脇汗の新しい処方薬【エクロックゲル】効果・副作用・使い方・値段

こんにちは、元美容クリニック看護師のあさみん(@asamin_biyou)です。

脇の多汗症に対する新しい処方薬「エクロックゲル5%」が発売されたので、早速皮膚科を受診して処方してもらいました。

エクロックゲルは、日本初の保険適用が認められた、脇の多汗症用の塗り薬になります。

新薬ということで、周りで使っている友人が一人もいなかったため、皮膚科の先生にどんな治療薬なのか?色々と聞いてきました。

脇汗で悩んでいる方に、エクロックゲルの効果や使い方などについて情報をシェアしたいと思います。

 

脇汗の新しい処方薬エクロックゲルとは

エクロックゲルは2020年11月に科研製薬株式会社より発売された、脇の多汗症のための新しい治療薬です。

脇の多汗症(診断された方)のみの適応となります。

脇の多汗症とは?

正式には原発性腋窩多汗症といい、汗の量が多くなる原因となる病気や障害がないのにもかかわらず、多量の脇汗に悩まされる疾患です。

診断基準は以下になります↓

シャツに汗染みができるなど、日常生活に支障をきたすほど多量の腋窩(わき)の汗が、明らかな原因がないまま6ヶ月以上認められ、以下の6症状のうち2項目以上あてはまる場合を原発性腋窩多汗症」と診断されます。

  • 最初に症状が出るのが25歳以下であること
  • 左右両方で同じように発汗が見られること
  • 睡眠中は発汗が止まっていること
  • 家族にも同じ疾患の患者さんがいること
  • 脇汗によって日常生活に支障をきたすこと

引用元:脇汗治療ナビ

エクロックゲルについてツイッターに投稿したところ、多くの反響をいただきました。

脇汗で悩んでいる方は多いのだと思います。

今までの脇汗治療

今までの脇の多汗症治療の第一選択は塩化アルミニウム溶液(外用剤)でした。

そして、第二選択がボトックス注射です。

下記の↓日本皮膚科学会の原発性局所多汗症診療ガイドラインを参照ください。

引用元:日本皮膚科学会

なので、エクロックゲルが発売されたことで、こちらのガイドラインも変わるかもしれません。

ちなみに、塩化アルミニウム外用剤は保険適用外で自費診療になるためクリニックによって値段が変わります。

私もエクロックゲルが発売されるまでは、塩化アルミニウム外用剤の「パースピレックス(デトランスα)」を愛用していました。↓

今まで色々と使った制汗剤の中で一番脇汗が止まりました!(手足用も購入するくらい愛用)

なので、エクロックの効果によってはまたパースピレックス(デトランスα)に戻るかもしれません。

ただ、塩化アルミニウム外用剤のデメリットは肌への刺激が強いことです。

かぶれてしまう方もいるようです。

ですので、エクロックゲルは塩化アルミニウム外用剤が使えなかった方にとっても朗報だと思います。

塩化アルミニウム外用剤の中でも皮膚への刺激が少ないパースピレックス(デトランスα)について下記↓の記事にまとめてあります。

パースピレックス(デトランスα)5本目突入!脇汗効果や痒みがでない使い方について

なぜ脇汗を抑える効果があるのか?

続いてエクロックゲルの作用機序についてご説明したいと思います。

普段、私たちが汗をかくのは、交感神経から放出される汗を出す指令「アセチルコリン」が「エクリン汗腺」に伝わることで汗をかきます。

ですので、逆に言えば、エクリン汗腺がアセチルコリンを受け取らなければ、発汗を抑えることが期待ができるというわけです。

こちらの↓「エクロックゲルを使用する患者さんのための情報サイト」の説明がわかりやすかったです。

エクロック®ゲルの有効成分、ソフピロニウム臭化物には、交感神経から伝えられる汗を出す指令をエクリン汗腺が受け取れないようにブロックして、発汗を抑制する働きがあります。

※エクリン汗腺は、皮膚の中にある汗をつくる器官のひとつで、主に体温調節のために、水分の多い汗を分泌します。多汗症の症状である多量の汗は、主にエクリン汗腺から出ています。

引用元:エクロックinfo

エクロックゲルは、エクリン汗腺がアセチルコリンを受け取れないようにブロックしていることから…エクロックということでしょうか。

ちなみに、ボトックス注射はこの交感神経から伝えられる汗を出す指令(アセチルコリン)の放出自体をブロックする働きがあります。

ですので、エクロックゲルと脇汗のボトックス注射の作用機序は似ているといえます。

脇汗のボトックス注射についてはこちら↓の記事に体験談がまとめてあります。

【脇汗ボトックス体験談】効果・副作用、治療の流れについて

脇汗に対する効果はいつから?

脇汗に対する効果がでてくるのはエクロックゲルを塗り始めて約2週間だそうです。

診察を受けた医師によると個人差があるため、2〜3週間は様子をみてねということでした。

エクロックゲル1本で約2週間分ですので、2本目から効果が発揮するということです。

これは思ったよりも時間がかかると少しハードルが上がりました。

エクロックゲルの使い方

エクロックゲルは1日1回、適量を両脇全体に塗布します。

今まで様々な制汗剤を使ってきましたが、使い方が変わっていて少し面白いです。

商品はポンプ式のボトル・アプリケーター(内ぶた)・キャップ(青色)に分けることができます。

このアプリケーターの上にエクロックゲルをプッシュして乗せて脇に塗ります。

使用手順

  1. 使用前にわきの水気をタオルなどでよく拭き取る
  2. アプリケーターの上にエクロックゲルを1プッシュ出す
  3. アプリケーターを持ってそのまま脇全体に塗り広げる
  4. もう一方の脇にも同様に塗る
  5. 薬液が乾いてから服を着る
  6. アプリケーターをティッシュで拭くか水で洗い流す

引用元:エクロックinfo

手に薬液がついた場合は、絶対に顔や目をさわらず、すぐに水で洗い流す様にしてください。

ちなみに、私はお風呂上がりに塗っています。

副作用について

エクロックゲルは新薬ですので副作用が気になるところです。

科研製薬株式会社によると↓

以下のような症状があらわれたら、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。

  • 皮膚炎や紅斑、かゆみ、湿疹、あせも
  • 口の渇き
  • 光をまぶしく感じる など

そのほか、気になる症状があらわれたときは、医師にご相談ください。

引用元:エクロックinfo

この記事をかいてる時点で、私はエクロックを使い出して3週目なのですが、今の所上記の様な副作用はありません。

先ほどでてきた、塩化アルミニウム外用剤より肌に優しい使い心地です。

エクロックゲルの値段

エクロックゲルは保険適用になるため、そんなに高くないだろうと考えていましたが…以外とかかりました。

3割負担でエクロックゲル1本(約2週間分)の費用内訳がこちら↓

  • 診察料(初診)+処方箋料で約1,100円前後
  • お薬代+調剤薬局での調剤料で1,900円前後
  • 合計約3,000円程度でした!

しかも、新薬のためまとめて処方ができないそうで、2週間後に再度処方してもらう必要があります。

再診料はもう少し低くなるとしても、月に5,000円以上はかかると思います。

個人的には、今まで使っていたパースピレックス(デトランスα)が3,000円前後で購入できて、半年近くは持ったため、正直なところエクロックゲル高い!と感じています。

効果について

私自身、エクロックを使い出して3週目なのですが、やっと効果が出てきた感じがします。

2週目までは効果がよく分からず不安も感じましたが、3周目に入ってから、

「あれ?今日は脇汗気にならなかった」

「服に汗染みできなかった」

という日が増えてきました。

エクロックゲルの効果はピタッと脇汗が止まるよりも、じわじわ効いてくる感じなのかもしれません。

また、エクロックゲルの使用感や脇汗への効果については、また別の記事にまとめたいと思います。

まとめ

新しい脇汗の治療薬エクロックゲルについてご紹介しました。

新薬ということでまだ明確でない部分もあるかもしれません。

しかし、手術や注射は怖かったり、美容皮膚科などでの保険外の治療には二の足を踏んでしまうといった方にとって朗報だと思います。

エクロックゲルをきっかけに少しでも脇汗で悩む方が減ると良いなと思います。