ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

ライスフォースと米肌(マイハダ)はどちらも同じ有効成分(ライスパワーNo.11エキス)が使われているためどちらを買おうか悩んでいる方も多いと思います。

私の場合はライスフォースを先に知ったのですが、その後すぐに米肌を知りトライアルセットを取り寄せて2つを比較してみました。

結論から言うと、

どちらも保湿効果が高くて使い心地がよかったので絶対にこっちがおすすめ!というのはなく、自分の肌にあったものが一番という考えにいたりました。

それでもあえて有効成分の配合率で比較するならライスフォースがおすすめです。

私が通常サイズを購入して使い続けているのもライスフォースの方です。

ライスフォースと米肌の

  • 価格
  • 成分
  • 使い心地

の3点を比較してそれぞれおすすめの理由をまとめました。

ライスフォースか米肌か悩んでいる方の参考になればと思います。

 

ライスフォースと米肌|価格の比較

価格が安いのは米肌

ライスフォースと米肌の通常サイズの商品価格をまとめた表がこちら。

アイテムライスフォース米肌
化粧水120ml 8,000円(税抜)120ml 5,000円(税抜)
美容液30ml  10,000円(税抜)30ml  7,000円(税抜)
クリーム30g  8,000円(税抜)40g  5,000円(税抜)

単純に定価を比較した場合、ライスフォースが高いです。

ただ、どちらの商品も定期購入というシステムがあり持続して使うことで定価よりだいぶ安く購入することができます。

私が愛用しているライスフォースですと最大25%の割引があったりキャンペーンのお知らせが良く来るため今のところライスフォースを定価で購入したことはありません。

ライスフォースをお得に購入する方法をこちら↓の記事にまとめました。

ライスフォースを安く購入する方法

2019年10月23日

トライアルセットはどちらもお得

まずは試してみたいトライアルセットはどちらもリーズナブルな価格になっています。

ライスフォースのトライアルセットは3種類。

気軽に10日間トライアル

基礎3点セット(化粧水・美容液・クリーム)900円(税抜)

しっかり30日間トライアル

10日間トライアル×3セット 2,500円(税抜)

お肌分析キット付き

美白対策付き10日間トライアル

基礎3点・美白美容液・日焼け止めの5点セット1,400円(税抜)

個人的には900円のトライアルで十分だと思いますが肌の状態が知りたい方は分析キット付きも良いと思います。

シールで肌のサンプルを採取して送ると

  • 肌タイプ
  • 肌の特徴
  • 肌の状態

を教えてもらうことができます。

続いて米肌(肌潤シリーズ)のトライアルセットでこちらは1種類のみです。

14日間トライアル

基礎3点(化粧水・美容液・クリーム)と石鹸・化粧水マスクの5点セットで1,389円(税抜)

米肌には化粧水が浸透したシートマスク(非売品)のトライアルがついてくるためパック好きの方には嬉しいセットになっています。

通常サイズから計算するとかなりお得なので両方注文して試す人も多いようです。

価格だけ見ると米肌が続けやすくて良さげですが気になるのは有効成分の配合量です。

ライスフォースと米肌|有効成分が多く入っているのはどっち?

ライスフォースと米肌をちゃんと比較するまでは似たような基礎化粧品だと思っていたので、正直値段を調べてその差に驚きました。

しかし、なぜライスフォースの値段は米肌と比較して高いのか?

と考えた時にそれだけ有効成分の配合量が多いのでは?と思い調べてみました。

ライスフォースの方が多い!?

しかし、有効成分である「ライスパワーNo.11エキス」の明確な配合量はライスフォースも米肌もホームページには記載されていません。

電話でも問い合わせてみたところ、ライスフォースも米肌も有効成分の配合量は非公開とのことでした。

ですので、配合率の判断は医薬部外品であるかどうかという視点でみることになります。

医薬部外品ということは国に効果が認められているかどうかということ。

指定を受けるには有効成分(ライスパワーNo.11エキス)の一定量以上の配合が必要となります。

ライスフォースと米肌の医薬部外品指定については次の表の通りです。

アイテムライスフォース米肌
化粧水医薬部外品
美容液医薬部外品医薬部外品
クリーム医薬部外品

この表から考えると基本的には医薬部外品として認定されているライスフォースの方が有効成分が多いと考えられます。

有効成分のライスパワーとは?

比較とは関係ありませんが、せっかくなので有効成分のライスパワーについて触れたいと思います。

2つの有効成分である「ライスパワーNo.11エキス」はお米のエキスから抽出してつくられた成分です。

このライスパワーNo.11エキスの特徴は何といっても肌の保湿には欠かせない「セラミド」の生産を助けてくれる働きがあることです。

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人の肌を調べるとこのセラミドが減少していることにより、肌内部で水分を保持することができない(水分保持機能の低下)状態になっていることがわかります。

セラミドを増やす成分が配合された化粧品は色々とありますがライスパワーNo.11エキスの特徴は

「水分保持機能を改善することができる」という効果をもつ有効成分として厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けていることです。

「医薬部外品」は「医薬品」と「化粧品」の中間的な分類で「医薬品」よりは緩やかですが人体になんらかの改善効果や予防効果をもたらすものとされており「化粧品」より具体的な効果があるとされています。

ライスフォースと米肌|その他の美容成分を比較

有効成分だけで比較するとライスフォースの方が良いように感じてしまいますが、全成分で比較するとライスフォースと米肌の違いがさらにわかります。

私のイメージですとライスフォースはライスパワーNo.11エキスに特化した化粧品。

米肌はライスパワーNo.11エキスを中心にその他の美容成分も豊富な化粧品といえます。

米肌の「発酵の力」

米肌の化粧水にはライスパワーNo.11エキスだけではなく「ビフィズス菌発酵エキス」や「大豆発行エキス」などの発酵コンプレックスと、潤いを取り込む保湿成分「乳酸Na」「グリコシルトレハロース」なども配合されています。

そのため潤いが長く持続する作用があります。

ですので、全体的に比較すると米肌には米肌のライスフォースにはライスフォースの良さがそれぞれあるといえます。

ライスフォースと米肌の使い心地を比較

b9ab98cebd47ab2dacbf3843db04f9ca_s

正直、トライアルだけでは肌に対する効果はそこまで変わらないと思いました。

テクスチャーはどちらかというと全体的にライスフォースの方がとろみがあって米肌の方がさっぱりしています。

これは好みが分かれるかと思います。

どちらも肌に塗ってしまえばしっとりしてベタベタしないため使い心地は良いです。

テクスチャーの分ライスフォースの方が塗った直後のしっとり感は高いです。

ただ、クリームに関しては米肌の方がコクがあるのになめらかで塗りやすくて個人的に気に入りました。

ライスフォースは使い続けたらもっと肌のキメが整って肌がふっくらするのでは?と思わせてくれたため通常の商品の購入を選びました。

とはいえ、すべての肌にあう化粧品はありません。

ライスフォースの悪い評判が気になる方もいると思いますのでこちらの記事にまとめました。

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

2019年10月17日

ライスフォースと米肌の選び方

ライスフォースと米肌どちらを購入しようか悩んでいる方に、私がおすすめする選び方をご紹介したいと思います。

深刻な乾燥肌の人や年齢肌が気になる方→有効成分の含有量の多いライスフォース

反対にそこまで乾燥が気にならない人、予防目的で使いたいという方→米肌

また、最初に米肌を使って保湿力が足りなくなってきたらライスフォースに移行するという使い方もありです。

ただし、せっかくならトライアルセットはライスフォースと米肌、両方を試すことをおすすめします。

ライスフォースも米肌のトライアルセットも本商品の値段と比較するととてもお得な値段設定になっています。

しかし、どちらのトライアルセットも購入できるのはお1人様1回限りなのです。

ライスパワー配合の化粧品は高価なものが多いため、お得なトライアルセットを使わない手はないです。

比較まとめ

ライスフォースと米肌について比較してみました。

ライン使いをした場合、有効成分が豊富なのはライスフォースです。

より保湿効果を実感したい方はライスフォースの方が適していると言えます。

また、予防目的で使いたいという方やコストを下げたい、美容液だけを取り入れたいという方は米肌の方が向いています。

とはいえ、一番大切なのは肌に合うか合わないか、好みの使い心地かどうかは使ってみないとわかりません。

両方のトライアルセットを試して見てから通常サイズを選ぶことをおすすめします。

 

美肌のためのスキンケアはシンプルがいい!3つの基本ポイント!

2019年10月18日