*

しわ対策に保湿化粧水は効果なし!?

公開日: : ├しわ・たるみ対策

30代を過ぎると気になってくる悩みのひとつにしわ対策があります。皆さん自宅でのスキンケアでしわ対策はどのようにおこなっているでしょうか?

スポンサーリンク




保湿化粧水をたっぷり塗ってケアしています!という方は要注意です。

しわ対策=水分補給ではなかなかしわは改善されないのです。

確かに乾燥が原因でできるような薄ーいちりめんじわは保湿化粧水で改善・予防をすることができますが、既にできてしまっている表情じわや小じわは水分を補給するだけの化粧水では改善することはできません。

なぜならしわの原因は乾燥ではなく肌の奥にある真皮のコラーゲンの減少が大きな原因だからです。

なのでお肌にいくら大量の化粧水で水分を与えても今あるしわは改善されないのです。

しわを改善するには減少したコラーゲンを増やすことがカギとなります。

 

今までしわ対策にとにかく大量の化粧水を塗るスキンケアをしていた!という方で効果を実感できていないという方は一度使っているスキンケアを見直してみることをおすすめします。

どんなに高価なスキンケア商品を使っていてもそれにコラーゲンを増やす成分が入っていなければしわ対策にはならないからです。

 

d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s

しわ対策にコラーゲンを増やす化粧品とは

ではコラーゲンを増やしてくれる化粧品とはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでぱっと思いつくのがコラーゲン入りの化粧品です。

コラーゲンを増やしたいのだからコラーゲンをお肌に塗れば増やせそうな気もしますがどうなのでしょうか。

残念ながらコラーゲンは分子が大きい成分なので、お肌に塗っても肌の奥の真皮にまでは浸透しないのです。

その変わりお肌の角層(表面)を保湿してくれる効果はあるので、乾燥肌や細かいちりめんじわには有効です。

しわ対策=コラーゲン化粧品というわけではないということを知っておきましょう。

肌のコラーゲンを増やす代表的な成分で私自身が効果を実感できたのものをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




ビタミンC誘導体

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な成分なだけではなく美白作用や抗酸化作用などもあり美肌には欠かせない成分となるので取り入れている方も多いかと思います。

ただ、ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいため、吸収されやすい形となったビタミンC誘導体がおすすめです。

クリームより水に配合した方が安定しやすいため化粧水や美容液として取り入れるのがおすすめです。

私が勤めていた美容クリニックではイオン導入によって浸透させていました。

高濃度ビタミンC

ただ、私の場合はビタミンC誘導体の化粧水は乾燥しやすくイオン導入も手間がかかるため「高濃度ビタミンC」を愛用しています。

お値段ははりますが、効果は抜群です。

個人的には頬の毛穴がきゅっとしまったのと目尻の小じわに効果を感じています。

愛用の高濃度ビタミンCについての感想記事はこちら↓

高濃度ビタミンC美容液「センシル」の効果と使い方

レチノール(ビタミンA)

レチノールはビタミンAの一種でお肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やす作用があります。

元々人間の体内にもあるものです。

効果としては個人的にはビタミンC誘導体より高いなと思っています。

特に目尻や口元の小じわに効果がありました。

しかし、効果が高い反面刺激が強くレチノイド反応といって初期の段階で乾燥感や赤み、ほてり、むずがゆさがでたりする好転反応が出る場合があります。

使っているうちに好転反応はおさまっていくことが多いようですが、お肌が弱い人は医師の指示の元で使用することをおすすめします。

 

私自身はドクターズコスメであるエンビロンを使用したことがあります。

IMG_9407

過去記事はこちら↓

おすすめドクターズコスメ「エンビロン」トライアルセットの感想

皮膚科学会で現品をいただいて使用したことがあるのですが、お肌にハリがでてすごく良かったです。

エンビロンは刺激が弱いものから高いものまであってお肌に合わせて徐々にステージを上げていく感じなのですが、私は弱いものしか使ったことがないので特に好転反応などは気になりませんでした。

ただ一式揃えると結構なお値段になります。

Amazonなどでも購入できますが、はじめての方はレチノール化粧品を扱っている皮膚科などで相談されることをおすすめします。

 

以上が私自身がつかってみてしわに効果があると感じた美容成分です。

特にちりめんじわや小じわの改善・予防に効果があります。

ただ、自宅でおこなうスキンケアには限界があり、表情じわだったり既に深く刻まれてしまったしわの改善には美容医療の力が必要となってきます。

しかし、美容医療をスタートさせる年齢を遅らせるためにも自宅で使うスキンケアを厳選することは大切です。

 

体の内側からコラーゲンを増やす愛用サプリの記事はこちらへ↓

口コミ】すっぽん小町を実際に飲んでみたら…その効果は…

スポンサーリンク




 

 

関連記事

8450bb9987cc6027a6575d4b21afcf78_s

【逆効果!?】おでこのしわを改善するマッサージ・ストレッチに要注意

年齢を重ねると徐々にでてくるおでこのしわ。目尻の笑いじわよりも老けた印象をもたらすのでなんとかしたい

記事を読む

436590073d5d0e8de52509307382662d_s

目元のしわを改善する方法とおすすめの美容液

最近は特に目元のしわが目立って老けて見える人が増えました。同年代の友人に比べてまぶたがたるんでいる気

記事を読む

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

しわ対策に効くおすすめの食べ物

身体の内側からしわ対策をしよう!ということで本日は若返り効果のある食べ物についてご紹介したいと思いま

記事を読む

073d7e9e6cd875dc710b835c838a8e15_s

見た目年齢が若い人の特徴とお手入れ

本日は美意識がアップする記事です。私が美容クリニックで出会った見た目年齢が若い人の特徴についてご紹介

記事を読む

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

20代からやっておきたいしみ・しわ対策とは

20代の頃はそんなに肌トラブルはなかったのに30歳を過ぎた辺りからがくっとお肌の状態が悪くなったとい

記事を読む

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

今日からできる目の下のしわ対策

以前はしわ対策という30代・40代の方の悩みでしたが、最近は20代の方でも「目の下のしわ」で悩んでい

記事を読む

91894589267038da3be9ce0b119d3d5e_s

美肌になるスキンケアで【しわ】をなくす

30代・40代になると気になってくる肌悩みの一つが「しわ」です。20代頃まではなかったしわが表れると

記事を読む

288414abab6f6137379ac70f532bfac0_s

タバコを吸っていても美肌を維持することはできるのか?

タバコを吸っているけれど美肌の持ち主という方が時々居ます。そのためかタバコは肌に悪影響を与えるという

記事を読む

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

小顔効果のあるエラボトックス注射を実際に打った感想は?

小顔になるためには骨を削らなくてはいけない=大変というイメージがありますが、実はボトックス注射という

記事を読む

img_5253

すっぽん小町の口コミ・評判|実際に飲んでみた美肌効果は?

すっぽん小町はコラーゲンサプリメントの中でも久しぶりに「効果を実感できた!」と思えるサプリメントです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
61812c9d5ee9c8046ca6d47bbd216db4_s
すっぽん小町|授乳中・妊娠中の疲れに飲んでも大丈夫?副作用は?

すっぽん小町は疲れに効果的という口コミをよく見ますが、妊娠中・授乳中の

IMG_2750
脇汗を止める方法!デトランスαで臭わない女になる!

脇汗を止める方法「デトランスα(アルファ)」とは・・・?脇汗で悩んでい

64a367d8df4b3b9866b3eb61460d5a56_s
服に付いた脇汗の臭いを取り除く洗濯方法

脇汗の臭いは残りやすい・・・?電車などで人に近寄ったときに「なんだか臭

IMG_4140
【必見】制汗剤おすすめ2018!脇汗を抑えて快適な生活に|デトランスαとクリアネオ

効果のあったおすすめの制汗剤2つとは・・・?脇汗を抑える方法は手術や注

4388f44ff8bbaf7b77f9e941fbdb5c72_s
皮脂を抑えて美肌になるスキンケア方法

大人の女性の皮脂を抑えて美肌になる方法とは!?思春期でもないのに皮脂の

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑