*

冷たい物がやめられない原因は〇〇不足!?

公開日: : ♦美容の豆知識

 

女性にとってカラダを冷やすのは、肌のためにも健康のためにも良くない事はご存知の方も多いかと思います。

それでも、冷たい物がやめられないという方注意が必要です。

スポンサーリンク




身体を温めるためにジンジャーティーを飲みながらデザートにはアイスクリームのチョイスが止められないみたいな。

私も生理前にやりたくなる組み合わせです。

特に暑くない時期でも冷たい飲み物や、冷たい食べ物が無性に欲しくなるのには実は原因があったのです。


(c) .foto project

1年中冷たいものが欲しくなる方は鉄欠乏性貧血もしくは鉄欠乏症が原因の可能性があります。

鉄不足だと舌が熱くなり、氷など冷たい物ををガリガリ食べたくなるのです。

スポンサーリンク




まだ、詳しい仕組みはわかっていないそうなのですが、男性よりも若い女性に多くみられ、お腹の赤ちゃんに栄養を採られて鉄分が不足しがちになる妊婦さんにもよく見られるそうです。

確かに私自身も妊娠中アイスや冷たい物が食べたくなった記憶があります‥。

 

心当たりのある方は鉄分の多い赤みのお肉や小松菜、大豆類などの食品を積極的に食べる様にしましょう。

美容的にも鉄が不足していると台無しです。

一生懸命肌の美白ケアをしていても鉄が不足していると、顔や目の周りがくすんでしまいせっかくのケアも台無しになってしまいますので。

 

 

また、鉄分の多い食品を食べる時のポイントは鉄分の吸収率をアップする栄養素を同時に摂取することです。

タンパク質

ビタミンC

この二つは鉄分の吸収率をアップさせますので、鉄分と一緒に食事で摂るようにしましょう。

美は健康からです。

最近冷たいものがやめられないという心当たりがある方は一度意識してみましょう。

スポンサーリンク




関連記事

寝る前に出来る疲れを取る方法で美肌になる

疲れて肌がボロボロというときは「睡眠」を見直すことが美肌への近道です。寝る前に出来る疲れを取る方法で

記事を読む

花粉症の治療「ボトックス」の効果とは?

花粉症の人は年々増えているそうですが、特に春はマスクとティッシュが手放せないという方も多いのではない

記事を読む

夏におすすめ白湯の美肌効果

みなさん、夏の朝は何を飲まれていますか?暑さで冷たいものを飲んでからだを冷やしていないでしょうか。冬

記事を読む

美肌になる「納豆」の食べ方とは

2歳の娘が納豆LOVEなため我が家の食卓には毎日納豆がでています。「納豆」といえば健康にも美肌にも良

記事を読む

効果テキメン!疲れを取る方法と効果のあるドリンク

どんなにスキンケアや美容を頑張っていても疲れた顔をしていては意味がありません。少しでも疲労を感じたら

記事を読む

アンチエイジングにアーモンドのビタミンEを

こんにちは、カメリアです。最近美味しくてはまっているアーモンドミルクのドリンク(・∀・)アーモンドに

記事を読む

はちみつの美容効果と美肌になる使い方

食べ物を使った美容方法は色々とありますが、その中でもはちみつの美容効果は有名です。私もはちみつは食べ

記事を読む

スイカの美容効果

夏といえばスイカ!というくらいスイカが大好きです。夏の間は朝食代わりに食べるくらいです。水分補給にも

記事を読む

シミの原因になる食べ物とは?

シミを改善したいと思って食べ物に気を使っている方も多いかと思います。しかし、肌のためと思って食べてい

記事を読む

ゆずの美肌効果がすごい!

ゆずが実家からたくさん送られてきました。実家の母は健康おたくで次々といろんな健康法にはまっていくので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
【必見】制汗剤おすすめ!脇汗を抑えて快適な生活を手に入れたのはコレ

色々と試して効果のあったおすすめの制汗剤2つをご紹介! 脇汗を抑える

【2018年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたい

内服でシミを薄くする方法〜シナール・トラネキサム酸の効果・副作用について〜

30代を過ぎるとシミやくすみ肌で悩む人が増えますが、すぐに皮膚科や美容

レーザートーニングの効果や回数について!肝斑(かんぱん)治療の体験談

レーザートーニングはシミの種類の中でも特に肝斑(かんぱん)と呼ばれる頬

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑