*

服に付いた脇汗の臭いを取り除く洗濯方法

脇汗の臭いは残りやすい・・・?

電車などで人に近寄ったときに「なんだか臭うな」と思ったことがある人は多いかと思います。

これは脇汗の臭いや体臭そのものが原因の場合もありますが、実は洗濯をしていても落ちきれていない服に染み付いてしまった臭いが原因の場合もあるのです。

スポンサーリンク




特に脇汗は臭いの素である汗が出る「アポクリン汗腺」が発達しているため臭いが発生しやすく服に付きやすいのです。

しかもこれは汗のかきやすい夏場に限ったことではなく、冬場でも重ね着をしていると体が蒸れて臭いが服にこもりやすくなります。

さらに最近はヒートテックなどの化学繊維を着る人が増えているため、綿に比べると線維に臭いが残りやすく服が臭いやすくなってしまうのです。

 

脇汗が臭いと思ったけど服を脱いだら臭いがなくなったというのはまさに洗濯で臭いが取れていないということです。

ですので臭いが気になる場合は体臭だけではなく、服のニオイチェックも必要というわけです。

そして服についてしまった脇汗の臭いはお洗濯のときのちょっとしたひと手間で落としましょう。

64a367d8df4b3b9866b3eb61460d5a56_s

服についた脇汗の臭いをとる洗濯方法

予洗いをする

まず服を脱いだらなるべく早く洗うようにします。

汗のついた服を放置すれば放置するほど菌が繁殖して臭いやすくなります。

すぐに洗濯機に入れてまわすのではなく、予洗いをしておくだけでも臭いの取れ方は違います。

洗濯用石けんを使って臭いが気になる脇の部分をよくもみ洗いします。

このときに水ではなく約40度のお湯(お風呂のお湯の温度くらい)を使って洗うと臭いが落ちやすくなります。

 

部分洗いが終ったらこのまま洗濯機に移して洗濯をします。

臭いや汚れが酷い場合はもみ洗いをしているところにさらに重層とクエン酸を小さじ1ふりかけてやわらかいブラシでこすって洗います。

泡が消えたらよくすすいでから洗濯機で洗います。

重曹で付けおき洗いをする

しかし、このひと手間が面倒なときはとにかく服を脱いだら重曹水に服(下着やTシャツ)を浸けて置いておき次の日の洗濯のときに一緒に洗濯機で洗うようにします。

私もほとんどこの方法で洗っていますが、脇汗の付いた服をそのまま放置しておくよりも脇の臭いや黄ばみには断然効果的です。

重曹の量は服の量に合わせて適当なのですが、通常の洗面器だったら大さじ2杯ほどいれています。

重曹を入れる時になるべく脇のあたりにふりかけるようにするのがポイントです。

 

重曹による付けおき洗いは服の臭い汚れだけではなく、布ナプキンの経血でも一晩つけておけば取れます。

水筒の蓋などの茶渋もするりと取れるので重曹は我が家の掃除アイテムとして重宝しています。

 

そして、洗濯が終ったら風通しのよい場所でしっかり乾燥させます。

この方法は脇汗の臭いだけではなく汗ジミを取り除く効果もありますので、脇の汗ジミがきになる場合も先に部分洗いをしてから洗濯機で洗いましょう。

スポンサーリンク




服に脇汗の臭いがつかないように予防をする

ただ、繰り返し洗濯をすることで服はダメージを受けやすくなりますので、お気に入りの服の場合は服が直接肌にふれないように脇汗パッドをつけるなどの工夫をすることが大切です。

脇汗パッドを使う

IMG_3689

脇にパッドがついている脇汗対策インナーなら洗って繰り返し使えるので経済的でおすすめです。

脇のパッド部分に臭いがつきにくい素材が使われいるため繰り返し使っても臭くならないといったメリットがあります。

また、脇汗の臭いだけではなく汗染み対策にもなります。

最近の脇汗対策インナーは機能性が優れているため1枚持っていると本当に重宝します。

私が愛用している脇汗インナーはこちら→ワキさら♪happyインナー

デザインもショート丈、ロング丈、タンクトップ型など色々とあり、私も色違いで数枚持っているのですが上の服に響きにくいためお気に入りです。

臭いが付きにくい素材の服を選ぶ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-11-46-20

また、脇汗が気になる人は服を選ぶときに脇汗の臭いが服に付きにくい素材を選ぶようにしましょう。

ヒートテックなどの科学繊維は寒さをしのぐのには良いかもしれませんが、通気性が悪く蒸れやすいという特徴があります。

私も冬場はヒートテックを愛用していたのですが、自分の服の中で何が一番臭くなるのか?調べてみたらヒートテックだということに気がつき着るのを止めました。

また、ジムで着ている速乾性のあるTシャツも臭くなりやすかったです。

 

それに気づいてからはコットン(綿)100%の下着やシャツを愛用するようになりました。

脇汗が気になる人は科学繊維の下着は避け、臭いが付きにくく吸湿性のあるコットン(綿)100%を選ぶのがおすすめです。

 

そして洗濯をしても脇汗の臭いが取れない服は潔く処分することです。

下着やTシャツなど直接肌に触れる物は定期的に買い替えるようにすることもわき汗対策の一つです。

効果のある制汗剤を使う

IMG_4140

また、制汗剤を使って脇汗がでるのを軽減させることで服に脇汗がつかないようにすることも効果的です。

脇汗パッドが使えないノースリーブの服にも制汗剤はおすすめです。

制汗剤は夏場だけ使うという人もいますが、冬場に使うと服への臭いうつりが減り洗濯が楽になるといったメリットもあります。

 

とはいえ、なかなか効果のある制汗剤に出会えないという人も多いかと思います。

私自身もずっと制汗剤は効果がない、一時的に効果があっても逆に脇の臭いと混ざってさらに服が臭くなる!と思っていました。

しかし、美容クリニックや皮膚科で取り扱っている制汗剤の効果を知ってから手放せなくなっている制汗剤があります。

最近は臭いに敏感な人が増えたため本当に制汗剤の種類が豊富にあります。

私が使っている効果のあった制汗剤についてはこちらの記事へ↓

【必見】制汗剤おすすめ2018!脇汗を抑えて快適な生活に|デトランスαとクリアネオ

 

お洗濯の時のちょっとした一手間と脇汗予防で快適な脇さら生活を送りましょう。

スポンサーリンク




関連記事

脇汗でできた服の黄ばみの簡単な落とし方とは?

脇汗による悩みはいろいろとありますがその中でも服の脇の部分が黄ばむのは厄介です。特に白い服に付いた黄

記事を読む

脇汗対策に人気のインナー!使って良かったおすすめをご紹介

脇汗の量が気になる人の悩みで1番多いのが服の汗ジミではないでしょうか? 脇汗のシミは自分よりも人に

記事を読む

脇が臭い!原因と脇汗対策

脇が臭い原因とは・・?脇が臭いんです!といった悩みを抱えた方は多くいます。しかも恥ずかしくて人にはな

記事を読む

脇汗を止める方法!デトランスαで臭わない女になる!

脇汗を止める方法「デトランスα(アルファ)」とは・・・?脇汗で悩んでいる女性は多くいます。以前、私が

記事を読む

【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える方法は手術や注射などいろいろと

記事を読む

脇汗を止める多汗症の手術とは?費用・保険適応について

脇汗を止める方法やわきが治療はいろいろとありますが、その中でも効果が高く永久的に続く方法といえば手術

記事を読む

多汗症ボトックスの保険適応とは?実際に受けた効果と副作用について

多汗症の治療として人気が増えつつあるのが「ボトックス注射」です。特に2012年に重度の多汗症に対して

記事を読む

クリアネオの脇汗効果に困った理由

脇汗対策に「クリアネオ」を使ってみたいけれど、本当に効果があるの? と気になっている方に実際にクリ

記事を読む

デトランスαの口コミは嘘?脇汗効果を得るには注意が必要!

デトランスαを使うまでは制汗剤というものは一時的に脇汗が気にならなくなるものと思っていました。 例

記事を読む

脇汗パッドのおすすめ|ノースリーブにも使える汗ジミ対策〜

服の汗ジミにおすすめの脇汗パッドとは・・? 脇汗をどうにかしたい!と悩んでいる女性は多いものです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。




埋没法で腫れない為にできること

埋没法で腫れない方法とは・・・? 美容外科に10年以上勤めていました

サンバリア100の日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

紫外線対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーを購入して今年で3年

【2019年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。 シミは

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用(塗り薬)というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑