*

頬や鼻にできた黒ニキビの治し方|男性スキンケア

女性にとっても男性にとっても肌の悩みと言えば「ニキビ」が上位にきます。

私が働いていた美容クリニックでもニキビに関する悩みを持つ患者さんが多かったです。

スポンサーリンク




特に最近では、スキンケアに力を入れている男性が増えたことで、美容クリニックへ通う男性患者さんの数が増えてきました。

そして男性が来院される目的で一番多いのが「黒ニキビ」です。

ニキビは10代の思春期の頃にできるイメージがありますが、今では「大人ニキビ」という言葉が定着したように20代・30代の成人した人にとってもニキビは悩みの種の一つです。

 

しかも、最近は肌がきれいなのは女性だけではなく男性にとってもステータスになってきています。

特に女性は男性の「肌」を意外と見ているものです。

私の友人には彼氏の条件に肌がきれいな人がいいという子がいましたし、上司の肌が汚くて仕事が嫌という子もいました。

どんなに内面が素敵な男性でも「肌」が汚いとそのイメージが伝わらなかったり、第一印象が悪くなってしまう可能性があるのです。

今や男性にとって肌がきれいなことはプラスになることばかりです。

ぜひスキンケアの方法を日常生活に取り入れて行って欲しいと思います。

特にニキビに関しては治し方がよく分からないという男性患者さんが多くいます。

今回はスキンケアで改善しやすい黒ニキビの治し方に関してご紹介したいと思います。

lady03

黒ニキビができるメカニズム

まずは黒ニキビの治し方の前に黒ニキビができるメカニズムについて解説したいと思います。

黒ニキビとは、ニキビの最初の段階の「白ニキビ」が進行した状態のことを言います。

白ニキビは、毛穴に溜まってしまった皮脂が押し上げられている状態で、外に白く見えてしまっているものです。

この状態から、皮脂が酸化を起こして黒くなってしまうものを黒ニキビと言います。

ニキビができる原因に白ニキビも黒ニキビも差はありませんが、男性の方が皮脂の分泌が多い為、頬や鼻などが黒ニキビになりやすいとも言えます。

黒ニキビは、白ニキビから進行した状態と言いましたが、それでもニキビの初期段階ですので、正しい洗顔や規則正しい生活を送るだけで改善されることもあります。

ですが、その正しい洗顔や規則正しい生活を送ることが男性は難しいようで、美容クリニックに来院しなくてはいけない状態までに悪化してしまうことが少なからずあります。

まずは、正しい洗顔の仕方を身につけましょう。

スポンサーリンク




黒ニキビを治して予防する洗顔方法

正しい洗顔の仕方を説明する前に、どうして洗顔がニキビ予防になるのかを理解しましょう。

洗顔をする理由として、酸化した皮脂と汗やほこりを取り除くことを目的にしています。

洗顔せずに、そのまま放置しておくと、酸化した皮脂は老化を招いてしまう「過酸化脂質」に変化します。

この過酸化脂質は、放っておくとコラーゲンを壊して、シワやたるみの原因になったり、色素沈着やくすみ、シミなどの肌トラブルを引き起こします。

男性はこの過酸化脂質が多く作られる傾向があり、抜け毛や加齢臭の原因にもなるものですので、注意しなくてはなりません。

 

それから、汗やほこりをそのままにしておくと、雑菌が繁殖してしまいますので、ニキビが作られやすくなります。

古くなった角質を洗い落とすことによって、新しい肌になる準備が整うことになります。

これを肌のターンオーバー(生まれ変わり)と言います。

正しい洗顔をすることで、肌のターンオーバーを正常な状態に戻してあげることが、ニキビの予防に繋がり、治し方へと繋がっていきます。

正しい洗顔方法

では、正しい洗顔とはどのようなことを言うのでしょうか。

来院された男性に多かったのが、適当に泡立てた洗顔フォームでゴシゴシ顔をこすって洗っているという方です。

このやり方では、肌を綺麗にするどころか、かえって肌をボロボロにしてしまいます。

 

洗顔の基本は、必要のないものだけを落とすことです。

古くなった角質は、水でさっと落ちるぐらいのものです。

弾力のある泡をしっかりと泡立てて頬や鼻などの皮膚の薄い場所は泡で洗うイメージで洗いましょう。

頬や鼻をゴシゴシ擦ることは赤ら顔の原因にもなりますので気を付けましょう。

泡を肌に押し付けて吸着させて洗うとこすらずにできます。

そして正しい洗顔で一番大切なのが、しっかりとすすぐことです。

ここで洗い残しがあると、ニキビの原因になってしまいますのでしっかりとすすぎきましょう。

とはいえ、これもこすらないように気をつけてください。

手の平にぬるま湯を溜めてそこに頬や額をつけてゆするように流します。

洗顔方法が正しければ、ニキビができることを防ぐことができますので、黒ニキビになって悩まされることもなくなりますし、ニキビができても早く治すことができます。

生活習慣の見直し

洗顔をしっかりしていても、黒ニキビに悩まされている方の治し方としては、生活習慣の見直しが必要になってきます。

男性はストレスの発散方法がうまくいかない人が多く、その為ストレスを溜めてしまいがち。

ストレスは自律神経を乱してしまいます。

その為、皮脂の分泌も過度になりニキビを作りやすくしてしまいます。

ストレスを溜めないことも、ニキビ予防には大切です。

 

それから、偏食や睡眠不足といった不健康な生活を送ることも、肌トラブルの原因になります。

特に、肌の生まれ変わりを促すためには睡眠の質が大切です。

寝始めの約3時間に肌の修復作業をおこなってくれる「成長ホルモン」が分泌されるのですが、寝始めが浅い人などは分泌が妨げられる恐れがあります。

睡眠の質が良くなるようにゆったりと入浴してから寝る、アロマを焚いてみるなど自分なりの入眠の儀式をすることをおすすめします。

黒ニキビの治し方で大切なことは、まず生活習慣を正すこと。

ニキビでもどんな肌トラブルでも、体が健康な時にはできにくいものなのです。

なってしまってから治し方を探すのではなく、ならないようにしていくことが大切になってきます。

 

【男性の化粧水】美肌になるおすすめとスキンケア方法

 

スポンサーリンク




関連記事

ニキビができる原因:ターンオーバーの乱れ

ネットでニキビの治し方を検索しますと様々な対策方法がでてきて便利ですが、情報が多すぎて反対に何をやっ

記事を読む

男性の埋没法でばれない方法は?

男性の埋没法手術は年々増えているようです。私が勤めていた美容クリニックでも増加の傾向にありました。と

記事を読む

すっぽん小町を男性が飲んだときの効果を口コミ

すっぽん小町は女性に人気のコラーゲンサプリメントですが、男性にも効果はあるのでしょうか?すっぽん小町

記事を読む

ニキビに効くおすすめの石鹸とピーリングについて

美肌になるためには洗顔が重要と言われていますが、ニキビ肌にとっても洗顔は超重要となります。私がおすす

記事を読む

黒ニキビの固い芯を柔らかくするには|男性のニキビケア

ニキビの中でも特に男性の悩みで多いのが黒ニキビです。黒ニキビは毛穴に芯がある事が特徴で、時に太く大き

記事を読む

ニキビに効いた化粧品「高濃度ビタミンC美容液」

先日このブログでイチオシしている美容液『高濃度ビタミンC美容液センシル』を使った友人から、「ニキビの

記事を読む

ライスフォースでニキビ跡を作らない対策

ライスフォースでニキビ跡を作らない対策はできるのか・・・!?ニキビで悩んだことがある方ならわかるかと

記事を読む

大人ニキビの予防に大切な5つのこと

ニキビは正式には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といい、皮膚の炎症性疾患になるので、病院で保険

記事を読む

ニキビの治し方(基本のキ)

お肌の悩みにはシミ・しわ・ニキビ・毛穴・乾燥・肌荒れなどいろいろとありますが、美肌治療の中でも一番難

記事を読む

ニキビに効くおすすめ石鹸『スキンピールバーティートゥリー』

本日は前回のニキビの記事にかいたピーリング石鹸の使い方や使い心地についてです。 ニキビや吹き出物対策

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える

【2018年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容

レーザートーニングの効果や回数について!肝斑(かんぱん)治療の体験談

レーザートーニングはシミの種類の中でも特に肝斑(かんぱん)と呼ばれる頬

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑