*

20代後半におすすめの美肌になる化粧水の選び方

20代後半になるとなんとなく肌質が変わってきて化粧水などのスキンケアを変えたくなる人が増えます。

今使っている化粧水では物足りない・・・と感じ始めたらスキンケアの見直し時です。

スポンサーリンク




よく「お肌の曲がり角は25歳」と言われますが、これは肌の弾力を保つコラーゲンや弾性線維・潤いを保つセラミドが肌の内部から減少していくのが20代後半からと言われているためです。

ですので25歳をこえたからといって急にしわやシミがでてきて肌が老けて見えるわけではありません。

徐々にではありますが25歳頃からが肌が老化しやすくなるという意味です。

 

とはいえ、同年代が同じように加齢していくわけではありません。

最近ではアンチエイジングを早くからはじめる人も多く、日々の生活・スキンケアによって肌の曲がり角は人によって違ってきています。

正しいケアをしている人は加齢が緩やかだったりします。

そのため、30代後半になったときに同じ年齢でもシミの数やしわの深さに差がでたりするのです。

 

こう言われると早くからアンチエイジングケアをしなくちゃ!と思われるかもしれませんが、やみくもにアンチエイジング用品を使っても意味がありません。

実のところ30代・40代になっても美肌の人というのは「ちゃんとケアしている人」か「なにもしていない人」が多いのです。

一番美肌を損なっている人というのは「間違ったスキンケアをしている人」です。

 

20代の頃に間違ったスキンケアをしていても、若さがあるためなんとか乗り切れます。

しかし、30代になっても間違ったスキンケアをしていると20代の頃のような回復力がないため急に肌トラブルにみまわれたりします。

ですので肌体力のある20代後半の内に正しいスキンケア方法を身につけることが美肌を保つ方法と言えます。

ただ単に評判の良い美肌になる化粧水を選ぶのではなく、20代後半の肌質を知りその上で自分に合った美肌になる化粧水を選びましょう。

e40a91d9c85cb9034f45f28cf357ccce_s

20代後半の肌質とは

先ほども言いましたように20代後半になると私たちの肌内部では様々な美肌成分の分泌が減少していきます。

その中でも「セラミド」と呼ばれる保湿物質の生産量が減少することで徐々に肌の乾燥を感じやすくなります。

このセラミドの役割は肌内部(肌の角層)で水分を保持することです。

セラミドは潤いのある美肌を保つための超重要な物質と言えます。

 

セラミドが豊富な肌は下の画像のようなふっくらとした潤い美肌を保つことができます。

スクリーンショット 2017-11-07 11.28.23

逆にセラミドが少ない肌は下の画像のように水分を保持することができず乾燥してしぼんだ肌となってしまいます。

スクリーンショット 2017-11-07 11.26.30

加齢によるセラミドの減少はただ単に肌を乾燥させてメイクのりを悪くするだけではありません。

・肌のターンオーバーが乱れ肌荒れの原因に

・肌のバリア機能が落ちることで敏感肌に

・肌のくすみやシミの原因

・ニキビの原因

・小じわなど老化を早める原因

・キメが乱れて毛穴が目立ちやすくなる

など様々な肌トラブルの引き金となるのです。

 

20代後半になったら急に肌トラブルが増えたというのはこのセラミドの減少が大きく関係している可能性があるのです。

ですので、20代後半になったら加齢で減っていくセラミドを補給してあげることが美肌への近道です。

スポンサーリンク




20代後半に必要なスキンケア

ではセラミドはどうやって肌に補給することができるのか?

現段階の研究結果ではセラミドは食事などから補給しても体の中で作り出すことは困難と言われています。

セラミドの生産量を増やしたければセラミド配合の化粧品かセラミドを増やす成分をスキンケアに取り入れることが必須となります。

20代後半におすすめの美肌になる化粧水

ここで、20代後半におすすめのセラミドを増やす化粧水をご紹介したいと思います。

それは「ライスパワーNo.11エキス」という成分が配合された化粧水です。

ライスパワーとはその名の通りお米から抽出された成分で、セラミドの生産を助けてくれる働きがあります。

しかも、このライスパワーNo.11エキスは肌の「水分保持機能を改善することができる」という効果をもつ有効成分として、厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けている成分なのです。

(ちなみに「医薬部外品」とは「医薬品」と「化粧品」の中間的な分類で「医薬品」よりは緩やかですが人体になんらかの改善効果や予防効果をもたらすものとされており「化粧品」より具体的な効果があるとされています。)

 

そのため最近ではこのライスパワーを配合した保湿系の化粧品が増えています。

私も色々と試した結果次の2つ化粧品をおすすめしたいと思います。

 

1、ライスフォース

img_4892

ライスフォースは化粧水、美容液、クリームの基礎3点全てに「ライスパワーNo.11エキス」が配合されていて3点とも医薬部外品扱いになっています。

トライアルキットが気に入って私自身は本商品も購入して愛用しているのですが、ライスフォースは一時的な潤いではなく肌が内側から潤うのを実感することができます。

しかも潤っているのにベタつかずさらっとした触り心地、それでいて日中もモチモチした肌でいられるのでメイク崩れも減ります。

最初はそんな一時的な潤いに感動していたのですが、ライスフォースを使い続けていくと肌自体が強くなっていることに気がつきました。

例えばスキンケアをしない日でも肌が潤っていたり、肌荒れが減ったりといった感じです。

IMG_3792

また、肌が弱い人でも普段食べているお米からできているため安心して使うことができるかと思います。

乾燥肌や肌荒れがきになる方はまずはトライアルキットを使ってみることをおすすめします。

>>ライスフォースのトライアルキットはこちらから

2、米肌

IMG_0803

ライスパワーNo.11エキス配合の化粧品でもう一つおすすめしたいのが「米肌(まいはだ)」です。

こちらも化粧水、美容液、クリームの基礎3点にライスパワーNo.11エキスが配合されています。

しかし、医薬部外品なのは美容液だけになるため、トライアルキットを使い終わった時点では私自身はライスフォースより保湿効果が低いかなと感じました。

とはいえ、米肌にはライスフォースにはない特徴もあります。

米肌の化粧水にはライスパワーNo.11エキスだけではなく「ビフィズス菌発酵エキス」や「大豆発行エキス」などの発酵コンプレックスと、潤いを取り込む保湿成分「乳酸Na」「グリコシルトレハロース」なども配合されています。

そのため、美容成分を浸透しやすくし、潤いが逃げないように密封してくれる働きがあります。

同じライス系の化粧品でもそれぞれ特徴がありますので、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

>>米肌のトライアルセットはこちらから

20代後半の間違ったスキンケアを見直す

化粧水で保湿しない

ライスフォースと米肌の化粧水を2点ご紹介しましたが、すでに乾燥肌が酷いと言う方には化粧水よりも美容液の使用をおすすめします。

化粧水よりも美容液の方が有効成分の配合量が多く保湿効果が高いからです。

 

また、今現在化粧水で保湿をしているという方は化粧水の役割を見直すことをおすすめします。

実は化粧水の役割は水溶性の美容成分を肌に届けることにあります。

この水溶性の美容成分にはビタミンC誘導体・ヒアルロン酸・コラーゲン・グリセリンなどがあります。

しかし、これらを化粧水に配合できる量は限られており化粧水の大半は水分になります。

ですので、あまり化粧水に保湿効果は期待しない方が良いです。

 

むしろ化粧水は洗顔後につけると肌がさっぱりするなどの「清涼感目的」という考えのドクターもおり、ドクターズコスメの中には基礎ラインに化粧水がないというブランドさえもあります。

海外でも化粧水を使わないところは多くあります。

私自身、昔海外旅行にいったときに化粧水を求め地元のドラッグストアへいったら化粧水が置いてなくて驚愕したのを覚えています。

フランスでは化粧水は保湿目的というよりもメイク落としの仕上げという認識だったりもします。

 

とはいえ洗顔後に化粧水をつけると気分がよくなるのは確かですし、スキンケアに化粧水が組み込まれているのが当たり前の日本人にとっていきなり化粧水をやめるのはなんだか物寂しい気もします。

化粧水は次のスキンケアの浸透をよくするステップと考え保湿は美容液やクリームでするようにしましょう。

ライスフォースと米肌ももちろんラインで使っても良いですが、何か一つ取り入れるのなら美容液をおすすめします。

20代後半〜30代までなら基本は化粧水+美容液でOKです。

あれこれ付けて肌を刺激するよりもビタミンC誘導体の化粧水+セラミドなどの保湿物質の配合された美容液で十分です。

乳液やクリームはどうしても乾燥がひどいというときに目元・口元に使うくらいで、40代後半になって女性ホルモンの低下とともに本当に皮脂の分泌が減ったら使う様にしましょう。

セラミドを減らさない生活習慣を身につける

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

せっかくライスフォースや米肌などのスキンケアでセラミドを補給しても、普段の日常生活でセラミドを減少させていては効果は半減です。

セラミドは加齢だけではなく普段の日常生活でも減少させている可能性があるのです。

私が気をつけている生活習慣は以下の通りです。

・1年中紫外線対策をする

・熱いお湯での洗顔、入浴を避ける

・長時間肌をふやかさない

・肌をこすらない

・クレンジングをする回数を減らす

・寝る前にスマホやパソコンをいじらない(睡眠の質を高める)

20代後半になったらセラミド補給+生活週間の見直しのダブルでセラミドを守りましょう。

セラミドが十分にあればすっぴん美肌を育てることができます。

 

色々な肌トラブルが出やすいとは言われる20代後半の肌ですが、それでも30代・40代の肌からみたらまだまだハリがあって綺麗な肌です。

自分にあった化粧水・美容液を選んで、美肌の30代になりましょう。

 

>>ライスフォース

>>米肌

 

20代後半!シワやハリが気になり始めたらコラーゲンサプリ

すっぽん小町の評判は?実際に飲んでみた効果を口コミ!

スポンサーリンク




関連記事

美肌のためのスキンケアはシンプルがいい!2つの基本ポイント!

スキンケアコスメや美容情報が溢れるほどある世の中ですが美肌な人ほどシンプルスキンケアだったりするとい

記事を読む

ライスフォースの値段と安く購入する方法

ライスフォースの値段は高い?ライスフォースを使ってみたいけれど安く購入するには?と思っている方にライ

記事を読む

ライスフォースの店舗販売・取扱店情報はこちら!

ライスフォースを購入しようと思った時、販売店舗を探す方も多いかと思います。新しい化粧品を使おうと思っ

記事を読む

ターンオーバーで美肌になる!ターンオーバーを正常に保つポイント

美肌の人とそうでない人の違いとは? 最近は実年齢より若く見える方が増えました。「美魔女」という言葉

記事を読む

ライスフォースがいちご鼻に効果的な理由

いちご鼻をきれいにするのにライスフォースが効果的な理由とは・・? いちご鼻とは小鼻の毛穴に角栓が詰

記事を読む

美肌になれる洗顔方法「42度洗顔」

こんにちは、カメリアです。みなさん洗顔の時のお湯の温度は何度くらいでしょうか?汚れが落ちやすい様にぬ

記事を読む

【男性の化粧水】おすすめと美肌になるスキンケア方法

男性が美肌になるためにはただ単におすすめの化粧水をつけているだけではダメですよ!間違ったスキンケア方

記事を読む

すっぴん美人になりたい!透明美肌になる方法とおすすめの化粧品

すっぴん美人になりたい!と思う女性は多いかと思います。人からお化粧上手だねと言われるのも良いですが、

記事を読む

プラセンタ注射の美肌効果とは

美肌効果があるとしてよく雑誌やTVの美容特集で取り上げられている「プラセンタ注射」ですが、肌への効果

記事を読む

スキンケアの順番を変えるだけで美肌になる方法

最近はスキンケア商品の種類が豊富にあるのでどの順番で使ったらよいのか悩まれる方も多いかと思います。1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
脇汗パッドのおすすめ|ノースリーブにも使える汗ジミ対策〜

服の汗ジミにおすすめの脇汗パッドとは・・? 脇汗をどうにかしたい!と

「ラピスラズリ」の日焼け止めは石鹸で落とせておすすめ!

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい

飲む日焼け止め、子供が飲める専用サプリをご紹介!

子供の紫外線対策に「飲む日焼け止めサプリ」を飲ませることはできるの?と

飲む日焼け止め「ヘリオケア」は4種類!違いを解説

飲む日焼け止めサプリで有名な「ヘリオケア」を飲んでみたいと思って調べて

脇汗ボトックスとは?注射の効果・費用について

脇汗ボトックスとは・・・? 脇汗や脇の臭いで悩んでいる方ならご存知の

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑