*

母親はこうあるべき?

公開日: : 最終更新日:2018/05/28 ├産後キレイになる方法

モデルの道端アンジェリカさんがバラエティー番組で、理想の結婚を語ったところネット上で多くの批判が集まっている件が気になりました。

スポンサーリンク




特に子育てについては

「週に1度ベビーシッターに子供を預けて夫とデートを楽しみたい」

という希望に対して

「母親が子供をベビーシッターに預けて遊ぶなんてアホ」

「わがまま」

「子供がかわいそう」

などの批判を受けていました。

 5c36b02021096d0b3d297083587b5ff0_s 

自分の理想の母親像を知るチャンス

これはアンジェリカさんだけに限らず、よくママタレントの子育てや母親ぶりが批判されていますが、批判するということは、自分の中に母親はこうあるべきだという思い込み(観念)があるということです。

 

子供をベビーシッターに預けるなんてかわいそうと思うということは自分の中に、母親は子供と四六時中一緒にいる方が良いという思い込みがあるということです。

 

母親が髪の毛を金髪にするなんてと思うということは、母親は黒髪など落ち着いた髪の毛でいるべきだという思い込みがあるということです。

 

母親がバーキンをママバックにするなんてと思うということは、母親は母親らいし(人それぞれ理想は違うけれど)バックを持つべきだという思い込みがあるというわけです。

 

もしも子育て中の方でまわりの母親やママタレントをみていつもそう思ったのなら、それは自分の母親像に対する思い込みに気づくチャンスです!

 

理想の母親は育った環境によって変わってきますので、みんな違って当たり前ですが、その理想の母親像に苦しんでいるママが多いということ。

 

確かに私も子供を産む前は、子供をほいほい預けて出かけるなんてかわいそうという思い込みがありました。

 

ママタレントが母親っぽくないのに対して違和感を覚えたりしていまいた。(気づいたのは子供を産んでからですが)

 

でもそれは子供を産む前の理想だから仕方ないのです。

 

こんな母親になりたいな〜という未知の世界の自分に対する憧れがあるから、子供を育てたいと思えてそれが出産につながるのです。

 

しかしその批判をしている方が既に子育て中のママだとしたら、気づかないうちに自分自身がその思い込みに苦しんでいる可能性があります。

 

他の母親の行動をみて違和感を覚えたり、批判的な気持ちになったなら、自分にはどんな思い込みがあるか気づくことで、気持ちが楽になるかもしれません。

スポンサーリンク




子育てはママ笑顔がなによりも大切

私自身の理想の母親像への思い込みのブロックは子育てをしていくうちに徐々に外れました。

 

確かに苦しい時期もありました。なぜ自分はうまく子育てができないのか?と自分をせめたり、子供が外で大泣きをすれば、他人の目が気になったり。

 

しかし子育てをしていくうちに理想の母親は現実の子育てではムリ!と。開き直ることができて気持ちが楽になりました。世間のいう母親はこうあるべきという言葉にも心を傷めることが少なくなってきました。

 

でもただ開き直るだけではなくここで、軌道修正することができるのです。

 

子供を産む前の理想の母親像でもなく、他人から植え付けられた理想の母親像でもなく、母親になった自分がなりたい母親に。

 

 

母親だって子供を預けて夫とデートしてもいいですし、おしゃれだってしていいのです。自分の美容の時間を大切にしてもいいのです。

 

母親像に対する思い込みをたくさん抱え込んで、笑顔が少なくなっていませんか?

 

母親はこうあるべき。

と思っているのは他でもない自分自身なんだということに気がついて手放せたらちょっと心が楽になります。

そうしたら自然と親子の笑顔も増えるはず。

 

赤ちゃん・子供におすすめのオーガニックの日焼け止めについての口コミ記事はこちらです↓

赤ちゃんの日焼け止め!選び方とおすすめのオーガニックコスメ

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

関連記事

産後のイライラ、産後クライシスとは

本日は美容記事ではなく、ちょっと産後についてのお話しです^^『産後クライシス』という言葉を知ってます

記事を読む

産後にキレイになる人、老ける人

産後にキレイになる人と老ける人の違いとは・・・? 最近はママになってもおしゃれでキレイな人が増えた

記事を読む

産後美人になる習慣|産後の肌荒れの原因と対処法

産後ママになってもキレイでいたい!という女性は多いかと思います。しかしそんな気持ちとは裏腹に産後に急

記事を読む

妊娠線を予防する方法

 現在、産後約6ヶ月なのですが気になるのがお腹です!体重は元に戻ってもお腹のでっぱりはまだあります。

記事を読む

産後のお腹の皮のたるみ

産後1年が過ぎました!ブログでも産後の体型戻しについて綴ってきましたが、ほぼ産前の体型・体重に戻った

記事を読む

産後キレイになる!

先日久しぶりに産後2か月半の友人とランチをしたのですが、盛り上がったのは産後どうやってキレイになるか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える

【2018年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容

レーザートーニングの効果や回数について!肝斑(かんぱん)治療の体験談

レーザートーニングはシミの種類の中でも特に肝斑(かんぱん)と呼ばれる頬

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑