美容クリニックスタッフのお仕事

 

美容クリニックでお仕事をしていて良かったことは、

美容治療が色々試せることです。

スタッフ同士の練習台になったり、最新の治療を試したり、

検証したりと、これもちゃんとしたお仕事の一つなのですが、

お肌が弱い人と痛みに弱い人は辛いです。

私はキレイになるためなら痛みには耐えられるタイプなんですが、

お肌が敏感なんです。

特にレーザー直後の反応がよすぎて人よりも肌が真っ赤になって

まわりに設定を間違えられたと勘違いされるくらいです。

 

iphone_20110814141346

 

昔の写真ひっぱりだしてきました(・∀・)

フラクショナルレーザーといって皮膚に細かい穴を開けて、

皮膚の入れ替えを行うレーザーの照射直後です。

ワセリンが塗られているのでテカテカしていますが(笑)

 

iphone_20110814141438

 

どあっぷでみると、穴が空いています。

美容医療はアグレッシブです。

 

次の日はいたって普通なので大丈夫なのですが。

これがまた痛い治療です。(´_`。)

 

麻酔クリームを塗ってやることもありますが、

新人さんは患者さんの痛みも知るためになんでも麻酔なしで試します。

 

IMG_9440

 

痛みは強いほうなのですが、唯一できなかった美肌治療があります。

その名もダーマローラー。

フラクショナルレーザーの手動版です。原始的です。

この先端の先に針がついたローラーでお顔をコロコロするのです。

しかも上級者になると、この針の長さが倍以上になります。

なんか、痛みよりも恐怖心の方が強くて結局1回もやらずに終えました。

 

美容クリニックで働いて思うのは、美容治療でキレイになるためには

痛みは避けて通れないな〜ということです。