*

季節の変わり目に起こる肌荒れ・乾燥肌を改善する対策方法

公開日: : ├乾燥肌対策, ├肌荒れ

季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、それと同じように季節の変わり目になると「肌荒れ」「乾燥肌」などの肌トラブルで悩むという人が多くいます。

スポンサーリンク




私も季節の変わり目になると肌荒れしやすくなります。

これは季節の変わり目による「寒暖差」や「花粉症」が関係してきます。

特に冬から春に変わる今、暖かくなったり寒くなったりが繰り返されると体はそれに合わせなければならないため、ストレスが生じます。

気がつかないうちに蓄積されたストレスが自律神経のバランスを乱し、体調不良・食欲不振などの様々な症状を引き起こします。

乾燥肌・肌荒れなどの肌トラブルも同じで、自律神経が乱れることが原因で起こります。

さらにそのような免疫力が低下している状態で「花粉症」になる人も多く、花粉症による肌荒れ・乾燥肌が起こりやすくなっています。

 

そんな負のスパイラルに陥りやすい季節の変わり目に起こる乾燥肌・肌荒れはどのように対処していけば良いのでしょうか?

自律神経のバランスと花粉症に着目して原因と対策方法についてご紹介したいと思います。

66a3967e64130033ffc046216d583f1b_s

季節の変わり目に起こる乾燥肌・肌荒れの原因

自律神経の乱れと肌トラブルの関係

まず、自律神経とは?

無意識で私たちの体を動かして調整してくれているとても大切な部分(神経)となります。

例えば、24時間意識しなくても心臓が動いて血液が流れているのも自律神経のおかげですし、食べ物の消化・吸収・排泄なども自律神経が司っています。

また、体温を一定に保ってくれているのも自律神経のおかげです。

私たちが健康に生きて行くためには自律神経は非常に大切な部分といえます。

 

自律神経には「交換神経」と「副交感神経」の2つがあり、この2つがバランス良く働くことで成り立っています。

しかし、寒暖差によりストレスが蓄積されることによって、この自律神経のバランスが乱れると体の血液循環が悪くなります。

血行不良になると肌に必要な栄養が行き届かなくなるため、顔色が悪くなるだけではなく肌が乾燥し、肌荒れ・ニキビなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

この自律神経を整えることが美肌を手に入れる鍵となります。

花粉症による乾燥肌と肌荒れ

花粉症の人の割合は年々増えていると言われています。

その症状は人によってそれぞれですが「花粉症皮膚炎」と言って肌へ症状が現れる人もいます。

目周りや鼻のあたりが痒くなる人もいれば、顔全体の皮膚の痒み・かさつき・湿疹・発赤が出る人もいます。

 

花粉症による肌荒れの予防・改善はなるべく花粉が肌に付かないようにすることです。

スポンサーリンク




季節の変わり目に起こる乾燥・肌荒れの対策方法

cute-dogs-puppies-spa-Favim.com-928114

自律神経を整える

季節の変わり目に乾燥肌などの肌トラブルを招いたら、外側からの保湿ケアだけではなく自律神経を整えることを意識してみて下さい。

自律神経が整うとホルモンバランスも整いぐっすりと眠れるようになるため、肌だけではなく心身ともに健康になることができます。

 

自律神経を整える対処法としてはお風呂・運動・呼吸法が取り入れやすいかと思います。

最近はストレスや生活習慣の影響で呼吸が浅くて速い方が多くなってきています。

鼻で呼吸をすること、腹式呼吸をすることを意識して体の隅々まで酸素が行き渡るイメージでおこなってみて下さい。

また、呼吸法・運動・お風呂で自律神経を整えるポイントはいかに自分が心地よくなれてリラックスできるかです。

熱いお風呂や激しい運動はかえって逆効果となります。

スマホ・パソコンの使い方を見直す

また、取り入れる習慣とは別に、減らす習慣で取り入れたいのがスマホ・パソコンを使う時間です。

これは私自身も常々気をつけたいと思っている事です。

特に夜寝る前のスマホ・パソコンは交換神経を優位にしすぎるため睡眠の質が下がり肌の修復も低下させてしまいます。

スマホ・パソコンから離れる時間を作ったり、就寝の2時間前は見ないようにするなどスマホ・パソコンとの付き合い方を見直してみましょう。

 

また、個人的に気になっているのはこちら↓の自律神経を整えるCDです。

ゴロゴロしながら聴くだけでリラックスできるのなら続けやすくて良いなと思っています。

花粉から肌を守る

花粉による肌荒れを防ぐためにはなるべく花粉が肌につかないようすることです。

外出時はマスクやサングラス、帽子などで花粉から肌・髪の毛を保護する対策をするようにしましょう。

また、マスクやサングラスがつけにく場面でもすっぴんで出かけるのは避けるようにしてください。

素肌にダイレクトに花粉がつきやすくなります。

肌に優しい日焼け止めで花粉と紫外線から肌を保護することをおすすめします。

IMG_2836

ブルークレール化粧品の日焼け止めクリームは紫外線だけではなく、花粉、PM2.5、ロングUVA、ブルーライトそして近赤外線までプロテクトしてくれる優れものです。

私も愛用中です。

詳細記事はこちら↓

ブルークレールの日焼け止め|敏感肌でも使えるおすすめをご紹介

肌に刺激を与えない

季節の変わり目に肌荒れや乾燥肌になったらとにかく肌に刺激を与えないことが、肌の回復力を早めます。

・極力肌を触らないようにメイクをする日を減らす

・石鹸で落ちる日焼け止め・メイクに変えてクレンジングをやめる(ブルークレールの日焼け止めは石鹸で落ちます)

・クレンジングで擦らない。クレンジング剤を顔に伸ばして1分ほど放置してから流すだけでも落ちます。

・メイクやスキンケアを一切しない肌を休める日をつくる

など対策は色々とありますが、まずは自分がどのように肌に触れているのか?意識することからはじめてみてください。

意外とこすっていたり、肌を触っていることが多かったりします。

 

私も季節の変わり目になると肌の調子が悪くなることがわかっていますので、いつもより肌を触るのが慎重になります。

新しい化粧品やスキンケア商品は極力使わないようにしたり、意識してリラックスできる時間を作ったりします。

季節の変わり目の肌荒れ・乾燥は対策することで症状を和らげることができますので、きることから取り入れてみてください。

 

また、ある程度「肌荒れ」が落ち着いたらセラミドなどの保湿成分で十分保湿するのがおすすめです。

詳細記事はこちら↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

スポンサーリンク




関連記事

ビオチンの効果|乾燥肌・肌荒れ対策

ビオチンは水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種となります。乾燥肌の原因には色々とありますが、ビタミ

記事を読む

乾燥肌対策におすすめのホットクレンジング

乾燥肌対策におすすめしたいのがクレンジングの見直しです。 いくら化粧水や美容液などを保湿力の高い物

記事を読む

唇が乾燥する原因とヒアルロン酸注射

血色がよくてぷっくりとした潤いのある唇は魅力的ですよね。口元が美しいだけで見た目年齢は若くみえます。

記事を読む

「ラピスラズリ」の日焼け止めは石鹸で落とせておすすめ!

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶことに

記事を読む

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

ライスフォースは保湿効果が高くて美肌になれるという口コミをよく見かけますが「その評判はホントなの?」

記事を読む

乾燥肌を改善する食べ物と美肌レシピ

乾燥肌を改善するためには外側からのケアだけではなく食べ物などの内側からのケアも大切です。 私が勤めて

記事を読む

乾燥肌を改善する3つの方法

乾燥肌を改善するために化粧水やクリームをたっぷり塗っているのになかなか改善しません!という患者さんは

記事を読む

美肌になるスキンケア!おすすめ「美容液」の効果と使い方

美肌になるスキンケアコスメとしておすすめしたいのが「美容液」です。美容液は化粧水や乳液など他のスキン

記事を読む

乾燥肌の原因はもしかしてストレス?

お肌が乾燥して荒れる原因には紫外線・睡眠不足・暴飲暴食・化粧の落とし忘れ・クレンジングのしすぎなど色

記事を読む

ライスフォースの保湿美容液がおすすめ!

ライスフォースの美容液「ディープモイスチュアエッセンス」は保湿効果が高いという口コミが多く、ライスフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える

【2018年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容

レーザートーニングの効果や回数について!肝斑(かんぱん)治療の体験談

レーザートーニングはシミの種類の中でも特に肝斑(かんぱん)と呼ばれる頬

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑