美肌になれる洗顔方法「42度洗顔」

こんにちは、カメリアです。みなさん洗顔の時のお湯の温度は何度くらいでしょうか?汚れが落ちやすい様にぬるま湯で洗って、最後に冷水で肌を引き締めるという方法でしょうか。

多くの美容本や雑誌ではぬるま湯洗顔が推奨されていますので、ぬるま湯洗顔の方が多いかと思います。私もそうでした。

 

しかし、時代とともに美容の研究が進化すると今までの方法とは正反対のことが良いとされることもあります。

 

今はぬるま湯洗顔よりも、42度洗顔という熱いお湯で洗顔することが、美肌の効果があるとして注目されています。

 

この「42度洗顔」はHSP(ヒートショックプロテイン)というタンパク質を利用した洗顔方法です。

 

今回は、美肌になれるHSPの効果と洗顔方法をご紹介します。

 

f041916508c25a91d739a2292b7885a2_s
 

HSP(ヒートショックプロテイン)とは

 

HSP=熱ショックタンパク質

HSP(ヒートショックプロテイン)とは熱ショックタンパク質のことです。私たちの体は水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。

 

筋肉や内臓をはじめとして皮膚や爪、毛髪といったすみずみにいたる部位を形成してくれます。このタンパク質がストレスや紫外線などで不足すると免疫力が低下し様々な不調が現れます。

 

肌荒れもその一つです。

 

またコラーゲンを構成しているのもタンパク質ですので、そのタンパク質が不足すると肌のハリや弾力がなくなってしまいます。

 

このHSPは、傷んだ細胞を修復し、元気な細胞にもどしてくれる働きがあるタンパク質なのです。

 

HSPを増やしてお肌を元気にするには

HSPが減るとお肌の元気がなくなる

HSPはもともと体内に存在しますが、老化とともに減少します。

 

HSPが減少すると先ほどお伝えした様に、お肌のハリや弾力がなくなったり肌荒れ等の肌トラブルが起こります。

 

反対に体内に多くのHSPを増やせば、肌トラブルのないハリのあるプルプル美肌になれるということです。

HSPを増やす方法

加圧や低酸素など体に少しのストレスをかけると、HSPは増えます。

 

その中で最も手軽で安全なのが熱ストレス”皮膚を温める”ことです。

 

つまり、HSPを効果的かつ手軽に増やせる方法が「42度洗顔」なんです。

42度洗顔の効果

 

美肌・お肌の若返り効果

紫外線からのダメージを修復し、コラーゲンを増やしてくれる。

ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所や大学などの共同研究チームがマウスによる実験で、「42度のお湯に5分間浸けるとシワを予防できる」ということを実証しました。

 

42度洗顔のやり方

 

  • メイクを落とした後お湯の温度を42℃に設定して3分間洗顔する
  • 42℃のお湯で温めたタオルで顔を2分間温める
  • その後化粧水等で保湿をたっぷりする
  • お肌の若返りのためには朝と夜の1日2回行うことがおすすめ 

 まとめ

熱いお湯で洗顔をすると、肌が乾燥する、肌荒れをしそうというイメージを持っていたので驚きですが、実際やってみると、洗顔後しっかり保湿をすれば特に肌荒れをするということはありませんでした。

 

効果の方はすぐに実感することはできませんが、入浴中に手軽にできるので続けて行きたいと思います。

 

ただ、以前から不思議に思っていた、”美容に無頓着な男性で入浴の時に熱いシャワーでそのまま洗顔しているのにお肌が綺麗な人が多い”ということがこのHSPが関係していたのなら納得です。

しわ・たるみにおすすめのサプリメントの記事はこちら↓

【口コミ】すっぽん小町を実際に飲んでみたら…その効果は…