ビオチンの効果|乾燥肌・肌荒れ対策

ビオチンは水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種となります。

乾燥肌の原因には色々とありますが、ビタミンが不足することで乾燥肌になりやすくなります。

よく無理な食事ダイエットをして肌がガサガサになったというのを聞きますが、これもビタミン不足が考えられます。

 

ですので乾燥肌を改善するためにはビタミンはかかせません。

特に乾燥肌対策に重要なビタミンはビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンEとなります。

ビオチンはビタミンCなどに比べると知名度が低いですが、実はビオチンは乾燥肌にとってとても良い効果をもたらしてくれるのです。

IMG_0995

乾燥肌を改善するビオチンの効果とは

ビオチンにはアレルギーの炎症やかゆみの原因である「ヒスタミン」を体外に排出させる働きがあるため、皮膚科ではアトピーやアレルギーの治療・ニキビの治療に使われています。

肌が健康で正常に機能していれば肌の表面である角質層が外界からの刺激やアレルゲンなどから肌を守ることができます。

しかし、乾燥肌の人はこのバリア機能が正常に働いていないため炎症をおこしやすく、赤みがでたりちょっとした刺激で肌荒れをおこしたりします。

ですので乾燥肌を悪化させず炎症を抑えるためにもビオチンは必要なビタミンとなります。

 

また、ビオチンにはコラーゲンの生成を手助けしてくれる働きがあるため、皮膚の再生力を高めたり粘膜を強くする効果もあります。

ただ乾燥肌の炎症を抑えるだけではなく丈夫で健康なお肌を作るのにかかせないビタミンとなります。

また、美容面以外にもいろいろな効果があるのですが、特に妊娠中にビオチンが不足すると、高い確率で口蓋裂や短肢症などの奇形が発症することもわかっていますので、知っておくと良いかと思います。

ビオチンはアトピーの治療にも使われている

私がビオチンを知ったのは約6年前の皮膚科の勉強会でなのですが、それはこのビオチンが授乳中の赤ちゃんのアトピーの改善に効果を発揮したという内容でした。

症例写真の赤ちゃんは母乳で育っていたのですが、お母さんはアトピーではないのに赤ちゃんだけがアトピーという状態でした。

そして母乳を作っているお母さんがビオチンと亜鉛を摂取するという内服療法をおこなったところ、赤ちゃんの痛々しかった肌がとてもキレイになっていました。

どれくらいの量をどれくらいの期間飲んでいたのかは忘れてしまったのですが、その効果を見て当時働いていた美容クリニックのスタッフは私も含めビオチンを飲む人が増えました。

 

ちなみにビオチンは今のところ大量に摂取しても副作用はないとされていて、大量摂取療法があるくらいです。

実際にビオチンを飲んでみて効果の感想は?というと正直私は当時色々な美容治療をしていたのでよくわからなかったのですが^^;

スタッフの中にアトピーの子がいて、その子がビオチンを飲むようになってから乾燥肌が改善したり手荒れがキレイになっていたので驚きました。

内服なのですぐさま効果を発揮するものではありませんし、個人差も大きいのですが、食事内容が偏っていて乾燥肌や肌荒れを繰り替えす方はビオチンが不足している可能性もありますので、取り入れてみるのもひとつの手だと思います。

ビオチンは体内で作られる

ではどのようにしてビオチンを取り入れるのか?ということですが、実はビオチンは体内でつくられることがわかっています。

ビオチンは腸内細菌によってつくられるビタミンですので、腸内環境がビオチンの分泌に左右されます。

ですので便秘などで腸内環境に問題があるとビタミンH(ビオチン)が不足している可能性があるのです。

心当たりがある方は腸内環境を整えるとともに、ビオチンをサプリメントや食事から摂取することを心がけましょう。

IMG_0995

私は皮膚科で処方してもらったビオチン散0.2%0.5gを1日3包内服していますが、肌の乾燥が強い方はその倍でも大丈夫です。

アトピー治療となるともっとたくさんの量のビオチンが必要になるため医師の指導の元治療をおこなうようにしてください。

ビオチンを多く含む食べ物

サプリメントの他にも食事からビオチンを摂取することもできます。

レバーや牡蠣、かれいやいわしなどの魚類・卵黄などに多く含まれいます。

ただし、卵は卵白に含まれるアビジンとよばれるタンパク質がビオチンと結合すると吸収を妨げてしまうので、卵の食べ過ぎは注意が必要です。

加熱料理すればアビジンの影響はなくなりますので、卵は加熱して食べるようにしてください。

またゆでた大豆・落花生にも含まれています。

乾燥肌対策にぜひこういった食べ物を意識的に取り入れてみてください。

 

乾燥肌におすすめのスキンケアはこちら↓

ライスフォースの口コミ|美肌になる評判は本当だった!?