*

脇汗パッドのおすすめ|ノースリーブにも使える汗ジミ対策〜

服の汗ジミにおすすめの脇汗パッドとは・・?

脇汗をどうにかしたい!と悩んでいる女性は多いものです。

なかでも薄着になったときに目立つ服の汗ジミには困ったものがあります。

スポンサーリンク




暑かったり緊張したりすると脇汗をかくことは仕方のないことなのですが、脇に汗ジミができるとなんだか恥ずかしくなります。

実は汗そのものには臭いはないのですが、皮膚表面の汗を放っておくと細菌が繁殖し臭いが発生します。

そのため汗=臭いとか汚いというイメージがあるため、脇に汗ジミができるとどうしても清潔感が失われてしまいます。

どんなにおしゃれしてキメていても脇に汗ジミができているといまいち恰好がつきませんし、暑くもないのに脇に汗ジミができると緊張しているのが相手に伝わったりします。

 

また、ワキガの方ですと脇の汗ジミで服が黄ばむため、白色の服がダメになったりします。

とにかく服に汗ジミができると困ったことが多く、私も長い間悩んでいました。

根本から脇汗を止めるためには「手術」が必要になりますが、痛みや傷跡が残るという問題もあるため手術は最終手段にしたいものです。

 

手軽にできる脇汗対策なら「制汗剤」か「脇汗パッド」ですが、汗ジミ対策なら脇汗パッドが確実でおすすめです。

中には脇汗パッドはずれるし貼っているのがバレバレだから嫌という人もいますが、ポイントを抑えれば脇の汗ジミ対策の強い味方となります。

5070656070_d56862c333_b

服に合わせた脇汗パッドを選ぶ

確かに脇汗パッドによっては動いている間にずれたり、落ちてどこかへいってしまうというものもありましたし、脇汗パッドが貼ってあるのがバレバレになるものもありました。

しかし、それは脇汗パッドの選び方が悪かったのです。

なるべくコストを抑えようと安くて量が多い脇汗パッドを購入してどの服にも同じ脇汗パッドを貼っていたのです。

「脇汗パッド」と一言でいっても、最近は様々な種類のものが販売されていますので、服によって脇汗パッドを選んで使い分けることが目立たないポイントです。

 

例えば仕事やプライベートでも着る機会の多い白シャツには、モカベージュ色の脇汗パッドを。

 

シースルーなどの透ける素材の服には透明の脇汗パッドを。

脱いだ時に目立ちいやすいカーディガンや上着にも使えます。

 

脇汗が気になる人はノースリーブの服は着づらいという人も多いかと思います。

しかし、ノースリーブ用の脇汗パッドもあるのです。

夏はノースリーブを着たいけれど脇汗が気になって着れないという方にもノースリーブ用の脇汗パッドなら安心して着ることができます。

 

この脇汗パッドRiffの良いところは種類が豊富なため服やシチュエーションによって選ぶことができるのと、厚さが1㎜で目立ちにくいのにしっかり汗を吸収してくれるところです。

脇汗パッド付きインナーもおすすめ

また、使いすての脇汗パッドだとコストが気になる、忙しい朝に脇汗パッドを貼っている時間がない!という方には楽天で人気の汗取りパッド付きインナーもおすすめです。

IMG_3691

何と言っても脇汗パッドの位置が綿密に計算されて付けられていることが良いです。

ずれることもないですし。

私も愛用していますがこちらの商品は薄いですし丈も短いので夏場の薄着にも響きにくくおすすめです。

こうやってみると可愛く見えたりもしますが実物はもっとババくさいので脱ぎ着をしない日専用です。

でも2〜3枚持っていると本当に便利です。

mak1045-5

ちなみに脇汗パッドを探していた時にワキフィルムというワキに直接貼るタイプの脇汗パッドを見つけました。

正直私はこれってありなの!?と思いましたが意外と使っている人も多く口コミは良いようです。

しかし、毎日のこととなると肌への刺激も気になるため私なら脇汗パッド付きインナーに効果の高い制汗剤を併用する方が良いなと思いました。

脇汗を止めてくれる制汗剤も併用する

IMG_8636

私がおすすめする制汗剤は皮膚科や美容クリニックで取り扱いのあるデトランスαです。

わきが率の高いデンマーク発祥の制汗剤なのでかなり強力です。

私が勤めていた美容クリニックでも取り扱っていて人気の制汗剤でした。

 

従来の制汗剤との違いは汗をかいてから使用するのではなく、汗をかく前の入浴後などに使用するタイプということです。

簡単にいうとデトランスαが汗に反応して汗腺に蓋をしてくれる働きをします。

先ほど紹介したワキフィルムの塗るタイプのようなイメージです。

私もそうでしたが、今までドラッグストアなどのスプレータイプの制汗剤を使っていた人だとすごく効果を実感できると思います。

もちろんノースリーブのときの汗ジミ対策にも使えます。

医療機関で取り扱われている制汗剤「デトランスα」についての詳細記事はこちら↓

>>【必見】制汗剤おすすめ2018!脇汗を抑えて快適な生活に|デトランスαとクリアネオ

汗ジミに悩まない生活

以上が私がおすすめする脇汗パッドと脇汗対策でした。

せっかくのデートや友人と遊んでいても、服に汗ジミができていないか気になって落ち着かなかったり、何度もトイレにいって脇に汗ジミができていないかチェックしてしまうことありませんか?

また脇汗は気になれば気になるほど余計に脇汗がでてきて悪循環に陥いる人も少なくありません。

脇汗パッドというと「ちょっと手間がかかる」というイメージがありますが、付けているだけで安心して脇汗が抑えられるということもあります。

汗ジミを気にせず落ち着いて生活することができるのは本当に快適です。

毎日使いは大変というときはここぞというときに使ってみてもいいですし、長時間外出して脇汗を拭く暇もないという時にも活躍します。

 

また皮膚が弱くて制汗剤が使えないという方にも脇汗パッドはおすすめです。

脇汗・汗ジミで悩まれている方、ぜひファッションに合わせて脇汗パッドを選んで使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




関連記事

【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える方法は手術や注射などいろいろと

記事を読む

脇汗を止める方法!デトランスαで臭わない女になる!

脇汗を止める方法「デトランスα(アルファ)」とは・・・?脇汗で悩んでいる女性は多くいます。以前、私が

記事を読む

服に付いた脇汗の臭いを取り除く洗濯方法

脇汗の臭いは残りやすい・・・?電車などで人に近寄ったときに「なんだか臭うな」と思ったことがある人は多

記事を読む

クリアネオは脇汗を止める効果なし?実際に使ってみた本音を口コミ

脇汗対策に「クリアネオ」を使ってみたいけれど、本当に効果があるの? と気になっている方に実際にクリ

記事を読む

脇汗を止める多汗症の手術とは?費用・保険適応について

脇汗を止める方法やわきが治療はいろいろとありますが、その中でも効果が高く永久的に続く方法といえば手術

記事を読む

脇汗ボトックスとは?注射の効果・費用について

脇汗ボトックスとは・・・? 脇汗や脇の臭いで悩んでいる方ならご存知の方も多い「脇汗ボトックス」

記事を読む

脇汗対策に人気のインナー!使って良かったおすすめをご紹介

脇汗の量が気になる人の悩みで1番多いのが服の汗ジミではないでしょうか? 脇汗のシミは自分よりも人に

記事を読む

脇汗でできた服の黄ばみの簡単な落とし方とは?

脇汗による悩みはいろいろとありますがその中でも服の脇の部分が黄ばむのは厄介です。特に白い服に付いた黄

記事を読む

デトランスαの口コミは嘘?脇汗効果を得るには注意が必要!

デトランスαを使うまでは制汗剤というものは一時的に脇汗が気にならなくなるものと思っていました。 例

記事を読む

脇が臭い!原因と脇汗対策

脇が臭い原因とは・・?脇が臭いんです!といった悩みを抱えた方は多くいます。しかも恥ずかしくて人にはな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える

【2018年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容

レーザートーニングの効果や回数について!肝斑(かんぱん)治療の体験談

レーザートーニングはシミの種類の中でも特に肝斑(かんぱん)と呼ばれる頬

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑