美人が通う美容クリニック

美容クリニックに通っている人はどんな人?

年々、美容に関する意識が高まり美容系のクリニックへ通うハードルが下がりつつあるように感じます。

本日は私が思う美容クリニックについて書きたいと思います。

 

「美容クリニック」と一言でいっても美容整形をメインに行っている「美容外科」だったり、美肌治療をメインに行っている「美容皮膚科」だったり、両方を行っている「美容クリニック」だったりと、クリニックによって特色は様々ですが、このブログでは総合して「美容クリニック」と書きたいと思います。

 

皆さん美容クリニックは利用されたことはあるでしょうか?

エステに比べるとなかなか行きづらいという方が多い様ですが、年々価格が低くなっていることや、美への意識が高まっていることにより通う人がだいぶ多くなりました。

私が美容クリニックで働き出した10年以上前は「プチ整形」という言葉が流行ったりして、今よりはまだ整形をしていることを隠す人が多い時代でした。

いくら「プチ」といっても整形は整形なのですが、「プチ」と言う事によってなんとなく整形に対する罪悪感が軽くなったり、そんなに顔をいじっていないよという感じになる効果がありました。

6009359744_9284a697bc

私も美容クリニックに転職したばかりの頃は、知り合いに美容クリニックで働いていることは言いたくないと思っていました。

まだ20代前半で、美容クリニックのことをよく知らなかったので、美容クリニックで働いている=自分も整形していると思われたくなかったからです。

 

今はまったくもって平気ですが。慣れというか、職業柄というか‥

以前は、美容クリニックに通うとか美容整形をするということは「綺麗じゃないからする」という考えを持っていました。

まさに昔流行った美容番組のイメージです。

顔や体型のせいで幼少の頃からいじめられて・・しかし、整形手術やエステ・ヘアメイクなど、美の技術を駆使して綺麗になって人生が変わりました!というビフォーアフター番組。

なんとなくこのイメージが強かったのです。

しかし、実際に美容クリニックで働いてみたら患者さんの多くは綺麗な人でした。

ネガティブな感情から美容クリニックに通うというよりは、「今の自分もいいけど、ここを少し変えたらもっと綺麗になれる。」という感覚で通われている方が多かった様に感じます。

また、美意識が高い方も多くシミが出来る前にケアをするなど、特にトラブルがなくても、現在のお肌の状態を保つために予防として通われている方も多くいました。

これは美容クリニックをおすすめしているわけではなくて、綺麗な人は美意識が高く自分のどこをお手入れすればもっと綺麗になれるかをわかっている。

ということです。

 

これは、美容治療に限ったことではなく、ファッションだったり、自分の体型だったり、健康だったりと様々なものに当てはまります。

美人になるためにはまずは自分を知ることが大事ということです。

 

肌の状態、体質、似合う髪型、ファッション、色、スタイルなど、自分を把握することで今よりももっと綺麗になれるということです。

コンプレックスをみつけて直すのもいいですし、自信のある部分を更に磨くのもいいです。

今よりももっと自分は綺麗になれるとわかれば毎日鏡を見るのが楽しくなるのではないでしょうか。

 

【おすすめのスキンケア記事】

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?