*

欲しい物を引き寄せる方法

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 ♦美意識

こんにちは、カメリアです。本日も美の情報を集めて美しくなりましょう。

スポンサーリンク






私は美容クリニックで働いていたこともあって外見美を大切にしています。

 

見た目が全てというわけではなくて、その人の生活習慣だったり心の豊かさなどが外見に現れてくると思っているからです。

 

一時期「引き寄せの法則」という言葉が流行り私も様々な本を読みました。

 

最初は引き寄せについて間違った解釈をしていて、ただ欲しい物を念じていれば欲しい物が引き寄せられると思っていました。

 

しかし、本当の引き寄せの意味は「人間は自分と同じ物を引き寄せる」ということです。

7c65f640f956f68b8b38ec1d4581fdf8_s

 

昔の言葉で言うと「類は友を呼ぶ」ですね。

 

綺麗になりたいと願うのなら綺麗な物に触れること、キレイな環境を整えること。

 

素敵な人と出会いたかったら自分自信が素敵になること。

 

高価な物が欲しければそれに似合う自分になること。

 

そうしている内に自分の周りには自分にふさわしいものが引き寄せられてくるのです。

 

ということは、現在の自分の環境は自分を表しているということです。

 

こんな物・人は自分が望んだものではないと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そう思っていても思っていなくても、自分にふさわしい物が引き寄せられてくるのです。

 

試しに今日から美人になる努力をしてみてはいかがでしょうか?きっと1年後のあなたのまわりには、素敵なもので溢れているはずです。

 

スポンサーリンク




関連記事

美意識が高い人のキワのキワまでのケアと美への執着

前回の記事で、最近オラクル化粧品のお試しをしているという記事を書きました。そのオラクル化粧品のなかで

記事を読む

産後キレイになる!

先日久しぶりに産後2か月半の友人とランチをしたのですが、盛り上がったのは産後どうやってキレイになるか

記事を読む

美容整形をすれば美人になれるのか

「今よりも美しくなりたい」「人生を変えたい」という理由で美容整形を選ばれる方は多いかと思います。

記事を読む

楽しいとどんどん美人になるの法則

こんにちは、美容カウンセラーのカメリアです。最近Facebookを始めました!Facebookにも記

記事を読む

増々美しくなる魅力的な人の特徴とは

友人との集まりの中で街中で通りすがる人の中で、なんだか目を惹くあの人は自分とは何が違うのだろう?と思

記事を読む

豊胸手術をしようとした友人に足りなかったもの

美容外科に勤めていたこともあり友人からはよく整形手術についての相談を受けます。 私はアンチ美容整形

記事を読む

美人が通う美容クリニック

美容クリニックに通っている人はどんな人?年々、美容に関する意識が高まり美容系のクリニックへ通うハード

記事を読む

幸せ美人になるには

  「最も大切なことは、あなたの人生を楽しむことです。      幸せ

記事を読む

キレイママになる言葉の力

最近は出産してもキレイな方が多いですよね!むしろ妊娠前よりもキレイになるママがいます。産後は身体のダ

記事を読む

美意識を上げて美人度アップ

こんにちは、カメリアです。美人と一緒にいると美人になれると言われますが、これは美意識がアップしたり美

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。



follow us in feedly
高濃度水素イオン水ジェル「バッサ」のピーリングでつるつる肌になる使い方

高濃度水素イオン水でつくられた美容液「WASSER(バッサ)」を購入し

【サンバリア100】日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

去年、日焼け対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーの3点を手に入

化粧品で肌荒れしたときの対処法

ワクワクした気持ちで新しい化粧品を使ったのに肌荒れしてしまったというと

悪評?ライスフォースが肌に合わない理由を解説

ライスフォースの悪評? 私自身はライスフォースのスキンケアを使うよう

高濃度水素イオン水の効果はうそ?美肌になれる理由とは

看護師の友人から「高濃度水素イオン水」の化粧品が肌に良いと聞いてその効

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑