42度洗顔の方法は?美肌になれるって本当?

42度のお湯で洗顔をすると体の内側から美肌になれるという「42度洗顔」の方法を知って実際に試してみました。

 

しかし、結果的にいうと乾燥肌の進行が気になってそこまで持続することができませんでした。

今までぬるま湯洗顔が当たり前だった人にとって42度で洗顔は衝撃的ではないですか?

しかも民間療法的なものではなくちゃんと医学博士の方が研究されたエビデンスのあるものです。

42度で顔を洗うだけで美肌になれるならやりたい。

でも乾燥が気になる。

というのが美容好きの心ではないでしょうか。

そんな42度洗顔についてご紹介したいと思います。

 

42度洗顔で美肌になれる理由は?

42度洗顔で美肌になれる理由はHSP(ヒートショックプロテイン)が増加するためです。

HSP(ヒートショックプロテイン)とは熱ショックタンパク質のこと。

HSPは傷んだ細胞を修復し元気な細胞にもどしてくれる働きがあるタンパク質です。

私たちの体は水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。

筋肉や内臓をはじめとして皮膚や爪、毛髪といったすみずみにいたる部位を形成してくれます。

HSPはもともと体内に存在しますが老化とともに減少します。

HSPが減少するとお肌のハリや弾力がなくなったり肌荒れなどの肌トラブルが起こります。

逆に体内に多くのHSPを増やせば、

肌の細胞が元気なる

紫外線からのダメージを修復しコラーゲンを増やしてくれる

肌トラブルが減少

ハリのある美肌になれる

ということです。

HSPを増やす方法

加圧や低酸素など体に少しのストレスをかけるとHSPは増えると言われています。

その中で最も手軽で安全なのが熱ストレスを与えること=皮膚を温めることです。

つまり、HSPを効果的かつ手軽に増やせる方法が「42度洗顔」ということです。

ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所や大学などの共同研究チームがマウスによる実験で、「42度のお湯に5分間浸けるとシワを予防できる」ということを実証しました。

42度洗顔のやり方

f041916508c25a91d739a2292b7885a2_s
  1. メイクを落とした後お湯の温度を42℃に設定
  2. 3分を目安にお湯を顔にかけて洗顔する
  3. 肌が温まったら42℃のお湯で温めたタオルで顔を2分間温める
  4. その後化粧水等で保湿をたっぷりする
  5. お肌の若返りのためには朝と夜の1日2回行うことがおすすめ 

42度洗顔をやってみた感想

自宅で簡単にHSPを増やせるなんてやってみたい。

と意気込んでみたのはいいものの、実際に42度で洗顔してみると思っていた以上に熱くて驚きました。

確かに葉野菜をお湯で洗うとシャキッとするので、肌の細胞もシャキッとするそんなイメージなのかもしれません。

男性で入浴の時に熱いシャワーでそのまま洗顔しているのにお肌が綺麗な人が居るのもこのHSPが関係してるのなら納得です。

しかし、私自身は肌表面の乾燥が気になってしまい数回やって持続はしませんでした。

皮膚科の医師の中には

お湯で洗うときのポイントは、体温より低い温度のお湯を使うこと。

より理想的なのは33度以下といわれています。

体温より高いお湯は感想をまねくので注意しましょう。

特に42度以上のお湯は厳禁!肌の保湿成分が流れて、ひどい乾燥肌になります。

洗顔時の温度に関してこのように言っている方も居るので乾燥肌の方は注意が必要だと思います。

42度洗顔は男性のように皮脂が多い方でスッキリしたい、HSPを増やして肌細胞を元気にしたいという方にはいいかもしれません。

その場合は洗顔後の保湿を十分にするようにしてくださいね。

乾燥肌が気になる、違う方法で美肌になりたいという方はシンプルスキンケアを実践してみてはいかがでしょうか?

以下の記事で詳しく説明しています。

美肌のためのスキンケアはシンプルがいい!3つの基本ポイント!

2019年10月18日

 42度洗顔のまとめ

42度洗顔は肌を温めることでHSP(ヒートショックプロテイン)というたんぱく質を増やし美肌を手に入れる洗顔方法です。

HSPが増えるこで肌細胞の修復をサポートし肌トラブルの予防になります。

しかし、42度という熱いお湯で洗うことから肌表面の保湿成分が流れて乾燥肌になる危険性が伴っています。

おこなう場合は洗顔後にしっかりと保湿すること、乾燥肌が気になる方は避けたほうが良い洗顔方法かもしれません。