「飲む日焼け止め」はほとんど効果なし!?日焼け止めの代わりにならない理由

元美容クリニック看護師のあさみん(@asamin_biyou)です。

多くの美容インフルエンサーがこぞっておすすめする「飲む日焼け止め」。

最近は日焼けによる「肌老化(光老化)」に関心を持つ方も多いため、

肌のためにそろそろ飲んだほうがいいの?でも、よくない噂も聞くし・・・。

と悩んでる方も多いと思いますが、「飲む日焼け止め」には「塗る日焼け止め」のような紫外線から直接肌を守るような効果はほとんどないと言われてますので注意が必要です。

それぞれ肌に対する役割が違うため「代わり」にはなりません。

日焼け止めの役割を簡単に説明

  • 塗る日焼け止めの役割→紫外線が直接肌に当たるのを外側からブロック
  • 飲む日焼け止めの役割→紫外線による活性酸素(老化の原因)の発生を内側から防ぐ

私も紫外線が強い時期は飲んだりしますが、結局1年中欠かせないのは日焼け止めと帽子です。

では、何のために飲む日焼け止めを飲むのか?

飲む日焼け止めの効果やどんな場合に飲むと良いのかをご紹介したいと思います。

 

飲む日焼け止めが効果なしと言われる理由

飲む日焼け止めと呼ばれるサプリに使われている有効成分は主にこの2つ

  • フェーンブロック
  • ニュートロックスサン

私が勤めていた美容クリニックで取り扱っていたのはフェーンブロックが入った「ヘリオケア」という商品です。

患者さんへの説明で伝えていたのが「必ず日焼け止めを併用してください」ということ。

塗る日焼け止めや帽子・日傘のような紫外線を物理的に遮光する効果はほとんどないからです。

しかし、クリニックで購入せずネットで購入する方の中には「飲む日焼け止め」というネーミング、俗称から「日焼け止め効果がある」と間違った認識をされる方が非常に多いようです。

私も初めて飲む日焼け止めを知ったときはそのネーミングから体の周りにバリアがはられる想像をしてしまいましたし、実際にそのような広告も多いです。

そのため最近では「飲む日焼け止め」は使わずに「飲む美容習慣」や「太陽に負けないサプリ」といったネーミングに変わってきています。

 

そして、実際には日焼け止め効果はほとんどありません。

ヘリオケアから日焼け止めジェルもでてるのが良い証拠だと思います。

ニュートロックスサンが配合されたホワイトヴェールにも日焼け止めのプレゼントがついていました。

日焼け止めサプリに有効な日焼け止め効果があれば一緒に販売することはないと思います。

ちなみに日常生活で推奨されている日焼け止めのSPFは15以上ですが飲む日焼け止めのSPFは2にも満たないと言われています。

そのため日本皮膚科学会も飲む日焼け止めに対して↓

現在、「飲む日焼け止め」はサンスクリーン剤のような効能は科学的に証明されていません。

サプリメントを飲んだから日焼け止めはなくて大丈夫。ではなく日常的にサンスクリーン剤の使用をお勧めします。

引用ー「光老化」啓発プロジェクト委員会

米国皮膚科学会の飲む日焼け止めに対する考えも↓

このようなサプリメントをサンスクリーン剤や日焼け対策衣類の代替え品として使用するべきではない。

引用ー「光老化」啓発プロジェクト委員会

結局のところ日焼け止めをしっかりと塗って紫外線を避けることができれば飲む日焼け止めは必要ないということです。

飲む日焼け止めの効果は抗酸化作用

そもそも飲む日焼け止めがこれほどまで注目を浴びたのは日焼けによる肌への影響、光老化(ひかりろうか)が関係します。

光老化とは

紫外線をはじめとする太陽光線を長時間、無防備な状態で浴びるとしみ•シワ•たるみなどの老化現象として現れることです。

↑光老化の有名な画像でトラック運転手の方が長期にわたって運転中に顔の左半分に紫外線を浴び続けた画像です。

これを見ると紫外線による肌への影響が一目瞭然です。

肌の老化は紫外線による光老化が8割、加齢による自然老化が2割と言われているくらいです。

これに関してTwitterでも多くの反響をいただきました。

そして、紫外線を浴びたときに発生するのが「活性酸素」でこれを抑える働き(抗酸化作用)をしてくれるのが飲む日焼け止めの成分というわけです。

日本皮膚科学会としても↓

抗酸化等の作用があるとすれば、日焼け止めとしてではなく日焼け後のサプリメントとして摂取自体は“皮膚のダメージ回復”という観点として意義があるかもしれません。

引用ー「光老化」啓発プロジェクト委員会

あくまでも焼けてしまったときの対策の1つとして考えると良いかもしれません。

飲む日焼け止めはどんな場合に飲むと良いのか?

肌の老化予防を積極的にしたい人のプラスα

日焼け止めを塗って紫外線対策ができていれば必要のない飲む日焼け止めですが、そもそもの日焼け止めがちゃんと塗れていない場合が多いようです。

日焼け止めを塗るポイントは「たっぷりの量」と「塗り直し」です。

これができていないと効果が半減とまで言われています。

また、帽子や日傘で紫外線対策をしていてもアスファルトや周囲のものに当たって反射する反射光もあります。

目から入る紫外線もしみ•シワの原因になると言われています。

どんなに紫外線対策をしていてもどこかしら日焼けはしてますので、徹底的に肌の老化予防をしたい方は抗酸化作用を期待して飲むのはありだと思います。

まとめ

  • 飲む日焼け止めの役割は紫外線による活性酸素(老化の原因)の発生を内側から防ぐこと
  • 「塗る日焼け止め」の代わりになる紫外線を遮断する効果はなし
  • 日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策ができていれば必要がないもの
  • あくまでも日焼けしてしまったときのケアの1つ
  • 肌の老化予防を積極的にしたい人は併用して飲むのはあり
  • あまり過信しないこと

私が考える飲む日焼け止めについてでした。

飲む日焼け止めってどうなの〜?という方の参考になればと思います。

紫外線対策に関する関連記事はこちら↓

【口コミあり】サンバリア100の日傘・帽子・パーカーを使ってみた

2020年4月26日