*

「 ♦読者さまからの質問 」 一覧

埋没法手術は何歳からできるか?

「埋没法手術は何歳からできますか?」と読者さまから質問がありました。  埋没法手術というのは髪の毛よりも細い特殊な糸でまぶたを裏側から留めてまぶたを二重にする手術です。埋没法は糸を取ってしまえば元のま

続きを見る

肌断食の方法

以前、肌断食をしましたという記事をアップした後に肌断食の方法についてご質問をいただきました。肌断食とはあえてスキンケアを一旦お休みし、肌の状態をリセットすることです。質問は、『今回、肌断食をやられたと

続きを見る

同窓会前の美容!おすすめのたるみ取り治療とは

同窓会のお知らせが来たら、やっておきたいのは同窓会に備えての美容です!40代の読者さまから、近々同窓会があるので肌のたるみに効くおすすめの美容治療があったら教えて下さいとメッセージをいただきました(*

続きを見る

夏のシミ治療の注意点

週末に30代後半の女性の方よりメッセージをいただきました。   『最近ホホのシミがファンデーションでは隠せなくなり、気になるようになってきたので、なんとかしたいと思っています。今は日焼け止めクリー

続きを見る


004464.smpl


名前:カメリア
年齢:30代
看護師
一般社団法人 日本スキンケア協会 
スキンケアアドバイザー
ママになってもキレイ!を目指して
美肌になる方法、キレイになる方法を追求中。
スキンケアはライスフォースを愛用中。




埋没法で腫れない為にできること

埋没法で腫れない方法とは・・・? 美容外科に10年以上勤めていました

サンバリア100の日傘・帽子・パーカーを使った口コミ

紫外線対策にサンバリア100の日傘・帽子・パーカーを購入して今年で3年

【2019年】飲む日焼け止め徹底比較!ヘリオケアと国産サプリ実際に試したおすすめはコレ

実際に試した飲む日焼け止めサプリを徹底比較! 新しい紫外線対策として

シミを薄くする方法

「シミ」は30歳を過ぎるとぐっと増える肌トラブルの一つです。 シミは

ハイドロキノンの17倍の効果!ルミキシルの効果的な使い方とは

シミ治療の外用(塗り薬)というと昔からハイドロキノンが有名ですが、最近

→もっと見る



  • 2014/8/28発売
    雑誌GISELe(ジゼル)10月号に
    掲載していただきました。

PAGE TOP ↑