*

【飲む日焼け止めサプリを比較2017年版】ヘリオケアと国産(ホワイトヴェール等)どちらがおすすめ?

飲む日焼け止めサプリメントを比較!

新しい紫外線対策として人気急上昇中の「飲む日焼け止めサプリメント

肌のために飲んでみたいけれど海外製の「ヘリオケア」が良いのか「国内産のもの」が良いのか悩んでいる方も多いかと思います。

私自身は美容クリニックに勤めていたこともあり、4〜5年前から「ヘリオケア」を愛用していたのですが、最近続々と国産の飲む日焼け止めサプリが登場してきたため、気になって色々と取り寄せて比較してみました。

スポンサーリンク




これから飲む日焼け止めサプリを試してみたいという検討中の方に、

・飲む日焼け止めサプリの効果とは

・「ヘリオケア」と「国産の飲む日焼け止めサプリ」の比較

・私がおすすめする飲む日焼け止めサプリ

・飲む日焼け止めサプリのメリット・デメリット

・私がおこなっている日焼け対策

についてご紹介したいと思います。

記事内で紹介するものは全て私が飲んで試したものになります。

値段と成分を比較して、高い効果で続けやすい価格の飲む日焼け止めを紹介していますので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

私が試した飲む日焼け止めサプリメントは以下の5種類になります。

img_6173.jpg

左上:ヘリオケアウルトラD

右上:P.O.L.C. [ポルク] (国産)

左下:インナーパラソル16200(国産)

真中:ホワイトヴェール(国産)

右下:雪肌ドロップ(国産)

結論からいうとおすすめは「ホワイトヴェール」

飲む日焼け止めについて熱く語りすぎてしまったため以下の記事が長くなってしまいました。

ですので、先に結論から言いますとおすすめの飲む日焼け止めサプリは「ホワイトヴェール」です。

img_6306.jpg

値段・成分・アレルギー問題を比較すると多くの美容家さんが同じ結果になっているかと思います。

 

とはいえ、せっかく飲む日焼け止めを飲むのなら詳しく知っているに越したことはありません。

効果を把握することはサプリメントの相乗効果にもつながります。

時間がある方はぜひ続きも読んでいただき飲む日焼け止めと紫外線対策のマスターになって下さいね。

飲む日焼け止めの効果とは

飲む日焼け止めとは、その名の通り飲むことで体の中から紫外線ダメージを防ぐ効果のあるサプリメントです。

なぜ紫外線を浴びると肌がボロボロになるのでしょうか?

それは紫外線を大量に浴びると体の中で「活性酸素」という体を強烈にサビつかせる酸素が発生するからです。

この「活性酸素」の大量発生がシミやしわなどの老化現象を引き起こす正体なのです。

 

活性酸素を大量に発生させないためにはまずは紫外線を大量に浴びないこと。

そして、活性酸素に対抗できる「抗酸化力」のあるものを取り入れることです。

その視点でできたものが抗酸化力を極限にまで高めた成分が入っている飲む日焼け止めサプリです。

 

また、紫外線を浴びると活性酸素に対抗して脳がメラニン(シミの元)を作り出すように全身に指令を出します。

ということは「顔」だけ日焼け止めクリームを塗っていても頭や体が紫外線を浴びていたらシミやしわはできるということです。

飲む日焼け止めは「目からの日焼け」「髪の毛の日焼け」など全身の日焼け止め効果が期待できますので、従来の塗る日焼け止めとは全く違ったタイプの日焼け止め効果と言えます。

スポンサーリンク




「ヘリオケア」と「国産の飲む日焼け止め」を比較

全身の日焼け対策ができる飲む日焼け止めは日本でいっきに広まり人気となりました。

中でも一番有名なのが「ヘリオケア」と呼ばれる飲む日焼け止めです。

ただ、ヘリオケアは海外で生産されていることもあり、最近は日本の工場で製造されている国産の飲む日焼け止めサプリメントの人気が急上昇しています。

では、ヘリオケアと国産の飲む日焼け止めは何が違うのか?

成分を比較するとわかるのですがこの2つの大きな違いは紫外線のダメージを防ぐ主成分にあります。

主成分の違い

ヘリオケア

ヘリオケアの主成分はシダ植物の一種から抽出した「FernBlock®(フェーンブロック)」と呼ばれる天然の抗酸化作用成分です。

フェーンブロックの主な作用は

・抗酸化作用

・免疫防御作用

・DNA保護作用

・皮膚構造維持作用

などがあります。

さらにフェーンブロックは活性酸素だけに留まらず、シミやしわの原因となるフリーラジカル(活性酸素はその代表)を破壊することで紫外線ダメージを防ぎます。

国産の飲む日焼け止め

そして私が試した国産の飲む日焼け止めサプリメント(ポルク・ホワイトヴェール・インナーパラソル・雪肌ドロップ)はシトラス果実成分とローズマリーの葉の抽出成分を特殊配合した「ニュートロックスサン®」という天然の抗酸化作用成分が主成分となります。

ニュートロックスサンの主な作用は

・抗酸化作用

・炎症を抑える効果

・光老化を抑える作用

・肌状態を改善する効果

などがあります。

どちらも天然由来の成分が主のサプリメントであり薬ではないため飲み続けても安心感があります。

(ただし、妊娠中・授乳中の服用はヘリオケアも国産の飲む日焼け止めもおすすめはされていません)

 

今のところ日焼け止め効果が実証されて特許が取得されているのはこの「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」の2種類になります。

ですので、飲む日焼け止めを選ぶときはこのどちらかが配合されているものを選ぶようにしてください。

類似品も色々とあるようです。

 

また、数字の上ではニュートロックスサンはフェーンブロックに比べて2倍以上細胞を守る力が強いと立証されていたり、ニュートロックスサンの方は紫外線を浴びた後に飲んでもその効果を得ることができるというメリットがあります。

とはいえ、実際に飲んで比較してみるとそこまで効果に差はないように感じています。

飲む日焼け止めの飲み方

基本的にはどちらのサプリメントも外出前に飲むというのは一緒です。

そして飲む量が増えれば紫外線を防護する効果が強まったり時間が長くなったりします。

 

さらにヘリオケアには細かい指定があって飲んで30分後から紫外線防御効果が発揮するため外出の30分前に飲むことが薦められています。

ヘリオケアは1カプセルで4〜5時間効果を発揮しますので、1日中外出するときはお昼にもう1カプセル必要となり、1日で計2カプセルが必要となります。

 

国産の飲む日焼け止めサプリメントは毎日2〜5粒(主成分であるニュートロックスサンを250mg)摂取することが推奨されています。

持続して飲むことで紫外線防御効果が強まり1日中効果を発揮することができます。

飲んでみた効果の比較

フェーンブロックとニュートロックスサンはどちらが効果があるのか?

どちらも飲んだ私の体感としてはどちらも紫外線に対する効果を実感することができました。

短期的な効果としては日焼けによる肌の赤みがほとんどなかったです。

また、秋〜冬になってもシミが一気に増えるということはなかったですし、冬になると出る肌の乾燥もぐっと減りました。

 

ただ、ニュートロックスサンが配合されている国産のサプリメントにはその他の美肌成分も豊富に入っているため飲み続けていくと肌理が整ったり肌に弾力が出るなどの美肌効果も感じられました。

とはいえ、紫外線による肌への影響は長期で見ていかないとわからないためまだまだ観察が必要です。 

おすすめの飲む日焼け止めサプリメントは?

それでどの飲む日焼け止めサプリメントが良いの?と悩むところかと思います。

主成分のFernBlock(フェーンブロック)とニュートロックスサンが体質に合うか合わないかは実際に飲んで試してみるしかないと思います。

私自身は勤めていた美容クリニックが取り扱っていたこともあり最初にヘリオケアを飲み始めました。

そして去年はほとんど国産の飲む日焼け止めサプリメント(ポルク・ホワイトヴェール・インナーパラソル16200・雪肌ドロップ)を試しました。

今年はと言いますと、先ほど結論から言いましたようにもっぱら「ホワイトヴェール」を飲んでいます。

また、ホワイトヴェール以外にも

ヘリオケア

インナーパラソル16200

もおすすめですので詳しくご紹介したいと思います。

IMG_2269

ヘリオケア

まずは海外製の「ヘリオケア」からご紹介したいと思います。

おすすめの理由としては飲む日焼け止めサプリメントとして歴史が一番長いということです。

ヘリオケアは医療品などを研究開発しているグループの製品で世界50か国の病院に製品を提供しています。

日本でも皮膚科や美容系のクリニックなどで取り扱いがあり皮膚科医推奨の飲む日焼け止めとなっています。

そういった意味での安心感が大きくおすすめしやすいです。

 

もちろん紫外線防御効果もバッチリです。

美容クリニックに勤めていた時にスタッフで色々と検証しましたが紫外線防御効果の他にも日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減している効果を実感しました。

ただ、ヘリオケアは購入方法が美容クリニックや皮膚科で購入するかネットで輸入代理店から購入するかになります。

その点が手間と感じる方や海外製品は不安という方にはホワイトヴェールなどの国産の飲む日焼け止めサプリメントをおすすめします。

 

また、ヘリオケアで注意したいのが単発で使うことです。

ヘリオケアは海外旅行やレジャーにいくなど紫外線を大量に浴びる日だけ飲むといった使い方ができます。

私もよくそう使っていました。

しかし、紫外線は毎日降り注いでいるわけですので、本当に紫外線から肌を守りたかったら紫外線が強い時期だけでも良いので毎日飲むことが大切です。

その点では国産の飲む日焼け止めは毎日飲むことで紫外線から細胞を守る力が徐々に強まるため飲み方としては国産がおすすめです。

そして毎日飲むとなると値段の面で見ても国産の飲む日焼け止めがおすすめです。

国産の飲む日焼け止めを比較

次に国産の飲む日焼け止めサプリメントを比較したときになぜ 「ホワイトヴェール」と「インナーパラソル16200」がおすすめなのかと言いますと、簡単に言うと主成分(ニュートロックスサン)がきちんと摂取できるのと低コストで続けることができるからです。

 

ニュートロックスサンを開発したミギュエル大学とモンテローザ社の研究発表によると、ニュートロックスサンを約3ヶ月間毎日250mg摂取してもらった結果、紫外線防護作用が約60%に上がったそうです。

そのためニュートロックスサンは1日250mgを3ヶ月以上飲み続けることが推奨されています。

それ以下の摂取量ですと約60%という防護効果が得られないということです。

ですので選ぶときはニュートロックスサンが1日250mg摂取できる商品を選ぶことと持続して飲める価格が必要となってきます。

 

ちなみにニュートロックスサンが1日250mg摂取できる商品は下記の「日傘マーク」が付いていますので、マークを目印にすると良いです。

img28

もちろんホワイトヴェールとインナーパラソルには日傘マークのロゴが使われています。

しかし、中にはニュートロックスサンの含有量を記していない商品も多くあります。

私が試した中ではインナーパラソル・ポルク・ホワイトヴェールがHPに記載されていました。

実はホワイトヴェールも最近までニュートロックスサンの含有量を開示してなかったのですが、リニューアルし開示するようになりました。

 

含有量を記載していない商品については電話で問い合わせてみたのですが、申し訳ないのですがクローズとのことでした。

その理由の一つとして、紫外線防御効果は主成分であるニュートロックスサンの含有量も大切ですが、他の成分との配合量の組み合わせによっても効果が変わってくるそうです。

ですのでどこの会社も独自の配合量でサプリメントを作っているため細かい成分量は明記できないそうです。

ホワイトヴェール

美容科の飯塚美香さんがプロデュースした飲む日焼け止めサプリです。

スクリーンショット 2017-04-01 17.16.42

おすすめのホワイトヴェールですが、上記の写真を見るとわかるようにホワイトヴェールの2袋コースには日傘マークのロゴが使われています。

ホワイトヴェールは1日4粒飲むことでニュートロックスサンを250mg摂取することができます。

1ヶ月で60粒入を2袋飲むことになります。

img_6306.jpg

毎月1袋届くというコースもありますが、1袋を1ヶ月で飲むということは推奨量の250mgがとれないということですのでしっかり効果を得たい方は2袋コースがおすすめです。(1袋コースには日傘マークは付いていません)

とはいえ、途中でコースの変更も可能ですのでまずは1袋から試してみるというのもありです。

何と言っても初回なら飲む日焼け止めが980円(しかも税と送料込み!)とかなりお得な設定になっているからです。

IMG_2822

そして、ニュートロックスサンは3ヶ月飲むことが推奨されていますのでホワイトヴェールは購入すると自動で毎月届く定期コースになっています。

しかし、ホワイトヴェールの定期はいつでも解約・休止することができますし、成分が合わなかった場合でも「15日間全額返金保障」となっていますので安心して始めることができます。

*返金保障が15日→90日に変更になったようです!

ホワイトヴェールは購入システムや成分などをお客さんの要望を取り入れて改善していっているのがすごくよくわかるため、そういった点でも信頼がおけておすすめです。

飲む日焼け止めの中でも小粒タイプで飲みやすいのも特徴です。

>>ホワイトヴェールの詳細は公式サイトへ

インナーパラソル16200

img_6175.jpg

次におすすめなのがインナーパラソル16200です。

インナーパラソル16200は1粒にニュートロックスサンが125mg配合されており1日2粒で250mg摂取することができます。

1粒あたりの有効成分の含有量が高いためホワイトヴェールと比べると飲む量が少なくて済みます。

ちなみにインナーパラソルの16200の数字はニュートロックスサンの総配合量とその他の美肌成分を合わせた数字です。

それだけ有効成分、美肌成分の配合量に自信があると言えます。

>>インナーパラソル16200公式サイト

値段の比較|ホワイトヴェールかインナーパラソルか?

img_6180.jpg

ホワイトヴェールもインナーパラソルもニュートロックスサンは高配合ですので、その他の美容成分でよほど摂取したいものがなければ私は値段で比較したいと思いました。

と言いますのも、先ほども言いましたように飲む日焼け止めは持続することで効果が高まりますので、続けられる値段であることが重要です。

ちなみに私の場合は特に紫外線の強い時期、4月〜9月の6ヶ月間持続して飲むようにしています。

 

そして値段を比較した結果インナーパラソルが一番安く続けられるということがわかりました。

ニュートロックスサンを1日250mg摂取する場合の価格(税込)を比較して表にしました。

 商品名

P.O.L.C.[ポルク]

ホワイトヴェール

2袋コース

 インナーパラソル16200

  IMG_2828 IMG_2822 img_6175.jpg
内容量  60粒 60粒×2袋 60粒 
1粒辺りの含有量 50mg 62,5mg 125mg 
総含有量 3000mg 7500mg(3750×2) 7500mg 
250mg摂取すための1日量 5粒/日 4粒/日 2粒/日 
約1ヶ月の必要個数 2,5ボトル/30日分 2袋/30 日分 1袋/30日分 
1ヶ月分の費用(税込) 定期18,845円 定期初回1,760円 定期初回1,069円 
3ヶ月分の費用(税込) 56,535円 17,680円 13,165円 
6ヶ月分の費用(税込)

113,070円

 

41,560円

 

26,330円 
内容 

10,584円で単品購入可能

定期は1回でも解約可能 

定期は1回でも解約可能

上記は定期コースの価格3回以上の持続が必要 4回目から解約・中断可能

単品では7,560円

持続するならインナーパラソル16200がぶっちぎりでお安いのがわかるかと思います。

しかし、上記の安い値段の条件は3ヶ月定期お届けコースになるので注意が必要です。

4ヶ月目からいつでも解約・中断が可能です。

その代わり値段の割引率は高いです。

値段比較の結論

・最初から3ヶ月以上飲むと決めている方はインナーパラソル16200の定期購入がおすすめです。

・初めてニュートロックスサンを飲むから不安という方は1回でも解約可能なホワイトヴェールがおすすめです。

・定期購入が苦手でとにかく単品で購入したい方はインナーパラソルが単品で購入できます。

飲む日焼け止めサプリのメリット・デメリット

人気の理由

飲む日焼け止めサプリメントの人気が上がってきている理由は美意識が高い人が増えたことと、紫外線が肌に及ぼす影響が広まってきているからかと思います。

以前は紫外線の影響といえば主に「シミ」と言われていました。

しかし、最近ではしわやたるみなども含めた肌全体の老化の80%が紫外線によるものと言われています。

自分の肌をチェックしてもらうとわかりますが、普段服に隠れて紫外線が当たらない体の内側と顔の皮膚を比べてみると、肌老化の進み具合は一目瞭然です。

 

また、美容クリニックでカウンセリングをおこなっていた時に、しわやたるみで悩んでいた人の多くは昔、よく日焼けをしていたという人でした。

特に気になったのが「ガングロ世代」(若い方はわからないかも)です。

今から10数年前に日焼けした肌が異常に流行った時代があったのです。

当時ガンガンに日サロに通っていた人達が現在30代後半〜になってきているのですが、様々な肌トラブルが出てきています。

 

中には体だけで顔は日焼けしていないという人もいるかもしれませんが、体の日焼けも顔のシミに関係してくるのです。

顔だけ紫外線対策をして体は何もしていないという人が一番もったいないです。

ですので老けたくないなら全身の紫外線対策を!ということで飲む日焼け止めが人気なのです。

飲む日焼け止めサプリのメリット

美肌のためには紫外線対策が大事ということはわかってはいても「塗る」日焼け止めが苦手という方も多くいます。

肌への刺激や負担を考えれば帽子、サングラス、日傘、手袋、ストールなどの顔に直接つかない紫外線対策が一番です。

しかし、これらは状況によってはできない時もあります。

どんな状況でも紫外線対策ができるのが「飲む日焼け止めサプリ」なのです。

体の内側からできる紫外線対策として「飲む日傘サプリ」とも呼ばれていたりします。

敏感肌でも使える

塗る日焼け止めはベタベタして嫌だという人や、肌荒れしてしまって塗れないという人もいます。

私自身も日焼け止めクリームで肌荒れしたことがあるので塗る日焼け止めは苦手です。

基本的には飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用するのが一番効果的ですが、肌が弱い方は飲む日焼け止めだけにすることもできます。

また、飲む日焼け止めサプリメントを飲んでいれば、塗る日焼け止めを使う時間を短くしたり、肌に負担の少ない日焼け止めを選ぶなど工夫することができるというメリットがあります。

飲むだけで全身の日焼け対策ができる

飲む日焼け止めサプリは体の内側からする紫外線対策ですので、髪の毛から瞳まで全身の紫外線対策ができます。

先ほども言いましたが、体の日焼けも顔のシミに関係してくるのです。

飲む日焼け止めサプリメントはそういったうっかり日焼けを防ぐ効果もあります。

日傘がさせない時も使える

私自身、日傘愛用者でした。

ちょっとした移動でも日傘はかかさずにさしていました。

しかし、出産して子育てをするようになったら日傘をさすことができなくなったのです。

日傘があると子供を抱っこしたり手をつなげなくなるからです。

子供と公園へいくことが多くなり逆に日焼けする機会が増えたのに。

ですので、子供が小さいうちは飲む日焼け止めサプリは本当に助かります。

プールや海で大活躍

塗る日焼け止めは効果を持続させるためには塗り直しが重要となってきます。

日常生活でも2〜3時間ごとの塗り直しが必要と言われています。

ですのでプールや海ではもっとこまめに塗り、さらには大量に塗らなくてはならなくなります。

その点飲む日焼け止めサプリメントは体の中から紫外線をガードしれくれるため、汗や水に関係なく効果を得ることができます。

個人的にはプールや海はもちろんアウトドア、スポーツなどでも大活躍しています。

美肌効果もある

最初ホワイトヴェールを飲み始めた時は日焼け止め効果があれば良いな〜と言うくらいの軽い気持ちで飲み始めたのですが、飲んでいく内に肌の調子がよくなっている事に気がつきました。

私の場合ですと特に肌の赤みが減って毛穴が目立ちにくくなりました。

ちょっとした刺激で肌が赤くなりやすい体質だったのでこれはすごく嬉しい効果でした。

 

また、ある時胃腸風邪を引いた事をきっかけにずるずるとホワイトヴェールを飲む事を忘れていた期間がありました。

そうしたら肌の赤みが復活し肌の調子も以前に戻ってしまったというでき事がありました。

サプリメントは飲み続けていると効果がわかりづらくなったりしますが、やめてみるとしっかりその効果を得ていたりするのです。

もちろんその後、慌ててホワイトヴェールを再開しました。

飲む日焼け止めサプリメントのデメリット

飲む日焼け止めサプリメントの成分は基本的には紫外線防御効果のある主成分+美肌効果のあるその他の成分という構成でできています。

ヘリオケアも今回紹介した国産の飲む日焼け止めもそうですが、主成分は植物由来になります。

また、それ以外に美肌のために入っている成分も植物由来のものを使っているところが多く、何か特定の成分が合わないということがない限り副作用はないかと思います。

 

今のところ、ヘリオケアも国産の飲む日焼け止めも副作用の報告はないようです。

私もヘリオケアを数年、国産のものを1年飲んでいますが今のところ副作用はありません。

ただし、ヘリオケアは内服後30分後から効果を発揮するため、飲むタイミングを間違えると30分間効果が発揮できないため注意が必要です。

また、国産の飲む日焼け止めも主成分の1日の推奨摂取量250mgを下回ると効果が低くなるため注意が必要です。

飲む日焼け止めまとめ

以上、2017年の飲む日焼け止め事情でした。

ヘリオケアと国産の飲む日焼け止めの比較では、紫外線防御効果のある主成分に違いがあるもののどちらも特許成分であり効果を実感しました。

どちらを選んでも紫外線による肌への悪影響を緩和することができるかと思います。

また、国内産の飲む日焼け止めの中ではホワイトヴェールが成分、価格、購入方法で比較した場合おすすめと言う結論になりました。

 

美肌を守る鍵は「紫外線対策」です。

飲む日焼け止めを上手に使って美肌を手に入れましょう。

女性は肌がきれいだとそれだけで人生がうまくいくなんてこともあります。

飲む日焼け止め以外で私がおこなっている日焼け対策

キレイに日焼けしたい方は飲む日焼け止めを飲みながら上手に日焼けして下さい。

しかし、徹底的に美白したい方は他の日焼け対策も+αしましょう。

日焼け止めクリーム以外でおすすめの日焼け対策をご紹介したいと思います。

抗酸化作用のある飲み物・食べ物を積極的にとる

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

抗酸化作用のある飲む日焼け止めを飲みつつも食品でも取り入れています。

特に私が注目しているのが「ポリフェノール」「オメガ3」です。

ポリフェノールはブルーベリーや大豆、緑茶などに多く含まれていますが、中でもコーヒーが多く含まれているため朝1杯飲むようになりました。

その代わり美容や健康のためにコーヒーを取り入れるのなら質の良い豆を使用することが必須となります。

可能な限り家で焙煎して飲むようにしましょう。

img_6874.jpg

オメガ3は貝類や魚に含まれており炎症や活性酸素を抑える効果があります。

魚など取り入れやすい食品ではありますが、私はサプリメントで摂取しています。

コラーゲンを増やすアミノ酸を摂取する

img_5253

紫外線を浴びるとコラーゲン繊維が破壊され正常な構造を保てなくなります。

ですので、意識してコラーゲンの元となるアミノ酸を食事やサプリメントで摂取するようにしています。

愛用のすっぽん小町は名前の通りすっぽんのアミノ酸が豊富なため美容効果だけではなく疲労回復効果もあります。

美肌目的だけではなく疲れやすい方にもおすすめです。

>>>すっぽん小町の詳しい口コミ記事はこちらへ

日傘はサンバリア100

IMG_2858

せっかく日傘や帽子を使うのなら効果の高いものを使いたいと思い購入したのが完全遮光のサンバリア100です。

使ってみるとわかるのですが、他のものに比べて紫外線を遮る効果が高いです。

>>>サンバリア100の詳細記事はこちら

img_6860.jpg

サングラスとUVメガネを使い分けています。

サングラスは黒すぎると逆に瞳孔が開いて紫外線を浴びやすくするそうなので、日常使いはUVメガネです。

以上、私が飲む日焼け止め以外でおすすめしたい日焼け対策でした。

2017年|飲む日焼け止め商品のまとめ

最後に各商品の詳しい情報を載せておきます。

ヘリオケア

IMG_8951

主成分:フェーンブロック

ヘリオケアは輸入商品となり購入先によって値段が変わってきます。

美容クリニックや皮膚科で購入するとヘリオケアウルトラDは1瓶30カプセルでだいたい6000円〜7000円

輸入代行のオランダ屋ですと5252円〜で最安値かと思います。

形状はカプセルで大きめ。

インナーパラソル16200

img_6175.jpg

主成分:ニュートロックスサン

img28

定価:7,560円

60粒入り 定期初回限定1,069円

(定期購入条件:3回以上持続)

1日2粒目安(高い効果を得たい場合は4粒)

この中で1粒あたりの有効成分含有量が一番高い。

持続するとこの中で一番安く購入できます。

ニュートロックスサン以外にもビタミンC,パインセラなどが配合

形状は錠剤でハーブっぽい匂いがする

HP : インナーパラソル16200

ホワイトヴェール

IMG_2822

主成分:ニュートロックスサン

60粒入り 単品7,560円

img28

2袋コースに日傘サプリのマークあり。

初回限定1,760円2袋定期コース(いつでも解約可能)

現在定期購入のみ可能。

1日4粒でニュートロックスサン250mg摂取可能

ニュートロックスサン以外にも植物由来100%の美肌成分(ザクロエキスやルテイン・リコピンなど)が配合。

旧サプリは、ACGコンプレックスを配合していたため、エビ・カニアレルギーの人は飲めませんでしたが、リニューアル後ACGコンプレックスとL-シスチンを外し、新しくローズポリフェノール (肌弾力、キメ、潤い、ハリ)・アンティーチョークエキス(毛穴引き締め)が配合されました。

形状は錠剤でハーブっぽい匂いがする

HP:ホワイトヴェール

 雪肌ドロップ

IMG_2740

主成分:ニュートロックスサン

定価:7,900円

60粒入り 初回限定1,980円

(定期購入条件なし:いつでもキャンセル・解約可能)

1日2粒目安(高い効果を得たい場合は4粒)

ニュートロックスサンの含有量の表記がないため4粒飲むのがおすすめ

ニュートロックスサン以外にも美肌成分としてザクロエキスやルテインなどが配合。

形状はカプセル

HP:雪肌ドロップ

P.O.L.K(ポルク)

IMG_2828

主成分:ニュートロックスサン

60粒入り 単品10,584円(税込)

定期購入の場合7538円(いつでも解約可能 初回限定日焼け止めクリームプレゼント)

ニュートロックスサン含有量1粒50mg

1日2〜5粒目安。

1日5粒でニュートロックスサン250mg摂取可能

ニュートロックスサン以外にも美肌成分としてザクロエキスやルテイン・クロセチン・リコピン・フィッシュコラーゲンなどが配合。

値段は高めですが単品で購入できること、定期購入も1回で解約ができるのがメリットです。

形状はカプセル

ちなみにモデルの紗栄子さんはPOLK(ポルク)を愛用。

IMG_3911

インスタグラムで日焼け止めについて紹介されていました。

肌が重要なモデルさんの間でも飲む日焼け止めは人気の様です。

HP:P.O.L.C. [ポルク]

私自身もまだまだ試し中ですので、随時飲む日焼け止めの効果を記事にしていきたいと思います。

 

日焼け止めに関するおすすめ記事↓

石鹸で落ちる肌に優しい日焼け止めとは?

ヘリオケアの効果と副作用、飲み方について

スポンサーリンク




関連記事

img_6944.jpg

子供の日焼け止めおすすめとUV対策を真剣に考えてみた

子供の日焼け止め対策、どのような取り組みをしていますか?今や子供に日焼け止めクリームを塗っているママ

記事を読む

Woman with straw hat applying sunblock to face outdoors

日焼けで肌荒れ!美肌を取り戻すアフターケアとは

日焼けが肌に悪いとはわかっていても、うっかり日焼けをしてしまって肌荒れしてしまったということがありま

記事を読む

IMG_2858

【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

去年、日焼け対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーの3点を手に入れました!サンバリア100の日

記事を読む

e4a3b4d64d613a63a15fb0cc42cdeadc_s

産後のシミは消える?原因とスキンケア方法

産後は様々な肌トラブルが出やすい時期ではありますが、その中でも「シミ」は1番と言っても良いくらい多く

記事を読む

f2a541850ef8b7221a78142af8adc82a_s

美白注射トランサミン(トラネキサム酸)の効果とS姉妹

美白注射の効果は!?美容クリニックの治療のひとつに「美容注射」というものがあります。美容注射は大きく

記事を読む

スクリーンショット 2017-05-22 14.05.24

ホワイトヴェールの口コミ・評判!日焼けしたくない人必見

ホワイトヴェールの口コミ・評判をご紹介!私も持続して飲んでいる、飲む日焼け止めサプリメント「ホワイト

記事を読む

img_5858.jpg

石鹸で落とせる日焼け止めおすすめは「ラピスラズリ」

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶことに

記事を読む

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

シミの原因ターンオーバーを整えて美肌になる方法

シミをどうにかしたい!と思って原因を調べると必ず出てくるのが「ターンオーバー」という言葉です。ターン

記事を読む

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

シミの原因は活性酸素?対処法とは

シミの原因を調べていると「活性酸素」という言葉が出てきます。 活性酸素と聞くとなんとなく肌に悪いと

記事を読む

df6d73adfa0d1efe0e9993083990e26a_l

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。シミはいつの間にか出来ている事が多く治療

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です








  • 名前:カメリア
    年齢:30代
    看護師
    一般社団法人 日本スキンケア協会 
    スキンケアアドバイザー
    ママになってもキレイ!を目指して
    美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
    スキンケアはライスフォースを愛用中。



    follow us in feedly
IMG_0779
馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多

IMG_3564
しわ対策にコラーゲンサプリメントは効果があるのか?

しわ対策といえばコラーゲンといわれるぐらいコラーゲンのアンチエイジング

9649a38248a3e248b9638792d8d8eb4a_s
脱毛したら毛が濃くなった場合の対策方法

薄着になる季節はもちろん美容クリニックでは1年中脱毛を希望される患者さ

IMG_3552
すっぽん小町を男性が飲んだときの効果を口コミ

すっぽん小町は女性に人気のコラーゲンサプリメントですが、男性にも効果は

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s
石鹸で落ちる肌に優しい日焼け止めとは?

日焼け止めを選ぶときに「肌に優しいもの」で探すとたどり着くのが「石鹸で

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑