しわ対策におすすめの化粧品

30代を過ぎると肌トラブルで一気に増える悩みが「しわ」です。しわは放っておくと深くなることはあっても勝手に消えたり薄くなるということはなかなかありません。

最近は美容外科や皮膚科で受けられるアンチエイジング効果の高い治療がたくさんあるため、手っ取り早くしわを改善することは可能です。

しかし、できることなら自宅ケアでしわ対策をしたいという方は多いのではないでしょうか。

それに美容外科や皮膚科でアンチエイジングの治療を受けていたとしても日々の自宅ケアが間違っていては効果が半減してしまいます。

新しいしわができるのを遅らせて、できてしまったしわをそれ以上深くさせない正しいしわ対策についておすすめの化粧品と一緒にご紹介したいと思います。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

浅いしわ対策におすすめの化粧品

しわには浅いしわ(表皮しわ)と深いしわ(真皮しわ)があるため、しわの種類によって化粧品を選ぶことがポイントです。

浅いしわはちりめんじわとよばれ、乾燥が原因でできるしわです。

乾燥するとできるので若い人でもできますが、保湿をしっかりすれば消えるしわです。

特に目尻など皮膚が薄いところにできいやすいです。

この浅いしわで悩んでいる方におすすめのしわ対策はやはり「保湿」です。

しかしここで間違えてはいけないのが保湿=たっぷりの化粧水ではないということです。

化粧水はその名の通り成分の多くは水ですのでお肌に塗っても蒸発してしまいお肌を潤す役割としては不十分です。

化粧水の上からクリームなどを塗って「油分でフタ」をしたとしても、隙間から水分は蒸発してしまうため水分を保持する力はさほどありません。

本当にお肌を保湿したければ「保湿成分」を与えることです。

今まで保湿=化粧水というケアをしていたという方はぜひ保湿成分配合の化粧品について知りましょう。

保湿成分(セラミド)を増やすおすすめの化粧品

私たちのお肌が寒い乾燥した場所や砂漠にいっても肌がしわしわのしょぼしょぼにならないのは、お肌自体がうるおいを保つ機能を持っているからです。

そのうるおいを保持する重要な役割を担っているのが「セラミド」という保湿物質です。

セラミドは肌の中で水分を挟み込むことによって、肌の水分量を保持してくれています。

赤ちゃんのときがピークで年齢を重ねるにつれてセラミドは減っていきます。

セラミドが減っていくと肌の水分を保持する機能が低下するためお肌が乾燥します。

ですので、お肌を保湿したければこのセラミドを増やすことがカギとなってくるわけです。

セラミドは体の中で作ることが困難なため外側からセラミド(保湿成分)配合化粧品などで補ってあげるというのが主流となっています。

セラミドは脂質のため水に溶けないため化粧水ではなく、美容液やクリームで選ぶのがポイントです。

個人的にはセラミドが配合された化粧品ではなく、セラミドを増やす化粧品ライスフォースを愛用しています。

参考記事はこちら↓

【口コミ】美肌になると評判のライスフォースを使ってみたら…

 

今までセラミドなどの保湿成分配合の化粧品を使ったことがない人はぜひ参考にしてみて下さい。

セラミド配合の化粧品でもセラミドを増やす化粧品のどちらでもお肌に合えば大丈夫です。

乾燥によるちりめんじわに効果的です。

深いしわ対策におすすめの化粧品

いくらお肌を保湿してもしわが改善されなくなったら、真皮まで影響のある深いしわということですので浅いしわとはまた違ったケアが必要となります。

深いしわは「コラーゲンの減少」が原因となりますので、コラーゲンを増やすケアを取り入れることが大切です。

ここで注意したいのがコラーゲン入りと表記されている化粧品です。

コラーゲンを増やそうと思うとついついコラーゲン入りの化粧品を選びたくなりますが、実はコラーゲンは分子が大きい成分なのでお肌に塗っても肌の奥の真皮までには浸透しないのです。

 

その変わりお肌の角層(表面)を保湿してくれる効果はあるので、乾燥肌や細かいちりめんじわには有効です。

しわ対策=コラーゲン化粧品というわけではないということを知っておきましょう。

肌のコラーゲンを増やす代表的な成分で私自身が効果を実感できたのものをご紹介したいと思います。

ビタミンC化粧品

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な成分なだけではなく美白作用や抗酸化作用などもあり美肌には欠かせない成分となります。

ただ、ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいため、吸収されやすい形となったビタミンC誘導体か高濃度ビタミンCがおすすめです。

個人的にはセンシルという「高濃度ビタミンC」を愛用しています。

お値段ははりますが、効果は抜群です。

ビタミンC誘導体は美顔器でイオン導入するとさらに効果的です。

レチイノール化粧品

レチノールはビタミンAの一種でお肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やす作用があります。

元々人間の体内にもあるものです。

効果としては個人的にはビタミンC誘導体よりアンチエイジング効果が高いなと思っています。

特に目尻や口元の小じわに効果がありました。

しかし、効果が高い反面刺激が強くレチノイド反応といって初期の段階で乾燥感や赤み、ほてり、むずがゆさがでたりする好転反応が出る場合があります。

使っているうちに好転反応はおさまっていくことが多いようですが、お肌が弱い人は医師の指示の元で使用することをおすすめします。

私自身はドクターズコスメであるエンビロンを使用したことがあります。

エンビロン モイスチャー 1セット【送料無料】楽天

 

成長因子化粧品

成長因子(グロスファクター)は元々は皮膚の再生医療で使われていて美容でも使われる様になったものです。

お肌の表面だけではなくてお肌の奥の奥!細胞レベルまでお肌を若返らせることを考えた、肌を育ててくれるスキンケア商品です。

詳細記事はこちらへ↓

成長因子美容液「EGF・FGF」

化粧品以外のしわ対策も大切

浅いしわには保湿を、深いしわにはコラーゲンをということでしたが、根本的なしわ対策としてはしわができる原因を取り除くことも大切です。

例えば老化を早めてしわを増やす原因には紫外線・炎症・活性酸素・血行不良などがあります。

化粧品で積極的にしわ対策をするとともにこれらをなるべく避ける・改善できるようにしましょう。

 

コラーゲンを増やすサプリメントの記事も人気です↓

【口コミ】すっぽん小町を実際に飲んでみたら…その効果は…