*

飲む日焼け止めの仕組みとは?美肌になれるのは本当?

新しい紫外線対策として注目を集めている「飲む日焼け止めサプリ」ですが、気になるのはその仕組みかと思います。

なぜサプリメントを飲むことで紫外線を防御する効果があるのか?

スポンサーリンク




私も初めて「飲む日焼け止め」の存在を知った時は不思議で仕方ありませんでした。

日焼け止めといえば「塗る」のが主流でしたので「飲む」というのは薬のようで体に悪いと言うイメージさえありました。

しかも当時私が勤めていた美容クリニックに取り入れた飲む日焼け止めサプリは「ヘリオケア」と言って海外で有名な飲む日焼け止めだったのですが、

IMG_8952

↑見た目が上記のカプセルだったためなおさら体に悪そうと思ってしまいました。

しかし、クリニックに来院する患者さんに紹介するためにもまずは自分が効果を実感してからではないと!と思い飲む日焼け止めの仕組みを勉強し、試し、今では愛用サプリメントとなりました。

飲む日焼け止めはその仕組みさえわかれば安心して飲むことができる美肌サプリメントですので、これから取り入れてみたいと思っている方はなんとなく飲むのではなく、ぜひその仕組みを知ってから飲んでもらいたいと思います。

飲む日焼け止めの仕組みとは?

「飲む日焼け止め」と聞くと従来の「塗る日焼け止め」の様に体にバリアがはられ紫外線をはねのけるイメージを持ってしまいがちですが、実はその仕組みは全く違います。

飲む日焼け止めとは高い抗酸化力によって紫外線のダメージを緩やかにしてくれる効果があるサプリメントなのです。

どういうことなのかもう少し詳しく説明したいと思います。

紫外線が老化を加速させる原因とは?

なぜ紫外線を浴びるとシミやシワが増えて肌の老化が加速するのか?

それは紫外線を大量に浴びることで体内に「活性酸素」という体を強烈にサビつかせる酸素が発生するからです。

この「活性酸素」の大量発生がシミやシワなどの老化現象を引き起こす正体ということなのです。

 

ちなみに活性酸素は普段私たちが呼吸をしているだけでも発生しています。

他にもストレスや大気汚染、喫煙、添加物の多い食生活などが活性酸素の原因になると言われています。

しかし、その中でも特に「紫外線」が大きな原因と言われていますので、美肌を守りたければやはり紫外線対策は欠かせないということです。

スポンサーリンク




紫外線の影響から肌を守るための対策とは

とはいえ元々、人間の体には増えすぎた活性酸素を除去する仕組み、抗酸化力のある酵素をつくりだす力が備わっています。

そのためある程度の活性酸素は自然に取り除かれていると言えます。

これで少しは安心と思うかもしれませんが、この抗酸化力のある酵素の量は30代以降減っているという研究結果が出ています。

個人差はあると思いますが、30歳をすぎたらガクッと老けた、病気が増えたというのはこの抗酸化力が関係しているかもしれないということです。

 

ではどうしたら良いのか?

まずは先ほど挙げた活性酸素を大量に発生させるものを極力避けることです。

紫外線で言えば、塗る日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線を直接浴びないようにすることです。

その上で体内の抗酸化力を高める努力が必要になってきます。

それが活性酸素に対抗できる抗酸化力の高い食品、サプリメントを取り入れることです。

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

飲む日焼け止めの仕組み、成分

ここまで読んでいただくとわかるかと思いますが、飲む日焼け止めの効果とは「紫外線を遮って日焼けをしない」と言うわけではないということです。

その仕組みはあくまでも紫外線を浴びることによって起こる体内の悪影響を緩やかにするということ、体内の抗酸化力をサポートしてくれるということです。

ですので、基本的には従来の塗る日焼け止めや帽子、日傘などとの併用が必要になってきます。

それではめんどくささは変わらない?と思うかもしれませんが、塗る日焼け止めの効果というの自分が期待しているほどではないと私は思っています。

しかも塗る量や範囲、塗り直しの有無によってその効果の高さは変わってきます。

ですので、飲む日焼け止めサプリというのは今までの日焼け対策では不十分だった部分をカバーしてくれる日焼け対策だということです。

塗る日焼け止めでは防げない「目からの日焼け」「髪の毛の日焼け」など全身の日焼け止め効果も期待できます。

 

最後にその飲む日焼け止めの仕組みをつくっている「成分」についてご紹介したいと思います。

飲む日焼け止めに使われている抗酸化力の高い成分とは?

img_6173.jpg

飲む日焼け止めサプリと一言にいってもその種類は様々なものがあります。

私もクリニックで取り扱っていた「ヘリオケア」以外にも色々と調べて試しましたが、簡単にいえば抗酸化力の高い成分の詰め合わせと言った感じです。

ですので、どれを選ぶか?は成分を見て決めるのが良いかと思います。

 

ただ、今のところ日焼け止め効果が実証されて特許が取得されている成分は「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」という2種類になります。

海外の「ヘリオケア」は主成分にフェーンブロックを、国産の飲む日焼け止めサプリでは主成分に「ニュートロックスサン」を使っているところが多くあります。

どちらも天然由来の成分になりますので、個人的にはこの2つのどちらかを主成分にしているサプリメントを選ぶようにしています。

 

また、この主成分以外にも抗酸化力の高い成分、例えばトマトの「リコピン」やコーヒー、ブルーベリーの「ポリフェノール」を配合していたり、美肌効果の高い成分を配合していたりと各メーカーがこだわって組み合わせてつくっています。

どの飲む日焼け止めを選ぶか?迷ったらぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

>>【飲む日焼け止めサプリを比較2018年版】ヘリオケアと国産(ホワイトヴェール等)どちらがおすすめ?

・私が試してきた飲む日焼け止めサプリ

・おすすめの飲む日焼け止めサプリ

・私がおこなっている紫外線対策

などが紹介されています。

スポンサーリンク




 

 

関連記事

日焼けで肌荒れ!美肌を取り戻すアフターケアとは

日焼けが肌に悪いとはわかっていても、うっかり日焼けをしてしまって肌荒れしてしまったということがありま

記事を読む

ホワイトヴェールの最新情報!日焼け止め効果と成分を詳しく解説

ホワイトヴェールの日焼け止め効果や成分ってどうなの?と気になっている方に、実際にホワイトヴェールを飲

記事を読む

飲む日焼け止め「ヘリオケア」はどこで処方してもらうのか?

今話題の飲む日焼け止めサプリメント「ヘリオケア」!ここ2〜3年で人気が急上昇しているためヘリオケアは

記事を読む

iherb(アイハーブ)の飲む日焼け止めを2つご紹介

iherb(アイハーブ)で購入できる飲む日焼け止めサプリメントを2つ購入したのでその特徴と効果をご紹

記事を読む

ホワイトヴェールはいつ飲む?飲み方で効果が変わる!

ホワイトヴェール(飲む日焼け止めサプリ)を飲み始めたのにいまいち効果がわからない・・・。 という方

記事を読む

ホワイトヴェールは効果なしの口コミは本当!?

飲む日焼け止めサプリで話題の「ホワイトヴェール」肌のために飲んでみたいけれど「効果がなかったらどうし

記事を読む

【雪肌ドロップ】飲む日焼け止めサプリメントの効果を口コミ

今話題の「飲む日焼け止めサプリメント」気になっている方も多いかと思います。私自身も肌老化を緩やかにす

記事を読む

ホワイトヴェールとインナーパラソルを比較!どっちを選ぶ?

ホワイトヴェールとインナーパラソルは同じ主成分である「ニュートロックスサン®」を使用しているためどち

記事を読む

飲む日焼け止め、子供が飲める専用サプリをご紹介!

子供の紫外線対策に「飲む日焼け止めサプリ」を飲ませることはできるの?と気になっているママも多いかと思

記事を読む

ハワイ旅行の紫外線対策に飲む日焼け止めを持っていった結果

海にショッピングに楽しいハワイ旅行ですが気になるのは日焼け対策です。効果が長持ちする日焼け止めクリー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
高濃度水素イオン水ジェル「バッサ」のピーリングでつるつる肌になる使い方

高濃度水素イオン水でつくられた美容液「WASSER(バッサ)」を購入し

【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

去年、日焼け対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーの3点を手に入

化粧品で肌荒れしたときの対処法

ワクワクした気持ちで新しい化粧品を使ったのに肌荒れしてしまったというと

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

ライスフォースの悪評? 私自身はライスフォースのスキンケアを使うよう

高濃度水素イオン水の効果はうそ?美肌になれる理由とは

看護師の友人から「高濃度水素イオン水」の化粧品が肌に良いと聞いてその効

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑