保つようにしています。

究極に乾燥するときは塗れガーゼーをマスクに忍び込ませてこまめに変えるようにもしています。

これから寒くなる季節ですので、暖房を使い始める前に乾燥肌対策をおこなって潤い肌を保ちましょう。