ニキビに効くおすすめの石鹸とピーリングについて

美肌になるためには洗顔が重要と言われていますが、ニキビ肌にとっても洗顔は超重要となります。

私がおすすめする石鹸はクリニックでも使っていたピーリング効果のある石鹸サンソリット スキンピールバー です。

 IMG_2071

ピーリングはニキビに効果があるのか?

おすすめの石鹸の説明の前に、まずはピーリングが本当にニキビに効果があるのか?についてご説明したいと思います。

 

ニキビといえばピーリングと言われるぐらいピーリングがすすめられる時代がありましたが、現在の美容業界ではニキビにピーリングは賛否両論です。

 

というのもニキビの原因は以前こちらの記事にも書きましたが『毛穴がなんらかの理由で詰まること』です。

 

そして毛穴が詰まる理由は肌のターンオーバー(皮膚の入れ替え)の乱れによるものですが、これはターンオーバーが遅くても早くてもニキビの原因となります。

 

ですのでターンオーバーが遅い場合は古い角質が溜まり、毛穴が詰まりやすくなっているので、ピーリングは効果的なのですが、

 

ターンオーバーが早い場合にピーリングをおこなってしまうと、さらに肌の入れ替えをすすめてしまい、未熟な肌となってしまうため、反対に乾燥やニキビなどの肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

ピーリングをしたらニキビが悪化した

なのでピーリングをしたのにニキビが治らない、反対に悪くなったという人の場合はこの『ターンオーバーが早い』人の可能性があるということです。

 

ターンオーバーが早いのにさらにピーリングで早めてしまったということです。

 

本当にピーリングの効果がある人というのは『ターンオーバー』が遅くなっていて角質が溜まっている人ということです。

 

ピーリングをする見極め、効果がある人

では自分のターンオーバーは遅いのか?早いのか?どうやって見極めたら良いのでしょうか?

 

基本的には加齢とともにターンオーバーが遅くなり、角質が溜まりやすくなります。

 

スキンケア方法を変えていないのに肌がゴワゴワしてきた、ぷつぷつとしたニキビ(めんぽう)ができたという場合はターンオーバーが遅くなっている可能性があります。

 

また最近はやりの水洗顔などで、シンプルスキンケアを長期している人もターンオーバーが遅くなっている可能性があります。

 

反対に毎日ダブル洗顔をしていたり、 過剰なスキンケアをしている人はターンオーバーが早くなっている可能性がありますので、ピーリングは要注意です。

ピーリング石鹸をすすめる理由

病院では『ケミカルピーリング』という皮膚に化学物質を塗って、その作用で皮膚の表面を剥がすピーリングがおこなわれますが、私はあまり好きではありません。

 

化学物質の濃度を変えれば皮膚を剥がす強さは変えれますが、それでも、病院でおこなわれるケミカルピーリングは強いです。定期的に通わなければいけないですし、費用も結構かかります。

 

せっかく病院で治療をするのなら、ピーリングでなくともレーザーなどのもっと良い治療があるのでそちらをおすすめします。

 

ピーリングを希望される場合は、自宅用のピーリング石鹸で十分です。病院のケミカルピーリングに比べたら、かなり軽めですが、

少しずつ角質を剥がすには丁度良いのです。

 

費用も病院のピーリングに比べたら格段にお安いです。

 

2_1_img03

 

私がおすすめするのは、全国の美容クリニック・美容皮膚科で取り扱いのあるドクターズコスメ、サンソリットスキンピールバーです。

石鹸の色や泡を置く時間によってピーリングの強さを変えることができるので、肌の状況に合わせて使うことができます。使い方など詳しくは次回の記事でご説明したいと思います。

本日は『ピーリングは全てのニキビ肌の人に効果があるわけではない』ということをご理解いただければと思います。

 

*特典が付いてくるサンソリットの特別サイトがこちら↓からご覧になれます

ニキビが気になる方にオススメ★簡単ピーリング【スキンピールバー】

おためしミニソープ(¥300)と泡立てネット(¥300)がプレゼントで付いてくるのでかなりお得です。

※こちらからの購入はお一人様一回限りの購入となります