スイカの美容効果

夏といえばスイカ!というくらいスイカが大好きです。夏の間は朝食代わりに食べるくらいです。水分補給にもなりますし、甘くて冷たいので、アイスを食べるよりも健康的でおすすめです。

しかもスイカは女性にとって嬉しい美容効果もあるんです。

medium_9256316172

photo credit: Bunnyrel via photopin cc

スイカの美容成分4つ

  • リコピン
  • シトルリン
  • βーカロテン
  • ビタミンC

 

リコピンの抗酸化パワー

リコピンはよく赤い物に含まれているということで、トマトで有名になった美容成分です。

リコピンには老化の原因となる活性酸素を除去してくれる抗酸化パワーがあるので、肌のシミ・シワ・ハリ不足を予防し、美しいお肌を保ってくれる効果があります。

実はスイカにはトマト以上にリコピンが豊富に含まれているんです。

しかもリコピンには体脂肪燃焼効果があることもわかっているので、ダイエットにも効果的です。

シトルリンでむくみ解消

すいかは水分が豊富なので、むくんでしまうイメージがあるのですが、その反対で、シトルリンというアミノ酸が

血流の流れを良くし、むくみを改善してくれる効果があるんです。

夏は水着やショートパンツと足を出す服装も多いと思います。

美脚を保つためにはもってこいの効果ですね。

 

βーカロテンの美肌効果

ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に含まれるβーカロテンは体内でビタミンAに変わります。

このビタミンAは新陳代謝を促し素肌を健康に導く効果があります。

また、紫外線による肌荒れ、シミ、シワなどの肌トラブルを改善し、お肌のコンディションを整えてくれる働きをしてくれます。

 

ビタミンC

美白・美肌には欠かせないビタミンCも含まれています。

夏の食べものは、ちゃんと夏に合わせて紫外線から肌を守ってくれる効果があるということですね。

 

また、食べ物の美容効果を知って食べるのと知らずに食べるのとではお肌への効き方も違ってきますので、ぜひよく食べる物は美容効果を知って食べる時は美容効果を思いながら食べましょう。効果倍増です。