美容整形をしようか悩んでいる方へ

私は美容外科で働いていましたが特に美容整形に賛成派でも反対派でもありません。人がキレイになっていく過程をみるのは好きですが、友人が整形手術をしようか悩んでいて相談されても「どうしてもやりたいと思うなら美容整形をすればいいけれど、おすすめはしない」と言います。

特に「切って縫う手術」「異物を入れる手術」というのは元に戻せないリスクがあるので、どうしてもおこないたい場合はしっかり情報収集をしてからおこなう様に伝えます。

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

 

 

理由は色々ありますが1番は患者さんが思っているよりも整形手術はずっと付き合っていかなければならないものということ。

 

最近はシリコンなどの異物を入れるよりも、ヒアルロン酸などの吸収すれば元にもどる美容医療が人気となってきていますが、それでもコストや手間を考えると手術人気も根強いです。

 

例えばですが、シリコンを入れる豊胸や鼻のプロテーゼ手術の説明には半永久的な効果の説明があります。

 

1度手術してトラブルがなければずっと大丈夫的な。

 

患者さんもそう説明されれば、トラブルさえおきなければ大きくなった胸や高くなった鼻はずっと続くから、1回手術してしまえば楽だと思ってしまいます。

 

私も美容クリニックで働くまでは、整形手術への認識はそんな感じでした。

 

しかし、美容クリニックで働いて思ったのは、整形手術は手術が終わったからといって終わりというものではないんだということです。

 

もちろん術後トラブルがあれば再手術が必要となる場合もありますし、自分のイメージ通りにいかなくても再手術が必要となってきます。

 

こういったトラブルのケース以外にも、体に異物が入っているということだけで、思いもよらない事が起きる場合もあります。

 

例えば豊胸手術ですが、おばあちゃんになってから豊胸のシリコンを抜く手術をした方が見えます。

 

体は老化しておばあちゃんの肌なのに、シリコンが入っている胸だけがピーンとはっていて20代みたいで、温泉に行きづらくなったからと。

 

若い頃におこなった整形手術が年齢を重ねたときにどう作用するかは、手術する時点ではわからなかったと言っていました。

 

この方の場合は再手術をする体力とお金があったので、できましたが、中には高齢になってしまって体力も手術費用もなくてできないという方もみえます。

 

 

他にも鼻にプロテーゼというシリコを入れていた受付Aちゃんの話なのですが、Aちゃんは鼻の整形をしてからスポーツをしなくなったそうです。

 

特にバレーなどの球技でボールが鼻にあたってシリコンが飛び出たら恐怖でスポーツができないと、

 

他にも彼氏に鼻をつままれたり、顔をいじられることができなくなったこと。

 

プールでの飛び込みも鼻を打つからできないと。(する機会ももうなさそうですけど)

 

他にも日常生活のちょっとした影響をAちゃんは教えてくれたのですが、忘れてしまいました。

 

ただ、上記のことは整形をしてみないとわからないことだと思いすごく印象深かったです。

 

もちろん整形手術をした人全員がそういうわけではありません。

 

手術をした人の中には、したこともすっかり忘れて以前となんら変わりない生活をしている人もいると思います。

 

ただAちゃんの様に整形した所をずっと気にしながら生活をしている人もいるということです。

 

整形したら終わりということではなく、手術後の生活まで想像して手術を考えられるといいなと思います。

 

最初に私は整形手術は賛成派ではないと書きましたが、手術をするのは自由ですので、そういった方が手術をする時にメリットだけではない、こういった部分を知れる様に少しでも参考になる様な記事をこれからもかいていきたいなと思っています。