*

ライスフォースと米肌の違いを比較!どっちがおすすめ?

ライスフォース米肌(マイハダ)はどちらもセラミドを増やす保湿系のスキンケア化粧品として人気なため、どっちを買おうか悩む方も多いかと思います。

スポンサーリンク




ライスフォースも米肌も同じブルー系のボトルでパッと見もすごく似ています。

内容も比較してみると保湿の有効成分ライスパワーNo.11エキス配合のコンセプトが同じなためますます悩んでしまうかと思います。

 

ちなみに私の場合はライスフォースを先に知ったのですが、その後すぐに米肌を知りトライアルセットを取り寄せて比較してみました。

正直使い心地はどちらも良かったのですが、結局現品を購入して使い続けているのはライスフォースの方です。

なぜ私がライスフォースを選んだのか?

ライスフォースと米肌を

「値段」

「成分」

「使い心地」

の3点で比較してみましたのでご紹介したいと思います。

ライスフォースか米肌どっちを選ぼうか悩んでいる方の参考になればと思います。

IMG_2430

ライスフォースと米肌|値段が安いのはどっち?

ライスフォースと米肌を比較すると見た目も中身も似ているのですが、値段を見てみるとその違いがわかります。

IMG_3791

まずはトライアルキットの値段ですが、ライスフォースのトライアルキットは基礎3点(化粧水・美容液・クリーム)と美白美容液・日焼け止めの5点セットで1,400円(税抜)です。

ちなみに基礎3点セット900円(税抜)というトライアルキットもあるのですが、ライスフォースは本当に潤うため私はこちらでも十分だと思います。

IMG_0803

そして、米肌(肌潤シリーズ)のトライアルセットは基礎3点(化粧水・美容液・クリーム)と石鹸・化粧水マスクの5点セットで1,389円(税抜)です。

個人的にはマスク(しかも非売品)が付いているのが嬉しかったです。

ただし、美容液マスクではなく化粧水マスクなので使い心地はしっとりではなくさっぱり系でした。

 

トライアルセットの価格を比較するとライスフォースも米肌もそんなに変わらないのですが、肝心なのは本商品の値段です。

トライアルという入り口の値段は一緒なのですが、持続して使うとライスフォースの方が高いのです。

簡単に本商品の定価を比較してみますと、

【ライスフォース】

・化粧水120ml 8,640円(税込)

・美容液30ml 10,800円(税込)

・クリーム30g  8,640円(税込)

【米肌】

・化粧水120ml 5,400円(税込)

・美容液30ml  7,560円(税込)

・クリーム40g  5,400円(税込)

圧倒的にライスフォースが高いです。

 

ただ、ライスフォースも米肌も定期購入というシステムがあり持続して使うと定価よりだいぶ安く購入することができます。

また、私が愛用しているライスフォースですとセット割やキャンペーンなどのお知らせが良く来るため、それを利用して今の所ライスフォースを定価で購入したことはありません。

とはいえ、値段で比較すると米肌の方がライスフォースより安いので値段のことだけを考えれば米肌の方が続けやすいかと思います。

ただし、内容(成分)が同じならですが・・

スポンサーリンク




ライスフォースと米肌|有効成分が多く入っているのはどっち?

ライスフォースと米肌をちゃんと比較するまでは似たような感じのスキンケア化粧品だと思っていたため、正直値段を調べてその差に驚きました。

とはいえどちらも比較的高めの値段かと思います。

セラミド系の化粧品は原料が比較的高価なため、品質が良いものはスキンケア商品の値段が高くなってしまうのです。

逆にセラミド化粧品で極端に値段が安いものですと質が悪かったり有効成分が微量しか入っていない可能性があるということです。

 

しかし、なぜライスフォースの値段は米肌と比較して高いのか?

と考えた時にそれだけ有効成分の配合量が多いのでは?と思い調べてみました。

 

ライスフォースと米肌の有効成分はライスパワーNo.11エキスです。

ライスパワーNo.11エキスはセラミドの生産を助けてくれる働きがあります。

そのため、ライスパワーNo.11エキスは「水分保持機能を改善することができる」という効果をもつ有効成分として、厚生労働省から「医薬部外品」の許可を受けています。

(「医薬部外品」は「医薬品」と「化粧品」の中間的な分類で「医薬品」よりは緩やかですが人体になんらかの改善効果や予防効果をもたらすものとされており「化粧品」より具体的な効果があるとされています。)

ライスフォースも米肌もそれぞれ肌に良い成分がたっぷり入っているのですが、やはり比較したいのは有効成分のライスパワーNo.11エキスの含有量です。

ライスフォースの方が多い!?

ただし、どちらのホームページにもライスパワーNo.11エキスの配合量は数字で書かれていないのです。

しかし、よくよく見るとライスフォースの基礎3点はどれも医薬部外品となっています。

米肌を見てみますと美容液のみが医薬部外品の扱いとなっているのです。

ということはライスパワーNo.11エキスの含有量が多いのはライスフォースということになります。

 

そこで念のためライスフォースと米肌の両方に電話で問い合わせてみました。

結果、ライスフォースはライスパワーNo.11エキスの配合率が

・化粧水40%

・美容液50%

・クリーム40%

と教えてくれたのですが、米肌は・・非公開とのことでした。

細かい数字での配合量の違いはわかりませんでしたが、ライスフォースの方が米肌よりも値段が高い理由には有効成分の配合量が多いというのが理由の1つなのではと思いました。

とはいえ、私の使った感覚では米肌の方が値段が安いからといって、極端に有効成分が低いわけではないと感じました。

ライスフォースと米肌の使い心地を比較

b9ab98cebd47ab2dacbf3843db04f9ca_s

正直、ライスフォースと米肌のトライアルセットを使ってみて、使い心地はそこまで変わりませんでした。

どちらもすごく良い!と思い悩んだくらいです。

どちらのトライアルセットも10日〜14日使えるのですが、肌の感触がしっとりし毛穴が目立ちにくくなりました。

しかし、強いて言うならライスフォースの方が保湿力が高いと感じました。

ライスフォースは使い続けたらもっと肌のキメが整って肌がふっくらするのでは?と思わせてくれたため本商品の購入を選びました。

そして実際に使い続けているのですが、ライスフォースを使うようになってから肌の乾燥が改善し様々な肌トラブルが減りました。

ライスフォースと米肌どっちを選ぶ?

ライスフォースと米肌どっちを購入しようか悩んでいる方に、私がおすすめする選び方をご紹介したいと思います。

超乾燥肌の人や30代・40代以上の人は有効成分の含有量の多いライスフォースをおすすめします。

反対にそこまで乾燥が気にならない人、予防的に使いたいという若い20代の人には米肌をおすすめします。

 

ただし、せっかくならトライアルセットはライスフォースと米肌、両方を試すことをおすすめします。

ライスフォースも米肌のトライアルセットも本商品の値段と比較するととてもお得な値段設定になっています。

しかし、どちらのトライアルセットも購入できるのはお1人様1回限りなのです。

先ほども書きましたが、セラミド系の化粧品は高価なものが多いため、お得なトライアルセットを使わない手はないです。

乾燥肌を改善するためには?

ライスフォースか米肌のどっちかで悩んでいる方の多くは乾燥肌で悩んでいる方が多いかと思います。

肌が乾燥するとただ単に肌がカサカサしてメイクのりが悪くなるだけではありません。

・肌のバリア機能が落ちて肌荒れしやすくなる

・肌のくすみ・シミの原因

・ニキビの原因

・小じわの原因

・毛穴が開きキメが荒くなる

など様々な肌トラブルを引き起こします。

ですのでやはり美肌への近道は肌を保湿することです。

逆に今悩んでいる肌トラブルはしっかり保湿することができれば解消することができるということです。

では本当の意味で肌を保湿するためにはどうすれば良いのか?

肌の天然保湿因子セラミドの生産を増やす!

潤っている肌の状態というのは肌内部の水分がバランスよく保持されている状態です。

この水分保持をおこなってくれているのが元々肌に存在しているセラミドなどの天然保湿因子です。

そして、天然保湿因子の中でも最も肌の水分保持に貢献している「セラミド」が少ないと以下の画像のようなしぼんだ肌になってしまいます。

スクリーンショット 2017-11-07 11.26.30

反対にセラミドが豊富な肌は以下の画像の様に水分がしっかり保持されていてふっくらとしたキメの整った肌になります。

スクリーンショット 2017-11-07 11.28.23

保湿のカギは「セラミド」であり、本当の肌の潤いというものは身体の内側からしか湧き上がってこないということです。

・バランスの良い食事を心がけること

・水分摂取をこまめに行うこと

・質の良い睡眠をとること

もセラミドを保つスキンケアの一つとなります。

 

そして、せっかくスキンケアを使うのならライスフォースや米肌の様なセラミドの生産を手助けしてくれる成分が配合されたスキンケアでサポートすることです。

セラミドを極力減らさないスキンケアを!

セラミドの生産をサポートするのと同時に今あるセラミドを減らさないことも大切です。

加齢とともに減少してしまうセラミドを少しでも残せるよう日常生活のちょっとしたことに気をつけるよう心がけましょう。

・熱いお湯での洗顔、長時間の入浴を避ける

・クレンジングやメイク時に肌をゴシゴシこすらない

・紫外線を大量に浴びない

 

せっかくライスフォースや米肌でセラミドの生産をサポートしていてもこれらが習慣になってしまっていたら効果も半減してしまいます。

スキンケアと一緒にできることから取り入れてみてください。

乾燥に負けない潤い美肌を手に入れることができます。

 

以上、ライスフォースと米肌でどっちが良いか悩んでいる方の参考になればと思います。

>>>ライスフォースのトライアルセットはこちら

>>>米肌のトライアルセットはこちら

 

ライスフォースの詳細記事はこちら↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

スポンサーリンク




関連記事

sukinnkea

ライスフォースで美白効果を実感した口コミ

ライスフォースは保湿効果だけではなく美白効果も期待出来る!?今の季節、夏に紫外線をたっぷり浴びてしま

記事を読む

admiralty_photo

ライスフォースの店舗販売・取扱店情報はこちら!

ライスフォースを購入しようと思った時、販売店舗を探す方も多いかと思います。新しい化粧品を使おうと思っ

記事を読む

737d3b886ffabdc23c45c0bcf714f415_s

ライスフォースが肌荒れに効果的な理由

ライスフォースを使ったら「肌荒れが治って美肌になれた」という口コミを見かける一方、ライスフォースを使

記事を読む

IMG_2426

ライスフォースの成分とは?使い続けている効果を口コミ

ライスフォースの成分は?評判を聞いてライスフォースを使ってみたいけれど本当のところ効果はどうなの!?

記事を読む

IMG_2641

ライスフォースのアクポレス|ニキビに効果的な使い方

ライスフォースから出ているニキビ専用シリーズ「アクポレス」は大人ニキビで悩んでいる方におすすめしたい

記事を読む

IMG_9407

おすすめドクターズコスメ「エンビロン」トライアルセットの感想

久しぶりに気になるトライアルセットを見つけたので、注文してお試ししました。紫外線ダメージによる肌老化

記事を読む

ba5af90a83f6d1b87ceb4c69686520e5_s

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

ライスフォースの悪評?私自身はライスフォースを使うようになってから乾燥肌が改善し肌の肌理(キメ)が整

記事を読む

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

美肌のためのスキンケアはシンプルがいい!2つの基本ポイント!

スキンケアコスメや美容情報が溢れるほどある世の中ですが美肌な人ほどシンプルスキンケアだったりするとい

記事を読む

img_5097

ライスフォースの保湿美容液がおすすめ!

ライスフォースの美容液「ディープモイスチュアエッセンス」は保湿効果が高いという口コミが多く、ライスフ

記事を読む

img_5949-2.jpg

ライスフォースのトライアルで美肌になる使い方

ライスフォースのトライアルキットは今まで取り寄せて使ったスキンケア化粧品の中でも特におすすめしたいト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
img_8218.jpg
クレンジングをやめたら乾燥肌が改善してきれいになった!

クレンジングをやめたら乾燥肌が改善した!肌がきれいになった!と言うと驚

IMG_9240
プラセンタ注射の美肌効果とは

美肌効果があるとしてよく雑誌やTVの美容特集で取り上げられている「プラ

6228fc638e1c32c072bbe4f8f93f7082_s
暖房で肌が乾燥する!そんなときの乾燥肌対策とは

暖房で肌が乾燥する!と悩んでいる方は多いかと思います。冬はただでさえ空

e40a91d9c85cb9034f45f28cf357ccce_s
20代後半におすすめの美肌になる化粧水の選び方

20代後半になるとなんとなく肌質が変わってきて化粧水などのスキンケアを

09598
日本のオーガニックコスメで人気のブランドランキングをご紹介

オーガニックコスメを使ってみたいと思ったときに悩むのが「どのブランドの

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑