乾燥肌を改善するスキンケア「アルケミー」の口コミ

トラブルがある肌に共通する原因は慢性的な水分不足=乾燥肌です。

肌が乾燥すると肌の残り少ない水分を守ろうとして、肌は皮脂を過剰に分泌します。

すると、肌内部は乾燥しているのに肌表面はオイリーというアンバランスな状態になってしまいます。

皮脂が過剰に分泌された肌は毛穴が開いたり炎症をおこしたりと様々な肌トラブルを起こします。

ですので肌トラブルを改善し美肌になるためには乾燥肌を改善することが必須となるわけです。

しかし乾燥肌を改善するための保湿方法には様々な方法があるため、正しい保湿方法を選ばなくてはなりません。

720a62b1da377f232060059e54866742_s

乾燥肌を改善するにはたっぷりの化粧水はいらない?

私自身、数年前までは化粧水パックを盲信していて、安くてたっぷりはいっている化粧水をとにかく浴びるようにパシャパシャ顔につけていれば保湿は大丈夫と思っていました。

乾燥肌対策=たっぷりの化粧水とクリームで蓋という概念でした。

しかし、化粧水パックやたっぷりの化粧水は一時的には潤っても時間がたてばすぐにお肌は乾燥していました。

なんとなくどーなんだろうと?と思いつつも続けていましたが、一向に毛穴の開きは改善しないし、お肌は炎症をおこして頬の辺りは赤みを帯びていました。

今ならわかるのですが、これは肌表面についた化粧水が蒸発するときに肌の水分までも一緒に蒸発していたからだったのです。

でも水分が蒸発しないようにクリーム(油分)で蓋をしています!という方もいるかと思います。

私もそうしていましたが、はっきりいってクリームで蓋はそこまで効果がないのです。

すぐに乾燥します。

なので保湿のためにおこなった化粧水で逆に肌の乾燥を悪化させて毛穴が開き、肌が炎症しっぱなしだったのです。

 

そしてこの化粧水で乾燥する原因は肌の内部(角質層)にまで届かない表面をうるおす化粧水を使って、水分補給をおこなっていたからです。

全ての化粧水が意味がないというわけではなくて、どんなにたっぷりの化粧水を肌表面につけても、肌の内部まで届いていなければ意味がないどころか、逆効果というわけなのです。

乾燥肌を改善するスキンケア「アルケミー」とは

化粧水による表面的な保湿では肌の乾燥が止まらないのならどうすれば良いのか?

たっぷり化粧水による保湿から卒業したら、肌の内部(角質層)にまで届く保湿成分が配合されているスキンケアを使うことです。

この保湿成分にはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなど様々な種類があります。

これらは保湿方法にもそれぞれ特徴があるため、色々と試して自分の肌に合う成分を選ぶことが大切です。

私もトライアルセットを使って色々と試していますが、たっぷりの化粧水よりも適量の保湿成分入りのスキンケアを使った方がはるかに肌はうるおいます。

 

また、お肌の乾燥状態によっても選び方が変わってきます。

例えば、少し乾燥を感じる程度であれば保湿効果の高いセラミド配合のスキンケアがおすすめです。

究極に乾燥していてスキンケアも染みるくらいの場合は一旦スキンケアをつけるのを止めて、ワセリンを塗って肌が回復するのを待つことをおすすめします。

今回は乾燥肌な上に肌荒れなどのトラブルを抱えた肌にも負担をかけないスキンケアラインアルケミー(alchemy)を使ってみましたので、こちらをご紹介したいと思います。

IMG_4686

植物×酵母の力を使ったスキンケアライン「アルケミー」

アルケミーの注目すべき成分は、独自開発した酵母発酵エキス「VEGAL[ベガル(R)]」という自然界に存在するエネルギーです。

酵母発酵エキス「VEGAL[ベガル(R)]は、保湿成分となる糖質、整肌作用をもつミネラル、ハリや弾力をつくるアミノ酸、引き締め効果を持つ有機酸という肌に必要な成分が発酵してバランス良く調和した植物由来の成分となります。

 

簡単に言えば「酵母」の有用性(美容効果)に着目したスキンケアラインということです。

 

酵母で身近な物と言えばチーズや納豆などの発酵食品。

酵母とつながりのある美容といえば、日本酒の美肌効果です。

日本酒を作る杜氏の手が美しいことから作られたスキンケアラインも色々とあります。

 

しかし、アルケミーの酵母発酵エキスはというと、日本酒ではなくて植物を酵母で発酵させたという新開発の成分となります。

私自身は植物から抽出されたエキスを使用したオーガニックコスメは多数使用したことがあるのですが、植物×酵母発酵というのは初めて出会ったスキンケアラインでした。

アルケミーがなぜ「発酵」にこだわったかというと、発酵には素材がもつ栄養を高めたり、新しい成分を生み出すなどの物質そのものの力を引き出すという優れた働きがあるからなのです。

植物由来の酵母発酵エキスをスキンケアに使えば、肌の奥にまで浸透し、保湿力をさらに引き出し、与えた潤いをしっかりと閉じ込めて保つことができるため、本当の意味で乾燥肌を改善することができるというわけです。

スクリーンショット 2015-09-16 23.15.47

アルケミーを使った感想

1週間トライアルセットを使ってみて1番感じたのはお肌がふっくらしたことによって毛穴が目立たなくなったことです。

使った翌朝はお肌がさらっとしているのにふっくらしているので、そんなに潤っている気がしなかったのですが、肌の表面ではなく内部が潤うというのはこういうことかと実感しました。

テクスチャーは使いやすく肌馴染みも良いのですが、植物の香りが強めなので気になる方は気になるかなと思います。

新しいかたちの保湿成分が気になる方、乾燥だけではなくお肌が弱っている方、乾燥肌対策とアンチエイジングを一緒におこないたい方におすすめできるスキンケアです。

乾燥肌を改善するスキンケア⇒アルケミー(alchemy)

 

セラミドで徹底保湿をするならこちらの記事へ↓

【口コミ】美肌になると評判のライスフォースを使ってみたら…