*

シミの原因になる食べ物とは?

シミを改善したいと思って食べ物に気を使っている方も多いかと思います。

しかし、肌のためと思って食べている物が意外にもシミの原因になっているかもしれません。

スポンサーリンク




紫外線対策・美白対策をおこなっているのに中々シミが改善しないという方は一度食べ物をチェックしてみましょう。

シミの原因になりやすい食べ物についてご紹介したいと思います。

eb8f2d518230e54d9a621c401abbd7dc_s

シミの原因になる食べ物

ソラレンを含んだ柑橘類・野菜

朝食に健康や美容のためにビタミンCが豊富なフルーツやフルーツジュースの摂取を習慣にされている方も多いかと思います。

しかし、シミが気になる方の朝の柑橘類の摂取には注意が必要です。

レモンやオレンジ、グレープルフルーツなどの柑橘類には「ソラレン」という光毒性物質が入っています。

このソラレンには紫外線に対する感受性を高めて逆に紫外線を吸収しやすくしてしまうといった作用があるのです。

ですのでソラレンを含む食べ物を食べてから外出して紫外線を浴びてしまうと、いつもより肌に赤みがでたりシミが出来やすくなってしまうといった危険性があります。

 

朝、紫外線対策のつもりでフルーツジュースを飲んで出かけている方が逆にシミが増えてしまったというのはこれが原因かもしれません。

紫外線対策のためにと摂取したビタミンC豊富な柑橘類の思わぬ落とし穴にご注意ということです。

 

また、柑橘類以外にもきゅうりやセロリなどにもソラレンが含まれていますので食べるタイミングに気をつけてください。

ソラレンは食べてから2時間程すると血流とともに全身に行き渡り7時間程持続すると言われています。

ですので、ソラレンの多い食べ物は午前中は控えて夕方や夜に食べるようにすると光毒性の害は避けられます。

シミにおすすめの食べ物

シミ対策にビタミン豊富な食べ物を朝食に食べたい場合は、いちご・スイカ・トマト・小松菜・ブロッコリー・人参・赤パプリカなどがおすすめです。

白砂糖がシミの原因に!?

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

美容や健康に敏感な方なら「白砂糖」が体に悪いという事はご存知かもしれません。

さらに白砂糖は大量に摂取する事で「シミ」の原因にもなるのです。

白砂糖がシミの原因となる理由を2つご紹介したいと思います。

白砂糖が肌のターンオーバーを乱す

肌のシミを改善するためにはターンオーバーと呼ばれる肌の代謝を整える事が欠かせません。

しかし、白砂糖を摂取すると消化するために大量のビタミンとミネラルが使われます。

ビタミンとミネラルは肌のターンオーバーを促すために欠かせない栄養素となるため、白砂糖を摂取することにより不足してしまうのです。

結果、ターンオーバーが遅くなりシミを排出する力が弱まります。

 

しかも、白砂糖は中毒性があるのでこの負のループから中々抜け出せないという方も多くいます。

また、白砂糖はお菓子やケーキだけではなく、調味料やドリンクなど様々な食品に使われていたりするため気がつかないうちに摂取しているということもあります。

白砂糖が活性酸素を増やす

活性酸素とは私たちの体の細胞を強力にサビさせる悪玉酸素です。

鉄がサビたりバナナやりんごの切り口が酸素に触れると酸化し茶色くなります。

これが体の中でも起きているのです。

 

活性酸素が体内で大量に発生すると細胞を傷つけ、シミやしわなどの老化を引き起こします。

ですので活性酸素が発生する原因を極力取り除くことがシミをつくらせないことに繋がるのです。

活性酸素が大量に発生するものには「紫外線」「喫煙」「酸化した油の摂取」「激しい運動」などがあります。

そして、常に血糖値が高いと活性酸素が生み出されやすいという研究報告もあります。

これが白砂糖をとりすぎることでシミができやすくなるという理由です。

シミを改善し美しい肌を目指すためには白砂糖を減らすことを意識してみることからです。

白砂糖を減らす方法

私にとっても白砂糖の摂取量を減らすことは課題となっています。

白砂糖を減らす方法として私がおこなったのは、

まずは料理に使う砂糖を「てんさい糖」や「きび砂糖」に変えました。

そして自宅には白砂糖は置いてありません。

また、ドリンクやパンケーキに使えるように天然の甘味料を揃えるようになりました。

「はちみつ」「メープルシロップ」「黒砂糖」「アガベシロップ」がお気に入りです。

あとは天然の甘いお菓子デーツと高カカオのチョコレートを常備しています。

甘いものが欲しくなった時にこれらで凌ぐことで徐々に白砂糖の中毒から抜けることができます。

特に生理前には欠かせない食べ物です。

 

シミの原因になる食べ物2種をご紹介しました。

食べ物に気をつけることで体の中からシミ対策を目指しましょう。

 

シミの原因、紫外線を体の中から防ぐ「飲む日焼け止めサプリメント」の記事も人気です↓

飲む日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」の効果と副作用、飲み方について

 

スポンサーリンク




関連記事

IMG_2426

ライスフォースにシミを消す効果があるのか口コミ!

ライスフォースに関して口コミを調べていると乾燥肌や敏感肌以外にも「美白効果」・「シミを消す効果」・「

記事を読む

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s

レーザートーニングとは?肝斑(かんぱん)治療の効果と体験談

30代を過ぎるとシミで悩む女性が増えてきます。特にシミの種類の中でも肝斑(かんぱん)と呼ばれるほほ骨

記事を読む

IMG_8242

シミ・くすみ肌におすすめ!ピーリング石鹸「サンソリットスキンピールバー」

シミ・くすみ肌に効果的なピーリング石鹸とは・・?30歳を超えると一気に増える肌トラブルがシミ・くすみ

記事を読む

95c39f5525d66d932f56ec075481cc33_s

花粉症の治療「ボトックス」の効果とは?

花粉症の人は年々増えているそうですが、特に春はマスクとティッシュが手放せないという方も多いのではない

記事を読む

4e0a8d394fa72f3e34a520fe9c17a8ad_s

効果テキメン!疲れを取る方法と効果のあるドリンク

どんなにスキンケアや美容を頑張っていても疲れた顔をしていては意味がありません。少しでも疲労を感じたら

記事を読む

IMG_2858

【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

去年、日焼け対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーの3点を手に入れました!サンバリア100の日

記事を読む

IMG_6909

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容クリニックへいって治療をする人

記事を読む

IMG_0796

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近では新しい美白成分ルミキシルを愛用する人

記事を読む

IMG_9623

夏におすすめ白湯の美肌効果

みなさん、夏の朝は何を飲まれていますか?暑さで冷たいものを飲んでからだを冷やしていないでしょうか。冬

記事を読む

IMG_2825

【飲む日焼け止めサプリを比較2017年版】ヘリオケアと国産(ホワイトヴェール等)どちらがおすすめ?

飲む日焼け止めサプリメントを比較!新しい紫外線対策として人気急上昇中の「飲む日焼け止めサプリメント」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です








  • 名前:カメリア
    年齢:30代
    看護師
    一般社団法人 日本スキンケア協会 
    スキンケアアドバイザー
    ママになってもキレイ!を目指して
    美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
    スキンケアはライスフォースを愛用中。



    follow us in feedly
IMG_0779
馬油で乾燥肌対策!美肌になるおすすめの使い方

馬油は保湿効果が高いことで有名ですので、乾燥肌対策に使われている方も多

IMG_3564
しわ対策にコラーゲンサプリメントは効果があるのか?

しわ対策といえばコラーゲンといわれるぐらいコラーゲンのアンチエイジング

9649a38248a3e248b9638792d8d8eb4a_s
脱毛したら毛が濃くなった場合の対策方法

薄着になる季節はもちろん美容クリニックでは1年中脱毛を希望される患者さ

IMG_3552
すっぽん小町を男性が飲んだときの効果を口コミ

すっぽん小町は女性に人気のコラーゲンサプリメントですが、男性にも効果は

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s
石鹸で落ちる肌に優しい日焼け止めとは?

日焼け止めを選ぶときに「肌に優しいもの」で探すとたどり着くのが「石鹸で

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

    ブログ記事はこちら→

PAGE TOP ↑