*

肌断食の方法

以前、肌断食をしましたという記事をアップした後に肌断食の方法についてご質問をいただきました。

肌断食とはあえてスキンケアを一旦お休みし、肌の状態をリセットすることです。

スポンサーリンク




質問は、『今回、肌断食をやられたとのことですが肌断食のやり方などを教えて下さい。

やってみたいと思ってはいても日焼け止めを塗らないことに抵抗感があってできません!

また、肌断食はやめたほうがいいという人もいるのでやるべきかどーしようか迷っています!』

 

とのことです。

ご質問ありがとうございます。

肌断食といっても調べてみると方法は様々ですので悩みますよね。

 

全くなにもつけない方法から、化粧水だけOKという方法など。

また、肌断食をやっても意味がないという人や、健康な肌の場合はやる必要がないとう意見もあります。

 

私が美容クリニックに勤めていたときに、同じ治療をおこなっても「すごく効果がある人」と「少し効果を感じた人」と「全く効果がない人」に別れることがありました。

ですので、一つの美容法が全ての人の肌を同じようにきれいにするとは限らないと思っています。

肌断食も色んな結果や感想があって当たり前だと思っています。

 

新しい美容方法を試すときはワクワクと共に不安もあるかもしれませんが、自分の肌と相談しながら自分に合った方法を選んだり、改良していくことが大切です。

私がおこなっている肌断食の方法も自分の肌に合わせた自己流ですので、それをふまえて参考程度に読んで頂ける良いかと思います。

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

肌断食の効果とは?

素肌の状態を知ることができる

肌断食というと肌をきれいにするというイメージがありますが、一番の効果は今の自分の肌の状態を知ることができるです。

毎日かかさずスキンケアをおこなっている人は、自分の素肌の状態を知らなかったりします。

私も肌断食をするまでは、お風呂上りに何もつけない自分の肌がどうなるかなんて知りませんでした。

 

しかし、全くスキンケアをしない日をつくって肌を観察すると、自分の肌が乾燥しているのか、皮脂が多くでて脂っぽいのか、肌の調子が良いのかなど肌本来の状態を知ることができます。

そして本当に自分の肌に必要なお手入れ方法を考えることができます。

素肌がきれいになる

また、肌をきれいにするスキンケア商品やメイクでも肌にとっては異物であり刺激になることがあります。

肌が健康な人はあまり気にならなくても、肌が弱く敏感肌な人ですと肌荒れを起こしてしまいます。

肌断食をすることで気付かなかった化粧品の刺激が減り、個人差はありますが素肌が修復されきれいになります。

 

私自身の肌の変化としては、

・キメが細かくなって毛穴が目立ちにくくなる

・肌の赤みが減って調子がよくなる

・今まで使っていたスキンケアの効果を感じやすくなる

などを実感しています。

スポンサーリンク




肌断食の方法

何もつけない派の肌断食ですので長期のお休みがあれば3日やりますが、なければ1日でも2日でもおこないます。

前日 

夜メイクを落として洗顔をしたあとは何もつけません。

慣れない場合は肌がつっぱるかもしれませんが、徐々に自分の皮脂=天然のクリームがでてきます。

スキンケアをしない肌が乾燥気味なのか、それとも肌の水分は十分にあるのかがわかるかと思います。

肌断食1日目 

朝、水かぬるま湯で優しく洗顔し、スキンケアも日焼け止めも一切付けずに過ごします。

夜も朝と同様で水かぬるま湯の洗顔のみです。

2日目 

1日目の朝、夜と同様。

3日目 

1日目の朝と同様。

夜、セラミド系の美容液か成長因子美容液だけ塗って就寝。

4日目 

朝、通常のスキンケア、通常のメイク開始

以上が私の肌断食の方法です。

3日できないときは、1日目か2日目の夜に断食を終えて美容液を開始します。

肌断食のポイント

素肌を観察する

肌断食はただ単にスキンケアをやめるだけではなく、スキンケアをやめた肌の状態を観察し今後のスキンケアを考える期間です。

例えばスキンケアをやめても意外と乾燥しない場合は普段のスキンケアを減らしてみたりする。

肌断食をしたら肌の赤みが減った→普段のスキンケアの中に刺激となっているものがある可能性。

肌断食をしたら毛穴が小さくなった→スキンケア中に肌をこすっている可能性がある。

などです。

肌断食後は美容液から開始する

断食後はすぐに全てのスキンケアを開始せずに一番効かせたい美容液のみを開始します。

そうしますといつもより美容液の吸収がよく次の日の朝、肌の状態がとても良くなっています。

ちなみに肌断食後におすすめの美容液は

・細胞から肌を若返らせてくれるセルビックのEGF&FGF美容液

・セラミドを増やして肌の水分量をアップしてくれるライスフォースの美容液

です。

私も愛用しています。

湿気の多い雨の日がおすすめ

肌断食を初めてするという人で乾燥が気になる場合は、湿気の多い「雨の日」におこなうのがおすすめです。

予定していた日に運良く雨がふるというのは難しいかもですが、雨が降った日は1晩だけでも何もつけずに寝るというだけでも効果があります。

サプリメントで紫外線対策

肌断食中に気をつけたいのが紫外線対策です。

私の場合は肌断食の期間は予定を入れずに自宅で過ごします。

本格的にやるなら昼間は遮光カーテンをひいてもいいかと思いますが、私はそこまで徹底的にはやっていません。

ビタミンCを通常より多くとることと、飲む日焼け止め「ヘリオケア」を飲むようにしています。

肌に良いことをしていると思って過ごす

スキンケアが溢れ変えるほどある時代ですから、スキンケアを付けないと不安という人が結構います。

そんな方にとってスキンケアを1日でもつけないということは不安で仕方ないかもしれません。

しかし、肌断食中は久しぶりにメイクや日焼け止めから解放されて、肌が素の状態を喜んでいる、肌に良いことをしている。

と思いながら過ごすことがポイントです。

参考になる点がございましたら、ぜひ取り入れてみて下さい^^

スポンサーリンク




関連記事

セラミドを増やしてくれるライスフォースの詳細記事はこちら↓

ライスフォースの口コミ・評判|美肌になれるのは本当だった!?

関連記事

美肌になる即効性のある食べ物とは?

私もそうですが、肌荒れやニキビができたときは美肌になる即効性のある食べ物で美しい肌を手に入れたい!と

記事を読む

夏のシミ治療の注意点

週末に30代後半の女性の方よりメッセージをいただきました。   『最近ホホのシミがファンデーショ

記事を読む

美肌になる飲み物「水」でキレイを手に入れる

芸能人やモデルに美の秘訣を聞くとよくでてくるのが「水をたくさん飲む」という習慣です。しかもこれは日本

記事を読む

美肌になるには|ビタミンCの美肌効果とおすすめサプリメント

美肌になるには様々な方法があります・・・が、様々な方法がありすぎて「もうどうしたら良いのかわからない

記事を読む

20代後半におすすめの美肌になる化粧水の選び方

20代後半になるとなんとなく肌質が変わってきて化粧水などのスキンケアを変えたくなる人が増えます。今使

記事を読む

「ラピスラズリ」の日焼け止めは石鹸で落とせておすすめ!

肌の負担となりやすい日焼け止めクリームですが、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めクリームを選ぶことに

記事を読む

すっぴん美人になりたい!透明美肌になる方法とおすすめの化粧品

すっぴん美人になりたい!と思う女性は多いかと思います。人からお化粧上手だねと言われるのも良いですが、

記事を読む

美肌とは?さわり心地のよいお肌

みなさんは鏡でお顔を見たときにどこをチェックしますか?シミ・しわ・くすみ・毛穴など、目で確認できる部

記事を読む

埋没法手術は何歳からできるか?

「埋没法手術は何歳からできますか?」と読者さまから質問がありました。  埋没法手術というのは髪の毛よ

記事を読む

美肌になる習慣「紫外線対策は1年を通して」

こんにちは、美容カウンセラーのカメリアです。美肌になるためには毎日のコツコツとした習慣が必要です。現

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
高濃度水素イオン水ジェル「バッサ」のピーリングでつるつる肌になる使い方

高濃度水素イオン水でつくられた美容液「WASSER(バッサ)」を購入し

【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

去年、日焼け対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーの3点を手に入

化粧品で肌荒れしたときの対処法

ワクワクした気持ちで新しい化粧品を使ったのに肌荒れしてしまったというと

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

ライスフォースの悪評? 私自身はライスフォースのスキンケアを使うよう

高濃度水素イオン水の効果はうそ?美肌になれる理由とは

看護師の友人から「高濃度水素イオン水」の化粧品が肌に良いと聞いてその効

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑