*

朝の洗顔料は必要か?|美肌になる朝の洗顔方法

朝の洗顔料は必要?それとも要らない?

朝の洗顔方法は色々な説があるため悩んでいる方は意外と多いかと思います。

スポンサーリンク




美肌になるためには美容液などのスキンケアを見直すことも大事ですが、それ以上に肌の汚れを落とす洗顔が重要となってきます。

どんなに良いスキンケアコスメを使っていても肌に汚れが残っていては入っていく物も入っていかないからです。

かといって肌にとって必要な油分や潤いまで洗顔で洗い流してしまうのも肌トラブルの元です。

ニキビで悩んでいようと、シミ・くすみ・しわなどで悩んでいようと肌トラブルを改善させるためにはまずは洗顔を見直すことです。

洗顔を制するものは美肌を手に入れると言ってもよいくらい洗顔は肌にとって重要なスキンケアの一つとなるのです。

 

とはいえ美肌になる洗顔方法を調べると様々な手法が出てくるため、いったいどの方法が良いのか?と悩んでしまいます。

特に朝の洗顔に関しては石けんなどの洗顔料が「必要派」と「不必要派」という正反対の意見があるため一番の悩みどころです。

朝の洗顔は水やぬるま湯などで洗った方が良いのか?

それとも洗顔料を使った方が美肌になれるのか?

私の体験もふまえて美肌になる朝洗顔の方法をご紹介したいと思います。
4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

朝の洗顔はその日の肌にあった方法を選ぶ

朝の洗顔料は必要か?の答えを先にいってしまうと必要な日もあれば必要のない日もあるといえます。

私自身は20代前半くらいまでは石鹸を使用して毎朝洗顔をしていました。

しかし、あるとき有名な美容家の方が「朝はそこまで肌が汚れていないため朝は洗顔料を使ってしっかり洗顔をする必要がない、顔を洗いすぎると乾燥につながる」と言っているのを聞き、朝はぬるま湯だけの洗顔に変えました。

ぬるま湯洗顔に変えたら毎朝楽ですし、なんだか肌の調子も良い!さすが〜と思ってぬるま湯だけ洗顔を続けていました。

しかし、ぬるま湯だけ洗顔を続けていくうちに肌がくすみだしたことに気がつきました。

 

すぐにはぬるま湯洗顔の影響とは思わなかったので、美容クリニックでレーザーをあてて角質ケアをしていたのですが、あるとき久しぶりに洗顔料をつかって朝洗顔をしたら、肌のくすみがとれて肌がピカピカになりました。

あれ?っと思いました(笑)

つい盲目的にぬるま湯洗顔を続けていましたが、ぬるま湯洗顔だけでは寝ている間の汚れは落ちていなかったのです。

 

それによく考えれば肌質は人によっても違いますし、年齢によっても皮脂の出る量は変わってきます。

同じ人でも季節だったり前日に食べたものによっても朝の肌のコンディションは違ってきます。

ということは、朝の洗顔方法は人によって違ってきますし、同じ人でも日によって朝の洗顔方法は変える必要があるのでは!?と思ったのです。

毎朝の肌の状態をみて洗顔方法を決めることが美肌への近道!となるわけです。

スポンサーリンク




肌のタイプ別、朝洗顔の方法

基本的には10代の方やオイリー肌・混合肌の方は石鹸を使用し、肌の乾燥を感じたときや調子が悪い時にはぬるま湯洗顔を取り入れることをおすすめします。

乾燥肌・敏感肌の方は基本はぬるま湯洗顔で、くすみやべたつきを感じたときは石鹸を使用することをおすすめします。

 

ちなみに私の朝洗顔の方法は色々あって

普通の日→石鹸か美容液洗顔

肌の調子が悪い時→ぬるま湯洗顔

寒い日→ホットタオル

時間がないとき→濡らした綿棒で目やにのみ除去

となっています。

最初はその日の肌の状態で毎朝洗顔方法を変えるなんて面倒と思うかもしれませんが、毎朝肌の状態をチェックすることはその後のスキンケアにも役立ちますのでぜひおこなってほしい習慣です。

朝専用の美容液洗顔料を使ってみるのもおすすめ

IMG_2390

マナラモイストウォッシュゲルで美肌に

美肌になるためには肌の汚れをしっかり落とすことが基本ですが、洗顔はいかに優しく汚れを洗い落とすかが重要になってきます。

しっかり汚れを落としたいからと言ってゴシゴシこすったり洗浄力の強い洗顔料で洗っていては反対に肌を老けさせるだけです。

洗顔の課題はいかに優しく汚れを落とすか!なのです。

 

まずは自分の洗顔方法を振り返ってみてください。

洗顔料の泡が少なかったり弾力がなかったりして直に指で肌をこすっていないか、特に高さのある頬骨や目周囲はゴシゴシとこすってしまいがちなので注意が必要です。

洗顔後のタオルでの拭き方も意識しておこなうようにしましょう。

1回の肌への刺激はちょっとしたことですが、その刺激が積み重なっていくと大きなダメージとなります。

肌へのダメージは炎症となりシミやしわなど肌トラブルへとつながっていきます。

 

朝は夜ほどモコモコの泡で洗顔しなくても大丈夫です。

できることなら朝と夜では洗顔料を変えて、朝はクリームやミルクタイプの洗浄力が弱く肌に優しいテクスチャーを選ぶようにしてみてください。

朝用の洗顔料をお探し中の方は私も愛用してます朝専用の洗顔料モイストウォッシュゲルがおすすめです。

 

石鹸を使うと乾燥するし、ぬるま湯では物足りないという方に特にマナラモイストウォッシュゲルはおすすめしたい洗顔料です。

洗顔料といってもほぼ成分は美容液洗浄力はゼロという物なので、洗い上がりは美容液を塗ったかのようなしっとり感です。

 

この朝専用の洗顔料はどうやって汚れを落としているのかというと、洗浄成分の代わりにパパイン酵素が配合されていて、ちゃんと毛穴の汚れをすっきり落としてくれるのです。

乾燥はしないけど朝の肌の汚れはちゃんと落としてくれるというなんとも理想的な洗顔料です。

だから朝専用なのですが。

 

最近はマナラモイストウォッシュゲルを普段使いにして、しっかり汚れを落としたいという日は石鹸を使うという感じで使い分けています。

テクスチャーは乳液に近いゲルで伸びもいいですし、泡立てる必要もないので忙しい朝でも楽に使うことができます。

朝のぬるま湯だけ洗顔で鼻の角質がたまってしまっている方、肌がくすんでいる方は肌が白くなるのと同時に潤いを感じることができると思います。

個人的にはとてもおすすめの1品です。

一度つかうとヤミツキになるかもです。

マナラの朝専用洗顔料→モイストウォッシュゲル

おすすめのクレンジングの記事はこちらへ↓

>>マナラホットクレンジングゲルの口コミ|毛穴への効果とは?

スポンサーリンク




関連記事

すっぴん美人になりたい!透明美肌になる方法とおすすめの化粧品

すっぴん美人になりたい!と思う女性は多いかと思います。人からお化粧上手だねと言われるのも良いですが、

記事を読む

朝のスキンケア時間が長すぎるのは逆効果!?

みなさんは朝のスキンケアにはどれくらいの時間をかけているでしょうか? 肌に時間をかければかけるほど

記事を読む

美肌のためのスキンケアはシンプルがいい!2つの基本ポイント!

スキンケアコスメや美容情報が溢れるほどある世の中ですが美肌な人ほどシンプルスキンケアだったりするとい

記事を読む

美肌になる飲み物「水」でキレイを手に入れる

芸能人やモデルに美の秘訣を聞くとよくでてくるのが「水をたくさん飲む」という習慣です。しかもこれは日本

記事を読む

タバコを吸っていても美肌を維持することはできるのか?

タバコを吸っているけれど美肌の持ち主という方が時々居ます。そのためかタバコは肌に悪影響を与えるという

記事を読む

ターンオーバーで美肌になる!ターンオーバーを正常に保つポイント

美肌の人とそうでない人の違いとは? 最近は実年齢より若く見える方が増えました。「美魔女」という言葉

記事を読む

肌断食の方法

以前、肌断食をしましたという記事をアップした後に肌断食の方法についてご質問をいただきました。肌断食と

記事を読む

スキンケアの順番を変えるだけで美肌になる方法

最近はスキンケア商品の種類が豊富にあるのでどの順番で使ったらよいのか悩まれる方も多いかと思います。1

記事を読む

「ラピスラズリ」の日焼け止めは石鹸で落とせておすすめ!

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶことに

記事を読む

美肌になる即効性のある食べ物とは?

私もそうですが、肌荒れやニキビができたときは美肌になる即効性のある食べ物で美しい肌を手に入れたい!と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。




埋没法で腫れない為にできること

埋没法で腫れない方法とは・・・? 美容外科に10年以上勤めていました

サンバリア100の日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

紫外線対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーを購入して今年で3年

【2019年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。 シミは

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用(塗り薬)というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑