*

20代からやっておきたいしみ・しわ対策とは

公開日: : ├しわ・たるみ対策

20代の頃はそんなに肌トラブルはなかったのに30歳を過ぎた辺りからがくっとお肌の状態が悪くなったというお話をよく聞きます。

スポンサーリンク




よくお肌の曲がり角は25歳頃からと言われますが、これは20代後半からお肌の弾力を保つコラーゲンが減少したり、お肌の保湿に重要なセラミドが減少することが要因となっています。

25歳をこえたからといって急にしわやしみがでてきてお肌が老けるわけではなく、肌内部の美肌成分が徐々に減っていき30代を過ぎる辺りではお肌表面にも影響がでてくるというわけです。

なので30歳を過ぎると急にしわやしみなどが気になる人が増えるのです。

とはいえ、最近ではアンチエイジングを早くからはじめる人も多く、お肌の曲がり角は人によって違ってきます。

正しいケアをしている方は加齢がゆるやかだったりしますので、30代後半になったときに同じ年齢でもしみの数やしわの深さに差がでたりするのです。

30代を過ぎても美しいお肌でいるために20代からやっておきたいしみ・しわ対策についてご紹介したいと思います。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

老化の原因を取り除く

20代からやっておきたいしみ・しわ対策は、お肌の老化の原因を知ってそれをなるべく取り除くことです。

何か過剰なスキンケアをつけたさなくても、20代の人ならこれだけでも十分です。

紫外線対策

肌の老化は加齢に加えて紫外線の影響による光老化が65%といわれています。

紫外線を浴びるとメラニンが増えてシミの原因になるだけではなく、細胞のDNAが傷つき、そのダメージが蓄積されることで肌の構造そのものが変性してしまうことが様々な肌トラブルの原因となっています。

また、紫外線を浴びることでお肌の弾力を保つコラーゲンが減少ししわの原因にもなります。

紫外線対策をして目に見えて美肌になるわけではありませんが、5年後10年後のお肌は紫外線の量で決まってくるといっても過言ではないのです。

お肌をこすらない

最近は肌の「炎症」がしみやしわなどのお肌の老化の大きな原因のひとつとして注目を浴びています。

過剰なスキンケアでお肌をこする・コットンでお肌をこする・クレンジングでお肌をこするなど、お肌をこする行為は肌に炎症をおこします。

毎日のスキンケアをするときにお肌をこすっていないか?意識してみて下さい。

 

他にもお肌の老化の要因はありますが、20代のうちは上記の2点だけでも気をつけるように心がけてみましょう。

正しいスキンケア方法を身につける

次に、20代からやっておきたいしみ・しわ対策に「正しいスキンケア方法」を身につけることをおすすめします。

巷には数々のスキンケア商品があって、あらゆるスキンケア方法が出回っています。

その中から自分のお肌に合ったスキンケア商品・スキンケア方法を見つけることが正しいスキンケア方法を身につけることになります。

そして、お肌に合わないなと思ったらキッパリやめることです。

あまり効果を感じないスキンケア商品だったりスキンケア方法でも、有名人が良いと言っているから〜といってなんとなく続けている人は意外と多いものです。

やらないよりはやった方が良いと思っている人が多いのですが、スキンケアはやり過ぎよりやっていない方がマシです。

全然トラブルが改善しない高級スキンケア商品を使い続けるよりは、なにもつけないかお肌に負担の少ないワセリンを塗るだけの方がお肌の健康は保たれるのです。

30代を過ぎてがくっとお肌が老ける人はスキンケアをやっていない人だけではなくて、スキンケアをやり過ぎている人もいるのです。

自分に合ったスキンケア方法を選ぶときはなるべくシンプルなスキンケア方法を選ぶ様にしましょう。

しみ・しわ対策に保湿

例えば基本的なスキンケア方法として化粧水→美容液→乳液orクリームの順番で塗っているという人は多いものです。

20代の方ですとスキンケアは化粧水だけという人も多いかもしれません。

上記の方法でお肌が十分保湿できて潤っていればそのままでOKです。

しかし、上記の方法ではお肌が乾燥するという方はスキンケアを見直してみましょう。

まずスキンケアは何種類もたくさん塗らなくても大丈夫です。

化粧水は絶対に使わなくても良いものです。

お肌を保湿するためには何種類ものスキンケア商品でも大量の化粧水でもなく「保湿成分」を与えることが大事なのです。

今使っている化粧品にはどのような保湿成分が使われているか確認してみましょう。

保湿成分にはセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどがありますが、おすすめはセラミド配合の化粧品かセラミドを増やす機能がある成分が配合された化粧品です。

IMG_3792

私が愛用している化粧品はセラミドを増やす機能があるライスパワーエキスNo.11が配合されたライスフォースです。

こちらも基本は化粧水・美容液・乳液があって全てにライスパワーエキスが配合されていますが、個人的には美容液だけでも十分潤うのでトライアルセットを購入後美容液の現品だけを購入して使っています。

シンプルスキンケアのときは保湿物質が配合された美容液(ライスフォース)に口元目元にワセリンをちょんちょんと塗っておわりです。

それでもたくさんのスキンケア商品を重ね塗りしたり、化粧水パックをしていたときよりもお肌の調子が良いです。

過去のライスフォースの口コミ記事を読みたい方はこちらへ↓

【口コミ】美肌になると評判のライスフォースを使ってみたら…

規則正しい生活を身につける

お肌だけではなくいつまでも若々しい方の特徴は運動習慣がある・睡眠を大事にしている・バランスの取れた食事は欠かせません。

20代は仕事・育児・遊びなどなど忙しい時期かもしれませんが、スキンケアだけではなく生活自体を見直してみるのも将来の美肌のためにやっておきましょう。

 

からだの内側からしみ・しわ対策をするならこちら↓

【口コミ】すっぽん小町を実際に飲んでみたら…その効果は…

関連記事

アンチエイジングにはヒアルロン酸か成長因子か?

こんにちは、美容カウンセラーのカメリアです。梅雨の時期はくもりが多いため、晴天よりうっかり日焼けをし

記事を読む

見た目年齢が若い人の特徴とお手入れ

本日は美意識がアップする記事です。私が美容クリニックで出会った見た目年齢が若い人の特徴についてご紹介

記事を読む

しわ対策に効くおすすめの食べ物

身体の内側からしわ対策をしよう!ということで本日は若返り効果のある食べ物についてご紹介したいと思いま

記事を読む

同窓会前の美容!おすすめのたるみ取り治療とは

同窓会のお知らせが来たら、やっておきたいのは同窓会に備えての美容です!40代の読者さまから、近々同窓

記事を読む

目元のしわを改善する方法とおすすめの美容液

最近は特に目元のしわが目立って老けて見える人が増えました。同年代の友人に比べてまぶたがたるんでいる気

記事を読む

今日からできる目の下のしわ対策

以前はしわ対策という30代・40代の方の悩みでしたが、最近は20代の方でも「目の下のしわ」で悩んでい

記事を読む

炭水化物と美肌の関係

最近は「炭水化物抜きダイエット」や「糖化」という言葉を聞くため意識して炭水化物を抜いている方もいるか

記事を読む

しわ対策に保湿化粧水は効果なし!?

30代を過ぎると気になってくる悩みのひとつにしわ対策があります。皆さん自宅でのスキンケアでしわ対策は

記事を読む

小顔効果のあるエラボトックス注射を実際に打った感想は?

小顔になるためには骨を削らなくてはいけない=大変というイメージがありますが、実はボトックス注射という

記事を読む

冷えとり靴下の美肌効果とは?

冷えは美容や健康の大敵!という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。私自身も体の冷えが気になっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える

【2018年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容

レーザートーニングの効果や回数について!肝斑(かんぱん)治療の体験談

レーザートーニングはシミの種類の中でも特に肝斑(かんぱん)と呼ばれる頬

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑