*

顔の乾燥肌・かゆみを改善するスキンケア対策

乾燥肌で顔がカサカサするだけではなく「かゆみ」症状がでたら要注意です。

肌にかゆみが出るのは肌のバリア機能が低下している証拠です。

スポンサーリンク




しかも、肌が乾燥しているとついつい化粧水をたっぷり塗ったりシートパックをするなどして保湿重視のスキンケア対策をおこなってしまいがちですが、実はこれは逆効果です。

顔のかゆみが出るほど肌のバリア機能が低下してしまっている状態ですと肌はちょっとした刺激にも敏感になり肌が荒れやすくなります。

 肌を保湿するために塗ったはずの化粧水が刺激となりさらに肌のかゆみを引き起こす原因となってしまうのです。

では顔のかゆみを伴うような乾燥肌はどのようにして改善すればよいのでしょうか?

「かゆみを引き起こす乾燥の原因」と「かゆみを改善するスキンケア対策」をご紹介したいと思います。

cute-dogs-puppies-spa-Favim.com-928114

顔の乾燥肌・かゆみの原因とは

スキンケア方法をご紹介する前に、まずは乾燥肌でかゆみがでてしまっている肌がどのような状態なのかをご説明したいと思います。

スキンケアをする上で今の自分の肌状態を知ることはとても重要です。

 

かゆみが出るほど肌のバリア機能が低下してしまっている肌内部を簡単に表現すると肌はボロボロのスカスカ状態です。

どういうことかと言いますと、私たち人間の肌の表面には皮膚の中に異物や水が入らないように「角層」という壁があります。

この角層は一枚板ではなくイメージとしては弾力のあるレンガとレンガがつながって壁を作っている感じです。

レンガの名前を角質細胞といいます。

スクリーンショット 2015-10-20 10.04.53

イメージは上の図の様な感じです。

左はレンガがバラバラになって隙間があり、右はレンガがぴったりとくっついて隙間がありません。

左は隙間があるため外からの刺激を受けやすい上に肌内部の水分が蒸発しやすい状態にあります。

肌が乾燥する→刺激を受けやすくなる→さらに肌が乾燥するといった負のループの出来上がりです。

スクリーンショット 2015-10-20 10.04.53

では左右の肌の違いは何でしょうか?

それはレンガとレンガ(角質細胞間)をくっつけて隙間をなくす役割をする「糊(のり)」の存在です。

その糊を細胞間脂質といい主成分はよく美容成分で使われる「セラミド」です。

セラミドはレンガ(角質細胞)をくっつける糊の役割をしていると同時に、水分を抱え込むという肌の保湿にとってとても重要な役割をしています。

 

このセラミドの生産が減少したり正常に機能せず肌内部で水分を保持できていない状態が「乾燥肌」です。

乾燥肌が続くと今まで大丈夫だった紫外線やほこりなどの刺激にも反応し炎症をおこしたりかゆみがでたりします。

肌が乾燥するとかゆみが出たり赤みが出るのはこのためです。

 

ですので、かゆみを伴う乾燥肌は水分を保持する力がないためただ単に外から水分を与えても意味がないということです。

かゆみを伴う乾燥肌を改善するためにはセラミドの生産を手助けしてあげることが重要です。

スポンサーリンク




顔の乾燥肌・かゆみを改善するスキンケア方法

そのためにはまずは、

①肌への刺激を極力減らして肌を休ませる

②セラミドの生産を手助けするスキンケアを取り入れる

のステップが必要となります。

肌を休ませるシンプルスキンケア

乾燥肌でかゆみ症状がでている状態というのはとにかく肌が弱っていて無防備になっている状態です。

この守りがない肌に化粧水などのたくさんのスキンケアを塗ってもそれは肌にとって負担にしかなりません。

今まで使っていてたスキンケアが肌に合わなくなるなんてことも起こります。

 

風邪をひいて体が弱っているときに体を休めるて回復を待つかと思いますが、肌も一緒です。

肌を休ませて回復を待つのです。

肌の状態が悪くなると化粧水を薬のように勘違いして大量に付ける方がいますが、かゆみがでるほど弱っている肌には刺激にしかなりません。

外から何か付け足して肌を回復させるのではなく、弱っている肌に極力刺激をあたえないようにして肌本来が持っている力で回復するように促すのです。

肌に極力刺激を与えない=シンプルスキンケアということです。

 

イメージとしては赤ちゃんの肌を触る気持ちで自分の肌を扱います。

・ゴシゴシこすらずに優しく触る

・熱いお湯で顔を洗わない

・水を勢いよくかけない

・タオルも肌に刺激のない吸水性の良いふかふかのものを使う

・化粧水などのスキンケアをやめて肌に負担の少ない「ワセリン」のみで肌を保護する

・ファンデーションなどのメイクをやめて肌に優しい日焼け止めだけで過ごす

・クレンジングを使うのをやめる

・かゆみがあっても極力かかない要に我慢・工夫する

など、肌を大切に大切に扱う様にします。

全てではなくて大丈夫ですので上記のできるものから取り入れてみて欲しいと思います。

乾燥肌だけどファンデーション・クレンジングが止められない場合

しかし、シンプルスキンケアについて美容クリニックで患者さんにお話をすると「すっぴんで過ごすなんて無理です」とよく患者さんに言われました。

お気持ちはよくわかります。

体が弱っているときは会社や学校は休めても、肌が弱っているときは休むわけにはいきません。

すっぴんで外へ出かけるなんて恐怖!と言われる方もいるかと思います。

 

しかし、肌を早く回復させたいのならメイク・クレンジングを一時的でも良いので止めてもらったほうが確実に肌の回復力は早まります。

わかっているけれど無理!という方の場合は出来る限りで大丈夫です。

クレンジングを擦らずに丁寧におこなうようにするとかファンデーションを薄く塗る様にするとかでもOKです。

ただし、メイクを薄くしたからといってクレンジング剤の量も減らすのはNGです。

反対に摩擦が起こりやすくなりますので、メイクを薄くした場合もクレンジング剤の量は変えないように気をつけてください。

肌に優しいクレンジング剤に変える

もし今使っているクレンジング剤の洗浄力が強く必要なセラミドまで落としている場合は、肌に優しいクレンジング剤に切り替えることをおすすめします。

メイクをする人にとってクレンジングは毎日のことです。

肌質はクレンジングによって変わるといっても過言ではありません。

私も洗浄力に強いオイルクレンジングを使って肌がゴワゴワになったことがあります。

 

石鹸で落とせるメイクに変える

FullSizeRender

本気で肌質を改善したい方には石鹸で落とせるメイクに変えることをおすすめします。

私自身、脱クレンジングをしてETVOS(エトヴォス)のミネラルコスメ に変えてから乾燥肌が改善し肌質が安定しました。

エトヴォスのミネラルコスメは全て石鹸で落とすことができるため敏感肌や乾燥肌の方にも人気です。

美容クリニックでも取り扱いがあるくらいです。

急にクレンジングをやめるのは難しいと思いますが、回数を減らすだけでも肌の乾燥はだいぶ違ってきます。

石鹸で落とせるメイクの詳細が気になる方はこちらの記事がおすすめです↓

>>乾燥肌に人気のおすすめファンデーションと塗り方

私のクレンジングをやめた体験談はこちらの記事がおすすめです↓

>>クレンジングをやめたら乾燥肌が改善してきれいになった!

セラミドの生産を助ける化粧品で乾燥肌・かゆみ対策

本当にのかゆみが酷いときはワセリンで皮膚を保護して日中は日焼け止めクリームだけで過ごすします。

そうしますと最初に説明したレンガとレンガをくっつけている細胞間脂質であるセラミドが増えて来たり正常に働き出したりするため、肌を守っている壁の修復がはじまります。

かゆみが減ったなと思ったり、ワセリンだけでは不安なんですという方にはセラミドを配合した化粧品を取り入れて自分の肌を応援してあげることをおすすめします。

肌も一生懸命セラミドを増やしているところに外からセラミドの援助がきたら嬉しいですよね。

セラミドは油性のため取り入れるときは美容液やクリームに配合されているものをおすすめします。

 

またセラミドが配合された化粧品以外にもセラミドの生産量を上げる成分が入っている化粧品で乾燥肌対策をするのもおすすめです。

その場合は化粧水や美容液で取り入れてもOKです。

IMG_2430

私が愛用しているスキンケアは「ライスフォース」です。

ライスフォースにはお米の力「ライスパワーNo.11エキス」が配合されており、これがセラミドの生産を手助けする働きがあるとして厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けているのです。

秋、冬の乾燥が辛い時期でもライスフォースを使っていると肌が内側から潤ってくれるのでお気に入りです。

IMG_3791

たっぷり使えるトライアルセットがあるのもおすすめ理由の一つです。

 

ちなみにセラミドを取り入れる方法は化粧品以外は今のところ明確なものがないようです。

ですので、今あるセラミドを減らさないこととセラミドの生産量を上げるダブルのスキンケアが乾燥肌を改善する近道かと思います。

美は1日にしてならずですので、シンプルスキンケアに変えてもすぐに効果を実感することはできないかもしれません。

しかし、肌の中では一生懸命修復をおこなってくれていますので、肌の邪魔をせず(笑)極力肌が喜ぶことを楽しんでしてあげて下さい。

ライスフォースの口コミ記事はこちらがおすすめです↓

>>ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

 

スポンサーリンク




関連記事

美肌になるスキンケア!おすすめ「美容液」の効果と使い方

美肌になるスキンケアコスメとしておすすめしたいのが「美容液」です。美容液は化粧水や乳液など他のスキン

記事を読む

お肌の乾燥対策におすすめのケア!ホットゲルパックでふっくらお肌

美しいお肌のために夏は紫外線対策が必須ですが、寒くなってくると今度は乾燥対策ですね!お肌がガサガサす

記事を読む

子供の乾燥肌の原因と対策方法

乾燥が気になる季節は自分のスキンケアに加えて娘のスキンケアもおこなうため、お風呂上がりは時間との戦い

記事を読む

【乾燥肌】を体質改善するおすすめのサプリメントと食べ物

乾燥肌を改善するためにはスキンケアで外側からケアする方法と食べ物やサプリメントで内側から改善する方法

記事を読む

ライスフォースでインナードライ肌を改善!

ライスフォースとインナードライ肌の関係とは・・・? インナードライ肌とは最近注目されている新たな肌

記事を読む

乾燥肌対策に!寝る前にクリームをもう一度

通常のスキンケアはお風呂上がりにされる方が多いかと思います。特に乾燥の季節は最後にクリームでしっかり

記事を読む

ライスフォースの保湿美容液がおすすめ!

ライスフォースの美容液「ディープモイスチュアエッセンス」は保湿効果が高いという口コミが多く、ライスフ

記事を読む

馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多いかと思います。しかし「乾燥肌

記事を読む

乾燥肌対策におすすめのホットクレンジング

乾燥肌対策におすすめしたいのがクレンジングの見直しです。 いくら化粧水や美容液などを保湿力の高い物

記事を読む

ライースリペアの効果を口コミ!トライアルキットを試してみた

ライースリペアのトライアルキットが気になるけれど、周りに愛用している友人もいないし・・・。実際のとこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。




埋没法で腫れない為にできること

埋没法で腫れない方法とは・・・? 美容外科に10年以上勤めていました

サンバリア100の日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

紫外線対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーを購入して今年で3年

【2019年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。 シミは

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用(塗り薬)というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑