*

オーガニックコスメの日焼け止め「ヴェレダ エーデルワイス」の口コミ

なかなかお肌に合った日焼け止めクリームが見つからない!という人は多いのではないでしょうか。

私自身も知識がなかった頃はパッケージの雰囲気やCMでみたことがあるという理由だけで日焼け止めクリームを選び、肌荒れをおこしたりニキビができたりしていました。

スポンサーリンク




美容クリニックに勤めるようになってからはちゃんと中身の成分をみて日焼け止めクリームを選ぶようになったため、日焼け止めで肌荒れすることはなくなりましたし、お気に入りの日焼け止めクリームが増えました。

日焼け止めに求めることは紫外線から肌を守ってくれることはもちろんですが、やはり毎日使うものですので心地よくつけれるということも大事です。

また私は小さい子供がいて肌と肌が触れることが多いため、安心して肌につけられるということも選ぶポイントとなります。

効果があって肌に優しくて安心して付けられる日焼け止めクリームということでオーガニックコスメにたどり着きました。

IMG_3442

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

オーガニックコスメといえばヴェレダというくらい有名どころですが、オーガニックコスメ初心者には手に入りやすく使いやすいブランドです。

今回ヴェレダの日焼け止めクリームをコスメキッチンで購入したのですが、こちらは日本限定発売のものでモデルさんや有名人にも愛用者が多く、雑誌でもよく紹介されているためオーガニックコスメの中では人気の商品だと言っていました。

スイス発のヴェレダですが日本限定発売ということで日本人の肌に合わせて作られているということです。

スポンサーリンク




肌にやさしいオーガニックの日焼け止めクリーム

ヴェレダの日焼け止めクリームは天然成分だけで作られた紫外線をしっかりと防ぐ日焼け止めクリームです。

潤い効果もあるため乾燥ぎみの肌でも使うことができます。

合成保存料・着色料・香料や鉱物油は一切不使用で、肌荒れの原因となる紫外線吸収剤も不使用です。

 

IMG_3443

 

なぜ日焼け止めクリームで肌荒れするのか?についてですが、それは紫外線をブロックする日焼け止め成分に関係してきます。

日焼け止め成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

この2種類ともが配合された日焼け止めが一番効果があり、使い心地もよく最強なのですが肌への負担が大きく肌荒れしやすくなります。

 

とくに吸収剤が入っている日焼け止めクリームは白浮きせずのびがいいため塗りやすいのですが、お肌に負担が大きくなります。

反対に散乱剤はお肌には低刺激だけど乾燥しやすく白浮きしやすくなります。

どちらにもメリット・デメリットはありますが私自身は肌荒れを避けたいため紫外線散乱剤を使用している日焼け止めクリームを選んで保湿を強化しています。

 

ヴェレダのエーデルワイスは紫外線散乱剤を使用しているため、乾燥肌の方は乾燥しやすくなるかもしれませんが、保湿効果のあるアロエベラ液汁などの植物エキスが配合されているため、乾燥などのダメージをケアして肌を潤してくれる効果があります。

オーガニックコスメで保湿力高めの日焼け止めクリームなので乾燥肌だけではなく、敏感肌の方にも使ってもらえるかと思います。

またSPF33 PA++ですので肌への負担も少なく日常使いにぴったりの日焼け止めクリームです。

 

オーガニックコスメ ヴェレダ日焼け止めクリームの使い心地

ヴェレダの日焼け止めクリームを実際に使った口コミをしたいと思います^^

IMG_3448

オーガニックコスメなどのお肌にやさしくできている日焼け止めクリームはどうしても白浮きが避けられないイメージがありますが、このヴェレダの日焼け止めクリームは思っていたより白浮きせず、すっとなじんでくれたので驚きました。

 

日焼け止めクリームのテクスチャーがゆるめなので伸ばしやすいのと、色が薄いベージュ系なので肌馴染みが良いからなのかもしれません。

日焼け止めクリームはたっぷり塗らないと紫外線防御効果が半減し意味がないので、その点はクリアできているかと思います。

お顔全体にのばすと肌の色がワントーン明るくなって肌理が整ったようになるため素肌がキレイにみえます。

私は普段はノーファンデ派なので、ヴェレダの日焼け止めクリームとお粉だけでも十分お肌が整います。

もちろん下地効果もあるのでファンデの前に塗るのもOKです。

 

 

日焼け止めクリームだけですと塗った直後はペタペタしていますが、時間とともにさらっとしてきます。

お粉をつけなければクレンジング不要で石けんだけで落とせるので楽チンなのもいいですね。

 

天然成分でできているやさしい日焼け止めクリームなので赤ちゃんにも安心して使えるということなのですが、私は色付きなのが気になって自分の子供には使っていません。

香りも爽やかで気に入っているのですが、子供が私の服に顔をこすりつけたときに色が付くかもしれないので^^:

 

また、外箱にちゃんと使用期限が記されているのも安心します。

ヴェレダの日焼け止めクリームもそうですが、日焼け止めクリームは開封後はできたら1シーズン(3〜4ヶ月)で使い終えるのが理想的です。

たまに去年の日焼け止めクリームが残っていたから今年も使っているという話を聞きますが、お化粧品は開封したら酸化が始まっていますので、去年の酸化している日焼け止めクリームをお肌に塗るということはお肌を守っているどころかお肌を傷めて肌荒れの原因をつくっていることになりますので気をつけましょう。

 

ヴェレダの日焼け止めクリームはお肌にやさしいオーガニックコスメなのに使い心地の良い日焼け止めクリームで、お値段も50mlで2484円とお手軽価格です。

オーガニックコスメ初心者の方にはおすすめの1品です。

*ヴェレダ・ジャパンでは、エーデルワイス UVプロテクトをはじめとする日本限定品について、売上の一部を環境基金として積み立て、自然環境の保全活動に役立てています。 (一本あたり 3円)

 

オーガニックコスメでおすすめのスキンケア記事はこちらです↓

オーガニックコスメ(化粧品)で人気のオラクルを使ってみました。

 

スポンサーリンク




 

関連記事

琉白(るはく)を使ってみた効果を口コミ|国産オーガニックコスメ

琉白(るはく)は国産オーガニックコスメの中ではまだまだ知名度が低くご存知ない方も多いかもしれません。

記事を読む

子供の日焼け止めおすすめと紫外線対策を真剣に考えてみた

子供の日焼け止め対策どのような取り組みをしていますか? 今や子供に日焼け止めクリームを塗っているマ

記事を読む

オーガニックコスメ「ブルークレール」のUVパウダーでメイク中も美肌ケア

せっかくスキンケアや日焼け止めはオーガニックコスメを使っているのに、その上に塗っているパウダーやファ

記事を読む

オーガニックコスメ(化粧品)で人気のオラクルを使ってみました。

オーガニックコスメとは・・・?オーガニックコスメで人気の「オラクル化粧品」を使ってみたので口コミした

記事を読む

オーガニックコスメで【美白】効果のある美容液とは

オーガニックコスメで美白ケアはできるのか?以前、美容クリニックのカウンセリングをしていたときに30代

記事を読む

オーガニックコスメが人気がある3つの理由

近年、人気急上昇中のコスメにオーガニックコスメ(化粧品)があります。ブランド数も増え近場のドラックス

記事を読む

MiMCのミネラルファンデが良かったので口コミ

MiMC( エムアイエムシー)のファンデーションは国産のミネラルファンデの中でも価格が高めなため購入

記事を読む

日本のオーガニックコスメで人気のブランドランキングをご紹介

オーガニックコスメを使ってみたいと思ったときに悩むのが「どのブランドのオーガニックコスメが良いのか?

記事を読む

トラブル肌・敏感肌におすすめのオーガニック化粧品オラクル

以前口コミしたオーガニックコスメオラクル。トライアルセットを全て使い終わったのでもう一度口コミです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
飲む日焼け止めサプリを比較【2018年版】ヘリオケアと国産(ホワイトヴェール等)どちらがおすすめ?

飲む日焼け止めサプリメントを比較! 新しい紫外線対策として人気急上昇

ライースクリアセラムNo.6の口コミは?皮脂の悩みを解決するのは本当?

ライースクリアセラムNo.6とは? 保湿成分として有名な「ライスパワ

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

買って良かったおすすめベビーグッズ

ベビーグッズ、一人目のときはよくわからずに色々と揃えましたが、実際に使

皮脂を抑える方法とおすすめ化粧品

大人の女性の皮脂を抑えて美肌になる方法とは!? 思春期でもないのに皮

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑