*

乾燥肌を改善する3つの方法

公開日: : 最終更新日:2016/08/10 ├乾燥肌対策

乾燥肌を改善するために化粧水やクリームをたっぷり塗っているのになかなか改善しません!という患者さんは多いものです。

スポンサーリンク




乾燥肌を改善するために美容クリニックではイオン導入やビタミン点滴などをおすすめしますが、やはり自宅での毎日のケアこそが乾燥肌を改善する要となります。

クリニックで1回のイオン導入よりも毎日のスキンケア習慣が乾燥肌を改善します。

今までこのブログでも乾燥肌に関する記事をたくさん書いてきましたが、今回は乾燥肌の基本的なスキンケア方法をまとめてみました。

美容クリニックで患者さんに伝えていた乾燥肌を改善する3つの方法をご紹介したいと思います。

e40a91d9c85cb9034f45f28cf357ccce_s

1クレンジングをお肌にやさしいものに変える

乾燥肌になる要因は色々とありますがその一つとしてクレンジングがあげられます。

クレンジングに油性のファンデーションを落とせる強力な効果があるのは「界面活性剤」が配合されているためなのですが、この界面活性剤がファンデーションだけではなく肌の潤いまで取り去ってしまいます。

人間のお肌は外から保湿成分を取り入れなくても実は自ら潤うことができる保湿物質がすでにお肌には存在します。

この保湿物質は自家保湿因子とも呼ばれて肌の角質層に存在し、肌を潤すと共にお肌を守ってくれています。

しかし界面活性剤が配合された高い洗浄力のクレンジングで顔を洗うと、ファンデーションだけではなく保湿物質までもとかして洗い流してしまうのです。

クレンジングのしすぎは乾燥肌を作るだけではなくバリア機能も低下させ敏感肌の原因にもなってしまいます。

 

ではどうしたら良いのか?

2パターンご紹介します。

1つはクレンジングをやさしいものに変える。

そしてもう一つはクレンジングを止めるです。

クレンジングを止めるというのはどういうことかと言いますと、メイクを純石けんだけで落とせるものに変えてメイク落としは洗顔1回だけというスキンケアに変えるということです。

石けんで落とせる日焼け止めミネラルファンデーションに変えるだけでもお肌にやさしいのでみるみるうちにお肌が回復し乾燥肌が改善します。

クレンジングを使わないのはちょっと難しいという方はクレンジングに「界面活性剤」が入ってない物を選ぶようにしましょう。

参考記事→美容液の様なクレンジング

スポンサーリンク




2お肌をゴシゴシこすらない

お肌をゴシゴシこすることは肌を炎症させ乾燥肌の要因の一つとなります。

特にメイクやクレンジング、タオルでお肌を拭くときはクセになっていますので、ゴシゴシこすっていないか意識してみて下さい。

特にアイメイクを落とすときにゴシゴシこする方が多いです。

目周囲は皮膚が薄いということもありますが、乾燥しやすくてしわがきやすく老化しやすい部分になります。

アイメイクが濃い人ほど目周囲が老けているなんてことにもなりかねません。

アイメイクは顔全体のクレンジングの前にポイントで優しく落とす様にしましょう。

お肌への刺激は洗顔やメイク時に少し意識するだけでだいぶ軽減することができます。

3乾燥肌はセラミドで改善

乾燥肌で悩んでいる方にも段階があります。

少しカサカサして化粧のりが悪いな〜と言う方から、化粧水をつけるとお肌が染みるくらい乾燥して荒れてしまっている方です。

 

もし化粧水をつけるだけでもお肌がぴりっとして刺激を感じるのなら、いったんスキンケアやお化粧をするのを止めて刺激のないワセリンを少量塗るだけのスキンケアにしてお肌を回復させることをおすすめします。

「でも仕事や学校があってなかなかメイクやスキンケアを止めることはできません!」

と言われる方もいるかと思います。

確かにいつもしっかりメイクの方がノーメイクで出歩くなんて恐怖かもしれませんが、化粧水が染みる程お肌が荒れているということはお肌が外の刺激から肌を守る力が機能していないということになります。

そうするとさらにお肌は刺激にさらされ、炎症をおこし様々な肌トラブルを起こすという負のループから抜け出せなくなります。

 

仮にどこか怪我をして皮膚から出血したとします。

そこに化粧水やファンデーションは塗りませんよね。

早く治るように清潔にしてなるべく触らないようにするかと思います。

お肌が乾燥して化粧水がしみるくらいお肌が荒れている場合は同じように肌が回復するまで待つ必要があるというわけです。

セラミドを増やしてくれるライスフォース

そこまでの乾燥肌ではない方はスキンケアに「セラミド」を取り入れてみる方法をおすすめします。

乾燥肌とは簡単にいうと肌に含まれている水分量が少なくなった状態のことをいいます。

セラミドは肌の内部で水分をキャッチしてくれているという肌の潤いを保つ働きをしてくれる保湿物質です。

肌に含まれる水分量が少ないということは水分をキャッチしてくれるセラミドが減少しているか、ちゃんと働いていないということになります。

産まれたときはたっぷりあったセラミドも加齢とともに生産量が減少するため仕方がないことではあります。

ですのでこのセラミドをセラミド配合化粧品で外から補ってやる必要があるというわけです。

セラミド配合の化粧品は様々なブランドからでていますが、セラミドの質によって価格が変わってきます。

自分のお肌に合って質のよいセラミドを選ぶようにしましょう。

セラミド化粧品をライン使いしても良いですが、個人的には美容液だけセラミド配合のものに変えるだけでも乾燥肌が改善されるのを実感しています。

色々ためしたセラミド化粧品の中でおすすめは、厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けているライスパワーNo.11エキスを配合したライスフォースです。

IMG_3792

 

こちらはセラミドが配合されているわけではなく、セラミドの生産量を増やしてくれる働きがある成分が配合された化粧品になります。

私自身はライスフォースを使うようになってからお肌がとても潤うようになりました。

毎日シートパックしていたのが必要なくなったくらいです。

詳しい口コミ記事はこちら→【口コミ】美肌になると評判のライスフォースを使ってみたら…

 

乾燥肌を改善する基本は肌が乾燥する要因を取り除いて、お肌を潤す成分を付け足すということが大切ということです。

自分のお肌の状態を観察しながら今の自分に必要な方法を取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク




関連記事

乾燥肌を改善するスキンケアの順番

乾燥肌を改善するためにエステや美容医療を受けるのも良いですが、やはり大切なのは自分でおこなう毎日のス

記事を読む

乾燥肌対策に!寝る前にクリームをもう一度

通常のスキンケアはお風呂上がりにされる方が多いかと思います。特に乾燥の季節は最後にクリームでしっかり

記事を読む

乾燥肌の原因はもしかしてストレス?

お肌が乾燥して荒れる原因には紫外線・睡眠不足・暴飲暴食・化粧の落とし忘れ・クレンジングのしすぎなど色

記事を読む

乾燥肌を改善するおすすめの洗顔方法と人気の洗顔料とは

乾燥肌で悩んでいる方に乾燥肌を改善するためにおすすめしたいのが「洗顔方法の見直し」です。 肌が

記事を読む

馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多いかと思います。しかし「乾燥肌

記事を読む

乾燥肌対策|原因から考えるおすすめスキンケア

乾燥肌対策をしているのに肌が乾燥するといった声をよく聞きます。保湿しても保湿しても肌が乾燥するのなら

記事を読む

子供の乾燥肌の原因と対策方法

乾燥が気になる季節は自分のスキンケアに加えて娘のスキンケアもおこなうため、お風呂上がりは時間との戦い

記事を読む

お肌の乾燥対策におすすめのケア!ホットゲルパックでふっくらお肌

美しいお肌のために夏は紫外線対策が必須ですが、寒くなってくると今度は乾燥対策ですね!お肌がガサガサす

記事を読む

高濃度水素イオン水の効果はうそ?美肌になれる理由とは

看護師の友人から「高濃度水素イオン水」の化粧品が肌に良いと聞いてその効果を色々と調べてみました。

記事を読む

乾燥肌対策におすすめのホットクレンジング

乾燥肌対策におすすめしたいのがクレンジングの見直しです。 いくら化粧水や美容液などを保湿力の高い物

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
マスクで肌荒れする人必見!予防対策とおすすめアイテム

最近は1年中マスクが手放せないという人も多いのではないでしょうか?

ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

ライスフォースと米肌(マイハダ)はどちらもセラミドを増やす保湿系のスキ

美容医療のやり過ぎはどうなる?

約10年ほど美容クリニックに勤めていたのですが、気をつけていたことはレ

フィットキープ(fitkeep)で産後の体型戻しと骨盤ベルトまとめ

骨盤矯正の専門家が作ったという骨盤ベルト「フィットキープ(fit ke

産後の骨盤矯正にトコちゃんベルトⅡを使った口コミ

産後の体型戻しは産後6ヶ月までが1番痩せやすいと言われています。 と

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑