妊娠中のボトックス注射の影響と受けてはいけない理由

最近は妊娠中や産後でも綺麗でいたいという女性が増えてきています。

私が勤めていた美容クリニックでも時々ですが妊娠中や授乳中に「ボトックス注射」などの美容整形を希望する患者さんがいました。

 

ボトックス治療は注射を打つだけでしわを改善したり小顔効果を得ることができる比較的手軽な美容整形になります。

しかし、妊娠中は綺麗になる手段を選ばなければなりません。

やはり美容整形は少なからず母体や胎児に影響を及ぼすからです。

 

ボトックス治療も通常では安全性が確保された医薬品になりますが、妊娠中の女性では胎児へ悪影響を及ぼす危険性があるため妊娠中の女性にボトックス注射を打つことはできません。

厚生労働省の認可品である「ボトックスビスタ」の添付文書にもしっかりとこのように記載されています。

【禁 忌】妊娠又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦には投与しないこと。

引用:ボトックスビスタ添付文章

では、妊娠中にボトックス治療を受けてはいけない理由として、ボトックスによる胎児の影響はどのようなものがあるのでしょうか?

妊娠中のボトックス注射による胎児への影響は?

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

妊娠中のボトックス治療による胎児への影響で気になるのは流産や奇形です。

勤めていたクリニックの院長によると、過去に美容目的ではなく治療目的でボトックス注射を大量に受けて流産をしたという妊婦さんの報告があるそうです。

しかし、逆にボトックス治療を受けていても元気な赤ちゃんを産んでいるケースも多く、ボトックスによる流産と奇形についての因果関係ははっきりとはわかっていません。

そもそも、妊娠している女性に対して実験ということが出来ないため、ボトックスが妊娠中の胎児に及ぼす影響がしっかりと研究されたデータがないということです。

必ずしも悪影響が出るわけではないが、安全性は確立されていない

理論的にはボトックスの分子量は胎盤を通過することはできないそうです。

とはいえ、ボトックス自体は胎児に影響がなかったとしても、ボトックス注射の針を刺す痛みや緊張が母体にとってストレスとなり流産のリスクとなる危険性もあります。

妊娠中は何が起きるかわからない点からも妊娠中のボトックスはNGです。

ボトックス注射を打った後は2〜3ヶ月は避妊が必要

ボトックス注射の効果は3〜4ヶ月ほど持続します。

そのため女性ですと治療後2回の生理が終わるまで、男性の場合は3ヶ月ほど避妊が必要となります。

そうすることで、胎児への影響リスクを引き下げることができます。

信頼できるクリニックであれば医師からの説明と同意書に記載があるはずです。

ボトックス注射を打った後に妊娠が発覚したら?

患者さんで多かったのは妊娠していることに気がつかずにボトックス注射を打ってしまったケースです。

先ほどご説明した通り妊娠へのボトックスの影響は実際のところ明らかにはなっていません。

そのため、確率の問題となるためとても不安な妊娠期間を過ごすことになります。

まずは通院している産婦人科の医師に気づかずにボトックスを打ってしまったことを伝えることです。

すぐに胎児に影響が出るわけではありませんが、申告することで胎児の発育に関して注意して診てもらうことができます。

妊娠中はただでさえ不安なことが多く悩みがつきない時期です。

私自身も美容クリニックという環境でレーザーや超音波などの機械に囲まれた生活を送っていたため妊娠発覚後は胎児への影響を不安に思っていました。

しかし、すでに受けてしまったものをなかったことにはできませんし、妊娠中の不安を解消できる絶対的な対処法はありません。

なので何かを変えることができるとしたらそれは自分自身の「考え方」だと思います。

妊娠中に不安に思って過ごすのか、私の赤ちゃんなら大丈夫と信頼して過ごすのかです。

妊娠中のボトックス注射のまとめ

・妊娠中にボトックス注射を打つことは禁忌

・胎児への影響、特に安全性が確立されていないため

・ボトックス注射後は避妊が必要(女性は生理が2回終わるまで男性は3ヶ月)

・ボトックス注射後に妊娠が発覚した場合は100%大丈夫ではないが元気に出産したケースの方が多い

・産後ボトックス注射を打ちたい場合は卒乳してから

 

今回はボトックス注射についてお話しをしましたが、ボトックスに限らず妊娠中の美容整形は胎児への影響がわからないことがほとんどです。

あえておこなうものではないと言えます。

また、信頼のある美容クリニックであれば妊娠中に関しての美容整形は原則としておこなっていないはずです。

患者さんの責任の上でおこなうというクリニックであれば、妊娠中でなくとも治療を受けるのを止めた方がいいくらいです。

美容整形は病気の治療と違って基本的には受けなくても死に至ることはないからです。

 

もちろん、妊娠中にお母さんが綺麗でいたいということは良いことだと思います。

お母さんが綺麗でいてそれがご機嫌につながるのなら、お腹の胎児にも良い影響が与えられるからです。

妊娠中に綺麗になるために何かしたいという方は妊娠中にも飲めるサプリメントを利用するのも一つの手です。

気になる方は妊娠、授乳中にも飲めるコラーゲンサプリメントについての記事もチェックしてみて下さい。

産前、産後の栄養補給になるため美容だけではなく疲労回復にも役立ちます。