*

乾燥肌を改善するおすすめの洗顔方法と人気の洗顔料とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 ├乾燥肌対策

乾燥肌で悩んでいる方に乾燥肌を改善するためにおすすめしたいのが「洗顔方法の見直し」です。

スポンサーリンク




肌が乾燥する原因には加齢や空気の乾燥などいろいろとありますが、毎日自分がおこなっている「洗顔方法」もやり方によっては肌の乾燥を悪化させています。

しかし、反対に言えば正しい洗顔方法が身に付けば自分自身で乾燥肌を改善することができるわけです。

 

乾燥肌を改善しようと思うとついつい化粧水や乳液・クリームの量を増やしがちですが、まずは洗顔方法を見直すところからはじめてみてください。

洗顔で肌が乾燥する理由・おすすめの洗顔方法・人気の洗顔料について解説していきたいと思います。

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

洗顔で肌が乾燥する理由

乾燥肌とは

赤ちゃんの肌の様にぷるんと潤った肌は乾燥肌の方にとっては憧れかと思います。

では乾燥肌の方と潤った肌ではどのように違うのでしょうか?

それは肌に含まれている水分の量が違うのです。

 

私たちの肌の潤いは角質層という肌の表面の部分の水分量で決まってきます。

健康な肌はこの角質層に20〜30%の水分を含んでいます。

水分量が20%以下になった状態を「乾燥肌」といいますが、実際に肌がカサカサしてつっぱるという自覚症状が表れたときには、水分量が10%以下に減ってしまっていることが多くあります。

そうしますとみなさん慌てて化粧水やクリームの量を増やすのですが、角質層の水分量を増やすのは化粧水やクリームの量ではありません。

角質層内で水分をキャッチして肌内部の潤いを保ってくれているのは、セラミドに代表される細胞間脂質といわれる物質なのです。

ですので乾燥肌を改善するためにはセラミド化粧品やセラミドを増やしてくれる化粧品を使って、肌が本来持っているセラミドを補ってあげることが大事となってきます。

しかし、いくらセラミドを外から補ってあげても、本来持っているセラミドが減っている原因を突き止めなければいたちごっことなり、気づけばケアをしても肌が乾燥しているというループにはまってしまいます。

セラミドが減る原因が洗顔

肌を潤す要となるセラミドが減る原因にまず挙げられるのが加齢です。

セラミドの生産力は赤ちゃんの時期がピークといわれていて、年々衰えていきますが30歳を超えるとガクンと落ちる傾向にあります。

美容クリニックでカウンセリングをおこなっていても30代・40代の方の悩みで多かったのが乾燥肌でした。

また、肌の乾燥はしわや肌荒れなど様々な肌トラブルを招きますので、結果30代・40代の方というのは肌トラブルで悩んでいる方が多いです。

 

そして加齢以外に肌のセラミドを減らす原因となるのが洗顔とクレンジングです。

洗顔とクレンジングは汚れやファンデーションを落とすためにどうしても肌を擦ってしまいます。

肌を擦る行為は肌の表面である角質層を削ってしまいます。

先ほどご説明しように角質層というのは水分を保持している肌の潤いにとって重要な部分です。

その角質層を洗顔とクレンジングでゴシゴシこすってしまうと削れてしまいセラミドも減少してしまうというわけです。

 

また特にクレンジングでは脱脂力が強い成分がセラミドを溶かしてしまったり、高温のお湯で流すとセラミドの機能を崩してしまう可能性もあるのです。

洗顔は肌の潤い=セラミドを奪って肌を乾燥させてしまう要因がいっぱいあるというわけです。

日本人はキレイ好きなのでとにかくゴシゴシ洗って汚れやメイクを完全に落とさなければ肌に悪いといった思い込みがあります。

しかし、実は多少皮脂や汚れが肌に残っていてもセラミドが守られていれば肌の調子は良いわけなのです。

スポンサーリンク




乾燥肌を改善するおすすめの洗顔方法

肌の潤い「セラミド」を減らさない、守る洗顔方法のポイントをご紹介したいと思います。

1、水に近いぬるま湯で洗顔する

先ほどご説明した通り熱いお湯はセラミドを崩す可能性がありますし、肌への刺激となります。

洗顔前の予洗いや最後の洗い流しは体温に近いぬるま湯でおこなうようにします。

2、手で肌を擦らずに洗顔する

肌を擦ることでセラミドが減ってしまうので、極力肌を擦らないことです。

よく美容本などに洗顔料はしっかり泡立てるようにと書いてあるので実践されている方も多いかと思います。

これは泡で汚れを吸着させて落としやすくするのはもちろんですが、泡をクッションにして皮膚に直接手を触れなくても汚れが落とせる様にするためです。

そのためには弾力のある十分な量の泡を泡立てることがポイントです。

 

洗い方としてはお顔全体に泡をのせて、汚れが気になる小鼻やおでこ顎の辺りだけ泡を押し付けて汚れを吸着させるようにして洗うことです。

乾燥しやすい頬や目周囲は泡をのせて洗い流すだけの泡パックでも十分です。

 

また泡を流すときも擦らないように気をつけます。

両手を洗面器のようにイメージして水に近いぬるま湯をたっぷりすくいます。

その手の平にたまったぬるま湯に顔をつけたりはなしたりしてぬるま湯の振動で優しく押し洗います。

手の平でぬるま湯をバシャバシャと勢い良くかけたり、勢いのあるシャワーをそのまま顔にあてて流すのはやめましょう。(以前私もやっていました)

 

水分をふき取るときも注意が必要です。

ポンポンと何度もタオルを当てて拭きとるのではなく、こちらも両手でタオルを顔全体に軽く押しつけてじっくりと水分を吸い取ります。

顔にタオルを当てる回数の理想は1回です。

1回ではまだ水分が付いている場合はもう一度おこないます。

ちょっとしたことですが、この気遣いでタオルで肌を擦る回数は生涯でだいぶ違ってきます。

そうするとセラミドが減少するのも減らすことができるというわけです。

3、クレンジングをやめる

究極に肌が乾燥して仕方がない・早く乾燥肌を直したいという方にはクレンジングをやめることをおすすめします。

クレンジングと洗顔を両方おこなうということは、洗顔だけの人に比べて倍以上、肌を擦って刺激していると言えます。

また、クレンジングはメイクの油分を落とすためにおこないますが、セラミドも細胞間脂質といい脂なためクレンジングでメイクと一緒に落ちてしまうのです。

洗浄力の強いクレンジングを使えば使う程セラミドが減って乾燥肌になってしまうというわけです。

 

でもクレンジングをやめるなんてファンデーションが塗れないと悩む方も多いかと思います。

そういった方には洗顔でも落ちるミネラルファンデーションをおすすめしています。

私自身現在はミネラルファンデーションを愛用し、ほぼ洗顔だけ生活をしています。

特にオイルクレンジングで完璧にメイクを落としていたときに比べたら、肌のうるおいが格段に違います。

クレンジングや間違った洗顔が乾燥肌を招いていたということを身をもって実感しています。

乾燥肌に人気のおすすめファンデーションと塗り方(エトヴォスランキング1位)

人気の洗顔料の落とし穴

最近は様々な洗顔料タイプがあるため洗顔料選びに悩む方も多いかと思います。

一番のおすすめはシンプルな固形石鹸です。

洗浄力のバランスがよく、肌に余分な物を残さないからです。

肌の状態によって洗浄力の強さも選ぶことができます。

洗浄力の強さは顔用なら弱めですし、全身用の浴用石けんは強めになっています。

自分の油分の状態をみて使い分ける様にしましょう。

 

反対に最近人気のしっとりタイプの洗顔料は注意した方が良いです。

洗顔料に様々な成分が入っていて洗顔と同時に美肌効果もあるような洗顔料です。

確かに洗い上がりはしっとりしてお肌が潤った様な感じになるため人気のようですが、洗顔料をすすいだ後も肌表面に油膜がはってしまい、その後のスキンケアが浸透し辛くなるからです。

それに洗い上がりはしっとりしていても時間がたてば乾燥しますし、それが美肌につながるというわけではないからです。

 

またおすすめのクレンジング剤としては界面活性剤が入っていない極力肌に優しいものを選ぶことがポイントです。

IMG_7028

私が愛用しているのはマナラ「ホットクレンジングゲル」というゲルクレンジングです。

エトヴォスのミネラルファンデーションを使用しているので基本は洗顔だけなのですが、洗顔だけですとどうしても角質が溜まってきたりするため時々このクレンジングを使っています。

クレンジングの回数が減っただけでもだいぶ違います。

口コミ記事はこちら↓

マナラホットクレンジングゲルの口コミ|毛穴への効果とは?

 

以上が乾燥肌を改善するおすすめの洗顔方法と洗顔料についてでした。

乾燥肌を改善するにはたっぷりの化粧水やクリームではなく「肌の取り扱い方」だということがわかっていただけたかと思います。

私自身顔に勢いのあるシャワーを当てるのが好きでしたし、目周囲をゴシゴシ擦るクセがあったのですが、肌を擦って刺激することがセラミドを減らす原因になることを知り意識してやめる様になりました。

とはいえ長年のスキンケア方法はクセとなっていますのですぐに改善することは難しいかと思います。

まずは自分の肌を触るときは赤ちゃんの肌を触るかのように意識するところからはじめてみてはどうでしょうか。

 

セラミドを増やすおすすめ化粧品の記事はこちら↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

スポンサーリンク




関連記事

IMG_0995

ビオチンの効果|乾燥肌・肌荒れ対策

ビオチンは水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種となります。乾燥肌の原因には色々とありますが、ビタミ

記事を読む

IMG_0779

馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多いかと思います。しかし「乾燥肌

記事を読む

6228fc638e1c32c072bbe4f8f93f7082_s

暖房で肌が乾燥する!そんなときの乾燥肌対策とは

暖房で肌が乾燥する!と悩んでいる方は多いかと思います。冬はただでさえ空気が乾燥しやすい時期なのに、暖

記事を読む

IMG_0122

乾燥肌におすすめ!エトヴォスのミネラルファンデーションとハイライトクリーム

乾燥肌の方のメイクの悩みでよく聞かれるのが「ファンデーションがのらない」です。どんなにアイメイクや髪

記事を読む

5c63ac511fa4a01cd1d7e98ed3d3c527_s

乾燥肌対策におすすめのホットクレンジング

乾燥肌対策におすすめしたいのがクレンジングの見直しです。いくら化粧水や美容液などを保湿力の高い物に変

記事を読む

IMG_4686

乾燥肌を改善するスキンケア「アルケミー」の口コミ

トラブルがある肌に共通する原因は慢性的な水分不足=乾燥肌です。肌が乾燥すると肌の残り少ない水分を守ろ

記事を読む

0710

乾燥肌対策|原因から考えるおすすめスキンケア

乾燥肌対策をしているのに肌が乾燥するといった声をよく聞きます。保湿しても保湿しても肌が乾燥するのなら

記事を読む

e40a91d9c85cb9034f45f28cf357ccce_s

乾燥肌を改善する3つの方法

乾燥肌を改善するために化粧水やクリームをたっぷり塗っているのになかなか改善しません!という患者さんは

記事を読む

3766b6abe6d1acdf96b0c6d791842750_s

目元の乾燥・かゆみを改善して美肌になる方法

先日20代の友人から「目元が乾燥してちくちくしたかゆみがあるのだけど、どうしたら良い?」と相談を受け

記事を読む

66a3967e64130033ffc046216d583f1b_s

季節の変わり目に起こる肌荒れ・乾燥肌を改善する対策方法

季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、それと同じように季節の変わり目になると「肌荒れ」や「乾

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です








  • 名前:カメリア
    年齢:30代
    看護師
    一般社団法人 日本スキンケア協会 
    スキンケアアドバイザー
    ママになってもキレイ!を目指して
    美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
    スキンケアはライスフォースを愛用中。



    follow us in feedly
7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s
美肌になるには|ビタミンCの美肌効果とおすすめサプリメント

美肌になるには様々な方法があります・・・が、様々な方法がありすぎて「も

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s
レーザートーニングの効果は?肝斑(かんぱん)治療の体験談

30代を過ぎるとシミで悩む女性が増えてきます。特にシミの種類の中でも肝

img_5253
すっぽん小町の口コミ・評判|実際に飲んでみた美肌効果は?

すっぽん小町はコラーゲンサプリメントの中でも久しぶりに「効果を実感でき

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s
すっぽん小町のアレルギーや安全性の心配は?

すっぽん小町を美容と健康のために飲み始めて約4年以上が経ちました。これ

img_6695.jpg
CELINE(セリーヌ)のトリオバッグが使い勝手が良くてママにもおすすめ

セリーヌのトリオバッグを購入したのですが、とても使い勝手がよくて気に入

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑