*

今日からできる目の下のしわ対策

公開日: : ├しわ・たるみ対策

以前はしわ対策という30代・40代の方の悩みでしたが、最近は20代の方でも「目の下のしわ」で悩んでいる人が増えました。

スポンサーリンク




顔全体のしわはそんなに気にならないのに、目の下や目周囲だけ特にしわが気になるという人も少なくありません。

私自身も最初にしわが気になりだしたのは目の下のゴルゴラインで、20代後半の頃でした。

同じ様に心当たりがある!という方は今日から目の下のしわ対策をしていきましょう。

目の下しわが目立たなくなってピーンとハリがあるだけでも顔全体の印象はだいぶ変わります。

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

目の下は特にしわができやすい

では具体的にはどのような対策をおこなったらよいのか?

の前になぜ目の下はしわができやすいのかご説明したいと思います。

目の下や目周囲が特にしわができやすい原因は皮膚の薄さが非常に薄いことが関係しています。

目元は皮膚のなかでも特に薄く、数字でいうと約0.5㎜でこれは頬の皮膚と比べると4分の1の薄さになります。

イメージでいくとタマゴの薄皮です。

強くゴシゴシこするとすぐにダメージをうけ乾燥し、しわが出来やすくなります。

目の下の皮膚は非常にデリケートなのです。

それなのに目の下や目周囲は顔の皮膚の中で一番酷使されやすい部位になります!

 

アイメイクやクレンジングをしているときにどのような感じで目の下や目周囲に触れているか考えてみて下さい。

頬と同じ様に触れていると目の下や目周囲だけ老けやすくなります。

スポンサーリンク




目の下のしわ対策

目の下のしわ対策で大切なことはいかに老化のスピードを遅らせることができるかです。

どんなに高価なアイクリームを使っていても、目元をゴシゴシこする習慣があって老化のスピードが早ければ無意味になってしまうかもしれません。

 

老化は加齢以外にも紫外線・活性酸素・血行不良・炎症など様々な要因があります。

同じ年齢でも若くみえる人・老けて見える人がいるのはこの要因の大小が人によって違ってくるからです。

例えば炎症ですが、これはアイメイクやクレンジングなどで目元をゴシゴシこすることが炎症につながります。

最近は若い人でも目の下にしわができやすいのは、メイクの低年齢化や濃いアイメイクが流行っていることが理由に挙げられます。

また、こちらの記事でも書いたのですが⇒目元のしわを改善する方法とおすすめの美容液

目元の炎症はゴシゴシこするだけではなく、カラコン・アイプチ・まつ毛関係の美容なども挙げられます。

 

そして上記の記事には書かなかったもう一つの老化の原因が本日の本題ですが、目の下や目周囲のしわで悩んでいる多くの人が

寝る前にスマホや携帯・パソコンを使っているということです。

寝る前のスマホや携帯・パソコンが老化のスピードを早めているということです。

大事なことなので2度言いました。

タイトルにもあるようにこれが今日からできるしわ対策です。

目の下のしわが気になっているのならアイクリームをせっせと塗る前に寝る前のスマホや携帯・パソコンを見直してみることをおすすめします。

目の下のしわが気になるなら寝る前のスマホ・携帯・パソコンを見直す

これなら簡単!という人もいるでしょうし、ムリムリムリという人もいるかと思います。

私自身ずっと枕元にスマホを置いて電気代わり、目覚まし代わりに使っていたのでスマホを寝る前に使わないというのはちょっとした苦痛でした。

しかも、スマホを枕元に置いているだけではなく暗闇のベッドの中でスマホをだらだらと使う習慣もありました。

ですので、睡眠の質が悪い悪い。

美容に良くないな〜と思いつつも使い続けていました。

しかし、子供を寝かしつけつつ一緒に朝まで寝てしまった日(寝る前にスマホを使わなかった日)はやはりお肌の調子が良いのです。

美容はチリ積もですので、この習慣をずっと続けた5年後・10年後を想像し心機一転、寝る前のスマホを見直すことにしました。

寝る前のスマホ・携帯・パソコンが老ける理由

寝る前にスマホ・携帯・パソコンを使うとなぜ老けやすいかというと、簡単にいえばぐっすり眠ることができなくなるからです。

気づいていないかもしれませんが、確実に睡眠の質は低下しているのです。

睡眠中はお肌を修復し生まれかわらせる作業をする大切な美容時間です。

特に眠りについてから3時間が美のゴールデンタイムです。

この時間帯に副交感神経が優位になることで成長ホルモンがでてお肌を修復してくれます。

それなのに寝る前にスマホ・携帯・パソコンを使っていると、交感神経が優位となり成長ホルモンはでにくくなり、反対に老化の原因である活性酸素がドバドバと作られてしまうのです。

 

また、私の様に暗闇の中でスマホをみていると、無意識に目元や肩に力が入って緊張している状態になります。

そうしますと血行が悪くなりお肌に栄養や酸素が行き届きにくくなり、乾燥しやすくなったりくすみやすくなったりします。

ですのでスマホ・携帯・パソコンは目の下のしわが増えるだけではなく、目周囲のくすみや乾燥など全体的に老けやすくなるのです。

 

目の下・目周囲を若々しく保ちたい方は今日から寝る前のスマホ・携帯・パソコンを見直してみましょう。

できたら最低でも寝る前の1時間前、できたら3時間前からスマホ・パソコンを見ない様にします。

理想としては寝る部屋とは別の部屋にスマホを置いて寝ましょう。

 

私はここ数日スマホを寝室にもっていくのをやめました。

その変わりにしまってあった目覚まし時計と枕元の電気スタンドをだしました。

寝る前にスマホで次の日のスケジュールをチェックしていたので、それをやめて久しぶりに手帳を買いました。

数日のことですが睡眠が深くなり、目の周囲のくすみが減ったことを実感しています。

美容はチリ積もですので5年後・10年後をイメージしてこの習慣を続けていきたいと思います。

 

しわが気になる方はコラーゲンサプリの記事も人気です↓

【口コミ】すっぽん小町を実際に飲んでみたら…その効果は…

スポンサーリンク




 

関連記事

【しわ対策】妊娠中のボトックス注射の影響とは

最近は妊娠中や産後でもキレイでいたいという女性が増えてきています。ボトックス注射は注射を打つだけでし

記事を読む

同窓会前の美容!おすすめのたるみ取り治療とは

同窓会のお知らせが来たら、やっておきたいのは同窓会に備えての美容です!40代の読者さまから、近々同窓

記事を読む

ボトックスの効果はいつからあらわれるのか?

本日はボトックスの治療を考えている方からのご質問「ボトックスの効果はいつからあらわれるのか?」につい

記事を読む

しわ対策におすすめの化粧品

30代を過ぎると肌トラブルで一気に増える悩みが「しわ」です。しわは放っておくと深くなることはあっても

記事を読む

目元のしわを改善する方法とおすすめの美容液

最近は特に目元のしわが目立って老けて見える人が増えました。同年代の友人に比べてまぶたがたるんでいる気

記事を読む

炭水化物と美肌の関係

最近は「炭水化物抜きダイエット」や「糖化」という言葉を聞くため意識して炭水化物を抜いている方もいるか

記事を読む

すっぽん小町の口コミ・評判|実際に飲んでみた美肌効果は?

すっぽん小町はコラーゲンサプリメントの中でも久しぶりに「効果を実感できた!」と思えるサプリメントです

記事を読む

顎のシワを治す方法〜ボトックスで梅干しジワ対策〜

ボトックス注射というとおでこ、眉間、目尻などの表情筋によってできるしわに効果的というのが有名ですが、

記事を読む

アンチエイジングにはヒアルロン酸か成長因子か?

こんにちは、美容カウンセラーのカメリアです。梅雨の時期はくもりが多いため、晴天よりうっかり日焼けをし

記事を読む

20代からやっておきたいしみ・しわ対策とは

20代の頃はそんなに肌トラブルはなかったのに30歳を過ぎた辺りからがくっとお肌の状態が悪くなったとい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
朝の洗顔料は必要か?|美肌になる朝の洗顔方法

朝の洗顔料は必要?それとも要らない? 朝の洗顔方法は色々な説があるた

バッサ(WASSER)美容液の口コミ高評価は本当?美肌になれる5つのポイント!

以前から東急ハンズにいくたびに気になっていた高濃度水素イオン水ジェルの

ライスフォースにシミを消す効果はない!?本音を口コミ

ライスフォースに関してクチコミを調べていると乾燥肌や敏感肌の改善以外に

ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

ライスフォースと米肌(マイハダ)はどちらもセラミドを増やす保湿系のスキ

便秘の子供にPrimadophilus(プリマドフィラス)のプロバイオティクスを飲ませた結果

子供の便秘で悩んでいるお母さん多いと思います。 我が家の4歳の子供も

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑