ニキビ対策で美肌になる!ニキビの原因に合わせたスキンケア方法とは

ニキビができやすい時期というと汗をかきやすい「夏」を思い浮かべる方が多いのですが、実はニキビの原因は春夏秋冬一年中あります。

美容クリニックへ治療に来られる患者さんの中にも「1年中ニキビに悩まされています」という方が多くみえました。

そしてそういった方にスキンケア方法を聞くと1年中スキンケア方法は同じですという方が多かったです。

ニキビができる原因は春夏秋冬で違うということは、ニキビ対策も春夏秋冬で変える必要があるということです。

 

ニキビ対策を頑張ってはいるんだけれどイマイチ効果が出ないという方、心当たりがあるのではないでしょうか。

本日は季節別におこりやすいニキビの原因と対策についてご紹介したいと思いますので、ぜひ自分に当てはまる部分がないか読んでみて下さい。

ニキビのない美肌目指して頑張りましょう。

bijin

ニキビの原因と対策を知って美肌になる

春ニキビの原因

8ab832199f9943fe2817171991212b52_s

春ニキビの原因は大きく分けて外的要因と内的要因があります。

内的要因というのは「ストレス」のことです。

ストレスがニキビによくないというのはよく聞く話かもしれません。

しかし知ってはいてもストレスというのは気づかないうちに溜まっていたりします。

ですのでせめてストレスが溜まりやすい時期というのを把握して意識するようにしてみましょう。

 

人間は環境の変化にストレスを感じやすくなっています。

春は学校や職場が変わったり引っ越しなどで生活環境が変化しやすい時期ですので「ストレス」を感じることが多くある時期です。

ストレスは肌のバリア機能を低下させることにつながりますので、結果肌荒れをおこしたりニキビができやすくなったりします。

 

また外的要因として、春は気温が上がることで体内の新陳代謝(ターンオーバー)が活発になり、皮脂の分泌量が増えやすくなります。

さらにこの不安定な肌へ一年で一番強い紫外線が降り注いだり、春の強い風にまって花粉やホコリ、黄砂が肌について刺激となりニキビを悪化させる原因となります。

春の美肌対策

対策としましては、まずは生活リズムを整えてメンタルケアを充実させることです。

「ストレスが溜まっているなー」と思ったらお風呂にゆったりと入ったり、自分の好きなことをする時間を増やすようにしましょう。

 

夜の睡眠は眠ってから3時間が一番眠りが深くなり成長ホルモンが大量に分泌される美容のゴールデンタイムです。

ターンオーバーを整えて傷んだお肌を修復してくれますので、寝付きがあまり良くない方は入眠前にアロマを焚いたり入浴後すぐにベッドにはいるような習慣を付けるようにしましょう。

眠り始めの3時間が途切れなくぐっすり眠れるように入眠の準備をすることが美肌の秘訣となるのです。

 

そして紫外線対策をしっかりおこなって、花粉などで肌にかゆみを感じたら帰宅後はすぐに洗顔をするようにしましょう。

自分のストレスに気づき自分をケアしてあげることがニキビ対策となり美肌につながります。

夏ニキビの原因

9bc4018f64a4d8a3a23f06a698ee05ab_s

確かに夏は皮脂の分泌が過剰になりニキビができやすくなりますが洗い過ぎは禁物です。

皮脂は取れば取るほど過剰な皮脂が分泌され余計にベタつきます。

あぶらとり紙も控えるようにしましょう。

 

また、反対に室内にいることが多い方は冷房によって肌が乾燥することがニキビの原因となります。

夏の美肌対策

夏のニキビは悪化したらなるべくはやく病院へ受診しましょう。

炎症性のニキビは自宅ケアではなかなか治りづらいですので、クリニックでの内服や外用の治療が必要となってきます。

 

また春に引き続き夏の紫外線も強いですので、ビタミンCの内服を夏だけ多めに増やすのもおすすめです。

 

自宅でのスキンケアとしては洗い過ぎに注意して、洗顔料を使用しての洗顔は朝晩の2回までにしましょう。

朝の洗顔はお肌の状態をみてぬるま湯洗顔だけにしてさっぱり系の化粧水ですっきりさせるのもありです。

通常の洗顔では皮脂が落ちすぎてしまうこともありますので、こちら↓の記事で紹介しています「朝専用の洗顔」を使うのもおすすめです。

朝の洗顔は必要か?

 

そして洗顔後の保湿はしっかりとおこなうようにしましょう。

また夏は冷房の風を直接顔に当てないこと、紫外線対策をしっかりおこなうことを徹底しましょう。

秋ニキビの原因

0accd20c9d1350dfb471e6117a347ea8_s

秋は春とは反対に気温が急に下がり乾燥しやすいくなります。

皮脂の過剰な分泌がなくても乾燥により毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすくなります。

 

また夏に受けた紫外線ダメージが秋になって肌にでてきますので、肌トラブルがでやすい時期でもあります。

しかも肌が敏感になっていますので、肌トラブルに合わせてスキンケアを変えたりすると刺激となりニキビができたりします。

秋の美肌対策

秋は保湿を心がけて、肌を刺激しないように必要最低限のスキンケアにしましょう。

40歳くらいまでは基本は化粧水+保湿系の美容液で十分です。

どうしても乾燥が気になるときはスキンケアを全てかえるのではなくて、クリームを追加して乾燥しやすい目元・口元に使う様にしましょう。

 

また、お肌を保湿させるには化粧水をたっぷり塗ることではなく「保湿成分」を取り入れることです。

「化粧水をたっぷり塗る+クリームで蓋」を実践して乾燥している方はぜひ保湿成分のセラミドを取り入れてみましょう。

セラミドはお肌を潤わせてニキビにも効果があるといわれている保湿成分です。

セラミド関連記事→【口コミ】美肌になると評判のライスフォースを使ってみたら…

冬ニキビの原因

e09987df384f3fc2ae0fef3769b8da84_s

冬は何といっても乾燥と冷えがニキビの原因となります。

肌が乾燥すると肌を守るためのバリア機能が低下するため、ニキビの初期段階であるコメド(角栓のつまり)が起こりやすくなるのです。

 

夏に比べたら炎症性のニキビはできにくいものの、ぷつぷつした小さなニキビができやすいのはそのためです。

さらに冷えて血液循環が悪いと肌のターンオーバーが滞り新しい肌も生まれかわりにくくなりますので、ニキビができても治りにくくなるということです。

冬の美肌対策

冬はとにかく保湿体を温めることを心がけましょう。

春・夏にくらべて冬は紫外線が弱まるため保湿ケアをすればニキビ肌は回復しやすくなります。

秋の美肌対策でも紹介したセラミド化粧品をぜひ取り入れてみて下さい。

 

また、シャワーをやめてしっかり湯船につかるだけでもお肌のターンオーバーは促されます。

入浴・飲み物・靴下・湯たんぽなど自分の生活に取り入れやすい温め対策を実践してみて下さい。

 

以上が春、夏、秋、冬別のニキビの原因とスキンケア方法でした。

 

原因がわかれば対策も変わってきますのでおのずと結果も変わります。

ニキビのないツルツルの美肌を目指して、スキンケアも衣替えするようにしましょう。

 

美肌になる人気記事↓

すっぴん美人になりたい!透明美肌になる方法とおすすめの化粧品