*

日焼けで肌荒れ!美肌を取り戻すアフターケアとは

日焼けが肌に悪いとはわかっていても、うっかり日焼けをしてしまって肌荒れしてしまったということがあります。

そんなとき美肌を取り戻すことができるかは日焼け後のアフターケアにかかってきます。

スポンサーリンク




アフターケアでよく見かけるのが、日焼け直後のシートマスクです。

日焼けをすると肌が乾燥するため保湿目的でシートマスクを使う方も多いかと思います。

時々海やプールの更衣室で日焼けした肌にシートマスクでパックをしている方を見かけます。

私も昔はよく日焼けしてヒリヒリする肌に我慢してシートパックをやっていましたが、この行為は実はNGです。

反対にこれが肌荒れをひどくさせている場合もあるのです。

それにこれで日焼けが早く治ったかは?ではないでしょうか。

 

今や紫外線は肌を黒くさせるだけではなく「光老化」と言われる肌老化の原因の80%と言われています。

同年代よりも若く見える人と老けて見える人の違いというのはそれまでにしてきた日焼けの量とも言えます。

つまり紫外線と上手に付き合うことができれば、同年代よりも肌が綺麗で若く見えるということです。

ですので日焼けをした上に間違ったケアをして肌トラブルを悪化させていては肌老化のスピードを上げているのと同じです。

日焼け後、なるべく早く肌荒れを治し美肌を取り戻すアフターケアをご紹介したいと思います。

Woman with straw hat applying sunblock to face outdoors

日焼けによる肌ダメージは元には戻せない!?

とはいえ一度日焼けで受けた肌ダメージはなかったことにはできないのです。

日焼け後はアフターケアをしっかりすれば日焼けをなかったことにできると思われる方がいますがそうではありません。

日焼けをすると肌が炎症を起こし赤くなったりヒリヒリしたりします。

(ひどい場合だと腫れたり水泡ができたりすることがありますが、この場合は皮膚科を受診するようにしましょう。)

 

日焼け後、このヒリヒリが治って皮膚の赤みが引けば肌は元通り?と思う方もいるかもしれません。

しかし、日焼けした肌の中ではシミの元となるメラニン色素が大量に作られていたりします。

活性酸素が発生し紫外線によって皮膚のDNAがダメージを受けていたりします。

コラーゲン繊維にダメージが与えられ正常な構造を壊されてしまいます。

そして数年後、忘れた頃に肌表面にシミやシワとなって表れてくるのです。

これがいわゆる「光老化」なのですが、この光老化は日焼け直後にシートマスクで保湿したからと言って食い止められるものではありません。

見た目の赤みがひいて以前の肌に戻ったように見えたとしても、肌の内側、細胞は紫外線によって傷ついているのです。

 

私は美容クリニックに勤めていた時に上記の「日焼けはなかったことにはできない」を知りすごく衝撃を受けたのを覚えています。

ですので、美肌を守るためには日焼け対策をしっかりとおこなって、紫外線をなるべく浴びないことが第一です。

しかし、日焼けが怖いからといってスポーツや遊びなどができないのは人生の楽しみが半減して残念です。

ですので、もし日焼けをしてしまってもアフターケアで肌へのダメージを最小限に抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク




日焼け後の肌荒れは内側と外側の両方からケアをする!

一度日焼けしてしまった肌細胞のダメージを回復することは容易ではありません。

しかし、日焼けによる肌表面の炎症や乾燥といった症状をケアすることで肌荒れを最小限に抑えたり早く治すことができます。

 

紫外線は肌を乾燥させます。

海やプールに行った後に肌がガサガサになって数日戻らなかったという人や、その後肌荒れしてしまったという人も多いかと思います。

紫外線によって乾燥した肌は年齢が高いほどその回復は遅くなります。

40代以上では数ヶ月続く場合もあります。

肌は乾燥しているとバリア機能が弱まりますので、ちょっとした刺激で炎症が起こりやすくなります。

日焼けの炎症は治まってもまた違った原因で炎症が起き、肌荒れだったりニキビなどの肌トラブルのループにはまりやすくなります。

そんなループに陥らないように日焼け後は外側と内側の両方からアフターケアをするようにします。

日焼け後肌荒れしない外側のケア

日焼け直後は冷やす

日焼けは火傷と同じ症状ですので、まずはほてりがなくなるまで冷やします。

冷たい濡れタオルや保冷剤で冷やしたり、冷たいシャワーやお風呂に入るのも効果的です。

その際、皮膚感覚がなくなるまで冷やさないことと皮膚をこすらないように気をつけてください。

シャワーもなるべく優しく当てるようにしましょう。

刺激のある保湿はしない

日焼けをすると肌が乾燥するので保湿を!と思うかもしれませんが、肌は思っている以上にダメージを受けていますのでいつものスキンケアでも刺激となってしまいます。

普段使っていない特別用のシートマスクや美白成分配合のものは特に刺激になりやすいので注意が必要です。

この刺激がさらに炎症を起こし肌荒れの原因となりますので、日焼け後に肌荒れを起こしてしまった人はそれまでに行っていたスキンケアを一度休むことおすすめします。

そのかわり刺激の少ないワセリンを薄ーく塗って肌を保護するようにします。

 

そして、痛みやひりつきがおさまる3〜4日目くらいからいつも使っていたスキンケアを再開します。

その場合もすぐに全種類を使うのではなく、刺激の少ない保湿系の美容液やクリームから使うようにしましょう。

その後、肌の状態を見て大丈夫そうだったらいつも通りのスキンケアに戻します。

可能であればメイクも一旦お休みすることをおすすめします。

特にクレンジングが肌への刺激となっている場合が多いためクレンジングをお休みすることで肌の回復力が上がります。

【関連記事】

>>クレンジングをやめたら乾燥肌が改善してきれいになった!

皮は無理やりむかない

日焼け後1か月ほどすると皮がむけ始めます。

この時に無理やりむくとシミが残ることがあるので、自然とむけるまで保湿して待ちます。

重ねて日焼けしない

日焼けのアフターケアをしている時はさらに徹底して日焼け対策をするようにします。

その場合、日焼け止めクリームは刺激になることがあるので、日傘、帽子、サングラス、飲む日焼け止めサプリなどの肌に接触しない方法で日焼け対策をするようにしましょう。

【関連記事】

愛用の完全遮光の日傘の口コミ記事はこちら↓

>>【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

日焼け後肌荒れしない内側のケア

外側のケアと並行して内側のケアもするようにします。

睡眠を十分にとる

皮膚の入れ替えは睡眠中に行われます。

日焼け後の皮膚の回復も睡眠中に行われますので、日焼け後はしっかり眠る事が美肌を取り戻す近道です。

ビタミンCをたっぷりととる

皮膚の再生の際にビタミンCが大量に使われます。

ビタミンC不足は肌荒れの原因となりますので日焼け後は普段よりも多めに摂るように心がけて下さい。

食事からでもいいですがなかなか難しいと思いますのでその場合は「シナール」などの内服がオススメです。

皮膚科でシミや肝斑の治療にシナールと一緒に処方されることの多い「トランサミン」は炎症を抑える効果がありますのでこちらも日焼けの回復におすすめです。

【関連記事】

>>内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

飲む日焼け止めサプリを飲む

今話題の「飲む日焼け止めサプリ」ですが、基本的には日焼け対策として日焼けをする前に飲んで紫外線に強い肌を作るというコンセプトになっています。

しかし、研究結果によると日焼け後に飲んでも効果を発揮するとのことです。

先ほど、日焼けした肌の中ではシミの元となるメラニン色素が大量に作られていたり、紫外線によって皮膚のDNAが損傷されていたりするという話をしました。

しかもこれは無かったことにはできないと・・・

しかし、飲む日焼け止めには紫外線によって大量に発生する活性酸素を除去する効果やメラニンが増えるのを抑える効果があります。

 

この活性酸素が皮膚のDNAを損傷させます。

ですので、100%日焼けをなかったことにはできませんが、飲む日焼け止めを飲めば将来のシミやシワを軽減することができるのは確かです。

 

紫外線を浴びたら活性酸素が発生し72時間(3日)後からメラニン生成が始まると言われています。

もし、日焼け前に飲む日焼け止めを飲んでなかったとしても、日焼け後すぐに飲む日焼け止めを飲めばまだ間に合うということです。

日焼けして肌が赤くなった時は72時間以内のケアが重要と覚えておいて下さい。

 

私自身、紫外線の強い時期は飲む日焼け止めのお世話になっていますが、日焼け後の赤みが減ったり肌の調子が良いなどの効果を実感しています。

【関連記事】

>>飲む日焼け止めサプリを比較【2018年版】ヘリオケアと国産(ホワイトヴェール等)どちらがおすすめ?

日焼けに強い肌をつくる

あれこれと日焼け後のアフターケアについて書きましたが、それほど日焼けによる肌ダメージは大きくて回復させることは大変ということです。

私は美容クリニックに勤めていたこともあり若い頃にたくさん日焼けをして、その後シミやシワなどで悩んでいるという患者さんをたくさんみてきました。

ですので自分自身、紫外線には気をつけている方です。

後々シミやシワを治療する方が大変なのを知っているからです。

飲む日焼け止めサプリの人気が急上昇しているのも、美に敏感な方が増えている証拠です。

また、日焼け止めクリームだけでは限界というのも感じているのだと思います。

もちろん日焼け後のアフターケアは大事ですが、その前になるべく日焼けをしない、日焼けに強い肌を作ることを心がけましょう。

スポンサーリンク




関連記事

子供の日焼け止めおすすめと紫外線対策を真剣に考えてみた

子供の日焼け止め対策どのような取り組みをしていますか? 今や子供に日焼け止めクリームを塗っているマ

記事を読む

飲む日焼け止め「ヘリオケア」はどこで処方してもらうのか?

今話題の飲む日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」!ここ2〜3年で人気が急上昇しているためヘリオケアは

記事を読む

飲む日焼け止め、子供が飲める専用サプリをご紹介!

子供の紫外線対策に「飲む日焼け止めサプリ」を飲ませることはできるの?と気になっているママも多いかと思

記事を読む

iherb(アイハーブ)の飲む日焼け止めを2つご紹介

iherb(アイハーブ)で購入できる飲む日焼け止めサプリメントを2つ購入したのでその特徴と効果をご紹

記事を読む

石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めとは?

日焼け止めを選ぶときに「肌に優しいもの」で探すとたどり着くのが「石鹸で落とせる日焼け止め」です。

記事を読む

ポルク(P.O.L.K)飲む日焼け止めを実際に試した効果を口コミ!

P.O.L.K(ポルク)は最近人気急上昇中の国産の飲む日焼け止めサプリメントです。雑誌やインスタグラ

記事を読む

雪肌ドロップで「綾瀬はるか」のような美肌になる方法

美肌といえば「綾瀬はるか」さんと言うくらい美肌が定着している女優の綾瀬はるかさんですが、肌の美しい女

記事を読む

飲む日焼け止めの仕組みとは?美肌になれるのは本当?

新しい紫外線対策として注目を集めている「飲む日焼け止めサプリ」ですが、気になるのはその仕組みかと思い

記事を読む

ハワイ旅行の紫外線対策に飲む日焼け止めを持っていった結果

海にショッピングに楽しいハワイ旅行ですが気になるのは日焼け対策です。効果が長持ちする日焼け止めクリー

記事を読む

ホワイトヴェールとインナーパラソルを比較!どっちを選ぶ?

ホワイトヴェールとインナーパラソルは同じ主成分である「ニュートロックスサン®」を使用しているためどち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
高濃度水素イオン水ジェル「バッサ」のピーリングでつるつる肌になる使い方

高濃度水素イオン水でつくられた美容液「WASSER(バッサ)」を購入し

【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

去年、日焼け対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーの3点を手に入

化粧品で肌荒れしたときの対処法

ワクワクした気持ちで新しい化粧品を使ったのに肌荒れしてしまったというと

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

ライスフォースの悪評? 私自身はライスフォースのスキンケアを使うよう

高濃度水素イオン水の効果はうそ?美肌になれる理由とは

看護師の友人から「高濃度水素イオン水」の化粧品が肌に良いと聞いてその効

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑